joykunzのblog

ブックジョイ昭和店公式ブログです。宜しくお願いします。レビューの「総評」の言葉①歴代最高の名作:10段階評価で「10、0」②名作:10段階評価で「8、0」③限り無く名作に近い:10段階評価の「7.5」④自信を持っておススメ致します:10段階評価で「7、0」⑤存分にご堪能下さい:10段階評価で「6、0」⑥存分にお楽しみ下さい:10段階評価で「5.5」⑦「ヌキ所」として…:10段階評価で「5、0」 ⑧作品が女優を潰す駄作:10段階評価で「4.5」以下。                                    

2015年07月

「2015年7月度月間ランキング」

◆第1位:「Princess Peach 三上悠亜」
(MUTEKI、6月1日発売)1tek067

あの国民的アイドルグループのグラビアプリンセスが1本限定のMUTEKIデビュー!

アイドルがディープキスしておっぱい揉まれまくってフェラしてハメちゃってます!

3Pまでしちゃって嬉しい限り!

超貴重お宝映像をお見逃しなく!

いやぁ~本当にすごい時代になってまいりましたよw(関係者談)
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=tek067/?i3_ref=search&i3_ord=1

3ヶ月連続月間第1位。
おめでとうございます。



◆第2位:「SOD宣伝部 入社2年目 市川まさみ あなたの事、優しく励まします…!後輩社員市川と夢のオフィス生1sdmu231活 オール顔射4SEX!」
(SOD、7月9日発売)

「市川まさみさんみたいな部下、後輩が欲しい!」というユーザー様からのリクエストにお応えして、今回の作品は市川まさみがアナタの事が大好きな部下や後輩となり、全編完全主観映像でオフィス・自宅・ホテルなどで優しく励ましてくれます。

ずっと身近な市川まさみのカラダとすべて顔で精子を受け止める姿をご堪能下さい。
(以上、レビュー)



[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=1sdmu231/

デビューから4作品連続「月間ランキング」TOP10入り。
おめでとうございます。



◆第3位:「紗倉まな×松岡ちな Wキャスト 巨根激ピストン イカセ地獄」005
(SOD、7月9日発売)

紗倉まな&松岡ちな、SODが誇る2大美巨乳スターが夢の豪華共演!

巨根チ●ポ激ピストンで2人同時にイキまくりイカセまくりの連続絶頂地獄!

お互いのイキ姿を見て興奮しさらに感度が上昇!

ぺニバンレズを含む全5コーナー。
合計14,151回の超絶鬼ピストンで2人とも失神寸前。
痙攣絶頂イキまくり!
(以上、レビュー) 

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=1star611/?i3_ref=search&i3_ord=8

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36626449.html

相方が目に入った状態でSEXをする事によって自身の快感も増大する。
正に1+1=3にも4にもなる事を証明した作品。



◆第4位:「紗倉まな×松岡ちな Wキャスト 姉妹ラブラブ近親相姦 ご奉仕天国」004
(SOD、7月9日発売)

紗倉まな&松岡ちな、SODが誇る2大美巨乳スターが夢の豪華共演!

2人ともお兄ちゃんが大好き!

そんな姉妹が完全主観で愛情たっぷりにラブラブご奉仕してくれます!

夢のような激カワ姉妹とのヤリまくり近親相姦ハーレム生活に毎日勃起しっぱなし!

「お兄ちゃんが気持ち良くなってくれたら私たちも嬉しいな」
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=1star612/

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36437502.html

もしもお二方が妹だったら…。
これ以上に無い幸せな気分になる事間違い無し!。
どっちが好きか…。選ぶのは困難でしょうね。



◆第5位:「元地方局アナウンサー!清楚な照れエロお姉さん AVデビュー 皆道あゆむ」1pgd792
(プレミアム、7月7日発売)

元地方局アナウンサーの清楚なお姉さんがプレミアムから専属デビュー!

(1)エッチな質問に赤面のインタビュー
(2)形の良いおっぱいと薄毛オマンコをご開帳する初脱ぎ!
(3)いきなり感じすぎてしまう初公開セックス
(4)玩具イカセに3P初体験
と初めてづくしのデビュー作!

清純な雰囲気から想像も出来ないほど大きな声であえいじゃう姿は必見!

綺麗なお姉さんがAV女優になる瞬間をお見逃しなく!
(プレミアム)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=pgd792/?i3_ref=search&i3_ord=2



◆第6位:「受精 小松千春」
(MUTEKI、7月1日発売)

本番解禁の衝撃も冷めやらぬ中、まさかの中出しSEX解禁!!

正真正銘の芸能人に精子を注ぎ込み「小松千春」昇天!!
(以上、レビュー) 

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=tek068/?i3_ref=search&i3_ord=1



◆第7位:「E-BODY大型専属デビュー メガトンIカップ 果瀬はるな18歳」1ebod453
(7月13日発売)

この作品に出演している女の子はただ胸が大きいだけではありません。

圧倒的重量感、完璧なフォルム、柔らかさを持ち合わせていました。

コーナー1、初めてその乳房を人前で披露した時、その場にいるスタッフ全員が目を見開き驚愕します。

謙虚で恥ずかしいがり屋の彼女はその価値には気付かずに生きてきました。

しかしこれから環境は劇的に変わっていくことでしょう。

その第一歩となるのが今作、果瀬はるなAVデビュー作です。
(以上、レビュー) 

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=ebod453/



◆第8位:「鈴村あいり 8時間 BEST PRESTIGE PREMIUM TREASURE 02」1ppt023
(プレステージ、7月10日発売)

大人気プレステージ専属女優 『鈴村あいり』 待望の8時間ベスト、第二弾!!

可愛くて大人しそうなのに、Hは超積極的!サービス精神旺盛で絶品のテクニックは堪りません!!

全編通して、抜けるシーンのオンパレード!

