フルーティスト 田中桂子の音楽道

エジプトでの出来事、オーケストラのこと、音楽生活を綴ります。 音楽で幸せを届けたい♬

2012年12月からエジプト国立カイロ歌劇場管弦楽団で首席フルート奏者として演奏しています

ちょっと前にひいた風邪がほぼ完治してきたというのに、多忙が原因か、ストレスか、右奥歯のあたりが痛い。歯茎も腫れているみたいだし、食べ物をかむのは無理・・・。

今月は先週終わったオペラ「仮面舞踏会」に続いてバレエ「シンデレラ」、オペラ「リゴレット」と立て続けにある。すべて乗り番である上に、シンフォニーのエキストラ、そして、コンセルヴァトワールの試験外部審査員として試験に立ち合い、採点する。
とても興味深い時間を過ごしている。

有難い話だし、自分なりに一生懸命取り組んでいるが、右奥歯の痛みは消えない。

歯医者は日本で!と決めているので、6月まで我慢だ。

オーケストラの一番奏者にはなれないけど、頑張れば二番か三番奏者にはなれると思うよ!

と言われたら、あなたはどうしますか?

相手の言うことを信じて挑戦を始めますか?



私なら一番奏者も両方目指したい。

今ならわかります、一番と二番奏者に資質の違いがあるということを。でも、両方できる奏者になりたい。


人に指摘されて悔しいから頑張る!
これもひとつの才能です。
でも本当に自分がやりたかったことなのか、わからずに悔しさだけでスタートするとあとで苦しみます。


人生1年や2年の寄り道どうってことない、そう思えるのは若いときだけ。
今は1日1日が勝負です。


自分のことは自分で。
一番私が苦手とすることですが、本当にやりたいことのためなら頑張れます。
カイロでの一人暮らしも何とかなっています。


それでも辛くなったとき、頼りにしている人たちに助けを求めます。

あなたなら大丈夫だろうという勝手な思い込みはやめてほしい。
ギリギリまで踏ん張って、最後の最後に助けを求めているのだから。

今日はどうしようもなくてオケピで一人泣きました。
誰にもバレてないと思っていたら、同僚に気がつかれました。それも遠く離れた席の同僚に。
バレて恥ずかったけれど、異変に気がついて声をかけてくれた同僚に救われました。

戦いの日々はまだまだ続いていきます。
強くなる!




Blog更新ペースが遅くなっていますが、私は元気にしています。

このたび、熊本をはじめとする九州で被災なさってらっしゃる方々に心からお見舞い申し上げます。
我がオケのオフィスでも「桂子、大丈夫なのか?」と心配してくれています。
こういう心の持ち主たちなんです、エジプト人は。


2日前に5公演にわたるバレエ「ロミオ&ジュリエット」が終わりました。
今回は蕁麻疹が出たり、背中が痛かったりと思わぬトラブルもありましたが、お客様には最高のものを!!と全身全霊、いつも通り演奏しました。
連日、満席状態、ご来場のお客様に改めて感謝しました。

さて、次の公演まで久しぶりにお休みができました。
休日の過ごし方・・・これが下手です、私。
いつもオペラハウスで練習して帰宅しての繰り返し。今回はせっかく声をかけてもらったので、映画を観に行きました。
エジプトの映画館、初めて!!

IMG_1151






カイロにはありこちに映画館があり、その規模も様々。
その昔、コンサート会場でなく、映画館でベルリンフィルが演奏したらしく、その映画館もまだ存在しています。
今回の会場はダウンタウンにある、小さな映画館。
事前に調べて行ったものの、入り組んだところにあるこの映画館は見つけられず、近くの人に尋ねました(笑)
意外にも?観客が多かったのに驚き。

英語字幕を必死に目で追いながら、フランス語を聴く。あ〜、語学のできなささが身に染みる・・・。
それでも内容がわかりやすかったので、予想より楽しめました。

映画の後は、近所の人気店「エルアブド」
IMG_1155




アイスを買うのに長蛇の列!

