2015年08月11日

49日を終えて。

Joyちゃんは、6月21日の深夜、逝ってしまいました。
19年と2か月と3日を過ごし、霊性高い最期でした。

まだミー子も息ができない日や、突然の高熱嘔吐もありますが
ジョっちさんの頑張りが忘れられず、ブログを更新しました。


ジョっちさんは、壮絶な病をもっても、壮絶さを見せない頑張りは
神がかりのようでした。
生きているのが不思議なくらい、壮絶な状況を生きました。

肉腫の破裂後は獣医さんから壮絶な痛みを考慮して、安楽死の
お話が出ていましたが私の思いを考慮した獣医さんはその後の
治療は自分でやるしかないんだと告げられました。

亡くなる三日前まで食欲はあって、美味しそうに好物を食べ
嬉しそうにしているジョっちさんを支えていくことに迷いもなく
自分で塗り薬を調合し、皮膚が付着しない医療用のガーゼに
大量のアクリノールでの消毒、腫瘍に保冷剤で腐敗の進行を
妨ぎました。

ただ、こんな恐ろしい病気に私に傷のようなものが残りました。
これで良かったのかも分かりません。


難治性悪性肉腫は境界がなく治療法もなく、抗がん剤も放射線も
抗生物質も効果がありません。

境界がないのでどんどん腫瘍が広がっていきます。

最初は骨のように固くなってどんどん大きく成長し組織を破壊し
破裂させます。

ジョっちさんは破裂してから約一か月生き抜きました。

腐敗していく、ぴちゃぴちゃと患部から音がして部屋中に臭いが
充満しいくら包帯やガーゼを替え消毒しても臭いが消えることは
ありません。
包帯は一度使用すると二度と使用できませんでした。

最後近くには、パーンという破裂の音がし骨が見えました。

何度も泣きながら包帯を替え、こうして生きていることさえ
信じがたく、もう頑張らなくてもいいとジョっちに言ったことも。
でも生きたいという言葉が聞こえてくるようだった。

敗血症で亡くなることを覚悟していましたが、怖かったのはだんだん
腫瘍が広がり、肛門の穴が狭まっているようだったことです。

最後の日、腫瘍は腰まで広がり固くなって大きく成長して肛門や
膀胱までも圧迫、一切の排せつができなくなり、足も硬直しはじめて
食べ物を戻し、水も飲めなくなりました。

排せつの穴が全てふさがり、亡き後も汚物も出ずでした。
かなりの苦しみを耐えていたと思います。
何度も最後まで排せつしようとしていました。


数日前、ジョっちさんは歩けないのに這って、用を足そうと
頑張って猫トイレの壁に頭をつけ支え立とうとしている姿を
見てしまったときは、とても辛かったです。

手伝って、便をミー子の手で引き出したり、シートを用意しても
最後まで、自力で排せつしようと頑として譲りませんでした。


最後の日は一日中そばにいて手や足を取りながら
添い寝していましたが、少しでもそばを離れようとすると
這いながらミー子を追いました。

まるでいつ逝ってしまうかもわからないよというような必至の
お顔でした。

ホモトキの痛み止めは、灼熱痛、骨の炎症止め、呼吸の製剤など
かなりの量を施しました。
細胞の製剤なので飲めなければ、皮膚に振りかけて、少しは
落ち着く様子もみられ、それを続けました。


小さな痙攣が続き、大きな痙攣もありましたが、ずっとそばで
過ごし、最後はミー子の腕の中で目を閉じました。

お別れも6月15日朝にジョっちさんがにっこり笑って、一日中
お顔を見るたび、短くニャっと鳴いてあいさつをするので最後が
迫っていることが分かりました。

その夜、最後にと思い、ジョっちを毛布でくるみ慣れ楽しんだ公園に
一緒に散歩もしました。
ジョっちは懐かしそうに、くんくんして、いつものベンチでもミー子の
膝の上に立ちたがっていて…。

身体にさわると思い短い時間でしたが、とても幸せそうだった。

不思議なことですが、ジョっちが亡くなって最後の治療と思い包帯を
替えている時のことですが…

大音響でゴロゴロとゴロゴロとどこからか聞こえてくるのです。
もう亡くなっているのに、周りを見渡してもいない…

包帯の替えが完了するとともに声が全く聞こえなくなって…その後
闘病に使用したものをかたずけていたら、まるでかたずけないでと
いうかのようにニャーンと一声が聞こえたのです。

ここにいるよと伝えたかったの?


