フルーティスト 田中桂子の音楽道

エジプトでの出来事、オーケストラのこと、音楽生活を綴ります。 音楽で幸せを届けたい♬

2012年12月からエジプト国立カイロ歌劇場管弦楽団で首席フルート奏者として演奏しています

カイロも寒くなってきました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私は、11月23,26日にあるオペラ「Il Trovatore」のリハーサルに入りました。
今日もリハーサルの予定でしたが、大統領のイベント?関係のため、急遽キャンセル。お休みになったのです(笑)
何度もやったことのある演目なので、心配はしていませんが、昨夜、ロッカーの荷物を全部家に持ち帰らなければならなかったのがつらかった・・・。
そして、また明日持っていく・・・。

今日はおとなしく家でのんびり過ごそうと思います。
いただいた「新米」でご飯食べるぞ!!!


11月23,26日
Verdi:opera Il trovatore
Opera house main hall 20:00
tickets prices: 100,75,50 Le
Arabic & English translation on stage

21557815_1616906955027528_7909015625713434138_n



昨日、千秋楽を迎え、無事、全4公演を終えました。
「Le Corsaire」 2012年10月以来の再演でした。なので、私にとっては初演目!

バレエの楽譜は手書きがほとんどで、カンパニーによって演奏する順番が異なるため、カットやジャンプが非常に多いのです。
今回も覚悟はしていましたが、フルートでいう3オクターブ目の音が読み切れない(笑)
ファなのかラなのか。はたまたソなのか、などなど。
メロディを記憶してしまえば、そんなに大変なことはないのですが、最初は目、頭ともに疲れました。
そして、プロコフィエフのフルートソナタか?と思うほど、4オクターブのレが連発!!(笑)
3幕最後もDdurのスケールで終わるのですが、4オクターブ目のレが最後の音!!!(このスケールきっかけで、最後の和音をオケが鳴らすので、吹かないわけにいかない・・・。)


おかげさまで、連日、多くのお客様にお越しいただき、ありがたかったです。
また、9月30日には、カイロ・バレエカンパニーに所属している日本人(全部で4人います!)の1人がソリストということもあり、大使、公使をはじめ、多くの日本人の方々が足を運んでくださいました。

今日はオフということで、洗濯、掃除、毛染めと、今まで放置しておいたことを一気にやっております。
また明日から、気持ちを新たに頑張ります!

すっかりblog更新をしていませんでしたが、元気にしています。

いよいよカイロ生活6年目、2017/2018のシーズンが始まります!

夏の間は・・・6月、日本でひっそり休養。恒例の与論島にも行かせていただきました。
7月、8月はドイツで古城生活。がっつり音楽に浸り、そして9月4日、ドイツに後ろ髪をひかれながらカイロへ。
カイロ空港に着いた途端、暑い・・・。

忘れていたこの感覚。カイロはまだ夏です。夜がようやく涼しいと感じるくらいで、日中は暑い。
そして、2か月のドイツ飯&ビールで太りました!!(笑)カイロに置いていた洋服がきつい・・・。

今シーズンは21日Opening Gala concert に始まり、29日からバレエ「海賊」、10月はオペラ「椿姫」と聞いています。どんなシーズンになるか、とにかく全力で頑張るのみです。
そして、私なりに次のステップを模索しているので、ご報告できるようになったら、ここにも書きたいと思います。

まずは目の前にあるひとつひとつを大切に。

すっかりBlogの更新が滞りました・・・。
もう季節は春、カイロでは夏が近づいています。

この冷たい麺(涼麺)が美味しい季節です!
IMG_1923






まずは、私が元気だということをお知らせします。

そして、4月25日(火)には、エジプト人フルート奏者、Kholoud Ashraf Sharara と一緒に演奏会をします。
こちらでShararaというと音楽家一族で大変有名なのですが、彼女はそのうちの1人です。
普段はアレキサンドリアのオーケストラで演奏しているので、接点はなかったのですが、一度、シンフォニーオケのトラで一緒になり、ありがたいことに気に入ってくれたみたいで、今回の演奏会に誘われました。

一緒にやるからには、エジプト作品(Sharara作品)と邦人作品をやりたいという私の提案も受け入れてくれて、1曲ずつプログラムに入れました。

ピアニストからは、邦人作品について「嫌い」と言われてしまいましたが、私たちは気に入っているので、本番に向けて頑張ります(笑)

ただいま1月30日からバレエ・コッペリア5日連続公演中です。

昨夜はサッカー、アフリカカップの準決勝で、ブルキナファソとエジプトが対戦。PKの末、エジプトが勝利したようです!コッペリア終演後、携帯で試合を観戦していた同僚たち、それから近所の売店ではTV中継を近所の男性たちがみんな観戦していました。
みんな、サッカー好きなんだよねぇ。

私もサッカー選手に負けないよう、残りの公演も頑張ります!