たまにはこういう休日も悪くないです。

今夜はオペラハウスとは違う会場にコンサートを聴きに行きます。
4年目にしてすこ〜し外出するようになりました(笑)

P1010697



今日からアイーダが始まります。


今月はバタバタで何もご報告ができませんでしたので、まとめて書きます!

まず、レバノンで演奏してきました。
こちらは現地のTVでその様子が放映されたそうです。
http://www.futuretvnetwork.com/node/205790
演奏会の様子は17分20秒ごろからです。


そしてカイロへいったん戻ってきましたが、そのあとベルリンへ飛びました。
ベルリンでは思わぬ収穫を得ることができ、感動。
モチベーションも上がりました。

その気持ちを忘れないようにと戻ったカイロ初日に、明日のOmar Khairat演奏会に出てくれないか?との連絡。代打要請です。
20時から演奏会(といっても実質20:30)、私のリハーサルは20時まで。そんな条件でも良いと言ってくれたので引き受けました。ふたを開けてみたら同僚が何人も同じ条件だった(笑)

その翌日、今度はシンフォニーオケから連絡。
今週の定期に1番フルートでという代打要請。
P1010696




なんかおかしいなと思っていたら、奏者のご家族にご不幸があったようで・・・。
モーツァルトのドンジョバンニ序曲とクラリネット協奏曲を演奏しました。
クラリネット協奏曲のソリストCharles Neidichさんと奥様の大島文子さんには大変お世話になりました。

そしてようやく自分のオケの本番、アイーダが始まります。
4月1日まで走りきるぞ〜!!!

P1010641




昨日、アレキサンドリアから戻りました。

先月から3年ぶりに7公演の白鳥湖!!!
カイロでは5公演連続、そしてアレキサンドリアで2公演。
皆様、お疲れ様でございました(笑)


カイロでは全4幕中、1,2幕の間には休憩を入れますが、3,4幕はそのまま通します。
後半に行けばいくほど、フルートのソロが増え、最後にとどめのドソロ〜。
自分でいうのもおかしいですが、抜群の安定感で全公演を終了しました。その疲労感と言ったら・・・。


今回はご来場のお客様からお花をいただき、殺風景な我が家が明るくなり、毎日水を替えるたびに、あ〜こういう日常も大切だなと思いました。花より団子の私にしては珍しい???


さて、白鳥湖のあとは私、レバノンへ行ってまいります!!
ご縁があってレバノン在大使館からのご依頼で、フルートとピアノで演奏します。
初めてのレバノン・・・ドキドキです。
本当はデュオSAKURAでというお話をいただいたのですが、日本から相方さんは来られないということで(仕方ないです)
レバノンレポートはまた戻ってからしたいと思います!

そして3月末はうちの十八番、「アイーダ」です。
リハ1回、イタリアーナ(歌手付リハ)2回、GP(通し稽古)2回で本番です。
今までのアイーダで一番少ないリハ回数です。まぁ、十八番だから当たり前か。


さぁ、今月もはりきっていきたいと思います!!!

今日はバレンタイン。
オペラハウス敷地内のイルミネーションもそれに合わせたものになっていたのに、昨夜気がつきました。。。


うん、忘れてたよ、バレンタイン(笑)

昨夜はシンフォニーの定期を聴きに行っていて、フィアンセのいるエジプト人とバレンタインについて話す機会がありました。

そもそもそういう話になったのも、若くてスレンダーな女の子が長い足を惜しげもなく出した格好でステージ裏をうろついていて、そこにいた男性陣がヒューと声をあげていたのが始まり(笑)

エジプト人男性たちもやっぱり好きなんだ、と確認していたら、実はもう少しお尻が大きいほうがいいとか、自分の彼女じゃないからあの格好はいいけど、彼女にはそんなことさせない、だってみんなの視線を集めて僕は嫉妬して色んな人とケンカしなくちゃいけないとか。

なかなか面白かったです。


そしてバレンタインの話になり、日本ではチョコレートを渡すことが一般的という話をすると、こちらでは男女ともに一大イベントみたいで、特に男性の負担が大きいみたい。お花屋さんはこの日のために24時間営業になるらしい。

フィアンセのいるエジプト人は、彼女への愛の大きさを示さないといけないから大変なんだと言っていました。

頑張れ、Mohamed !