たくさんのいたらないこと、ジョっちさんごめんね。
ジョっちさん、よく頑張ったね。


今はもうジョっちにしてあげられることは向こうで困らないように
守っていただけるよう、祈ることしかできないけれど
お花を飾って、いつも話しかけるね。
またいつか、会えますように。

夢の中にもジョっちが出てきてくれて、いろいろなこと
解決してくれて、不思議なことが続いています。



ジョっちは神社でお葬式をしました。
桐の棺に絹のお布団にお花に抱かれきつねさんと一緒に
旅立ちました。

たくさん頑張った分、今も
祝詞をたくさん上げて頂いています。
神社で頂いた紫陽花も3週間枯れませんでした。

お骨はまだ家にありますが、この先、神社に併設されている
海や山が見えるやすらぎの丘に眠るようになります。

きっと、気に入ってくれますように。



ジョっちさんの闘病の頑張った写真の掲載に悩みましたが
たくさんのこと乗り越えた誇りと思い載せることにしました。

6月18日の写真になります。
腫瘍は尾の元からでした。

2015811













ジョっちさんのこと、今までほんとうにありがとうございました。
励ましてくださった方々に感謝をしてやみません。
ジョっちもありがとうと伝えてほしいと思います。
これからもこの感謝を永遠に思います。





