2007年01月18日

黄金日記6 1942年(韓国の埋蔵現場)


1942年占領地2

1942年!終戦4年前の当時の日本軍の占領地です。
 
アジア各国ほぼ制覇の無敵の日本軍です!これらからの勝利品(財宝等)が何処に埋設されどのような隠し方をしてるか?そしてどんな暗号が使われているかが、1996年スタート開始から12年目に入った今、明らかになります。


昨日1月17日の情報ですが、韓国で韓国の人がやはり自分と同じ旧日本軍の財宝を探し求め、場所をつきとめて、ある大学の敷地内ということで、大学側との共同で発掘作業を始めたとのこと。
結局下に掘り下げて、出たのは”水しか”出なかった!との記事を見つけました。ブログ4日目に書きましたが、まんまと待ってましたとばかりに、旧日本軍が仕掛けた水のトラップにはまった訳です。

自分もこの水の仕掛けで、散々な目に遭わされて今日の、今のめげない自分がいるのです。


※もう1件の情報です

プサンに旧日本軍の金塊? 「宝の地図」頼りに調査!

韓国プサン(釜山)市内の山中に旧日本軍によって隠された金塊が埋まっているとして、とある兄弟が調査を開始したと、国際新聞が報じた(国際新聞 2005年8月17日)。

 この兄弟によると、プサン市のクムジョン山中腹に金塊が埋まっていることを示す、旧日本軍が残した「宝の地図」があるという。「宝の地図」には右側に「金塊」と漢字で書かれているが、地形などは全てハングルで書かれているとのことだ。

 兄弟は一昨年、この「宝の地図」を根拠に区役所に埋蔵物調査の許可を申請したが、信憑性に欠けるとして却下された。だが兄弟はあきらめず、鉱業技術調査所の調査結果をもとに区役所に再度埋蔵物調査の許可を申請し、認められた。

鉱業技術調査所の関係者は、金とは断定できないが60キロ程度の何らかの埋蔵物がある可能性は非常に高いとしている。

 17日に開始された調査では金属探知機に早速反応があったとのこと。兄弟は金塊の存在をあらためて確信し、寝ずの番を立てるなど緊張感が高まっているという。

※またもう1件の情報です

6度目の正直? 済州で日本軍の金塊探し!

済州(チェジュ)市は2005年11月済州島内の開発業者が日本軍の金塊が埋まっていると噂されている我羅洞(アラドン)の黒松周辺の地下埋蔵物発掘許可申請し、文化財庁の承認を得て許可したことを発表した。
 我羅洞(アラドン)には日本植民地時代に日本軍第58軍司令部が駐屯していた。終戦直前、満州などから済州に移動配置された関東軍が金塊などを持ち寄ったが、急な敗戦でこれらを日本に持ち帰れず、埋めてしまったという噂があった。

 これまで1983年、87年、94−95年、2002年、2004−2005年と5度にわたって金塊探しが行われたが全て失敗に終わっている。(グーグル参照)


韓国もやはりありますね〜(~_~)


ということは、フィリピン日本にかぎらず、当時の占領地に埋蔵されてる訳です。今の自分は埋蔵地は一目見ればすぐに分かります。暗号サインが残されているので、、、。
  
ヘルメットの中から髪の毛を伝ってポタリポタリと汗が地面に落ちる。狭くて天井が低い洞窟の中をバケツを両手で掴み地面を這うように、まさにオラウータンみたいなかっこでの土だし作業です。汗ダクダク。

1時間に20回の3セット計60杯!休憩入れて3時間30分の作業でした。
  
今日も一人ぼっち。でも負けないぞう〜。絶対に!
  
明日もまた報告します。明日は前進です!

※最新の記事です!
↓↓
歴史の闇から蘇る旧日本軍の財宝!




★旧日本軍の財宝を詳しく取り上げてる書籍!
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈上〉
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈下〉
2007年03月19日

黄金日記60 吐き気が...(毒ガスに!)


吐き気が、いまだに治まらずに横になってました

突然、現場での後半。‘何か変な臭いが、、’

急に吐き気が、、、

最後のスコップの作業を中断して現場をあとにしました。

このときのために、中を広げていたのは確かですが!

