歴史の闇から蘇る旧日本軍の財宝!

戦後、伝説とされ誰もこの謎を解き明かす事が出来なかった太平洋戦争時中に隠匿した旧日本軍の財宝!それが今、一人の男が財宝を隠匿したカギとなる暗号解読と超高度な隠匿技術の謎解きに挑む!隠匿されているアジア各国各地(日本を含め)の埋蔵現場から発掘作業を生でレポート!財宝の存在を知りつつも、取り出せないように様々な仕掛け罠が.......。(理屈で、ものをいう連中と違いまっせ!真実は埋蔵現場の中に隠されています。) 埋蔵現場には関係なく、日常生活の中での思いも、ブログでつぶやいています。

2019 12 12 3

◎すべての人の行く先は

許しを請うたり、おりいって事をたのんだりするときに「後生だから」 と言ったり、また、「つまらん物を後生大事にしているな」 などと、後生は日常語となっています。

仏教では後生は、死後ふたたび生まれ変わることをいい、前生(ぜんしょう)、今生(こんじょう)と対応して、来世、あの世、死後の世の意味です。また、極楽に生まれ変わり安楽を得ることも後生といいます。

「白骨の御文章」{はっこつのごぶんしょう}に「だれの人も、はやく後生の一大事を心にかけて」 とあります。「後生の一大事」 とは、生死(しょうじ)の問題を解決して、後生に浄土に往生するという、人生にあける最重要事のことをいいます。

極楽に生まれるためには、この世で徳行を積むことや、功徳として慈悲深い行いという意味もあるそうですから、「後生だから」 は「お慈悲と思って」 との意味になるのでしょうか。

(くらしの仏教語豆辞典より参照)


死後の世界はハッッキリしているのに、知らない人が多すぎです(^^;  
何でこんな世界があるんや〜!! って死んでから後悔している霊人たちがいっぱいですよ〜。 
さあ〜どうする(´・ω・`)


さてさて、気になる現場の様子ですが、

2020年、2月終盤に。

あっという間に2月も終わります(^^;

新型コロナウイルスも日々拡がってきています!!

人混みは避けて下さい(*_*;

春の陽射しまであと少しです。


さあ〜今週も頑張りましょう〜 .............    _(_^_)_


※PS コメントは一般公開はしていませんので、アドレスを残していただければ個別にお返事いたします。


★旧日本軍の財宝を詳しく取り上げてる書籍!
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈上〉
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈下〉

2020 2 17


◎この世に仏が出られたこと

「立身出世」 という言葉があります。「立身」 は身を立てる、立派な人に成るという意味で、「立身」 は世に出る、成功して名声を得るという意味ですから、立身出世は社会的に高い地位につき、世間に名を上げることです。

明治期の青年の多くがこれを目的として努力したいといいます。 出世とは、本来、仏が衆生を救うために、仮に人間の姿となって、この世に出現されることをいいます。
「仏出世本懐」 (ぶつしゅっせほんかい)などと説かれるのも、この意味です。

また、世間的なことを超える意味で、迷いの世俗の世界を越えて仏道に入り、修行者になることを、「出世間」(しゅっせけん)とも出世ともいいます。日本では、公卿(くぎょう)の子息が出家した場合に出世と呼ばれました。

普通の者より昇進が早かったそうで、転じて僧が高い位に昇り、大寺院の住持となることを指すようになり、それが一般にも広まったようです。

(くらしの仏教語豆辞典より参照)


本来の出世とは、仏が衆生を救うために、仮に人間の姿となって、この世に出現することです!

しかし、皆さまも、立身出世を目指して、この世では頑張りましょう〜(^_-)-☆


さてさて、気になる現場の様子ですが、

2020年、2月中旬。

雨が多い2月です

コロナウイルスも一段と加速がついて、日本にも広がってきました。

とにかく免疫力が全てですから、睡眠と健康な精神と食にかかってきます!

この最大の国難、何とか乗り切りましょう(^^;

自分の身は自分で守るしかありませんので

まだまだ寒い日が続きますが、


さあ〜今週も頑張りましょう〜 .............    _(_^_)_


※PS コメントは一般公開はしていませんので、アドレスを残していただければ個別にお返事いたします。


★旧日本軍の財宝を詳しく取り上げてる書籍!
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈上〉
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈下〉

2020 2 10


◎単なる料理のジャンルではない

精進料理といえば」、魚や肉類を使わない料理であることは誰でも知っています。 祭りや葬式の後のように、心身を清める精進の期間が終わると、精進落ちとか精進明けと称して、肉食飲食の宴がもたれるのをよく見かけます。栄養補給でしょうか。

精進とは、もともと、仏教の実践徳目である「六波羅蜜」 の一つで、精進こめて励み進むこと、努力精進することをいいます。このことから、一般に努力することを意味し、手紙などに「ますますご精進ください」 などと書かれたりしています。

この精進に、日本では新しい意味がつけ加わりました。仏教が伝来する以前から神事で行われていた「潔斎」(けっさい)と結びついて「精進潔斎」 といわれるようになったのです。心身を清め、行いをつつしむというものです。

肉や魚を使わない精進料理は、この意味から来たのでした。

(くらしの仏教語豆辞典より参照)


和食の極めつきの料理ではないでしょうか。精進料理は日本人には最高 

そして精進努力は菩薩行の一つでもありますね(^^)/


さてさて、気になる現場の様子ですが、

2020年、2月も中旬に。

コロナウイルスの猛威が、どこまで広がるのか(@_@)

免疫力が大事といわれていますので、

食の大切さを重視して自分の身は自分で守らないとね!!

寒い日が続いていますが、

バイク通、手が冷たくて大変です(^^;


さあ〜今週も頑張りましょう〜 .............    _(_^_)_


※PS コメントは一般公開はしていませんので、アドレスを残していただければ個別にお返事いたします。


★旧日本軍の財宝を詳しく取り上げてる書籍!
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈上〉
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈下〉

このページのトップヘ