若さ溢れるカラダも必見!!
是非ご覧下さい◎
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=118ppt023/



◆第9位:「超豪華ハーレム大乱交同窓会 夢の共演240分SP1sdnm054
水原さな、安野由美、井上綾子、武藤あやか、谷原希美」
(SOD、7月9日発売)

「本物人妻AV体験」シリーズ2周年記念。

現在でもAV出演されている人妻さん達に集まって頂き同窓会を開催。

最初で最後かもしれない夢の共演は、全編女性がリードするハーレムプレイ。

1本のチ○ポを奪い合いながら現役人妻たちが乱れる超豪華240分スペシャル!

なぜAV出演を続けるのか?
その理由を探る座談会も収録。
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=1sdnm054/?i3_ref=search&i3_ord=1



◆第10位:「スポコス汗だくSEX4本番! 体育会系・鈴村あいり」007
(プレステージ、7月1日発売)

プレステージ専属女優『鈴村 あいり』が、スポーツコスチューム姿で濃厚4本番!

自転車部の憧れの先輩に「キスして下さい」と告白し、建物裏で身体を求め合い色っぽ過ぎる表情でHに夢中!

屋上の物陰で陸上部員にフェラして、パワフルに責められ喘ぎ声を抑えながら悶える姿も堪りません!

水泳部講師によるセクハラ指導で、タップリと感じさせられ性欲に火が付くと自らも腰を振り快感に悶えイキ!

テニス部の部室で、あいりを待ち構えていた3名の男子部員達にマワされヨガリ狂う!!
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=118abp319/

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/35771222.html

コスの魅力と彼女自身のエロさとの化学反応。
特に最終チャプターのテニスウエアは大変な事になってましたね。

・第11位:「早乙女美々、イキます。 初体験4本番」004
(S1、7月7日発売)

・第12位:「おま●こ、くぱぁ。 天使もえ」
(S1、7月7日発売)

・第13位:「問題がありすぎて発売を自粛した、AVデビュー前の小向美奈子の超本能ムキ出し変態ガチンコお蔵入り映像が遂に流出!」
(モラル、7月1日発売)

・第14位:「白石茉莉奈 初中出し解禁」
(SOD、6月18日発売)

・第15位:「紗倉まな 3周年記念28作品19SEX収録 2枚組み8時間スペシャルBEST」
(SOD、2月5日発売)

・第16位:「有沢杏 AV解禁!!」
(アリスJAPAN、7月11日発売)

・第17位:「出産して急激に感度があがったママチャリ早漏妻×瑠川リナ 欲望にまみれた絶頂の日々 怒涛の4本番」
(ナチュラルハイ、7月9日発売)

・第18位:「風俗タワー 性感フルコース3時間SPECIAL 北野のぞみ」
(プレステージ、7月1日発売)

・第19位:「天使もえ S1ギリモザ8時間ベスト Vol.1」
(S1、6月19日発売)

・第20位:「下着モデルをさせられて… 葵つかさ」
(S1、7月19日発売)

・第21位:「新人 香純ゆい ~同級生は現役女子校生、18歳のフライングデビュー!~」
(MAX-A、7月10日発売)

・第22位:「紗倉まな 日帰りで12発射精しちゃうヤリまくりイチャイチャ温泉旅行」
(SOD、6月18日発売)

[SOD公式ブログ]
http://blog.livedoor.jp/sod_create/archives/44405592.html

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/34415587.html

・第23位:「今日、あなたの妻を寝取ります。 坂口れな」
(プレステージ、7月1日発売)

・第24位:「新人NO.1STYLE 椿あいのAVデビュー」
(S1、7月19日発売)

・第25位:「デビュー4周年記念 初中出し!~子宮で感じる温かい生ザーメン~ 由愛可奈」
(マキシング、7月16日発売)

・第26位:「トマホーク専属決定!18歳爆裂Kカップ120cm甘良しずくドッキドキのAVメガデビュー!」
(クリスタル映像、7月10日発売)

・第27位:「AIKAの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX!」
(WANZ、7月1日発売)

・第28位:「新人NO.1STYLE 奥菜莉乃AVデビュー」
(S1、7月7日発売)

・第29位:「専属NO.1STYLE 葵つかさエスワンデビュー」
(S1、6月19日発売)

・第30位:「桃谷エリカ 8時間 BEST PRESTIGE PREMIUM TREASURE VOL.02」
(プレステージ、2014年12月20日)

2015年7月31日。
今日が彼女のデビュー7周年。

実はDMMで作品を検索したら、デビュー作は「淫乱素人シリーズ 撮られるとお汁が出ちゃうの。」(乱丸)となってました。

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=tyod020/?i3_ref=search&i3_ord=18

しかし、発売日は2008年10月19日。
(?)と思って調べてみると、すぐ謎が解けました。

[公式ブログ]~2012年7月23日
http://blog.livedoor.jp/inran_hibiki/archives/2012-07.html?p=2#20120723

7年前の今日、初めて撮影を経験。
女優さんとしての第一歩を踏み出した日。
撮影をデビュー日とするのは彼女の真面目さからくるような気がします。
今回初めてこの事実を知ったのですが胸が熱くなりましたね。

大槻ひびきさん。
7年目もお仕事頑張って下さい。
引き続き影ながら応援しています。
また、作品を拝見するの楽しみにしています。

◆関連記事
「大槻ひびきさんの魅力について」
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37493810.html

008こんばんは。

さて、毎作品、レビューを書くと「お知らせ版」にレビューを貼った旨告知しますが、これはあくまでもその作品の、しかも一部分のみ。

そこで今回、実際は全部ではありませんが、こんな感じですよ、の意味でお知らせ版の全体像を貼り付けてみました。

右のお知らせ版は紗倉まなさんのそれ、です。
魅力を書いた女優さんについては全員、それぞれの魅力の投稿に貼ってあります。

「お知らせ版」1枚につき4作品掲載可能。
上下2枚で8枚、が最大掲載件数。

必ずしも機械的に8枚掲載している訳ではありませんが、4作品以上掲載している場合は「お知らせ版」を上下に位置付けてますし、その女優さんの作品しか掲載していません。
一種の「コーナー」と解釈して頂いてもOKだと思います。