やっぱり出たかあ〜

横穴のために軽くてすんだが、縦穴だったらどうなっていたことか(;´Д`)

まだ吐き気がするので、今日のブログはこれで終わります。


明日またレポートします

※最新の記事です!
↓↓
歴史の闇から蘇る旧日本軍の財宝!
 


★旧日本軍の財宝を詳しく取り上げてる書籍!
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈上〉
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈下〉
2007年06月02日

黄金の日々11 また落ちる仕掛けが、、



落石シーン
落石....(イメージ)

今の状況は、天井部分が何故か土になっている

軟らかくなってるのが、気がかりであったが、、、

連日の堅物を削る作業が続く

‘ドスンドスン’と周辺にも振動が響く

天井部分が突然

パラパラと土が落ちはじめてきた(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

同時に‘ゴォー’と音が、、、

一瞬の出来事

瞬時に身をかわしていた自分( ・Д・)

忍者のような身のかわし

2mは瞬間移動していた(☆゚∀゚)

そして振り返って見ると

さっきまでいた自分のところに、、、

多量の土と砂と大石まじりの物が落下していた

1トン近くの量はあったと思う

危機一髪だった(T_T)

自分でもあのときの動きにはビックリ(*・ω・)ノ

今回は予期せぬ出来事

落とす仕掛けがここにもあった

一昨日の出来事でした


でもここまで来てあきらめる自分ではない

何とか固い部分を利用して材木を使い

ポッカリ空いた上部の空間を塞ぐ作業をしなければ、、、

今日一日、大工さんをして何とか止めた

それにしても今回は本当に危なかった。


明日は落ちた残土の処理をしなくては

休みなしで頑張ります

※最新の記事です!
↓↓
歴史の闇から蘇る旧日本軍の財宝!
 


★旧日本軍の財宝を詳しく取り上げてる書籍!
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈上〉
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈下〉
2007年06月05日

黄金の日々12 まだ油断は出来ない!


何とか天井部分を塞いだが、、、

素人大工なもので、心配ではある

それにしても全て計算され上から落ちる仕掛けに

ちょっとの振動で落ちるようになってる

寸の狂いもない作り(・∀・)

次のトラップ(罠)は?

ここまで来るともう疑心暗鬼である(´−д−;`)

60年前の人達との知恵比べ

でも何って、いうことすんの(((( ;゚д゚)))

これが当時の旧日本軍が考え出した最高の隠匿技術です

自然力学、陰陽、方位学、心理学、中国古来からの知恵等を利用して、そして様々な

トラップ(罠)を仕掛けしっかりとお宝を守っている

‘取れるものなら取ってみろ’と言わんばかりの息吹を感じる。

命がけは確かだ( -д-)ノ

絶対にパートナーは必要だ!

人間一人では無理です

最近ご老体はすっかりご無沙汰である

ご老体の体調もすぐれない見たいで天候も今いちで、今は一人作業が続く

さ〜もう一息です

※最新の記事です!
↓↓
歴史の闇から蘇る旧日本軍の財宝!
 


★旧日本軍の財宝を詳しく取り上げてる書籍!
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈上〉
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈下〉
2007年06月07日

黄金の日々13 海水が上がる


満潮、干潮で2m近い高低差が出てしまう

お月様の引力も関係していて今現場の中は水浸しの状態

昨日は雨の影響もあり地下水が上がり、作業時間と満潮時が

重なり、現場まで行き急きょ中止に!

水位が30センチはあったと思う(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

今のこの現場は海水だからまだいいが、これが淡水であれば

水に浸かってる皮膚が危ない

強い化学薬品を使って固めているために皮膚がただれてしまう。

フィリピンでも経験したが、作業員全員、足の裏が薬品負けして

皮膚がむけ、3日間作業出来なかったことがある(´−д−;`)

自分も同じように足の裏がただれてひどい目にあった。

その現場は川のところにあったが、、、

しかし用心に越したことはない

今日は、やはり水浸し

でもやらなくては、、、

あぐらをかいての作業であるが、お尻半分は浸かる(TДT)

でも中の様子は凄い


またレポートします

※最新の記事です!
↓↓
歴史の闇から蘇る旧日本軍の財宝!
 


★旧日本軍の財宝を詳しく取り上げてる書籍!
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈上〉
マルコス王朝―フィリピンに君臨した独裁者の内幕〈下〉