先日、近所にできたイエメン料理のお店に行ってきました。

IMG_1922


できたばかりだからキレイ(笑)



アラビア語堪能な方々が一緒だったので、注文はお任せして、こんな感じでド〜ンと頼みました。

IMG_1915


美味しかった〜。




最後はヨーグルトジュースとカルダモンのミルクティー

IMG_1920


IMG_1921






日本から来られた方でも入りやすい、紹介できるお店でした。
ちなみにメニューはアラビア語でしたので、私は次回、料理の写真を見せて注文する予定です(笑)

新年あけましておめでとうございます!

気が付けばblogの更新が滞り、新年を迎えてしまいました・・・。

2016年後半はいろいろあり、blogにまで気が向きませんでした。が、2017年は月1でも頑張りたいと思います。
というのも、私のアパートというか私の部屋のインターネット環境が悪く、毎月、使用量とにらめっこ状態なので、なかなかインターネットを楽しめないのです。
引っ越しなどは考えにくく(立地、家賃ともにこの条件で借りられるところがない)、できるだけ動画は見ない生活をして、blog更新したいと思います。

エジプト生活も2016年12月で丸4年が経ち、5年目に突入。
2017年もどうぞよろしくお願いいたします!

いよいよ今夜がシーズン最初の演奏会。

オペラ、バレエ両カンパニーも一緒に出演します。

カイロはまだ真夏?のような暑さです。日差しが強く、気が付けば首回りが日焼けしていた・・・。


さて、この演奏会が終わるとバレエ「Spartacus」が始まります。
そしてありがたいお話でオペラ外のお仕事も。

この外仕事、面白いことに依頼人のほうが私の予定を把握しているのです。

依頼主「○日に演奏会があるんだけど、出てくれないか?」

私「その日の予定はまだ出ていないから、わからないんだけど・・・」

依頼主「その日、君は休みだよ。オペラの予定は僕がわかってる」

私「???(なぜ、もう知っているんだ)本当に休みなら引き受けるけど・・・」

依頼主「じゃあ、決まりだね!○日だよ」


と、とんとん拍子に話が進みます。
これで休みではなかったらどうするんだろうか?(笑)


最近はこの手の心配はもうしなくなってきたけど、口約束は突然のキャンセルもあり得るので、本当にお仕事があったら、ラッキーと思うようにしています。
そして、声をかけてもらえていることがありがたいなと思っています。

それでは、オペラハウスへ行ってきます!!!

気が付けば、9月中旬。
すっかり更新を怠っておりました・・・。

今はカイロにいます。5シーズン目に突入!
と思ったら、3日間のリハーサルのあと犠牲祭休暇8連休・・・。
今日がその最後。

少し前のことを振り返りますと、いろいろありました。
5月は本当に忙しくさせていただき、初めてコンセルヴァトワールの試験審査員をしたり、オペラ2演目、バレエ1演目を1か月のうちにやりながらシンフォニーのエキストラ出演。
おかげさまで6月の公演を全部降り番にしてもらい、一足先に夏休み。

6月は日本で過ごしました。
最初は良かったのですが、恒例のドイツへ行く直前、まさかの入院。
1週間病院のベッドの上で生活。
原因不明のまま、無理やり退院し、ドイツへ。

7月〜8月はPommersfeldenで過ごしました。
体調のこともあって、ビールはほぼ飲まず、夜遊びも控え、ただひたすら音楽漬けの毎日でした。

8月下旬、日本に戻ってきて早々、NHK千葉放送局にてラジオ生出演とランチタイムコンサートに出演させていただきました。そして数日後には真砂にてワンコインコンサート、その翌日にはこれも恒例与論島へ。

与論島から戻るとすぐにカイロへ向かう準備をし、あわただしくカイロへ。
そして現在に至ります。

日本でお世話になった皆様、ありがとうございました。
またお会いできなかった皆様、ごめんなさい。

エジプト人もヨーロッパ人もそうですが、休暇の過ごし方が上手です。
フルートの練習なんてしてないみたいです(笑)
私も休暇の過ごし方、上手にならないといけませんね。つい練習して、ありがたくお仕事してしまう・・・。