4作品に満たない場合は、「お知らせ版」の中に2人以上の女優さんが混在している事に。
この件についても4作品になり次第、独立の「お知らせ版」をお店のどこかに用意する予定。

[資料館]~「○○(女優さんの名前)について」掲載女優さん(掲載順)
鈴村あいりさん、紗倉まなさん、さくらゆらさん、松岡ちなさん、小島みなみさん、大槻ひびきさん、涼川絢音さん、なごみさん

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37969817.html

上下が限界なので8作品を超える分は基本撤去してますがご了承お願い致します。

あと、「総評」の部分をそのままコピペしてカラー用紙に印刷、ラミネートして貼り付けていますが、短過ぎても009参考になりませんし、長過ぎたらスペースの関係上かえって掲載出来ない事態にもなります。
その辺も合わせてご了承お願い致します。

ここで改めてお約束。
「○○(女優さんの名前)の魅力について」を書いた女優さん=「お知らせ版レビュー単独設置」にしています。

毎作品必ずレビューを書く約束は出来ませんが、「お知らせ版」の機能維持の見地から極力間を空けないで書き続ける予定。

自分も売場にて「蓄積」を直接確認出来るのは嬉しい事ですし、モチベーションにもなります。
プラス、旧作の動きにも繋がると尚良い。

言葉は悪いかも、ですが、ある日以降、急に書かなくなる事は余程の事が無い限り、無いのでご安心を。
これからも良き作品を伝え続ける事が出来るよう、頑張りたいと思ってます。

では、今回の投稿はこの辺で。

こんばんは。

さて、いよいよ明日(7月31日)こちらの商品が入荷致します。

◆「新人NO.1STYLE 園田みおんAVデビュー」1snis470
(S1、8月7日発売)

魅惑のGカップ美巨乳を持った次世代エース‘園田みおん’AVデビュー!

経験人数2人
クンニの経験はなし。

色っぽい中身とは裏腹にかなりピュアな美少女なのだ。

ふっくらと膨らんだ乳房を揺らしながら恍惚な表情で感じるその姿はまさに絶品!

しかもデビュー作なのに大量のザーメンを浴びちゃってます…。

皆さん、どうか彼女を温かく見守ってください。
業界を背負って立つ彼女の貴重なデビュー作です。
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=snis470/

注:動画類は一切見ていません。

S1さん、「かつて無い程の」激推し。
レビューには「業界を背負って立つ」と書いてあります。

この「逸材」に類する言葉、各メーカーさんが押す大型新人さんによく使われる言葉ですよね。
私ごとき「素人」ではよく分かりませんが、監督さん、メーカーさん、男優さん等、所謂「現場」に携わっている側にしか分からない「何か」を持ってデビューするんでしょう。
他の業界、例えばスポーツの世界でいう「金の卵」「未完の大器」。

デビュー作の見所はズバリ「資料が無い故の面白さ」。
過去の作品の蓄積が無い以上、より純粋な趣で作品を拝見する事が出来る。

インタビューなら受け答えであれこれ想像したり。

初脱ぎならあっさり脱いでいく女優さんもいれば、ためらいつつ少しずつ…、もしくは一旦脱ぐのを止めてしまう女優さんもいたり…。

初SEXなら緊張がよく見える表情から男優さんの責めによって徐々に喘ぎ声が出てきたり、息遣いが荒くなったり。

時折見せる男優さんの言葉、仕草による気遣いにテレ笑いや頷きとかあったり。
この「間」は結構楽しめる。

SEXは人と人との肌の触れ合いである以上、こういう無言を含めた言葉のキャッチボールはあっても良いと思う。
女優さんの緊張をほぐす役割を果たしてますし、あえて弱点をワザと大袈裟に責める事によって羞恥心を煽って感度の上昇に一役買ったり。

この辺は百戦錬磨の男優さんの事、色々引き出しを持ってます。
女優さんの感じ方を観察するのも楽しみですが、こういった男優さんの責めを見るのも中々感心させられますね。

初SEXが終わるとオモチャ責めだったりオナニーだったり、最近の作品ですと3Pもよくあります。

前2者はカメラの前である以上、恥ずかしがってたり、振動による思わぬ快感に…なんていうのも楽しみ。
何時の間にかカメラの前ですら意識していないんじゃないか、って位、快感にのめり込む。

こういうチャプターは物陰からこっそり見る感覚でご覧になると楽しめるかも。
勿論、堂々と観察でもOkですけどね。

3Pはよく終了後のインタビューで女優さんが「一度に何箇所も責められて…」なんていうのを聞きます。
男優さん同士の連携プレイによりあちこちの箇所から電流が走る感覚?。
訳分からなくなるうちに…、なんでしょうね。

何処にヌキ所、エロさを感じるかについては勿論人によって違うかと思いますし、初々しい部分が強いか、感度抜群の部分が強いかによって違うでしょう。
「逸材」と呼ばれる女優さんならご心配無く。容易に見つける事が出来るかと。

前置きはこれ位にして、「新人NO.1STYLE 園田みおんAVデビュー」ですが、用意されているチャプターはこちら。

・チャプター1:「主観パイズリ狭斜」

・チャプター2:「中年オヤジと初SEX」

・チャプター3:「ジュポフ○ラ大量顔射」

・チャプター4:「恥ずかしい玩具オナニー」

・チャプター5:「2回目は濃厚SEX」

チャプター1がパイズリ、って初めて見ました。
初脱ぎの後、いきなり「パイズリ教室」なんでしょうか?。
それとも「逸材」故にの理由であえて、か。
でも、経験人数2人、って書いてありますし?。
よく分からないです。