お骨の衣が白くて寂しく、ブルーの猫さんの生地でカバーを
作りました。


2015811















゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆ほんとうにありがとうございました。







joy73 at 14:29 
日記、一般、ブログ、ペット、IT、モバイル、趣味、アート、旅行 

2015年06月07日

あどけないままに

ジョっちさんは五月からセカンドオピニオンで腫瘍科専門医に
移りました。

先生やスタッフさんがとても良い方ばかりで本当に的確に
指導してくださって、今日に至っています。

老齢であることも考慮してくださるので思いのほか安堵しました。

以前の病院の検査は細胞診でしたが腫瘍科の先生は病状で
悪性難治性肉腫と診断されています。

放射線も抗生物質も何も効かず、境界がなく広がる癌細胞で
手術をしてもとりきれず再発しやすく、症例も少ないそうです。

今までのデーターを求められ、五年間の情報を記したものを
提出しました。

この数値で慢性腎不全を五年間維持してその管理を
褒められました。







写真は4月末に撮ったジョっちさんです。

001-1



















三つの寝床をチョイスし寝ていました。

006-1






























水分と栄養を奪われるので、今は数値よりも砂糖など入っていない
添加物無しのもの探していたのですが

こちらアニモンダの製品、柔らかいパテ状なので
とても助かりました。



008-1

























「ミー子も癌と闘うから。ジョっちの大好きなごはんを奪うなんて
 朝までかかっても栄養摂ろうねっ。」って…

お友達は、毎回大量のマグロの差し入れをしてくれて
ジョっちさんも毎日楽しみにしていました。

ジョっちさん、フードファイターで良かったなぁと思います。







五月に入ってから、ジョっちさんのお部屋に
籠るようになりました。

マグロごはんが楽しみでその時だけひとりで
歩いて出てきます。

あどけないお顔で見つめる時、切ないです。

007-1






















水分をかなり奪われる様子で、消費する砂の量が
半端ではありません。

一日で砂の殆どが汚れ、下に敷いているシートを通し
その下の新聞紙まで濡れてしまいます。

水素水を一日に2本以上飲みます。

灼熱が身体にあるのですね。

トイレは低いのを用意しているのですが、いつものしか
使用しません。

ジョっちさんに掛けていたタオルと共にトイレに入り
落ちてしまって、拾ってにゃと知らせに来るくらい
しっかりしたジョっちさんです。

最近、腫瘍がとうとう破裂していまいました。
骨のように固いままと思っていましたが…
今は柔らかくて、口を閉ざしてしまいます。

何度も消毒、ゲンタシン、包帯の替えなど身体はビクッとしながらも
静かに終えさせてくれます。

敗血症にならないよう今は骨まで浸透しないよう祈る思いです。

病院の先生は痛みが鈍っているとの事でしたが、ジョっちさん
ミー子が見ていないと思ってじっと立ち上がって痛みを
我慢していました。

食欲があり、楽しみにして生きたいと頑張っているジョっちさんが
いる限り、ミー子はジョっちさんを支えていこうと思います。

ホモトキシコロジーを経口すると落ち着き眠ってくれるので
それが一番ほっとします。

ジョっちさんをエールをくださった方々に、本当に感謝しています。

先日、教え子が来てくれて「大変かもしれないけど
20歳まで生きてねっ。」
とても嬉しかったです。

心配してサプリメントを持ってきてくださる友人もいて
ミー子もジョっちもありがとうです。







この写真は17歳の時、動物病院から推薦を受けて長寿の猫と
家族に贈られた表彰状に貼られた大好きな写真です。

011-1



























ミー子にとって永遠の少年(女の子)のようなジョっちさんです。

ブログの更新は未定になると思います。

今までジョっちさんのブログを訪問してくださったり
コメントもたくさん頂いて、とても嬉しかったです。

ありがとうございました。

ジョっちを大切にできる時間はあります。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
どうか穏やかに過ごせますように*:--☆--:*:--☆--:







☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;ありがとう。ジョイ&ミー子






joy73 at 00:22 
日記、一般、ブログ、ペット、IT、モバイル、趣味、アート、旅行 

2015年04月18日

ジョっちさん、19歳ね。 ☆Happy Birthday☆ 

ジョっちさんが、19歳のお誕生日を迎えることができました。

とても嬉しいです。

頑張った賞のジョっちさんです。






008-1















腫瘍は言葉がない位、骨のようにさらに
固くなってきています。

他の部分にも細胞の盛り上がりような…。

間葉系悪性線維肉腫は猫さんにはまれでは。

高齢なので、積極的な治療で衰弱させてしまうこと
避けたいです。

使用しているホモトキシコロジーの製剤は
炎症を抑制して、結合組織を解毒します。
痛みがかなり抑えられ救われました。

同じ病気の方々にと、ご参考までなのですが
ヤーパンヘール研究所の資料もとより
腫瘍患者治療計画の製剤を記載しました。


☆腫瘍の治療製剤 ☆


Coenzyme, Ubichinon,

Para-Benzochinon

Galium, Lymphomyosot


☆炎症で熱がある灼熱痛などに☆

Symphytum, Echinacea,


☆骨や骨膜の痛み,筋肉の痛みなど☆

Os suis, Traumeel,

お問い合わせはヤーパンヘールさんまで。
ブログにリンクしています。






写真は四月の初め。

003-1















ミー子のお顔が合うとにゃぁ〜振り向いたらにゃぁ〜

傍にいないにゃぁ〜ソロソロと探し回ります。






写真は2014年9月

004-1














クリックすると全ての写真拡大します。






病院から処方されたメタカムという消炎鎮痛剤、これには
驚きました。説明書を見なければ大変でした。

アメリカ製の薬品で説明書には貧血、出血性の疾患や
腎臓の機能障害などのある猫さんには投与しないことと
制限事項にありましたが、獣医さんから危険性の説明はなく
受付の方から新発売とかで、投与の際の分量の説明は
アバウトでした。

死亡の症例がアメリカでは多いです。
高齢猫さんには慎重にとも書かれていますのに。
ただ反復しなければともありますが、それでも死亡例が
あります。
急性腎不全も起こしたりします。

