2018年02月17日

1本どり、先取り⁉[図案.15]

(c)3.tomy 花びらや葉っぱ(葉脈を刺し残すように)は、1本どりで刺し潰す指示がある。
ちょうど、25番手の6本を使い切り、この残った部分をさすのに、新たに糸をカットしなきゃいけないところになったので、大量にある刺し潰しを始めちゃうことにした。
なんだか、塗り絵の塗りかけみたい。

メダル候補じゃないからもあって、ほとんど取り上げてもらえない日本代表の3番手はショートプログラムで失敗しちゃって第1グループ滑走。
だから、10時開始の競技の10時からしっかりチャンネル・オン。
本日、地上波担当はCMなし局、見やすーい。
2シーズン続けたプログラム、失敗はあれど、悔しさも残れど、がんばった。
そのほか、これで引退(表明済みあり、未表明あり。いずれも引退するなら今シーズン最後にある世界選手権は出ないだろう)なベテラン選手の演技は、感慨深く。団体金メダルで、大念願のメダル、それも金色を手に入れたかつての王者の華麗なステップ、フリーはひげをそった(ってことはショート用の”衣装”だったのね、ひげ)コレオグラファーなスケータの演技、エキシビションのライティング?と勘違いするような衣装キラキラで画面に映し出されたところから始まった元アメリカ王者の感涙演技。
ばいばい。
くそ意地発揮! フリーの1位は獲得したアメリカ王者のクワド・ジャンプ連発に、「あの、1位を取るにはの技術点って、この後、総合1位が変わったら下がるの?」の疑問を生み出した。
なんかね、総合1位を取るための技術点が「下がる」ってのは妙〜な感じ。
実際、ショートを失敗なく100点越え4位で通過した元祖クワド・ルッツジャンパーが演技を終えたら、1位参考技術点が下がって…苦笑。
そんなこんなで、結局、新4回転時代と言われたフィギュア・男子は、前回同様の2種を「美しく」飛んだものの頭上に輝き、新4回転時代に踊った多くの選手が大会直前に調子を崩し…なんだか複雑。
新4回転時代をうまく踊った若手が銀メダル獲得は、今後もやっぱり故障と背中合わせすぎる4回転時代が続くことを示したのかなぁ〜?

さ、スキーみよっと。
ジムをすべったり、斜面を右に左にかっとんだり、長いスロープ助走で空中大飛行したり。
みんなで山道、えっさほっさと走ったり。
スキーもいろいろあるもんだ。


joyfultulip at 17:18|PermalinkComments(0)クロスステッチで楽しむレース模様 

2018年02月16日

あと少しで2本どりステッチ完了なんだけど。[図案.15]

(c)3.tomy あと少しだからぁ〜と言い続けると夜更かし・寝不足になること実証済みなので、「あと少しでも時間がきたらやめる」を徹底するように心がけているステッチ。
昨晩は、今日午前に楽しみにしている競技があること、深夜まで続いたLIVE競技がなかったことでぱしっとやめられた。
未始末糸もなくなってきて、画像もすっきり。
続きは、今晩、いっぱいある話題競技と共に…。

競技始まる前から帰ってくる金メダリストのあれこれ話題ばっかりだったので、しぶしぶ、競技開始までは、昨日、すでにLIVEで観戦済みの競技にチャンネルを合わせ(苦笑)。
コンテストなどで大賞や1等賞をとった作品は確かにものっすごくすばらしいけど、だからといって、それを誰もかれもが好きなわけじゃない。
だれもかれもがそれが出来上がるまでの苦労話を聞きたいわけじゃない。
聞かなくたって、作品(演技)からどれだけ努力したかがばしばし発せられるから。
というのが、チャンネルを変えてしまう理由。

さて、大特集しまくりでペアだってあるのに、アイスダンスだってあるのに…とぶつぶつ言いたくなってもやっぱり楽しみなシングルのショートプログラム終了。
出場枠があり、国を代表できる選手はほかにいないんだろうけど…と、不本意な演技しかできずフリーに進めずの前回メダリスト。
第1グループでの演技でも、やっぱり強豪国(男子3枠保有)で勝ち上がっただけあるねぇ〜の若手の生きのいいジャンプ。
前回、大雪暗転(BSアンテナに雪直撃…って私だけの話だけど)だった大ベテランの会心の演技。
個性的な演技とチャーミングな表情のカナダ選手の引退で、彼の後釜(フィギュアファンとして演技を楽しみにする選手という意味)を探していたところに、ぴたっとはまったのがスピン王の弟子。まだまだ若いから、これからの彼は要チェックだー!
と、ここまでの表現でそれぞれ出場選手や、カナダの引退選手やスピン王の名前がぱっと浮かんだあなたはかなりのフィギュア通。
今季のショートプログラムのなかで、かなりお気に入りなプログラムだったのになぁ〜とため息いーっぱい(団体・個人と2連失敗)のアメリカチャンプ。
素人目にはこっちのほうがいい出来ーと思いつつも、解説のファインプレーでスコアは納得!ヨーロッパチャンプのすべり。
最後、しっかりしめてくれたね!の元祖ルッツジャンパーの演技。