チャプター2は「オジサン大好き」を生かしたチャプター?。
オジサン好みの何でも言う事を聞く、ネチッコイ責めに次第に感度が良くなって…、かな?。

チャプター3も「教える」(?)
フ○ラを教えた後、おねだりの意味で「顔にかけて」とか簡単にあったら良いですね。

チャプター4は定番。
オモチャを渡されて「使った事がありますか?」で。
実際使ってみると思わぬキモチ良さにたまらず…。
チャプター2で感度の良さの片鱗を見せて、だと繋がりますね。

そしてチャプター5で濃密。
「業界を背負って立つ」に相応しい潜在的なエロさを引き出す箇所。
果たしてどんな感じになるか楽しみ。

終了後、今までの想いが頭の中をよぎったのか涙が…、なんて事がよくありますが、どうかな?。
期待してます。

それとレビューに「クンニの経験はなし。」とあります。
これについては遅くてもここで出てくるでしょう。
初体験に驚き戸惑い、そして感じていく。

少し早い話ですが、彼女の次回作は間違い無く「イキます。初絶頂4本番」。
この作品に繋がる位置付けのチャプターだと良いですね。

このようにデビュー作らしく、頭の中で色々予想するだけで楽しみな作品。
予想はともかく、S1さんが激推しする理由が少しでも分かるように拝見したい。
発売前にこれ程話題になっているのは久しぶりなので何かワクワクしますね。

入荷日の31日からレビューを書き始めます。
宜しくお願いします。

では、今回の投稿はこの辺で。

◆追記
[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/38274016.html

今回はこんな話を。

突然ですが、女優さんの誕生日や「デビュー○周年」を覚えるのが苦手で…。
リアルタイムで追う事はまず無いですね。

先程の「佐倉絆さん1周年」の件もフォロワーさんのツイートで気が付いた次第。
どうも有難うございます。
これからも宜しくお願いします。

理由は以前「仮に推しメンが出来たら」でも書きましたが、ひとえに「客観的に少し離れた視点から割り切った形で応援しているから」。
冷たいとか薄情とかとは少し違います。
その点、誤解無きよう、ご了承お願い致します。

「仮に推しメンが出来たら」
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36763197.html

まあ、以前某アイドルを真剣に応援していた頃は、ブログにて誕生日とデビュー日の約一週間前からカウントダウンやってましたっけ。
文章的に毎回結論は同じなんですが、毎日「魅力」等を投稿して自分のモチベーションにしてました。

所謂「推しメンにする」や「ヲタ」っていうのはそういうもの。
もしかしたら同じ立場で無いと分からないかも。

ていうか、今となっては笑い話で済みますが、逆に書くとあの当時は雰囲気的に誕生日とデビュー日を忘れるなんて許されなかった。
ファンサイトや自身のブログでそれぞれのやり方で盛り上げるのが当たり前の時代。

ある意味「自己完結」でもありましたし、ある意味良い思い出。
当時を思い出すと今でも懐かしいですね。

この業界では上記のように割り切って応援しているので誕生日や「デビュー○周年」で特に何もしませんが、一つ言えるのは、新人が次々とデビューする中、昨今の不況の中、続けて作品を発売し続けるのは大変な事。

如何にユーザーさんに支持されているかの証明でもありますし、その件については十分敬意を表するのは忘れていないつもり。
これからも影ながら応援し続けますし、お仕事頑張って欲しいですね。

では、今回の投稿はこの辺で。

・「【現役ラッパーが斬る!】vol.2 可愛い女の子がビチョビチョSEX!一生懸命さが眩しいです!」~DMMより~

[DMM NEWS]
http://news.dmm.co.jp/article/983822/

こちらの作品が紹介されてます。

◆「濃汁 汗だく中出し性交 神木さやか」1hnd188
(本中、6月25日発売)

「ちょっとは大人になれたかな…」初めての濃密KISS&濃厚中出し性交で性欲爆発!

全身から溢れる愛液、舌と舌、粘膜全てが絡み付く特濃汁中出し噴出&注入400%!

頭の中が真っ白になっていく神木さやかちゃんは必見!

オイルでヌルヌル情熱FUCKから潮吹き噴出セックス…今までとは一味違う神木さやかが詰まってます。

一緒に大人の階段を少しずつ登っていきましょう。
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=hnd188/

彼女に夢中になるお気持ち、分かる。
顔や笑顔が可愛くて巨乳で感度が良くて…。
プラス声まで可愛いですから。
喘ぎ声もそそりますしね。

凄い参考になるレビューです。
是非ご訪問を!。

◆「デビューから9作品連続レビュー掲載」

なごみさん

~レビュー一覧~
1、「 kawaii*専属AVデビュー!!」
(kawaii、2014年8月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/11658744.html

2、「AV業界の洗礼!?新人なごみにドッキリ羞恥大作戦 恥ずかしさと快感は紙一重」
(kawaii、2014年9月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/14220017.html

3、「田舎のおじちゃんに連れ回されて」
(Kawaii、2014年10月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/15317867.html

4、「突撃!?隣のビンボーさん!なごみと亜衣が貧乏さんのお家でプライスレスな
思い出作り なごみ 上原亜衣」
(kawaii、2014年11月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/17432875.html

5、「繰り返される。リアルな不純異性交遊。」
(ミニマム、1月1日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/19195589.html

6、「~はオレのカノジョ。」
(GARDEN、2014年12月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/19375992.html

7、「ママは知らない…思春期の娘とパパの歪んだ愛の日常。なごみとしおり 仲良し姉妹編 1フサ1無毛」
(ミニマム、2月1日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/21627236.html

8、「生まれて初めてのおしり。アナルはもう一つのマ○コだと教えられる。」
(ミニマム、3月1日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/23855276.html

