2017 2 6
暖かくなってきましたね。
2017年03月20日

黄金の龍 食のいい話 その29(遺伝子組み換え食品)


"医は食にあり"。そう昔からいわれます。古来より中国では、病気になってから病気を治す医者はありきたりの普通の医者で本当の名医は病気になる前の「未病」の段階で食物によって病気を防いでくれるとの考えがあり食医とよびました。そして"食"は人を良くすると書き、今日の一食が未来のあなたをつくります。そんなあなたに朗報をお届けしたいと思います。 全ての病気は、食べ過ぎ(体に溜まった毒素)が、原因なのです!

体調不良の原因かもしれません........。
2017 3 20
(画像、参照)

◎遺伝子組み換え食品はなぜ不安?

遺伝子組み換え食品とは、ほかの生物からとりだした遺伝子を組み込んで害虫や除草剤に強い性質にした農作物のこと。

問題点は、除草剤に強い強い性質のため、かえって除草剤をたくさん使うようになることです。また、遺伝子組み換え技術を応用して生産した健康食品「トリプトファン製品」による事故では、アメリカを中心に推定6000人の被害者を出し、38人が亡くなっています。有害という結論は出ていないものの、避けたほうが賢明です。

表示が義務づけられている農作物には、大豆とうもろこしじゃがいもなたね綿実があります。また加工食品では、とうふ油揚げ納豆みそコーンスナックなどに表示が義務づけられています。

ただし、表示の義務は、原材料の重量の5%以上使われている、または原材料の上位3番目までに入っている場合に限られています。 (危ない食品たべてませんか 増尾清著、参照)

「腹八分で医者いらず、腹六分で老いを忘れる、腹四分で神に近づく」「小食は万病を治す妙法である」(ヨガ教訓より)

「一日三食のうち、二食は自分のため。一食は医者のため」 (ドイツのことわざ)

「現代医学の神は、死神であり、病院は死の教会である」(ロバート.メンデルソン博士)

「安いから、便利だから」 ではなく、安全性にも配慮して食品を選び、調理する。 (増尾清)


遺伝子組み換え食品、かなり危険な食品なのですね ( ;∀;)

最近、シャケの遺伝子組み換え食品もスーパーで売られているそうです。

外国産のようで、チェックが必要です!


さてさて、気になる現場の様子ですが、

2017年、3月の後半戦に入ります。

春の甲子園大会も始まり、いよいよ春本番ですね (^^)/

桜の花も、待ち遠しいです。

ウキウキした気分にもなりますが、気を引き締めて頑張らないと。


今週もお互いに、自分に負けないで、頑張りましょう〜  .............    _(_^_)_


またレポートします〜。

※PS コメントは一般公開はしていませんので、アドレスを残していただければ個別にお返事いたします。

下の個の、クリックよろしくお願いします。 日々の励みになりますし、頑張りが利きます! ブログをお持ちの方には、必ずお返しをします (^^)/

blogram投票ボタン
↓↑

働くヒト ブログランキングへ
↓↑
にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村


★旧日本軍の財宝を詳しく取り上げてる書籍!
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈上〉
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈下〉
2017年03月13日

黄金の龍 72.釈尊の言葉!



因果の法則は、宇宙の法則です。
2017 3 13
(画像、イメージです)


投げつけた砂が
自分にかかるように
愚行は自らの災いを招く

汚(けが)れのない人、清浄で罪のない人を
害する者があれば、
災いはその愚かな者に返ってくる。
風に逆らって塵(ちり)を投げれば、
その人に戻ってくるように。
(法句経125)

弱者へのいじめや暴力を断つ

相手を困らせようと、砂をつかんでえいっと投げつけても、逆風であれば戻ってきて自分が砂ぼこりを浴びることになります。釈尊は、罪のない人を害することをそうした愚かな行為にたとえて、自業自得を教えることばにしています。

釈尊が生きた紀元前の昔、人々の暮らしは現代では考えられないほど苛酷(かこく)だったでしょう。病気や飢えの苦しみとは常に隣り合わせで、自然の災害にはなす術(すべ)もなく、疫病にかかれば死を待つほかない..........。

そんな厳しい環境であれば人々はみな助け合って生きていたかというと、そうではなく、釈尊が戒めるように、弱い者をいじめたり何の罪のない人を害したりするものが昔からいたということです

それはいまの社会でも同じです。弱者へのさなざまな形のいじめや暴力が、まん延しています。「風に逆らう」とはこの世の道理や人の道に反するということ。悪しき行為は必ず自分に跳ね返ってくることを忘れてはならないのです。 (ブッダいのちの言葉より)

何度も、このブログで訴えていますが、「善因善果、悪因悪果」は、宇宙の法則です。

善い行い(想い)は、良い結果に現れて、悪い行い(想い)は、悪い結果に!