なによりも、スコア・順位よりもその滑りがコレオグラファーとしての宣伝そのもの〜!の引退(前シーズンで最後だからととっておき曲使用だった)撤回の人気スケーターのちょっと怖い(個人的感想)演技が一番強烈に印象に残っている。

明日のフリー。
私的に好きなプログラムなのは、日本の3番手のやつ。
失敗は、もう団体でやったんだから、個人の演技では満面の笑みでガッツポーズできる滑りをしてほしいなぁ〜。

とこれを書いている横でつけっぱなしのBSでは女子のスノーボードクロスの録画放送がやっている。
お!あの空色しましまパンツはイタリアだぁ〜。
単色パンツがおおいから、あの太いシマシマはすっごく目立っていいねぇ〜。
次回、日本はおっきな赤の水玉なんていいんじゃない? 
ねぇ?
ちなみにフランスも青シマシマ採用だけど、上着の袖部分。


joyfultulip at 15:49|PermalinkComments(0)クロスステッチで楽しむレース模様 

2018年02月15日

えぇ〜い見せちゃえ!針目。[縁日キルト]

(c)3.tomy 選んだプリント生地は白と緑がまぜこぜ。
白い糸を選べば緑のところで、緑を選べば白いところで、糸と布色が一致しない。
選んだプリント生地はローンのような薄手のコットン。
60番手の糸でもかなりアップリケとしては糸が太く感じられる。
選んだアップリケの方法では、折り込まれた下の生地に針目が潜り込むようにはうまくまつれない(技術不足⁉)。
そもそも、ミシンキルトでトップを作る人たちは、アップリケの針目は見えること前提でやっている(見せたくない=透明糸って場合もあるけど)のに、なぜに、ハンドキルトでトップを作る人は、アップリケの針目は”隠すこと”が正攻法と考えちゃうんだろう?
注:ハンドアップリケでもブランケットステッチを使う方法や、チキンフットステッチをつかうハワイアンキルトのアップリケ方法もあり、「正攻法」という言い方は極端かもしれない。

ふっと、そんなことを思ったら、ここは「緑」がイメージ色のパーツ部分なので、糸は緑色、針目は”見せる”ことに覚悟をきめた。


まぁね。
きっとね。
アップリケ・スペシャリストは針目を隠そうと思えば隠せるんだと思うんだ。
でもね、でもね。
針目だって、そろえばかわいいと思うんだ。
そろえばね。
針目が見えるって、見えないのとはまた別の努力が必要ってことで、丁寧さにかけてはどっちもどっちかぁ?


本日のオリンピックぶつぶつ。
昨晩・今日と気になったのは、ウエア。
男子カーリングの試合をみていて、どうにもこうにもノルウェーのパンツがパジャマ・パンツに見えてしようがなかった。
そのカーリングは、黄色の石を使うチームは白っぽいウエアで赤色の石を使うチームは赤とかの濃い色のウエアで、観客がどっちがどっちかわかりやすいようにしてくれていると、今日の中継で初めて知った。
今まで、中継見ながら、「あれ?黄色だっけ? 赤だっけ?」と画面の端っこを確認していたけど、これからはウエアでわかる〜!と、本日、一番、耳に残った解説。
スノーボード・パラレルでは、青のシマシマパンツがすっごく目についた。
スカイブルーのシマシマで、つい、ギリシアを連想しちゃったんだけど、画面端っこに選手名と一緒に表示されているちっこい国旗にギリシアはない。
実況・解説は「イタリア」って連呼している。
なんで、スカイブルーのシマシマパンツがイタリアなんだ??
あ!スカイブルーはazzurriで、イタリアはいっつもアズーリなウェアだぁ。
たいてい、まっ青一色だったのに、なんで、今回のスノーボードはシマシマパンツ? よーく見ると裾のところに緑と赤もちらり。


フィギュア・スケートと会場を同じにしているスピードスケート・ショートトラックは、背中に国旗をしょっているウェア。
日本は「日の丸べんとー」にみえる。

そんな、国旗・ナショナルカラーなどを取り込んだウェアは毎回楽しみ。


joyfultulip at 18:33|PermalinkComments(0)季節のタペストリー 

2018年02月14日

つながって…。[図案.15]