9、「ギュっとして一緒にイって つま先にギュっと力を入れてイクふんわり美少女。」
(無垢、4月13日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/27034511.html

まず、最初に断っておきます。
後追いで投稿しているので狙って「記録」を作った訳ではありません。
それは、現在8作品連続レビュー投稿中の松岡ちなさんも同じ。

女優さんや作品の良さを紹介したいためにレビューを書いているのでそれ以上でもそれ以下でも無いです。
女優さんにアピールする目的も全くありませんからね。
その前にこのブログ見ていないと思うよ、多分(苦笑)。

で、「デビューから9作品連続レビュー掲載」の件ですが…。
これにはいくつかの好条件がありました。

(1)デビュー作
言うまでも無く、デビュー作、って結構重要。
「初々しい」でも「大器の片鱗」でも感想は何でも良いのですが、出来れば次回作(2作目)に繋がる、拝見したくなる、レビューを書きたくなる「何か」が欲しい。

それにはあくまでも私見ですが、デビュー作が「完結」じゃなくて「現在進行形」で終った方が…。
例えば
①「初々しい」って感想だったら次回作は「イク事を覚えよう」にするとか

②「大器の片鱗」なら次回作は多くのユーザーさんのお望みでもあると思いますが、少し激しい設定の内容にするとか。

彼女の場合はデビュー作でオジサン大好き、普段とHとのギャップを披露。
「ロリ」は余り意識しなかったな。
インタビュー等で人の良さは凄い感じました。
次回作に繋がる終り方でしたね。

で、2作目が、「AV業界の洗礼!?新人なごみにドッキリ羞恥大作戦 恥ずかしさと快感は紙一重」

何も悪く無いのに謝罪させられたり、飛びっこをつけて散歩させられたり…。
H自体はハードなものではなく、どちらかというと「ドッキリ」に重きを置いた作品でしたが彼女に合っているような気がしました。

(2)設定について
作品を拝見する前、動画類は一切見ませんが、ジャケ写やレビューは見ます。

その上で
①「この作品は内容は○○なんだろうな」

②「レビューを書くとしたら、総評をこう書こう」
と一応予想します。

勿論、大多数の場合、良い意味で予想が外れますが、それについては喜ぶべき事ですし、大歓迎!。

逆に、これは作品が良い、悪いの次元の話では無いですが、一番困るのは①、②の予想が出来ない場合。
もっと言うとレビューを書きにくい設定や落とし所がよく分からない作品。
実際、「何」、とは書きませんがよくあります。

そういう場合、余り焦点のぼやけたレビューを書くのは嫌なので、基本「回避」の方向で。
自分がレビューを書く事を含めて作品を拝見しないのは時間的な理由の他にこの理由も大きいかな。

彼女の作品は不思議と過程においてそういう「避けよう」と思った作品が無かっただけですよ。
9作品とも書き易い設定でした。
元々、内容も含めてレビューを書き易い女優さんなんですけどね。

(3)時間的な問題
いくら書き易い設定でも時間的な制約があるので、最悪「書きたかったけど書く事が出来無かった」なんて事はよくあります。

Kawaii専属時代は同じKawaii専属のさくらゆらさんやSODの紗倉まなさんと日程がよく被ってました。
ただ、上手く日程を組めたので大事無く過ぎていきました。

そして、4作品連続レビューを書くと、次回作はミニマムさんでしたが、何回も作品を拝見した事もあるメーカーさん、って事も合わせて段々「外せない」存在に。
その積み重ねが「9作品」になった訳です。

このようにたまたま好条件が重なった結果なので、今後こんな感じで上手くいく女優さんが現れるかどうか。
専属女優さんだとしても難しいかな。
現時点では「半永久的に記録は破られないだろう」と書いておきます。

では、今回の投稿はこの辺で。

2015年7月期レビュー一覧~その2。

1、「スポコス汗だくSEX4本番! 体育会系・鈴村あいり」
(プレステージ、7月1日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/35771222.html


2、「場違いな淫語 涼川絢音」
(ワープ、7月4日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36134430.html


3、「紗倉まな×松岡ちな Wキャスト 姉妹ラブラブ近親相姦 ご奉仕天国」
(SOD、7月9日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36437502.html


4、「紗倉まな×松岡ちな Wキャスト 巨根激ピストン イカセ地獄」
(SOD、7月9日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36626449.html


5、「告白と膣内射精  乙葉ななせ、大槻ひびき、みづのみう 」
(MOODYZ、7月13日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36867629.html


6、「JKお散歩 小島みなみ」
(S1、7月19日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37162749.html


7、「チ○ポバカの女 なごみの穴わ中出し専用巨根ダイスキバカマ○コデス なごみ」
大好評につき第2弾!
(本中、7月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37424527.html


8、「特命JK捜査官の痴漢撲滅おとり大作戦!? さくらゆら」
(kawaii、7月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37701829.html

レビュー数を少なくしたもう一つの理由。
非常に書きにくいですが、ある意味体力的な問題より重要。

先日から生意気にも「○○(女優さんの名前)の魅力について」書かせて頂いてます。
書く条件は「過去3作品以上レビューを書いた事のある女優さん」。
拝見した事がある、ではありません。あくまでもレビューです。

そこで問題が。
今後デビューする新人さんについてはこの条件を満たす女優さんが現れる可能性は十分あると思います。
最近、デビュー作はHの際の微妙な動きがより求められるのでは、の理由でレビューを書くのを控えてますが、全く止めた訳ではないので、書く事もあるでしょう。

