犬ログ

過去ログ


ラフのシェルターでの様子です
https://youtu.be/vjJ65zlKEY0


生後4ヶ月ごろに兄弟と宮古島の保健所に保護され
生後10ヶ月ごろに保護主の家にやってくるまでは、宮古島のシェルーターで育ちました。
シェルターでも精一杯のお世話をうけましたが、一般家庭とはちがい、常に人と一緒に暮らしているわけではないので、人馴れはなかなかすすみませんでした。
これまで人間には一切身体を触らせることなく、おびえて暮らしてきました。


11月初旬に我が家に来た当時の写真です
あばらが浮く程やせていておなかの調子が悪かったので獣医師の力をかり、改善に努めました。

IMG_0832

FullSizeRender


いまでは、私に撫でてくれるように尻尾を振って甘えてくるまでになりました。
それでも、すべての人に対する恐怖がなくなったわけではありません。
いつか必ず、尻尾を振ってきてくれるその日まで、広い心で接してくださるご家庭を希望してます。





FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_0825
FullSizeRender

ラフ

宮古島の保護施設
より保護
約 2歳くらい オス  去勢済み
適性体重 20キロ
体高 55cm体長 58cm

※随時更新しています

ピュアなハートの持ち主で、「楽しい、楽しい」と全身で表現するのを見ているだけで幸せな気持ちになれます。

とても表情豊かで、全身で語るタイプ。



我が家の猫、小型の先住犬と平和に共生しています。

知らない人に対して怖がりなところが残っていますが、根は明るく素直でかわいい子犬のような坊やです。


元野犬で、シェルターで育ったため、

基本的に人にあまり慣れていません

シェルターでのかつての様子はこちらをクリック)


一時預かり宅のケアで、元気を取り戻し、預かり宅の家族には尻尾を振って甘えてくるようにもなりました。


IMG_1732

IMG_1733
(左の大きいほうです 慣れた人にはとてもあまえんぼうです。)

忍耐強く広い心で接することで、すばらしいパートナー犬となる素質を持っています。


他の犬との相性について。

保護施設で多くの犬と暮らしてきたので、犬とのコミュニケーションは上手です。

預かり宅の犬のことを頼りにし、心の支えにしています。おおらかな先住犬のいるようなお家に向いていると思われます。

小型犬にも、強く当るようなことは見られません。

(どちらからというといじめられっ子タイプですので、気が強すぎる犬とは合わなそうです)


お散歩が大好きです。
びっくりすると飛びのくことがありますが、おおむね上手に歩きます。

静かな環境であれば、知らない人から差し出されたおやつを、手からたべることができます。

知らない人に撫でられるのは今のところ、好きではありません。
唸りや噛みはなく、ただぎゅっと目をつぶってじっと耐えていますが、無理に触ると下痢などをしてしまいます。
はじめは触ろうとせず、自分から来るようになるまで、待ってあげていただきたいと思います。

突然の大きな音や動作を怖がるため、小さなお子さんのいるご家庭には向きません。

驚いたり怖がったりすると、パニックで逃げ回ります。逃がさない為に、ショルダーリードの使用、脱走防止のチャイルドゲート等を使用のうえ細心の注意をお願いします。

お留守番は不安で泣いてしまうため、現在トレーニング中です。
(現在、だいぶ改善がみられます。お留守番もある程度でき、粗相はもう数カ月以上見られませんが、環境が変わるとできなくなることもあります)

現在、総合的にトレーニングし、いろいろなところにでかけて、いろいろなことを怖くなく楽しめるように練習しています。

まだ2歳程度の若犬であり、はじめて外に出てきて知らないことがたくさんあります。
体力もとてもあり、お散歩をきちんとして、犬に時間をたっぷりかけてあげられる環境が必要です。
当然イタズラもしますし、若い犬らしく、ハイキングや走ることが大好きです。
優しく向き合いつつ、ラフの可能性をどんどん拡げてくださる方、どうぞよろしくお願いします。

元野良犬独特の行動がありますので、接し方、特に迷子にさせない為の工夫に関して耳を傾け、引き継いでくださる方にお願いします。


アップデート】

去勢手術済み

オスワリ、フセ、マテ、オイデ、6時間程度のお留守番、室内トイレ、クレートトレーニング

などを練習


保護主には、喜んで撫でさせるようになりました。

お散歩はたまにテンションが上がると跳ね回りますが、ほぼ落ち着いています。


★環境が変わればできなくなることもありますので、トレーニング済みを保証するものではありません。



【動画】

人の手からおやつをもらう (家に来たばかりの頃
https://youtu.be/TwqBItEqLg0

室内や店内、人が多いところの様子 (家にきたばかりのころ
https://youtu.be/59f32sBmeWw

ハイキング
https://youtu.be/ARdHfHSyqA4

先住犬とあそぶ
https://youtu.be/BKWgJ7JcAq8

身体能力 (ドッグラン内の動画です
https://youtu.be/2Pr-Nv23Yak

Instagram @springsprinkle ご覧ください


千葉県千葉市 までお見合いにお越しいただけると嬉しいです。


【譲渡条件】条件は常に一律ではなく、犬によって異なっています

千葉県までお見合いにご家族全員で足を運んでいただける方
★関東近郊で募集していましたが、お見合いに足を運んでいただけて、万が一トライアル中にお返しいただく場合に、千葉までお届けいただける方であれば、ある程度遠方でも対応させていただきます。