(c)3.tomy レース縁側がつながった。

日中はパーツ工場勤務(笑)、夜は趣味のステッチ。
なんてネ。
アップリケのパーツは、まだ作り終わらず。


なかなか、屋外競技は予定通りに始まらないし、進まないし、順延・中止(予選だと)あり。
チャンネルを変えると、「あれー? さっきみたヨ、これ」ってこと多し。
ずれて、始まるノルディック複合も旗がばたばた。
順調に(ノーマルヒルの、あの10分待ちのようなことなく)進むといいな。
あ、フィギュアスケートのペアが始まってた!!!
あんまりにも男子の予定ばっかり伝えるもんだから、男子が個人競技の最初だと勘違いしちゃってたぁ〜。って、放送の右上にLIVEの文字が…ない。
あぁ、これ、録画放送だ。
あれぇ?午前中、放送チェック(TVのデジタル番組表)たとき...あったっけぇ?
明日はフィギュア・ペアのフリーがあるってまず、チェックすることにして、LIVE競技のほうをみよっと。


joyfultulip at 15:52|PermalinkComments(0)クロスステッチで楽しむレース模様 

2018年02月13日

4.5リピート…下だけ。[図案.15]

(c)3.tomy とにかく下部分を続ける方向へ進み切った。
今回のクロスでは4.5リピート分。
糸は十分在庫で足りる。

昨晩はこれを刺しながら、チャンネルの切り替えをなんどやっただろう?
1つは飛んで〜か滑って〜かの競技選択でのチャンネル切り替えだったんだけど、もう1つの理由は、何度も繰り返し放送される「練習シーン」のせい。
故障上がり、メダル最有力候補、人気競技、選手自身の人気と理由はいっぱいだけど…ね?
LIVEでやってる競技そっちのけで、練習で飛んだ1回のジャンプだけでなんとかなんとか放送局?それとも進行役?が聞きたいコメントを求めて繰り返し流れる映像。 そのたびに、チャンネル切り替え。
今日も、飛んで回って〜か、ざざざーっと滑って〜か、チャンネル・がちゃがちゃ。
TVのチャンネルの切り替えに「がちゃがちゃ」と音はしないんだけど。
今は、チャンネルの切り替えを表すオノマトペってなんなのだろう?


joyfultulip at 15:02|PermalinkComments(0)クロスステッチで楽しむレース模様 

2018年02月12日

パーツ工場。[縁日キルト]

(c)3.tomy PC利用でつくったアップリケのテンプレート
細長い楕円は、312枚ほど必要。
全部印刷してしまうと、312回楕円のカットが必要なので、1枚に紙を2〜3枚重ねて留めて。
厚紙も楽にカットできる刃がカーブしているハサミで、じょきじょきじょき。
2枚下に追加に重ねたところ(1度に3枚できる)と3枚下に追加で重ねたところ(4枚できる)とがあり、オリンピック観戦しながらじょきじょきやっちゃったので、はてさて、必要枚数用意したかが不明。
たぶん、足りてると思うんだけど。
つぎは、ざっくりカットした布でくるんで絞って、アップリケのパーツ化作業。
視線はTVへ手元へとふらふらするので、いくつ作業したかわからなくなる。
だから、とりあえず10枚1列にせいれーつ!して、作業。
これぜーんぶくるめると、50個のパーツが出来上がる。
これで観戦準備完了。

今日は何競技たのしめるかなー。
いざ、パーツ工場操業開始。


昨日のオリンピック観戦。
とりあえず、TVで放送がある競技は興味のあるなしによらず、ちょっとは見てみようーとリュージュにチャンネルを合わせた。
「リュージュってどこの発祥?」
の疑問に端を発し、ネットで情報検索。
滑りをみながら、情報を読み上げると…。
「あー、ただの手袋で拭いていたんじゃないんだ。あの手袋、スパイクついてるんだー」
「へ?」
「スタートすると、手で氷をふきふきしてたんだよ。」
あんまり画面をずーっと見てなかったので、言われて"ちゃんと画面を”みると、確かに、スタートすると手で床(氷)をふきふきやっている。
手袋にスパイクが付いていると知ってからは、スタートを見ると、「手でばりばり」とそこばっかり見てしまった(笑)。


joyfultulip at 14:19|PermalinkComments(0)季節のタペストリー 

2018年02月11日

下ばっかりずるずる続け…[図案.15]

(c)3.tomy 流れの生きやすい方向へ進むと、上端へ行かずにずるずると横へ進んでいって…。
あちこち糸がでているのは、始末しきれていないものか、進行方向を変えたために刺し残っているものか。


アイスホッケーにジャンプにショートトラックにクロスカントリーにスピードスケートにスロープスタイル(スノーボード)に…。
どんだけ見たんだ? 的にかじりつき。
まぁ、どの種目も放送最初から最後までずーっとじゃないけど。
ここまでで一番面白かったのはショートトラック。
審議に入るたびに、「あれはさー、あいつだよー。」「あれをとったらかわいそうだよー」「救済かなぁー?」「えー、失格かー」とうるさい観戦(笑)。
飽きてきたけどやめられずの夜更かしになったのはジャンプ。
何度も何度も風のせいで、ジャンパーが行ったり来たり。
いつ終わるのー?的なことと、ここまでの流れで、誰が勝てるのか?的な興味で結局最後の結果が出るまで見てしまった。
でもさ、でもさ。
深夜の競技って、アスリート1stとも思えないし、観客にもどうかと思うし、運営スタッフやボランティアにもどうよ?って思うのだ。
ねぇ?


