ゆっくり泳いで苦手をチェックしたら・・

 月曜日:キックだけの練習
 水曜日は短水路でスイムドリルの練習
 金曜日:プルだけの練習
これは僕の練習だから自分で納得していれば
それでいいのでもうしばらくこれを続けたい。
でも「自己流」では練習にも限界があるから
スイムの本を参考に練習を組み立てるといい。
 
 「だけ」の練習は飽きるんだ。
だからオフにいつもやっているゆっくりスイムで
アップとダウンを泳いだ。
高橋雄介コーチの本によるとゆっくり泳ぐと
苦手な部分が見えてくるということだ。
速く泳ぎたいなら効率良く技術を身につけられる
ゆっくりスイムがお勧めらしい。
ゆっくり泳いで巧くいかないことは
速く泳いだ時にも巧くいかないのだ。

僕でもゆっくり泳ぐと6ビートがきちんと出来る。
僕は普段は変則5ビートだ、1キックが何処かで
小さくなっているか蹴っていないか、どちらかだ。
それをこのオフに直したいと思っている。
1ストローク6ビートはクロールの
基本中の基本だからきちんと身につければ
そこからどのようにでも応用できる。
6ビートが出来ないと2ビートも上手に出来ない。
だからトライアスロンで1500mや2000m、3800mを
泳ぐときに2ビートでしっかり蹴れるようになれば
タイムは大幅に短縮できるだろう。
それに疲労も少なるに違いない。

これら全てをゆっくりスイムで解消できるなら
やらない手はない。

僕のこのオフの計画はこうだった。
キックだけの練習でキックの能力を上げる。
プルだけの練習でプルの力を着ける。
それをドリルできれいなフォームに組み立てる。

これからは、それにゆっくりスイムが加わる。
オフがちょっと楽しくなりそうだね。

スイムだけでなく、バイク、ラン、三つの練習を
しっかりやってこの冬の練習を楽しみたいと思う。

DSCN3040

コロッケ大好き!
揚げ物はビールと合うんだよね。
しっかり練習してがっつり食べよう。
これもこの冬の計画に入れるつもりだ。

すまぬが一押ししてください

差し伸べた手にしか果実は落ちないという真実

 ほんの小さな出来事で思わぬ怪我をして
しまうことがあるよね。
お風呂で腰掛にに座ろうとして石鹸で滑って
腰を打ってしまったのが金曜日の夜。
大事を取って3日間練習を休んだ後の
火曜日の夕方、
このところ何故か運動に目覚めた
奥方の乗ったママチャリに先導されて
ジョギングに出た。
奥方は自分が少し運動不足で
体形を戻すには運動するしかない
ということが分かったらしい。
そこで早歩きをしようと言い出したので
僕がまず始めに脚力を着けないと
続けられないからと勧めたのがママチャリだった。
ぜひ続けて欲しい、
お手伝いいたしますよ奥様。

誰でも自分の望む体形というのがあるだろう。
奥方も今更ボン、キュッ、ボンでもないだろうけど
もう少し身体を引き締められればお似合いの
ワンピースももっと引き立つはずだ。

僕もトライアスロンスーツの似合う男になりたい。
理想の体形は5年前のバラモンキングに出る前の
体形だけど、あれを取り戻すのは並大抵の
努力では出来ないだろう。
なぜあれほどの努力が出来たのか今でも不思議だ。
しかしあの練習とあの食事ならばあの身体が出来て
当然と今でも言える。
自分が手を差し伸べない限り、つまり理想を求めて
最大限の努力をしない限り木の実は得られないのだ。

でもね、この言葉は自分がいいなあと思った女性を
口説き落とすのにも当てはまるんだ。
というより、むしろこちらの方が分かりやすい。
その女性のためにデート、花束、食事、プレゼント、
もう自分の出来る精一杯のことをする。
そうして初めて自分の手にその果実は落ちてくる。
何にしても努力って大事だなあ。

思い付きではないことは継続することで証明しよう。
今夕も奥方はママチャリサイクリングに出かけると言う。
それでは僕も付き合おうとミニベロで一緒に家を出た。
黄昏時の住宅街を2台並んで走る。
懐かしいなあ、こんなの新婚以来だよ。
奥方はとっくに僕の手に落ちてきているのにまだ
奥方に尽くすなんて・・・・

さあ、今度は二人でダイエットだよ。
5キロ落とそうね。

DSCN3094

知人の果樹園で買ってきた甘柿、これで500円!