日本にいた頃は今年はどこのチョコレートを食べようかと心弾ませた時期でしたが、いつのまにか忘れてしまっていました。いかん、いかん。

私は今夜、急遽頼まれたOmar Khairat のコンサートに出ます。外国人私だけだし、エジプトだけでなくアラブ世界で大変有名な方のコンサート。初見だし、指揮者いないし、もう、なるようになれー!

ハッピーバレンタイン(*^^*)

P1010636


初日が終わりました。
良い緊張感の中で全力を尽くしたからか、今朝は全く起き上がれませんでした(笑)

日本から恵方巻きを食べている甥っ子の写真が送られてきていて、あ〜、そうか今日は節分かと。
昨年は同僚が恵方巻きを作ってきてくれたのですが、今年はその同僚もいません。
とりあえず、ご飯は炊いたものの、たぶんこのまま梅干しとお味噌汁で済ませてしまいそうです・・・。


今夜もリゴレット公演。昨日とは異なるキャストなので、また初日のような気分です。



Dukeのアリアがとっても有名ですが、私個人は2幕、Rigolettoのアリアがぐっときます。
フルートはGildaをあらわすことが多いので、清く美しく奏でられるよう、今夜も頑張ります。
毎日いろいろあっても音楽がほとんどのことを帳消しにしてくれる。音楽の力ってすごいですね。

image




先日、ルクソールに行っていました。
日本でもNEWSになったかもしれませんが、エジプトのシシ大統領と中国の習近平国家主席の前で演奏しました。
中国人ピアニストのランランとも共演という、なんとも自伝に書けそうな経験(笑)


image



これはエジプトのテレビに映ったところを写真に撮ったらしいです。
同僚のエジプト人と中国人と思われた私(笑)




この時、エジプト人にはもちろんのこと、ヨーロッパ人にも「日本人も中国人も同じ顔をしている、目がこんなだから」と目を横にほそーくされました。
うんうん、私もエジプト人、シリア人、スーダン人、トルコ人みんな同じに見えるよ。ヨーロッパ人だって余程のことがない限り何人なんてわからない。
だから、同じと言われて腹は立ちませんが、中国のことを質問されたってわかるわけなーい!!

そして、決定的だったのは、中国人も日本人も英語できないよねの一言。
いやいや、それは人によるでしょう。
私は確かにできません。外国に暮らしていて英語も現地の言葉もろくにできないというのは、正直、歯がゆい思いをたくさんします。じゃあ、勉強したらいいんですけどね。それがなかなか進まない(笑)

image


いつも写真を撮ってくれるカイロ交響楽団首席トロンボーン奏者のZafar。



今回もたくさんみんなを撮影していました。
これは撮る側の彼が写っている貴重な1枚。
ナイル川をボートで下った時のものです。
ここで頭に思い浮かんだのは、アイーダ三幕の冒頭フルートのソロです。



いろんな経験が私の血や肉となり、音楽に生かせることを私は信じています。

今年こそ、マメにblog更新を!と思っていましたが、1月も中旬を過ぎ・・・。

1月に発売されたザ・フルート第149号、お読みいただけましたか?
スイーツ特集を組んで、ガイドブックには載っていない日本人好み?私好みをランキングでご紹介しました。
記事を書いた後、エジプト菓子で美味しいものを発見したのですが、2回目は店頭になく、名前も写真もご紹介できないお菓子があります。
次回、見つけたら必ずご紹介しますね!

148号ではカイロで活躍するバレリーナたちをご紹介させていただきました。
昨年末は恒例のくるみ割り人形で主役や個別に踊るソリストなどで大活躍でした。
私は縁の下の力持ち?として、オケピで演奏していたわけなのですが、な、なんと、葦笛の踊りがない!!!
フルートの絶好の見せ場がない・・・。
私にとっては残念で仕方ないのですが、その分、序曲、中国の踊り、スペインの踊り、そして花のワルツなど華やかな曲を楽しみました。

そんな次号150号は・・・エジプト人のフルート奏者をご紹介しています!
ぜひご覧いただけたら嬉しいです。


そうそう、今週予定されていたオペラ「リゴレット」は政府の急な要請?でぶっ飛び(笑)、2月2,3,4日に公演変更となりました。
今日はこれからルクソールへ公演に行ってきます!