この犠牲祭休暇も毎日オペラへ通っていたのは私だけでしょう(笑)
セキュリティーのおじちゃんたちに「なぜ休みなのに来るんだぁ!!!」と言われていました。
はい、ほかに行くところがないんです・・・。

いよいよ明日からは本格的に仕事が始まります!
今シーズンもどうぞ、よろしくお願い致します。

ちょっと前にひいた風邪がほぼ完治してきたというのに、多忙が原因か、ストレスか、右奥歯のあたりが痛い。歯茎も腫れているみたいだし、食べ物をかむのは無理・・・。

今月は先週終わったオペラ「仮面舞踏会」に続いてバレエ「シンデレラ」、オペラ「リゴレット」と立て続けにある。すべて乗り番である上に、シンフォニーのエキストラ、そして、コンセルヴァトワールの試験外部審査員として試験に立ち合い、採点する。
とても興味深い時間を過ごしている。

有難い話だし、自分なりに一生懸命取り組んでいるが、右奥歯の痛みは消えない。

歯医者は日本で!と決めているので、6月まで我慢だ。

オーケストラの一番奏者にはなれないけど、頑張れば二番か三番奏者にはなれると思うよ!

と言われたら、あなたはどうしますか?

相手の言うことを信じて挑戦を始めますか?



私なら一番奏者も両方目指したい。

今ならわかります、一番と二番奏者に資質の違いがあるということを。でも、両方できる奏者になりたい。


人に指摘されて悔しいから頑張る!
これもひとつの才能です。
でも本当に自分がやりたかったことなのか、わからずに悔しさだけでスタートするとあとで苦しみます。


人生1年や2年の寄り道どうってことない、そう思えるのは若いときだけ。
今は1日1日が勝負です。


自分のことは自分で。
一番私が苦手とすることですが、本当にやりたいことのためなら頑張れます。
カイロでの一人暮らしも何とかなっています。


それでも辛くなったとき、頼りにしている人たちに助けを求めます。

あなたなら大丈夫だろうという勝手な思い込みはやめてほしい。
ギリギリまで踏ん張って、最後の最後に助けを求めているのだから。

今日はどうしようもなくてオケピで一人泣きました。
誰にもバレてないと思っていたら、同僚に気がつかれました。それも遠く離れた席の同僚に。
バレて恥ずかったけれど、異変に気がついて声をかけてくれた同僚に救われました。

戦いの日々はまだまだ続いていきます。
強くなる!




Blog更新ペースが遅くなっていますが、私は元気にしています。

このたび、熊本をはじめとする九州で被災なさってらっしゃる方々に心からお見舞い申し上げます。
我がオケのオフィスでも「桂子、大丈夫なのか?」と心配してくれています。
こういう心の持ち主たちなんです、エジプト人は。


2日前に5公演にわたるバレエ「ロミオ&ジュリエット」が終わりました。
今回は蕁麻疹が出たり、背中が痛かったりと思わぬトラブルもありましたが、お客様には最高のものを!!と全身全霊、いつも通り演奏しました。
連日、満席状態、ご来場のお客様に改めて感謝しました。

さて、次の公演まで久しぶりにお休みができました。
休日の過ごし方・・・これが下手です、私。
いつもオペラハウスで練習して帰宅しての繰り返し。今回はせっかく声をかけてもらったので、映画を観に行きました。
エジプトの映画館、初めて!!

IMG_1151






カイロにはありこちに映画館があり、その規模も様々。
その昔、コンサート会場でなく、映画館でベルリンフィルが演奏したらしく、その映画館もまだ存在しています。
今回の会場はダウンタウンにある、小さな映画館。
事前に調べて行ったものの、入り組んだところにあるこの映画館は見つけられず、近くの人に尋ねました(笑)
意外にも?観客が多かったのに驚き。

英語字幕を必死に目で追いながら、フランス語を聴く。あ〜、語学のできなささが身に染みる・・・。
それでも内容がわかりやすかったので、予想より楽しめました。

映画の後は、近所の人気店「エルアブド」
IMG_1155




アイスを買うのに長蛇の列!