そうですね、例えば、なごみさんのような感じでサササッとデビューから連続してレビューを書けば「3作品」なんてすぐ達成しちゃうじゃないですか。

しかし、簡単に見えるけど、中々そうはいかないんですよ。
現在、以下の女優さんの魅力について書いてます。

◆鈴村あいりさん
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/33839281.html

◆紗倉まなさん
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/35458228.html

◆さくらゆらさん
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/35967894.html

◆松岡ちなさん
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36898581.html

◆小島みなみさん
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37433217.html

◆大槻ひびきさん
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37493810.html

◆涼川絢音さん
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37503076.html

◆なごみさん
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37992745.html

なごみさんはデビュー作から9作品連続してレビューを書きましたが、彼女以外は全員、そもそもデビュー作のレビューを書いていない。

松岡ちなさんは非常に惜しい。
デビュー作はレビューを書きませんでしたが、2作目以降は只今8作品連続レビュー掲載中!。

他の6名の女優さんは皆さん途中からレビューを書き始めたんですよね。

実はそれぞれ色々もっともな事情がありまして…
小島みなみさんと涼川絢音さんはそれぞれS1,SOD移籍をきっかけに本格的に作品を拝見、レビューを書き始めたのですが、「区切り」という意味が強かったので、連続してレビューを書き易かった事情がありました。

さくらゆらさんは「全力オナニーサポーター」以前の作品は全部ではありませんが前のブログでレビューを書いていたので、そういう意味では「幻の」連続してレビュー掲載した女優さん。

鈴村あいりさんと紗倉まなさんはレビューを書き始めたのは遅かったのですが、それより前から作品を継続して拝見していたため、スムースに入る事が出来た。

完全に事情が違うのは大槻ひびきさん位。
継続して作品を拝見していた訳でもなく、明確な「区切り」があった訳ではないものの、ひとえに彼女の作品の中での演技力に魅了されたお陰。
魅了された故に3作品以上レビューを書く事が出来た。

彼女みたいな新人さんでは無い女優さんで今後こういう素晴らしい出会いがあるのかどうかは分からないです。
先程「行き着く結論は毎回同じですね」で書きましたが「格差」が生じているだけでなく、中々斬新でアイディア豊富な作品が世に出なくなっている。

「出会い」って結局の所、作品を通じての「ご縁」なので何か強力な理由が自分の中で欲しいのが実情。
上に書いた8名の女優さんだって何等かの「ご縁」があった故に続いたので。

「行き着く結論は毎回同じですね」
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/38092622.html

まして「連続性」を求めたらもっとキツイですかね?。
自分は作品の中で妄想を駆使するのが好きなので、出来れば監督さんが違ったとしても作品と作品の間で何等かの繋がりが欲しい。
その方がより楽しめますし、魅力を書く際にも分かり易い。

別の言葉で書くと「ベース」。
ベースが真ん中にあって設定によってベクトルが変わっていく、みたいな。

一例を挙げましょう。
鈴村あいりさんの一番の魅力は普段とHとのギャップ。もしくはあのHの激しさ。
大体、作品の中にどちらかの要素はありますね。

最新作「スポコス汗だくSEX4本番! 体育会系」は後者。
ほとんどシナリオは無いので前者の要素は無いですね。

こんな感じ。
「普段とHとのギャップ。もしくはあのHの激しさ」という明確なベースがあるからこそ、分かっているからこそ、安心して彼女の作品を楽しめる。
信頼と安心の成立とは正にこの事。

この「ベース」が分かるためにはある程度の数、作品を拝見するだけでなく、記録の意味でレビューも書いておきたいんですよね。
さもないと中々その女優さんの魅力、「ベース」なんて簡単に分からないと思う。

そう考えると、上記の時間の制限がネックになってくる。
正に堂々巡り。

このように新人さんであれ、そうでないであれ、中々簡単にはいかない。
特に新人さんは偶然の要素が強いため尚更。
昨今の悩みは正にこれなんですよね。

まあ、そうは言っても実は簡単な解決法はあります。
自分にとってはイマイチ思い切りのつかない「切り札」。

(1)一部の作品レビューのレベルを意識的に「概略感想のみ」まで下げちゃう

最近の例ですと
「レズッチ!Wショートカット美少女仲良しふたり組いきなりレズ体験
湊莉久、阿倍乃みく」
(hmp、2014年9月5日発売)

[ネタバレあり、感想のみ、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/29424744.html

つまり、1日でレビューを書く事が出来る程度にまで内容を薄くしちゃう。

ただ、余り内容を薄くし過ぎちゃうと、もしかしたらその作品の焦点までぼやけちゃうかも、なのでその点については十分注意する。
後日「魅力について」を書くのに支障が無い程度に、ですね。

あと、この方法を採用出来ない一番大きな理由。
先日「ライターさんのAVレビュー、是非ご参考に」でも書きましたが、限られた字数でズバリHな部分の本質を突くのはそりゃ間違い無くAVライターさんに一日の長があります。

[ライターさんのAVレビュー、是非ご参考に]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/38025915.html

なので、もし実施するとしたら出来るだけ被らないように、だな。
難しいですが…。

(2)「レビュー3作品以上」の件も同じく。
今後発売する作品を待っているから中々3作品以上にならない。

そこで最新作から遡って3作品、ダメならせめて2作品、旧作を含めて概略感想でレビューを書く。
そうすれば合計2日間、もしくは3日間で済みますし、作品を選択するのも楽。
既に拝見済の作品なら意外と早く書き終わっちゃうかも。

一番のネックである「時間が無い」もこれにて一気に解決。
今月までは
「今までレビューを書いた事の無い女優さんの作品を最低月に1作品書く」
が自分に課した課題でした。

これを来月からもう少しハードルを上げます。
「今までレビューを書いた事の無い女優さんの作品を「最低月に3作品、ダメなら2作品」簡単に感想を書く」
にしてみます。

時間だけ見たら前者は2日間、後者は同じく2日間かせいぜい3日間。
何とか現状を打破出来るよう、検討してみます。
無事来月「新ルール第1号誕生!」となればこの上無く嬉しいです。

では、今回の投稿はこの辺で。

2015年7月期レビュー一覧~その1。

1、「スポコス汗だくSEX4本番! 体育会系・鈴村あいり」
(プレステージ、7月1日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/35771222.html


