展示会準備作業。2000枚![d-ring]

2019年10月05日

キルトアンドステッチショーとダリア。

(joyfultulip instagram) ちっちゃな子がはめようとして身長足らずだった顔はめキルト。
側にステップ台あったらよかったのにね?

実は今回が初めて見に行ったキルトアンドステッチショー。開催日数が短く、いままでなかなか都合があわなかったので。
昨日までに会場のあれこれはなんとなく読み・見ていたので"狭いらしい"とは理解していたけど、入口からいきなりちっちゃな作品群がダーッと並び、人が流れずでちょっと見学しにくい?始まりに感じた展示。
その最たるところは今回の呼び物(だよね?主催出版社としては。)区画。
会場1時間後についたら、すでに「200人が並んでいて、1時間待ちです」だとか。
完全に閉じた空間になっていたので、外からさらっとのぞけるものでもなく、1時間待つ気力はなく...。

大きなキルトコンテストで審査員もされていたりする大ベテランのキルト作家の「私のターニングポイントキルト」は、作品はもちろん旧作(かなりの)なのだが、ついているキャプションのいくつかが「へぇ〜」と思わずぱちり。
逆に新作コーナーには、大きなサイズのタペストリーの花々キルトがあでやかに。
その花のキルトのコーナーに偶然遭遇のキルト作家さんとご友人(生徒さんかな?)。わいわい展示キルトを話すその内容に、思わず、耳がダンボに!
いやぁ〜いい話、いっぱいもらい聞きできた〜。

会場を後にし、昨日、TVで偶然見て知った「ダリア」の展示エリアを見つけて上階よりちょっと楽しんで帰宅。

さ!ラグビー観戦だ!


joyfultulip at 19:04│Comments(0) アート 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
展示会準備作業。2000枚![d-ring]