たまにはこういう休日も悪くないです。

今夜はオペラハウスとは違う会場にコンサートを聴きに行きます。
4年目にしてすこ〜し外出するようになりました(笑)

P1010697



今日からアイーダが始まります。


今月はバタバタで何もご報告ができませんでしたので、まとめて書きます!

まず、レバノンで演奏してきました。
こちらは現地のTVでその様子が放映されたそうです。
http://www.futuretvnetwork.com/node/205790
演奏会の様子は17分20秒ごろからです。


そしてカイロへいったん戻ってきましたが、そのあとベルリンへ飛びました。
ベルリンでは思わぬ収穫を得ることができ、感動。
モチベーションも上がりました。

その気持ちを忘れないようにと戻ったカイロ初日に、明日のOmar Khairat演奏会に出てくれないか?との連絡。代打要請です。
20時から演奏会(といっても実質20:30)、私のリハーサルは20時まで。そんな条件でも良いと言ってくれたので引き受けました。ふたを開けてみたら同僚が何人も同じ条件だった(笑)

その翌日、今度はシンフォニーオケから連絡。
今週の定期に1番フルートでという代打要請。
P1010696




なんかおかしいなと思っていたら、奏者のご家族にご不幸があったようで・・・。
モーツァルトのドンジョバンニ序曲とクラリネット協奏曲を演奏しました。
クラリネット協奏曲のソリストCharles Neidichさんと奥様の大島文子さんには大変お世話になりました。

そしてようやく自分のオケの本番、アイーダが始まります。
4月1日まで走りきるぞ〜!!!

P1010641




昨日、アレキサンドリアから戻りました。

先月から3年ぶりに7公演の白鳥湖!!!
カイロでは5公演連続、そしてアレキサンドリアで2公演。
皆様、お疲れ様でございました(笑)


カイロでは全4幕中、1,2幕の間には休憩を入れますが、3,4幕はそのまま通します。
後半に行けばいくほど、フルートのソロが増え、最後にとどめのドソロ〜。
自分でいうのもおかしいですが、抜群の安定感で全公演を終了しました。その疲労感と言ったら・・・。


今回はご来場のお客様からお花をいただき、殺風景な我が家が明るくなり、毎日水を替えるたびに、あ〜こういう日常も大切だなと思いました。花より団子の私にしては珍しい???


さて、白鳥湖のあとは私、レバノンへ行ってまいります!!
ご縁があってレバノン在大使館からのご依頼で、フルートとピアノで演奏します。
初めてのレバノン・・・ドキドキです。
本当はデュオSAKURAでというお話をいただいたのですが、日本から相方さんは来られないということで(仕方ないです)
レバノンレポートはまた戻ってからしたいと思います!

そして3月末はうちの十八番、「アイーダ」です。
リハ1回、イタリアーナ(歌手付リハ)2回、GP(通し稽古)2回で本番です。
今までのアイーダで一番少ないリハ回数です。まぁ、十八番だから当たり前か。


さぁ、今月もはりきっていきたいと思います!!!

今日はバレンタイン。
オペラハウス敷地内のイルミネーションもそれに合わせたものになっていたのに、昨夜気がつきました。。。


うん、忘れてたよ、バレンタイン(笑)

昨夜はシンフォニーの定期を聴きに行っていて、フィアンセのいるエジプト人とバレンタインについて話す機会がありました。

そもそもそういう話になったのも、若くてスレンダーな女の子が長い足を惜しげもなく出した格好でステージ裏をうろついていて、そこにいた男性陣がヒューと声をあげていたのが始まり(笑)

エジプト人男性たちもやっぱり好きなんだ、と確認していたら、実はもう少しお尻が大きいほうがいいとか、自分の彼女じゃないからあの格好はいいけど、彼女にはそんなことさせない、だってみんなの視線を集めて僕は嫉妬して色んな人とケンカしなくちゃいけないとか。

なかなか面白かったです。


そしてバレンタインの話になり、日本ではチョコレートを渡すことが一般的という話をすると、こちらでは男女ともに一大イベントみたいで、特に男性の負担が大きいみたい。お花屋さんはこの日のために24時間営業になるらしい。

フィアンセのいるエジプト人は、彼女への愛の大きさを示さないといけないから大変なんだと言っていました。

頑張れ、Mohamed !

日本にいた頃は今年はどこのチョコレートを食べようかと心弾ませた時期でしたが、いつのまにか忘れてしまっていました。いかん、いかん。

私は今夜、急遽頼まれたOmar Khairat のコンサートに出ます。外国人私だけだし、エジプトだけでなくアラブ世界で大変有名な方のコンサート。初見だし、指揮者いないし、もう、なるようになれー!