ジョイは貧血で危険だった時期から、未だに血小板は減少していて
免疫低下しています。
ホモトキシコロジーの止血の製剤を使用しているので
今まで無事にこられましたが、高齢なので慎重を要します。

獣医さんは、バファリン程度の痛み止めとのお話が
後には認識していなかったとのこと。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
食欲が今下降気味でしたが心配してくれた
お友達からジョっちさんにお刺身を頂いたり
ある方からは大きなブラックシリカのプレゼントを
嬉しそうに食べたり落ち着いているジョっち様子に
とても幸せに思います。




・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ジョっちさんが、どうか痛みが和らぎ、心穏やかに


幸せでいますように。 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆                  




゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆いつもありがとう。
続きを読む

joy73 at 08:57 
日記、一般、ブログ、ペット、IT、モバイル、趣味、アート、旅行 

2015年04月16日

小麦ちゃんへ

3月26日、ご近所の小麦ちゃんが虹の橋を渡りました。

小麦ちゃんは動物管理センターより保護されたわんこさんです。
前足に、保護される以前からの、訳ありの障害がありますが
お受け渡しされたご家族の大きな愛情に包まれ幸せに
過ごされてきました。



120312_0700~01



























お散歩をやすみやすみして頑張って歩いていた小麦ちゃんを
思い出します。

ご家族の「小麦なら許される。どんどん踏んでいいよ。」と、
お庭のお花を踏まれても、足を動かしてくれることを一番に
喜び思う、お話に心うたれました。
小麦ちゃんもずいぶんお散歩できるようになっていて。


きっと、今頃、小麦ちゃんは先代のけんちゃんとふたりで
おもいっきり、駆けまわっていますね。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
小麦ちゃんのご家族が少しずつでもお元気になられますように。


小麦ちゃんありがとう。

遅くなって、ごめんね。
     
 

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆



joy73 at 16:33 
日記、一般、ブログ、ペット、IT、モバイル、趣味、アート、旅行 

2015年04月04日

大切にしたい。

こんなことが起きるのですね。

ジョイちゃんに悪性の腫瘍が…。

病気がふたつになってしまいました。

ジョイちゃん、すごく痛いね…。
言葉を話せたらいいのに。
どうしたら痛みが和らいでくれるのか…。


また、いちから腫瘍の治療計画を
ホモトキシコロジーの製剤で
頑張っているジョっちさんがいます。
1クール終えます。

一緒に生きたいとお顔をするジョっちさんです。







昨年、9月の写真にて
002-1













血液検査で慢性の腎不全の数値は三期のまま
現状維持していました。
ほんとうに、ホモトキに感謝しています。
それだからこそ、無事でいられたのだと思っています。

確かに、ピリピリするエネルギー、熱感を
腫瘍幹部に感じたことも…
家族には話していた…何か変と。

仕事をしばらく離れていて、何かが鈍っていたのか
ジョっちさんに気づけない、私の責任を思います。


昨年の秋から、ありえないことが起き続けて、時間をとられ
無駄にしてしまったこと、ジョっちに申し訳なかったです。

これから、時間を大切にしていきたい。
ジョっちさんが喜び、穏やかに過ごせるよう
少しでも痛みが和らぎますように。







007-1












大好きな二代目きつねさん、毛づくろいして心を落ち着け
手っ手でたぐりよせたりしています。

初代きつねさんは昨年、注意して洗ったつもりでしたが
小さい頃からの年代ものなので、中の型ボール紙が
とうとう崩壊してしまいました。

二代目もジョっちさんの唾液がついているので
落ち着きます。
以前より、少し大きいですが。
昔、お友達からプレゼントしていただきました。







011-1



























とても悪いとは思えない表情で…。
病理組織検査の結果なのだから
そうですね。

ジョっちさん、春になったら大好きな桜が咲くよ…

痛みがなくなりますように。





☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
いつもありがとう。
更新しました。



joy73 at 18:31 
日記、一般、ブログ、ペット、IT、モバイル、趣味、アート、旅行 
Recent Comments