すまぬが一押ししてください

キック1500m一本勝負

 僕のトライアスロンシーズンは終わった。
だから、この時期、何をやっても怖くない。
もし怪我をしても来シーズンまで時間は
充分ある。
ゆえに自分のやりたいことを何でもやっていい。
とは言うもののやはり怪我は怖いから練習に
節度を求めるのも又、心の余裕を表すものと
捉えて適度に休みを入れながらも積極的な
練習をしていきたい。
 
 金曜日はバイクでプールに行こうと思って
いたら、急な電話に時間を取られてしまった。
これではプールに着くまでに時間がかかり過ぎて
しまう。
で、自家用車でプールに行った。
今日はバイク&スイムで脚をいじめておこうと
計画しておいたのにこれではいけない。
それなのでプールに着いた時、迷わず
ビート板を持って入った。
今日はキックオンリーで行こう。
そうすれば脚も疲れさせられるぞ。

始めはキック500mを3本の予定だった。
アップもしないでキックでスタート。
この日はプールが混んでいていつものコースは
泳ぐ人が多くて僕の遅いキックでは迷惑だろう。
それでウオーキングやスイム練習用の
一番端っこのコースに入った。

アップの代わりに大きくゆっくり蹴る。
300mほど進むと自然とキックが早くなってきた。
450mのターンをして戻ってくる時、それほど
疲れていないなあ、このままあと300m行くか、
となって500mのターン。
大きく強く、やや強く、小さく軽く、など色々
試しながらキックしていく。
やや遅めのやや強めというキックが一番速そうだ。
800m来たがまだ行ける、あと200m行っちゃえ。
1000mまで来ると、まで出来そうだ、
こうなったら1500mに挑戦してみるか、となった。
コースのすぐ上にいるプールの監視員の視線を感じる。
キックばかりしてこの人、何をしているのだろう?
とでも思っているのかな。

1100m、ちょっと疲れてきたようで身体が
沈み気味になったのが分かる。
ビート板に体重がかかるので肩が痛くなる。
でも我慢できる痛みだ、ダテに腹筋ローラーを
してきたわけではない。
肩の筋肉もそれなりに強くなっている。
 その代わりに、ビート板に乗っている両手の
指先が痛くなってきた。
身体が沈み気味なのでビート板も斜めになって
指先に体重が掛かるのだろうか。
げんこつにしてみると楽になった。
やはり指でビート板を抑えていたのだ。
そのままげんこつでビート板を抑えて進んでいく。
1300mのターン、あと200mだ頑張れ!
キックを強めに、身体も水平になって来たらしく
手のひらでビート板を抑えられるようになった。
1450m、最後のターン
ラストスパートしようとしたが50mはもたないだろう。
最後の25mだけ大きく強くキックした。
あと5m、ラスト!気合だけ入ったが脚は動かなかった。
1500m終了。
監視員も安心しただろう。

コースの壁に背中を預けて休む。
キック1500mに要した時間は45分調度。
それほど息が弾むものではない、1分ほどレスト。
ダウンもキック。
ゆっくりグライドキックで進む。
時折呼吸のために腕を上げるだけ。
帰りは体側に腕を合わせてキック、
時折リカバリーを入れるが段々呼吸が早くなってくる。
これでダウン100m

最後は鯨ジャンプ(自称)
胸まで水があるが4,5歩進んでからジャンプして
頭から水中に入り、足まで同じ所に入水するよう
意識する。
鯨の尾ひれが見えるように、僕の足先も見えるだろうか。
水中ではストリームラインを意識するが呼吸が苦しくて
すぐに浮かんでしまう。
これを100mやって本日の練習は終了となった。

隣のコースで泳いでいた顔なじみの女性が
僕を見て拍手してくれた。

DSCN3093

おやつは珈琲とケーキと柿。
頑張ったから甘い物が食べたくなった。


すまぬが一押ししてください

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
プロフィール

joyful1914

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