すべて、自分に跳ね返ってきますし、子孫七代までも、今の自分の行いは影響があります。

そして、同じように先祖までも、上、七代を仏にできるかが、今の自分にかかってきます (^^)/

宇宙の法則は、奥が深いですよ〜!!


さてさて、気になる現場の様子ですが、

2017年、3月の中旬に入ります。

段々と三寒四温になってきてます (^^♪

春はもう間近に〜

WBC侍ジャパン。世界一奪還、頑張れ〜! 


今週も頑張らないとね .............    _(_^_)_


※PS コメントは一般公開はしていませんので、アドレスを残していただければ個別にお返事いたします。

下の個の、クリックよろしくお願いします。 日々の励みになりますし、頑張りが利きます! ブログをお持ちの方には、必ずお返しをします (^^)/

blogram投票ボタン
↓↑

働くヒト ブログランキングへ
↓↑
にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村


★旧日本軍の財宝を詳しく取り上げてる書籍!
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈上〉
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈下〉
2017年03月06日

黄金の龍 食のいい話 その28(マヨネーズ)


"医は食にあり"。そう昔からいわれます。古来より中国では、病気になってから病気を治す医者はありきたりの普通の医者で本当の名医は病気になる前の「未病」の段階で食物によって病気を防いでくれるとの考えがあり食医とよびました。そして"食"は人を良くすると書き、今日の一食が未来のあなたをつくります。そんなあなたに朗報をお届けしたいと思います。 全ての病気は、食べ過ぎ(体に溜まった毒素)が、原因なのです!

マヨネーズは大丈夫か。
マヨネーズ
画像、参照

◎マヨネーズ ...... 摂りすぎは太るもと!

キウイを刻んで混ぜれば、脂肪の分解が早くなる!

世の中には、マヨネーズの熱烈なファンがいて、チャーハンをつくるときにサラダ油の代わりにマヨネーズを使ったり、納豆にマヨネーズを入れたりと、意外な組み合わせを楽しんでいるようです。そこまではなくても、いまやマヨネーズは食生活に欠かせない調味料。

ですが、果たしてマヨネーズは安心な食品なのでしょうか。マヨネーズは、植物油と酢を卵黄と一緒に混ぜて乳化状にしたもの。添加物はアミノ酸系調味料ぐらいで、それほど大きな不安はありません。不安といえば、使っている食用植物油が遺伝子組み換え油脂(大豆、なたね、コーン、綿実)かもしれない点。べに花油を使っているものは、その心配はありません。また近頃では、ノンオイル型や、「卵を入れて混ぜるだけ」というキャッチフレーズの半固体状ドレッシングのマヨネーズタイプも出回っています。しかし、このタイプは、増粘多糖類などの添加物が使われている不安もあります。

さて、安心な食べ方ですが、マヨネーズの脂肪分が気になる人には、キウイやブロッコリーを刻んで混ぜることをおすすめします。キウイやブロッコリーは体内で油の分解を早めてくれます。また、マヨネーズタイプの添加物が心配な人は、青のりを混ぜこめばようでしょう。

青のりには乳化剤などの添加物を無毒化する効果があるのです。カロリーハーフのものには増粘剤として「キサンタンガム」が使われていますが、これは心配のない添加物です。 (危ない食品たべてませんか 増尾清著、参照)

「腹八分で医者いらず、腹六分で老いを忘れる、腹四分で神に近づく」「小食は万病を治す妙法である」(ヨガ教訓より)

「一日三食のうち、二食は自分のため。一食は医者のため」 (ドイツのことわざ)

「安いから、便利だから」 ではなく、安全性にも配慮して食品を選び、調理する。 (増尾清)


私もマヨネーズ派です (^^)/ サラダや玉子焼き、鶏の唐揚げ、などなど.............

マヨネーズをたっぷりと、つけて食べています!

あえて、酸味の強いのを選んで食べています。

しかし、食べ過ぎはいけませんね ( ;∀;)


さてさて、気になる現場の様子ですが、

2017年、3月の初旬です。

天気がイマイチ〜 

この時期の雨は、冷たく、イヤですね!!

桜の花が恋しいです。

現場、頑張らないとね (^^)/


今週も気合入れて頑張りましょう〜  .............    _(_^_)_


またレポートします〜。

※PS コメントは一般公開はしていませんので、アドレスを残していただければ個別にお返事いたします。

下の個の、クリックよろしくお願いします。 日々の励みになりますし、頑張りが利きます! ブログをお持ちの方には、必ずお返しをします (^^)/

blogram投票ボタン
↓↑

働くヒト ブログランキングへ
↓↑
にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村


★旧日本軍の財宝を詳しく取り上げてる書籍!
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈上〉
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈下〉