ハッピーバレンタイン(*^^*)

P1010636


初日が終わりました。
良い緊張感の中で全力を尽くしたからか、今朝は全く起き上がれませんでした(笑)

日本から恵方巻きを食べている甥っ子の写真が送られてきていて、あ〜、そうか今日は節分かと。
昨年は同僚が恵方巻きを作ってきてくれたのですが、今年はその同僚もいません。
とりあえず、ご飯は炊いたものの、たぶんこのまま梅干しとお味噌汁で済ませてしまいそうです・・・。


今夜もリゴレット公演。昨日とは異なるキャストなので、また初日のような気分です。



Dukeのアリアがとっても有名ですが、私個人は2幕、Rigolettoのアリアがぐっときます。
フルートはGildaをあらわすことが多いので、清く美しく奏でられるよう、今夜も頑張ります。
毎日いろいろあっても音楽がほとんどのことを帳消しにしてくれる。音楽の力ってすごいですね。

image




先日、ルクソールに行っていました。
日本でもNEWSになったかもしれませんが、エジプトのシシ大統領と中国の習近平国家主席の前で演奏しました。
中国人ピアニストのランランとも共演という、なんとも自伝に書けそうな経験(笑)


image



これはエジプトのテレビに映ったところを写真に撮ったらしいです。
同僚のエジプト人と中国人と思われた私(笑)




この時、エジプト人にはもちろんのこと、ヨーロッパ人にも「日本人も中国人も同じ顔をしている、目がこんなだから」と目を横にほそーくされました。
うんうん、私もエジプト人、シリア人、スーダン人、トルコ人みんな同じに見えるよ。ヨーロッパ人だって余程のことがない限り何人なんてわからない。
だから、同じと言われて腹は立ちませんが、中国のことを質問されたってわかるわけなーい!!

そして、決定的だったのは、中国人も日本人も英語できないよねの一言。
いやいや、それは人によるでしょう。
私は確かにできません。外国に暮らしていて英語も現地の言葉もろくにできないというのは、正直、歯がゆい思いをたくさんします。じゃあ、勉強したらいいんですけどね。それがなかなか進まない(笑)

image


いつも写真を撮ってくれるカイロ交響楽団首席トロンボーン奏者のZafar。



今回もたくさんみんなを撮影していました。
これは撮る側の彼が写っている貴重な1枚。
ナイル川をボートで下った時のものです。
ここで頭に思い浮かんだのは、アイーダ三幕の冒頭フルートのソロです。



いろんな経験が私の血や肉となり、音楽に生かせることを私は信じています。

今年こそ、マメにblog更新を!と思っていましたが、1月も中旬を過ぎ・・・。

1月に発売されたザ・フルート第149号、お読みいただけましたか?
スイーツ特集を組んで、ガイドブックには載っていない日本人好み?私好みをランキングでご紹介しました。
記事を書いた後、エジプト菓子で美味しいものを発見したのですが、2回目は店頭になく、名前も写真もご紹介できないお菓子があります。
次回、見つけたら必ずご紹介しますね!

148号ではカイロで活躍するバレリーナたちをご紹介させていただきました。
昨年末は恒例のくるみ割り人形で主役や個別に踊るソリストなどで大活躍でした。
私は縁の下の力持ち?として、オケピで演奏していたわけなのですが、な、なんと、葦笛の踊りがない!!!
フルートの絶好の見せ場がない・・・。
私にとっては残念で仕方ないのですが、その分、序曲、中国の踊り、スペインの踊り、そして花のワルツなど華やかな曲を楽しみました。

そんな次号150号は・・・エジプト人のフルート奏者をご紹介しています!
ぜひご覧いただけたら嬉しいです。


そうそう、今週予定されていたオペラ「リゴレット」は政府の急な要請?でぶっ飛び(笑)、2月2,3,4日に公演変更となりました。
今日はこれからルクソールへ公演に行ってきます!