2、「場違いな淫語 涼川絢音」
(ワープ、7月4日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36134430.html


3、「紗倉まな×松岡ちな Wキャスト 姉妹ラブラブ近親相姦 ご奉仕天国」
(SOD、7月9日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36437502.html


4、「紗倉まな×松岡ちな Wキャスト 巨根激ピストン イカセ地獄」
(SOD、7月9日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36626449.html


5、「告白と膣内射精  乙葉ななせ、大槻ひびき、みづのみう 」
(MOODYZ、7月13日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36867629.html


6、「JKお散歩 小島みなみ」
(S1、7月19日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37162749.html


7、「チ○ポバカの女 なごみの穴わ中出し専用巨根ダイスキバカマ○コデス なごみ」
大好評につき第2弾!
(本中、7月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37424527.html


8、「特命JK捜査官の痴漢撲滅おとり大作戦!? さくらゆら」
(kawaii、7月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37701829.html

正確にいうとあと4日(31日を除く)ありますが、レビューストックが目出度く「ゼロ」になったので、とりあえず今月はこれで終わりにします。
何かあれば書くかもですが…

来月は「新人NO.1STYLE 園田みおんAVデビュー」(S1)からスタート。
1日前の7月31日からレビューを書く予定。

で、今月ですが合計8作品。
4月が12作品、5月が11作品に比べれば先月の7作品に続いて少ないかもですが、これには明確な理由があります。

一つは、簡単に書くと体力的な問題で無理しなくなった。
4月、5月は翌日普通に朝から出勤なのに、午前4時、5時まで平気でレビューを書いてました。

これやると確かにその日のレビューは進みますが途中で訳分からなくなる時がある。
夏場を迎えて、だけじゃなくて今後は余り無理しないようにするつもり。
遅くても午前3時まで、で止めるようにしたんですよ。

ちなみに過去一番キツかったスケジュールは6月のこれ。
1、「姦淫因習奇譚 夫以外に犯される夜 大槻ひびき」
(アタッカーズ、6月7日発売)

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/32505547.html

2、「あなた、許して…。 官能小説のように 浅野えみ」
(アタッカーズ、6月7日発売)

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/32762230.html

3、「松岡ちな 繰り返す…接吻 本能むき出し濃厚4セックス」
(SOD、6月6日発売)

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/32991613.html

4、「下着モデルをさせられて… 天使もえ」
(S1、6月7日発売)

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/33342972.html

セリフの多く、なおかつ大槻ひびきさんと浅野えみさんの演技が秀逸だったアタッカーズさんのドラマもの2作品と内容にかなりボリュームがあった松岡ちなさんと天使もえさんの作品。
4作品を合計8日。連日午前5時までレビューを書いてました。

確かに達成感はありましたが、今考えると、ただ「無茶」「無謀」としか思えない日程の組み方。
もう二度と出来ないだろうな。

もう一つの理由は…。
長くなりそうなので次回の投稿で書きますね。

それにしても、今月は「主観もの」と「セーラー服」が多かったイメージ。
実際「セーラー服」が出てきたのは3,6,8ですが、その3作品が余りにも強烈過ぎた。
4人とも可愛くて似合ってました。
また何時か近い内にセーラー服姿を見たいですね。

「主観もの」。
広い意味で「カメラ目線が多い」まで含めると4以外は該当します。
この件については設定故に、ですから。

ちなみに、レビューを書く設定については何のこだわりもありません。
たとえその月に書くレビューの全てが「主観もの」だとしても全然OK。

そもそもレビューを書いている目的は女優さんや作品の良さを紹介するためなので、設定の中身は全く関係無いと考えてます。
書いたレビューが少しでも参考になってもらえれば本望。

あと、これも偶然ですが9名の女優さんのうち紗倉まなさん、乙葉ななせさん、小島みなみさん、なごみさんと4名がマインズさん所属、って…。
約過半数ですね。

いや、そのうち紗倉まなさん、小島みなみさん、なごみさんについては「○○(女優さんの名前)の魅力について」を投稿しているので、そう考えると全くの偶然じゃないか。
今後もこういう事は起こりうるかと。

日程的な問題で、これ以上レビューを書く事が出来たかといえば「出来ない」と答えざるを得ないので一応満足。
来月も引き続き満足して終えたいと思ってます。

では、今回の投稿はこの辺で。

先程「2015年7月度月間ランキング(累計7月1日~)」

・第1位:三上悠亜さん
・第2位:市川まさみさん
・第3位:紗倉まな×松岡ちなさん
・第4位:皆道あゆむさん
・第5位:小松千春さん
・第6位:紗倉まな×松岡ちなさん
・第7位:水原さなさん、安野由美さん、井上綾子さん、武藤あやかさん、谷原希美さん
・第8位:果瀬はるなさん
・第9位:鈴村あいりさん
・第10位:鈴村あいりさん
・第11位:早乙女美々さん
・第12位:天使もえさん

新作の情報が出る度に一応売上の予測をします。
これはお店と毎回拾っている広い意味でのPOSデータ上の両方ね。

理由はその逆は絶対ありませんが、後者で売れているのに前者では売れない場合があるから。
店舗では必ずしも順位の通り売れる訳じゃないんですよ。
色々あるんです。

新人では無い女優さんは過去の作品の実績をストックしているので、
(1)その女優さん自体が持っている基礎的数値(勝手ながら「女優力」と呼んでます)

(2)その作品の力(作品力)
で予測します。

実は(1)だけでなく(2)って結構重要なんですよ。
例えば、一般的に「濃密SEX」ものは通常より売れます。
如何にユーザーさんが女優さんに激しいSEXを望んでいるかがこれを見ると分かる位に、です。

