2017年02月27日

黄金の龍 71.釈尊の言葉!



祈りの大切さを。
26 2
(画像、イメージです)


愛する人さえ救えない
死の理不尽さを引き受ける

子を救うことができない。
父も親戚も救うことができない。
死に捉えられた者を、
どんな親族も救うことはできない。
(法句経288)

死を見送る祈りの先には

※けふのうちに とほくへいってしまうわたくしのいもうとよ
みぞれがふっておもてはへんにあかるいのだ

宮沢賢治は、病に冒され死の床に伏した妹を見つめ、哀切きわまる、しかし静かで美しい詩を残しています。これはその「永訣の朝」という詩の冒頭の一説。妹は熱にうなされるように、「あめゆじゃ(あめゆき)をとってきてください」と兄に頼み、賢治は(わたくしのやさしいいもうとの さいごのたべものをもらっていこう)と兄妹で使ってきた二つのお碗に外のみぞれ雪をすくってきます。

そして(これが天上のアイスクリームとなって、妹と他の人々への聖なる資糧をもたらすように、わたくしのすべての幸いをかけて願う)と終わる、祈りのような詩です。

愛する人の死に際して人は祈ることしかできませんそして死にゆく者をだれも救うことはできません。子も親も、神さまさえも。しかし、その死の理不尽さを知った人間だけが本当の優しさを身につけて生きていくのです。 (ブッダいのちの言葉より)


祈りとは、意を乗せて(いのる)ことです! 正しい祈りは神仏にも通じます (^^)/

信じる力(パワー)が、やはり(天界や神様を)動かす鍵となります。

先ずは、己(自分)を信じることが大切です!!


さてさて、気になる現場の様子ですが、

2017年、2月の終盤。

梅の花も散り始めてきました ( ;∀;) 

次は、桜ですね〜!! 2017年の春、間近です。


コブクロの桜〜 いいねぇ〜(^^♪ .............    _(_^_)_


※PS コメントは一般公開はしていませんので、アドレスを残していただければ個別にお返事いたします。

下の個の、クリックよろしくお願いします。 日々の励みになりますし、頑張りが利きます! ブログをお持ちの方には、必ずお返しをします (^^)/

blogram投票ボタン
↓↑

働くヒト ブログランキングへ
↓↑
にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村

※最新の記事です!
↓↓
歴史の闇から蘇る旧日本軍の財宝!

★旧日本軍の財宝を詳しく取り上げてる書籍!
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈上〉
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈下〉

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/joverexr222/65824002 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