2017年05月19日

定期試験の適正難易度を担保せよ

この地の子ども達の基礎学力向上に向け、今後やるべきこと。続きです。

定期試験の適正難易度(出題レベル)を担保せよ。

ご存知のように、ゆとりはとうに終わっています。「学習内容3割削減」と言われた学習指導要領でしたが、その内容は実に薄っぺらなものでした。時は流れ、ゆとりとは完全に決別したはずが、ところがしかし我が釧根の地では、いまだにゆとりが継続している…。

これもまた過去に何度も綴りましたが、道外の公立中学校では(ゆとり時代と比較して)定期試験の出題難易度がグッと上がっているんです。そりゃそうです。教科書を見たなら一目瞭然。現在の学習指導要領の要請ですから、実に当たり前のことです。

見る人が見たなら、それこそ一瞬で分かることですが、定期試験の出題難易度の低いこと低いこと…。ゆとり時代と比べ、学習内容は難しくなりました。正しくはゆとり以前に戻ったわけですが、それなのに定期試験は「易しすぎるまま」なんですね。はっきり言います。あり得ないことです。

数学。文章題など、単元の後半で学習するはずのいわゆる応用問題がとても少ない。計算など、教科書の導入部分で学習する基本問題の出題ばかり。「証明」の問題(三角形の合同など)って、証明の過程をすべて書かせるものではありませんかね。それなのに、もはや「穴埋め」がスタンダードとは…。ゆとり時代に同じです。

英語。単語は書かせるものでありませんかね。それを、選べ(語群選択)とは、おいおい。英作文は並び替えが大半です。「これ、児童英検レベルだな…」と思えるような実に実に簡単なもの。はっきり言って、一夜漬けで誰もが80点以上を得点できるお粗末なもの。もはやそれが主流か。文科省が進める、「中学卒業までに英検3級取得」ですが、無理ですね、こんな状況では。

先に述べた、プリントを多用した、例の切った貼ったの授業と密接な関係があるんです。そもそも授業自体からして、簡単なこと(基本事項)ばかりやっていて、教科書レベルの応用問題にすらほとんど触れない。教科書会社が定めるところの規定コマ数。例えば、一単元に10コマ。「基本に5コマ、応用に5コマを費やすのが正規」」であったとしましょう。

しかし、この地の場合は、「基本に8コマ、応用に2コマ」とか、そうしたことが当たり前のことになってしまっています。学習指導要領の要請を大きく下回っている。そういうことです。切った貼ったのガラパゴス授業(プリント授業)を禁止し、かつ、定期試験の適正難易度を担保する。なんのことはない。当たり前のことを当たり前に、ただ淡々とこなせばいいだけの話です。

やってもやっても、学力が上がってこない。

それ、努力の方向性からして間違えているんですよ。ベーシックで当たり前なこと。それを愚直にこなせばいいだけの話ではありませんか。平均点ありきの出題がなされている。授業において、いわゆる応用問題には触れない。触れてもごくわずか。

授業は独自に進化、いや退化したガラパゴス、切った貼ったのプリント授業。そりゃ、どれだけやっても学力は上がってきませんてば。

終了まで、あと12日。



jounetsu_kuukan at 12:04│Comments(6)TrackBack(0) 教育問題 | 雑感

トラックバックURL

この記事へのコメント

6. Posted by ZAPPER   2017年05月22日 10:28
ルーカスさん
どなたも指摘しませんが、英語は学力が伸びるどころか年々下がっていると理解しております。それはまた、定期試験の難易度を見たなら一目瞭然です。悲しいかな、時代の要請(文科省の要請)に逆行してしまっています…。
5. Posted by ルーカス   2017年05月21日 18:30
2年後から実施の全国学力テスト英語に30語程度の自由英作文が出題されると分かっているのに、定期テストで英作文すら出題されない・・
大問題ですよ
4. Posted by ZAPPER   2017年05月20日 21:40
マーリンさん
ありがとうございます。
5年一区切り、そろそろ潮時との判断であります。

英検3級に数検3級合格ならば、釧路なら湖陵合格確定ですね…。
悲しい現実であります。
3. Posted by マーリン   2017年05月20日 20:33
今年度から英検3級・準2級も並び替えがなくなり、英作文が導入されますが、釧路の中学生達はだいぶ苦戦しそうですね。

ブログ更新を楽しみにしていたので終了と聞いて本当に寂しいです。
2. Posted by ZAPPER   2017年05月20日 12:09
amandaさん
ありがとうございます。趣向を変え、別のブログで再開したいと思います。

こちらは、小学校はかなり改善されてきたと認識しています。以前とは異なり、勉強させようとすると発狂(苦笑)状態になる小学生は激減したと思われます。

ところが中学に入ると一転…。先日アップした記事、切った貼ったのノートに保護者は大変に驚いたそうです。実はそこ、道教委の学力向上重点指定校といった類の指定を受けている校区なんですね。小学校はかなりしっかりしてきて学力も上昇。がしかし、中学に入るとひっくり返されてしまう。

今までは反対でしたが、現在では中学校が小学校の足を引っ張っているかの状況が散見されます。今後の課題はここですね。
1. Posted by amanda   2017年05月20日 11:01
小学校は改善してきたというのはいい傾向ですが、改善前の授業・教育を受けてきた子たちが、今中学生です。2年後くらいには変化が出るでしょうか・・・


貴サイトが終了してしまうのは、寂しいですね。
まだまだ発信し続けていただきたいと思っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字