joyfultulip at 12:22|PermalinkComments(0)クロスステッチで楽しむレース模様 

2018年02月09日

ボーダーのピースワーク。[縁日キルト]

(c)3.tomy 布のしわ柄の方向などもあり、ボーダーにはいる”はぎ合わせ”。
必要な長さに整える最低はぎ回数は1回。
だけど、ピースワーク中。
理由は、上下ボーダーの生地では左右分が取り切れず、類似生地を混ぜることになったから。
理由は、1回はぎだと、なんだか「足りなくってはいだでしょ?」とか「間違ってカットしたの?」的雰囲気があるような気がしたから。
(誰もそんなこと言わないんだけど...。)
理由は…。

ま、そんなこんなで左右に3つずつ、「れんが」とか「ロンドンの階段」とか呼ばれる長方形を半分ずつずらして縫うピースワークを入れることにした。
ほとんど同じ色でとっと織りが違うだけの生地3種でのピースワーク。
限りなく「自己満足」な作業。


開会式前、すでにがんがんに競技が始まっている。
面白いのはカーリングのミックスダブルス。
投げて自分で掃いて〜汗だくだく!とか、あらかじめ2石セットした状態で開始するからハウスにがんがんに石がたまるせいでドキドキ・ワクワクとか。
母国びいきな応援気分がゼロな分、単純に競技が楽しめる。

団体戦フィギュア。
口が滑ったのか「本番は…」のコメントに、その気楽さ(オリンピック本番感の欠如?)が良い滑りになったのかなぁ〜と。
団体戦はフリーのほうを実質の「決勝戦」扱いの、ショートが予選扱いなので、それもあってのあのコメントなのかなぁ〜と。
国際的なあれやこれやで、棚ぼたで個人出場資格ゲットのペアは、すっごくよい滑りでわくわく。
個人出場のほうでは見られるかわからないフリーのためには、団体戦ショートの女子とアイスダンスにも頑張ってもらいたいな。
と朝から、オリンピックでおなか一杯。
なのに、今もTVでモーグル予選(録画)がやってる〜とチャンネルが合わせてある。



joyfultulip at 16:25|PermalinkComments(0)季節のタペストリー 

2018年02月08日

1.5リピート [図案.15]

(c)3.tomy ステッチはちゃんと進んでいる。
ぼちぼちと。

8:30から今オリンピックで追加された種目、ミックスのカーリングがLIVE中継があると知り、さっそくチャンネルを合わせた。

がくっ。

まず、いろんな情報から。
ま、そんなもんさ。
性別別のカーリングは4人でプレーなのに、ミックスは2人。
男女、どっちが先に投げてもいいらしいってのは、水泳のミックスの構成が自由(男女2人ずつ、どの泳法をどっちでもいい)ってのと同じよう。
2人っきりってこともあって、早い、早い。
あっという間にゲームが終わった(エクストラ・エンドになったのに)。
今大会は久々に男子の出場もあるから、きっと、”ちゃんと”男子のカーリング中継もあるだろうと思うと楽しみ(日本がでないと、中継は決勝戦だけってことが多々ある。ま、中継してくれるだけいいともいれるか?)。
女子とは違う男子のあっというまの形勢逆転劇が楽しみ。

ということで、夜はジャンプの予選。
この時期は、「いろんな情報」放送時間に本来やるべきことをするべく、段取り必須。




joyfultulip at 12:18|PermalinkComments(0)クロスステッチで楽しむレース模様 

2018年02月07日

アップリケのパーツ準備。[縁日キルト]

(c)3.tomy 悩み多きことは頭の中で転がしつつ、進められる作業はやっておこうと、アップリケ用のテンプレート作り。
おりしも、キルトフェスティバルのステージで「丸のアップリケ方法」を聞いたところ。
素材の違いがあるので、その時の手法そのまんまをやってみるわけではないけど、同じ手順のところもあり。
テンプレートの再利用もちょっと考えたけど、必要分作っちゃった方が都合がよい点があるため、これから大量に丸と楕円のカット。
数年前に登場し、ずいぶん改良も進んだらしい機械を買えば、こういうのは精度良いものがあっという間にできるんだろうけど、今のところ、TVと手作業という組み合わせでこなしている。
同じサイズの丸の描画はPCにやってもらっているけどネ。


joyfultulip at 17:59|PermalinkComments(0)季節のタペストリー