地方公演は観光できるチャンス!
楽しんできま〜す♪

皆様
新年、あけましておめでとうございます!
1年1年がありがたく感じるようになりました(笑)

昨年はアルソ出版「ザ・フルート」への連載を開始させていただき、カイロのありのままを知っていただこうと、私なりに奮闘しました。
想像より生活は穏やかで、毎日何かしらに笑っていました。
先月の誕生日には思いがけず同僚たちからのメッセージやプレゼントに、なんだか認められた気持ちになり、勇気を持ってカイロへ来てよかったなと思いました。

夏には恒例になったドイツ古城でのオーケストラアカデミー。
才能あふれる若手と一緒に過ごす時間は、まだまだ自分も負けないぞ!と普段とは違う必死さで貴重でした。

そして一時帰国した際に、アンサンブル・カプリッシュの演奏会に出演させていただきました。
初めてご一緒する方々もいて、これを機会にご縁が続くといいなと思っています。何でも次回の話が進んでいるとか。タイミングさえ合えば、ぜひ参加したい団体です。

そして4シーズン目に入った9月からは、日本人女性がオーケストラに1人となり、正直、孤独との戦いでした。
戦友たちの新たな門出を祝ったはずなのに・・・。強くなるために11月はドイツへ武者修行に行きました。
結果、たくさんの人に助けられた修行となったのですが、得るものも大きかったです。

こうしてあっという間に年末になり、気が付けば新年。
1日からお仕事させていただいています。ありがたや。



今年も皆様にとって素晴らしい1年となりますように。


久しぶりの更新になってしまいました。。。

ドイツの武者修行のご褒美は最後にクロアチアへ遊びにいったこと。
美味しい海の幸、静かで綺麗な街並みに癒されました。

IMG_0689

IMG_0688






ちょうどそのクロアチアへの移動中にパリでの事件が起こり、国境を通過するときはちょっとドキドキしました。

というのも、日本のパスポートは水戸黄門の印籠のように、どこでも大抵歓迎ムードですが、私のパスポートの中にはアラビア語のスタンプがいっぱい(笑)
エジプトの労働ビザまで貼ってあります。

チェックはされましたが、無事にカイロへ戻り、オペラ「Il trovatore」、クリスマスコンサート、そして現在、バレエ「くるみ割り人形」の仕事をしています。


昨日は、Mohamedの誕生日を祝うオリエンタル音楽の演奏会があり、出演してきました。
民族楽器がたくさん入っているので、自分の演奏よりそちらの人たちの演奏に興味津々でした(笑)
ヴァイオリンは調弦がラでなくソであることも判明。クォータートーンも使っての演奏はなんとも私にはできないグルーヴ感でした。



そして日本でいうところの「クリぼっち」
仕事だから仕方ないし、夜仕事が終わってどこかへ繰り出すほど元気もないし(笑)
そんな私にヨーロッパ人の同僚が「クリスマス1人なの?え〜どうして?!クリスマスなのに。それは悲しいよ」と言われてしまいました。

じゃあ、クリスマスパーティーにでも誘ってよと思いましたが、クリスマスは家族で過ごすものだから、家族と一緒でない私を可哀そうと思ってくれたのでしょうね。
ということで、今日か明日にでもケーキを買います(笑)
シャンパン、どこかにないかな???



皆様は素敵なクリスマスを過ごされますように。


ミュンヘンからベルリンへは電車で移動しました。

その電車、遅れたうえに車両変更のアナウンスが途中で流れ・・・。

ドイツ語ちんぷんかんぷんの私には至難の業ですが、幸い、ベルリン在住の友人と一緒だったので、ただついていくだけで済みました。


ベルリンに予定より2時間遅れで到着し、その日の夜は「フィガロの結婚」を鑑賞。

IMG_0663


シラー劇場という小さな劇場での公演。舞台もよく見えます。




IMG_0661

指揮者が私にはドゥダメルに見えていたのですが、なんと本人でした。オペラ振るるようになったんですね。





翌日はレッスンを受けに行きました。
素敵なご自宅でのレッスン。共通の知り合いがいたりして、とても和やかにでもたくさんのヒントをくださいました。
現役のオーケストラ奏者は忙しいと聞いていたので、急なお願いに対応してもらえたのもラッキーでした。
これもひとつのご縁なんでしょうね。