譲渡誓約書にご署名ご捺印いただけること
10歳以下の小さなお子さまがいないこと (予想外の動きをとても怖がるため)
現在は留守番がない 〜5.6時間程度まで
犬に体罰を使わない (プロング/Eカラー/チョークチェーンを含む)
(おおらかな先住犬のいる家庭大歓迎)
家族全員が飼育に賛成していること
終生飼育
生涯室内飼い (先住犬も室内飼いであること)
60歳以上の方には譲渡できません申し訳ございません。
関東近郊のペット飼育可能な住環境 
単身不可 (申し訳ございません。この子の場合は複数の家族で人馴れさせた方が良いと思います)
里親詐欺防止の為、譲渡の際家族の写真撮影及び身分証のコピーを提出いただけること。
脱走防止策のお願い
マイクロチップ挿入 
トライアル期間 約2週間から1ヶ月程度
必ずご自宅内までお届けさせていただきます。


【譲渡費用】 

5万円

内訳

空輸代19924円
宮古島での医療費 ¥6000 
狂犬病注射 ¥2950 登録札発行料 ¥500
 畜犬登録料 ¥3000
去勢手術 ¥15120
その他医療費 ¥21740 (全て領収書あり)
これらを合計 ¥69234 ですが

5万円を上回る分はこちらで負担し
譲渡費用は5万円とさせていただきます。

また、千葉市からお届けまでにかかる高速代金の実費をいただきます。

【アンケート返信→お見合い→トライアル】という流れとなっております。

知識や多頭飼いの経験がなく心配な方には、ドックトレーナーである保護主がラフと楽しく共生していく為に必要なお手伝いをさせていただきます。必要ない方には煩くいうことはありません。
(お見合いで、ご自分や、住犬との相性を見てから、お断りいただいてももちろんかまいません)
よろしくお願いします☺️

長文になってしまいましたが
保護主の多くは、長く活動するうちに、我が子のように愛情をかけて譲渡した犬が、譲渡先から逃げてしまって交通事故で亡くなるということ。
いつのまにか外で飼われていて雨ざらしになっていたり、虐待にあったり、適切な医療にかけていただいていないことが発覚するなど、とても辛いことを実際に経験します。
犬猫の末長い安全と健康を願ってのことですのでどうぞご協力をお願いします。

ラフを家族にと希望される方は
こちらのメールフォームからご応募下さい
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=ba96095b935f6a1d

ご質問等はこちらからからどうぞ💁‍♀️💕
partnershipwithpaws@gmail.com
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=4362b4be558040ba

3日以上返信がない場合はお手数ですが再度ご連絡をお願いします。



★★予約制 譲渡会 9/26日 千葉にて★★
詳細はこちら!
http://blog.livedoor.jp/joxarsnufkin-animalfoster/archives/83871570.html




.

「怖がりの犬」とお見合いされる方、

そして「怖がりの犬」と初めて出会う、あなたへのお願いです。


どうか犬をはじめのうち、透明人間いや、透明犬のように扱ってください。

「見ない、触らない、気にしない」 の3点をお願いします。



お見合いの流れ


犬に挨拶をせず、ただ、道を歩き出し

私と犬を遠く後方からついてゆかせてください。


後ろからついてゆくことで、犬はゆっくりあなたのことを観察できます。

犬が緩やかに歩いている限り、怯え固まった、シャットダウン状態にはなりません。


そのうち犬の方が、あなたのほうに顔をむけて空気の匂いを嗅いだり、自ら歩みよる様子がみられたら、すこしずつ近づかせていただきます。

向かい合わず、そのまま歩きつづけてください。



このようにただつきつ離れつ一緒に歩くお散歩をしばらくしたあとで、家やカフェで落ち着くと、最初から家やカフェの狭い空間で対峙すると違って、犬の恐怖感が軽減されますので、まずはどうかお散歩からよろしくお願いします。


里親希望者さんの場合は、犬が調子よく歩き始めたら、リードをお渡して一緒にお散歩していただけるようにしたいと思います。

その際、屈んだり撫でたりのアプローチはまだしないようお願いします。



しばらくしてから、ドッグランやロングリードなど、犬の自由がきく状態で、人同士歓談し、犬が自由に近づいたり離れたりできるような時間を設けます。

そのときにも、自分から犬に近づくのではなく、犬から近づいてくるのを待ってくださるようお願いします。


可愛いので、犬に触りたくなってしまいますが、

怖がりの犬に対して、初対面の段階ではなるべく犬の気持ちを尊重することをお願いします。


手間はかかりますが、少しの手間と忍耐で、こわがりの犬からの一生の印象が変わり、
「怖いことをしないでいてくれた」という信頼を人との間に芽生えさせるお手伝いをお願いします。







↑このページのトップヘ