その逆は、すみません、書きません。
抽象的な書き方をするとユーザーさんに今一アピールしにくい設定。
作品の内容が良いかどうかの話とはまた別です。

専属、企画単体関係無く、どの女優さんも毎回同じ設定、って訳にはいかないので、こういうのはある程度は仕方無いかなと思ってます。
仮に私が「目先を変えて上手くやれ」と言われたとしても出来ないので批判は出来ないですよ。

新人さんの場合は、例えば今の園田みおんさん(S1)とか、少し前の鈴木真夕さん(E-BODY)のように発売前から問い合わせがあったり予約が入ったりとかあれば「これは…」と思いますが、そうじゃなければ全く分からないです。

せいぜい過去の実績から
「S1の新人さんだから売れるのでは?」
「最近E-BODYの新人さん売れてるから」
って位。

このように一応予測した上で入荷日を迎えます。
ここで重要なのは、知っている方は既に知っている通り、入荷日と発売日が離れている場合がある事。

今ですと、ムーディーズ、アイデアポケット他「8月1日発売新作」は既に7月24日に入荷済です。
お陰様でかなり認知されているのは売上データを見ると分かりますね。

その後、重要なのは初動。
上の「8月1日発売新作」を例にしましょう。

所謂「ロケットスタート」の場合は翌日7月25日のデータで既にランキングに登場してます。
この時点で登場するとかなりの確率で週間ランキングの上位に入りますし、月間ランキングでも良い位置に付ける可能性がある。

ここに登場した作品は勿論、その翌日、7月26日のデータに登場する作品についてよくTwitterで「好評発売中!」の形でツイートしています。

たった1日の違いですが、この時点ですと何とも言えない。
上位は厳しいかもしれませんが、週間ランキングに入るかもしれないし、入らないかもしれない。
この件については「女優力」と「作品力」次第ですね。

で、毎週金曜日の夜(場合によってはこのブログにて土曜日や日曜日も)に「週間ランキング」を発表してますが、この時注意して見るのは順位じゃなくて「累計枚数」。

この「累計枚数」はその作品がどれだけ売れているかの数字なので順位より遥かに大事。
極端な話、順位が第10位でも「累計枚数」が通常の週の第10位より上ならそれで良いんです。

要するに全体のバーも含めて数字がどうなのかが重要。
この時点で入荷前にした予想と比べます。

大体良い意味で外れてますね。
それどころかびっくりする場合が多い。
決して今の世の中、DVDが売れていない事は無いのでご安心を。

ただ…、ここから先は非常に言いにくい話ですが、こうやって数字ではっきり分かる作品は良いですよ。
既に今年に入ってだけで何回も書いてますが「格差」は確実に広がってます。

現に私が発表している第30位までの「月間ランキング」、新人さんを除けば、女優さんの顔ぶれはほぼ同じでしょう?。
それ以下の順位も目で追ってますけど、似たような顔ぶれといえば顔ぶれです。

ランキングに入る女優さんは毎回のように入ってる
安定した数字を残している。
店舗として非常に有り難い。

先程「今の世の中、DVDが売れていない事は無い」と書きましたが、これはあくまでも数字で分かる範囲内の話ですからね。
どの業界でもそうですが、全体で見たらそりゃ厳しい。
「右肩上がり」って簡単には言えないですよ。

以前「仮に推しメンが出来たら」でも書きましたが、現実の問題、店舗で作品の良さをアピールするのは限界があります。
その際「このブログにレビューを投稿する事を除いたら店舗の中だけの内向きな努力」と書きました。

「仮に推しメンが出来たら」
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36763197.html

あと、以前「出会い、楽しみにしています」でも書きましたが、設定、ジャケ写が似通っている場合もある。
似ている事を非難するつもりはありませんが、それだけ作品を作る現場が苦労している事の表れなんでしょうね。

「出会い、楽しみにしています」
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/36048833.html

ただ、その中でも以下のような、今までありそうで中々無かった設定で、是非拝見したくなる作品もあるから分からない。

◆「JKお散歩 小島みなみ」1snis448
(S1、7月19日発売)

皆さん、ご存知でしょうか。

‘JKお散歩’。
散歩するだけかどうかですか?それはおじさん次第。

散歩するだけでも良し
食事するのも良し
散歩のあと休憩するのも良しなんです。

今作はJKを大好きな3名の中年男性が出演しております。

遊び方も三者三様でどれもお楽しみいただけるお散歩内容となっております。

女子校生と中年親父の‘お散歩’に密着。
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=tksnis448/

[DMMニュース]
http://news.dmm.co.jp/article/983797/

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37162749.html

DMNニュースの中でAVライターさんが「本年度屈指の名作」と評価してます。
これについては全面的に賛成。
ちょっと違う感覚でご覧になる事が出来るので是非!。

まあ、売れるメカニズムが明確に分かるなら誰も苦労しませんけどね。
毎回のようにランキングに入る女優さんは大多数専属女優さんですが、「デビュー作を含め人気が出た理由は?」と言われても答える事が出来ませんから。

この手の質問については決して「逃げ」ではありませんが、「とにかく一度作品をご覧になって下さい」としか言い様が無いな。
売れている作品=良い作品、である事は間違い無いでしょうから、あとはそのユーザーさんが同じように支持してくれるのを祈るしか無い。

あとは、これも他力本願ですが、製作者側に「JKお散歩」のような斬新なテーマの作品を期待するしか…。
難しいでしょうけど…。

以前よく書いていた「伝播性の法則」。
ネット社会である事と相まって「口コミが口コミを呼んで」って事。

結局の所、今後も「訳分からない力」、「摩訶不思議な力」に頼るしか無いかな。
とてもとても、人工的に話題を作る事は出来ないですし、その前にそんな影響力も無いから無理ですけど…。
行き着く結論は毎回同じ。

先日も同じ事を書きましたが、自分は店舗の人間なので、店舗で出来る事を地道に頑張りますね。
それが一番の近道と信じてますので。

では、今回の投稿はこの辺で。

↑このページのトップヘ