地方公演は観光できるチャンス!
楽しんできま〜す♪

皆様
新年、あけましておめでとうございます!
1年1年がありがたく感じるようになりました(笑)

昨年はアルソ出版「ザ・フルート」への連載を開始させていただき、カイロのありのままを知っていただこうと、私なりに奮闘しました。
想像より生活は穏やかで、毎日何かしらに笑っていました。
先月の誕生日には思いがけず同僚たちからのメッセージやプレゼントに、なんだか認められた気持ちになり、勇気を持ってカイロへ来てよかったなと思いました。

夏には恒例になったドイツ古城でのオーケストラアカデミー。
才能あふれる若手と一緒に過ごす時間は、まだまだ自分も負けないぞ!と普段とは違う必死さで貴重でした。

そして一時帰国した際に、アンサンブル・カプリッシュの演奏会に出演させていただきました。
初めてご一緒する方々もいて、これを機会にご縁が続くといいなと思っています。何でも次回の話が進んでいるとか。タイミングさえ合えば、ぜひ参加したい団体です。

そして4シーズン目に入った9月からは、日本人女性がオーケストラに1人となり、正直、孤独との戦いでした。
戦友たちの新たな門出を祝ったはずなのに・・・。強くなるために11月はドイツへ武者修行に行きました。
結果、たくさんの人に助けられた修行となったのですが、得るものも大きかったです。

こうしてあっという間に年末になり、気が付けば新年。
1日からお仕事させていただいています。ありがたや。



今年も皆様にとって素晴らしい1年となりますように。


久しぶりの更新になってしまいました。。。

ドイツの武者修行のご褒美は最後にクロアチアへ遊びにいったこと。
美味しい海の幸、静かで綺麗な街並みに癒されました。

IMG_0689

IMG_0688






ちょうどそのクロアチアへの移動中にパリでの事件が起こり、国境を通過するときはちょっとドキドキしました。

というのも、日本のパスポートは水戸黄門の印籠のように、どこでも大抵歓迎ムードですが、私のパスポートの中にはアラビア語のスタンプがいっぱい(笑)
エジプトの労働ビザまで貼ってあります。

チェックはされましたが、無事にカイロへ戻り、オペラ「Il trovatore」、クリスマスコンサート、そして現在、バレエ「くるみ割り人形」の仕事をしています。


昨日は、Mohamedの誕生日を祝うオリエンタル音楽の演奏会があり、出演してきました。
民族楽器がたくさん入っているので、自分の演奏よりそちらの人たちの演奏に興味津々でした(笑)
ヴァイオリンは調弦がラでなくソであることも判明。クォータートーンも使っての演奏はなんとも私にはできないグルーヴ感でした。



そして日本でいうところの「クリぼっち」
仕事だから仕方ないし、夜仕事が終わってどこかへ繰り出すほど元気もないし(笑)
そんな私にヨーロッパ人の同僚が「クリスマス1人なの?え〜どうして?!クリスマスなのに。それは悲しいよ」と言われてしまいました。

じゃあ、クリスマスパーティーにでも誘ってよと思いましたが、クリスマスは家族で過ごすものだから、家族と一緒でない私を可哀そうと思ってくれたのでしょうね。
ということで、今日か明日にでもケーキを買います(笑)
シャンパン、どこかにないかな???



皆様は素敵なクリスマスを過ごされますように。


ミュンヘンからベルリンへは電車で移動しました。

その電車、遅れたうえに車両変更のアナウンスが途中で流れ・・・。

ドイツ語ちんぷんかんぷんの私には至難の業ですが、幸い、ベルリン在住の友人と一緒だったので、ただついていくだけで済みました。


ベルリンに予定より2時間遅れで到着し、その日の夜は「フィガロの結婚」を鑑賞。

IMG_0663


シラー劇場という小さな劇場での公演。舞台もよく見えます。




IMG_0661

指揮者が私にはドゥダメルに見えていたのですが、なんと本人でした。オペラ振るるようになったんですね。





翌日はレッスンを受けに行きました。
素敵なご自宅でのレッスン。共通の知り合いがいたりして、とても和やかにでもたくさんのヒントをくださいました。
現役のオーケストラ奏者は忙しいと聞いていたので、急なお願いに対応してもらえたのもラッキーでした。
これもひとつのご縁なんでしょうね。


夜は現在、バレンボイムアカデミー生としてベルリンに留学中のエジプト人の友人と私の友人を紹介するのもかねてご飯を食べました。
カイロ以外で友人たちに会うって、なんだか不思議な気分でした。

そのあと、やっぱりこれは見ておかないといけない!と友人に言われブランデンブルグ門へ。

IMG_0667



ライトアップされていたのできれいでした〜。
よし、またベルリンに来よう!と思った夜でした。

このページのトップヘ