夜は現在、バレンボイムアカデミー生としてベルリンに留学中のエジプト人の友人と私の友人を紹介するのもかねてご飯を食べました。
カイロ以外で友人たちに会うって、なんだか不思議な気分でした。

そのあと、やっぱりこれは見ておかないといけない!と友人に言われブランデンブルグ門へ。

IMG_0667



ライトアップされていたのできれいでした〜。
よし、またベルリンに来よう!と思った夜でした。

久しぶりの更新になりました。

なぜかと問われたならば・・・オーケストラが3週間お休みだった・・・



オペラハウスでアラビック音楽祭と国際映画祭があったため、その間、オフィシャルにオーケストラがお休みでした。
なので、私、ドイツへ行ってました!!!


カイロから行くものとしては寒さ対策に余念がなかったのですが、幸運にも暖かい天候に恵まれ、ドイツの11月もいいなぁと。

まずはミュンヘン音大に通う友人とともに行きました、ミュンヘン音大。

IMG_0627

まるで美術館、博物館のような建物。
これが音大???




廊下にはなぜかたくさんのフルートがショーケースに入っていました。

IMG_0633

IMG_0640

IMG_0644






フルートのクラスを聴講させてもらい、後日、レッスンも受けてきました。

夜はバイエルン放送響の演奏会を聴きに行きました。恥ずかしながら、初めて生で聴いたバイエルン放送響。うまかった・・・。
チケットは会場の前で「売ります」という人の中から、良い席を持っていた人から購入。
おかげで疲れも吹き飛ぶ、かじりつきで聴きました。




3日目にはニュルンベルクへ行き、「こうもり」を鑑賞。
ニュルンベルクの劇場でソロチェロを担当している先生から招待券をいただきました。
夜は団員の何人かと一緒に飲みに。
私がカイロのオケに在籍しているというと、共通の知り合いがいたりして、世の中広いようで狭いと感じたり。

こうもり、カイロでもやりたいなぁ。絶対、エジプト人にもうけると思う。


翌日、ニュルンベルクからミュンヘンに戻ってきて、次はベルリンへ!!

P1010508



コッペリアの本番と並行して、こちらのリハーサルが始まり、全4公演ト終わりました。

メンデルスゾーンの真夏の夜の夢にパペット演技とのコラボ。スペイン大使館絡みで金曜15時、土曜20時、日曜はスクールコンサートで午前中に2回と、よく働きました。


私は2番でのエキストラ登板だったのですが、日曜の朝、思わぬ事態が起こりました。

こちらの日曜は週の始まりで、夜中降ったと思われる雨も関係し、道路が渋滞。
あ〜、開始時間遅れるだろうなと予測していました。
案の定、時間は過ぎても始まらない。。。子供たちのバスも遅れているのだろうから仕方ない。。。

30分待ちくらいだったでしょうか(笑)

ようやく始まるというときに、ステマネと指揮者が私を呼びます。

「1番を吹いてくれないか?」

???となる私。

「1番奏者がアクシデントでまだ来ていないから代わりに1番を吹いてください。」

えええええ〜〜〜〜〜〜!!!と内心思いながらも「わかりました。やってみます。」と答えた私。


ステージに上がると私は後ろの席にいるクラリネットとファゴットの首席にアイコンタクト。
お隣オーボエの首席とは最初の和音の打ち合わせ(冒頭、2本のフルートのみのため、オーボエが2番の音を代奏)
とキョロキョロしながら、1番の席に座りチューニング。

