第1回 メシを食える大人になる!講座 【まずは姿勢から!】農家への道!

2015年07月21日

議論がかみ合うはずもなし

一方は、自衛隊の存在を認めている。
自衛のための必要最小限度の「実力」であって、憲法第9条が定める「戦力」にはあたらない。
との前提です。

一方は、自衛隊の存在自体が違憲であるとしている。
そのそもの《前提の差》がこれですから、それはもはや議論など嚙み合うはずもありません。

自衛隊は暴力装置。
そう言ってのけた過去の人(民主党政権下の官房長官。日教組の首領)がいましたが、集団的自衛権の行使容認は、本来は自衛隊の存在を、憲法上どう定義するかということがその出発点のはずですね。

そもそも自衛隊は合憲であるのか、違憲であるのか。

憲法第9条をそのまま読んだならば、言っちゃ悪いですが「違憲」ということになるでしょう。
しかし、アメリカによって武装解除と恒久的に軍備を制限されるも、直後の朝鮮戦争という有事に、自衛隊の母体である警察予備隊を「発足させられた」事実をどう解釈すべきでしょうか。

与党も与党、野党も野党。
まずは、そこへ視点を切り替えることだと思いますね。
そもそも、自衛隊は合憲なのか違憲なのか。



jounetsu_kuukan at 10:45│Comments(0)TrackBack(0) 教育問題 | 雑感

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

第1回 メシを食える大人になる!講座 【まずは姿勢から!】農家への道!