まさか、こんな日が来るとは・・・・・
もう、どうなってもしらんぞという気持ちと、失敗したくない気持ちで緊張が高まります。

頭の中では次に来るスケルツォが気になるものの、序曲スタート。
無我夢中、集中してとにかく吹きました。

序曲が終わると、1番奏者がそっとステージに来ました。
「ホッ」
これが私の本音です。

オケスタにも出てくるあのソロを吹いてみたかったという気持ちがゼロではないけれど、ホッとしたのが正直なところです。


どんなときも対応できるようにしておきたい、その理想はありますが、私にはまだまだ心構えが足りませんでした。

唯一、「できません」と言わず、序曲を無事に吹き通せた現時点の自分をその日は褒めました(笑)



今日からはシベリウス6番、チャイコン(チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲)、運命の力序曲の2番エキストラです。
いつでも対応できるように、気を引きしめてリハーサルに臨んでいます。



P1010445




明日からコッペリアの公演がスタートします。
エジプトでは初演、バレエ団ともに気合をいれています。

現在、バレエ団には5名の日本人バレリーナが在籍していますが、もちろん全員踊ります。21日夜、22日昼公演では主役をそのうちの1人が務めます。
カイロ在住の皆様、ぜひぜひ応援をお願い致します。


私は久しぶりのピット入りで、ちょっとわくわく。
ステージ上での演奏もいいけど、ピットの中で演奏するのも悪くないんだよなぁ。お客様の視線からは外れているし(笑)


この公演と並行して、今週はシンフォニーのトラに行きます。
メンデルスゾーン、真夏の夜の夢。。。スクールコンサートも含めると4回も本番があるらしい。
代わってほしいと言われ、聞いたギャラは超安・・・。本来は断ってもいいのですが、フルートのオケスタにも出てくる演目です。経験をさせてもらうほうに重きを置くことにしました(笑)

シンフォニーの首席からは「そんな安い値段でやるな!」と怒られましたが・・・。うん、今回限りだよね。

エジプト人に限らないかもしれませんが、自分がお金を払わなきゃいけないときは兎に角渋る。
もらうときは実力以上の要求をするのに、相手には泣き落とし作戦。
この値段じゃできないっていえばよかったのかな?しかも、支払いが遅くなると言われたので、本当にもらえるか謎だし(笑)


ギャラがもらえたら、次回はこの値段ではやらないって言おう!


まずはコッペリアの公演成功を祈願して、部屋のそうじ!

IMG_0591



皆様、新年あけましておめでとうございます!!!



今日はイスラム歴の新年なのです。
だから今朝は車も少なく静かだったのか・・・休日だからみんな寝てた?(笑)




クルサナエントゥタイヤビ〜ン(おめでとう!)

これは誕生日の時にも使います。が上記は複数形なので男性単数、女性単数だとクルサナのあとが変化します。

2シーズン目の新年に使いまくって覚えたアラビア語です。


新年なのに仕事は通常通り、でも誰も文句を言わずでした(てっきり文句を言う人がいるかと思った)


今はバレエ・コッペリアのリハ中です。
現在、バレエ団には5人の日本人バレリーナが所属しています。(オケの日本人より多い)
それぞれが実力者なのですが、今回主役を演じる日本人バレリーナがいます。
ぜひ、カイロ在住の日本人応援団さま、ご来場ください。



今朝のようにいつも静かだといいのになぁ。もう夜はウーハー重低音バリバリ、ネオンギラギラです(笑)

P1010444




オペラハウスが27周年を迎え、今夜はそのお誕生日演奏会。

バレエ団、オペラカンパニー、そしてわがオペラオーケストラが出演し、オペラアリアからバレエ音楽まで華やかな舞台演出で行われます。
と、聞こえはいいですが、プログラムが多岐にわたるので、演奏する側は大変です(笑)

シーズン始まったばかりなのに、もう首、肩、背中が痛い・・・。
毎日おなかもゆるい・・・。(食事中の方、すみません)


なにより一番私が参っているのは、昨シーズンずっと使い続けたLotに対し、音が聴こえてこないと言われてしまっていること。
音楽監督に一度も言われたことがなかったのに、今回は言われてしまいました。


何が違うのか?私の問題か?


音楽監督に言われている以上、要求に答えなくてはいけません。
さて、どうしたものか。

それでは、本番へ行ってきます!!

カイロに行ってから気が付かないうちに白髪が増え、抜け毛による薄毛を当の本人より母親のほうが気にして、「ヘナ」を買ってくれました(笑)


白髪なんてそういう年齢になったんだと思えばそうなのだが、頭のてっぺんは目立つということで染めることに。

美容院で染めたこともあったが、地肌がヒリヒリすることもあって最近は地肌にも優しいヘアカラートリートメントなるものを使用。
元来面倒くさがりのところがあり、手袋を付けて染めるための準備が嫌だったが、このトリートメントは手で直接つけてもいいということで、ちょこちょこ使用。


しかし、母はすごい。
あるお店の店頭販売でオーガニックのヘナカラーに興味を示し、頭皮に優しくトリートメント効果の高いと言われた商品を買ってくれた。
つまり、これで染めてみなさい!ということ。

このヘナ、染める時間が1時間から1時間30分かかるという・・・。
私に向いてないよね・・・

準備するものも、ボウル、泡だて器、ラップ、シャワーキャップなどなど多い。
私に向いてないよね・・・




染めるには気力がいる(笑)
しかし、母の気持ちもありがたかったので、気力を出した。




結果・・・・

めちゃくちゃ染まってる!!!!

染めはじめから約2時間、ご飯も食べたしTVも観た。
なんだかんだあっという間だったが、洗い流しが大変だった・・・。


どんなにすすいでも色水が出てくる!!!
もういいかな?と思ってもまだ色水がぁぁぁぁ。
確かに2,3日は洗うたびに色水が出るって言ってたかも。

そして、植物成分100%のため、現在私の髪の毛は草木の匂いがする(笑)

ヘナの驚異、自然の力のすごさを体感しています。

先日、3泊4日で恒例の与論島へ行ってきました!!!

今回で4回目でしたが、今までは台風などにより全日快晴!なんてことがありませんでした。
が、今年は違いました!!!
毎日快晴、海の透明度も高く、なんて素晴らしいっ♪♪

IMG_0540




子供のころから水の中は大好きで、ここ与論島、そしてエジプトの紅海の海はとても気に入っています。
正直、千葉の海はもう入れない・・・。

IMG_0514







そんな与論島ではフルート・トリオのコンサートをさせていただいています。
与論中学、高校の吹奏楽部の子供たちや、島の人々、そしてその日お泊りのゲストの皆様の前で演奏します。
鹿児島最南端の離島である与論島、生演奏を聴く機会は少ないのもあって、皆様本当に喜んでくださいます。
それが、私のパワーになります。
このお仕事をしていて本当に良かったと思える瞬間です。



IMG_0562

IMG_0557







コンサート以外の時間は、海、海、海。
今年は真夜中に満点の星を海岸まで見に行きました。
天の川、見渡す限り星だらけ。
無言で星空を見上げていました。
私が生きている時間なんて星に比べたらほんの一瞬なんでしょうね。


こうして私が好きなことをして生きていられるのも、たくさんの方々のおかげなんだとつくづく思います。
いつも応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。
これからも驕ることなく、真摯に向き合うことを忘れずに頑張ります。

さっ、カイロでの4シーズン目、フルパワーで行きますよ〜

土曜日の演奏会が無事に終わり、翌日はくたくた、ようやくBlogに書くことができました。

ご来場のお客様、スタッフの皆様、そして共演者の皆様、ありがとうございました!

IMG_4556


まずはモーツァルトの40番。




IMG_4560

そして、ラウダーテ・ドミヌム。これはソリストを務めさせていただきました。
この美しいソプラノ独唱の曲をフルートで吹く。カイロでの経験が役に立ちました。やはり無駄なことは何一つないなぁと思います。


後半は、バッハの3声のリチェルカーレを中低音楽器担当のお姉さま方だけで。
IMG_4564






最後はメインの「ダフニスとクロエ」
IMG_4561



私は1番のアシスタントということで、12連符の多い(4ページもあった!)サポート役を。

IMG_0509


今回の演奏会を通していろいろな学びがありました。
またカイロで頑張れそうです。



良い音とは、良い音楽とは何ぞや・・・・

このページのトップヘ