◆「通算レビュー投稿数6作品達成!~七沢みあさん」
(記録は2018年4月16日現在)





[レビュー一覧!]:6作品
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/74228418.html


①「新人!現役女子大生18歳AVデビュー!!」:「7.0」
②「はじめてイッちゃった!~女の子の初絶頂ドキュメント~」:「7.0」
③「いつでもどこでも即ハメメイド 」:「6.0」

④「どきどき初体験 美少女ご奉仕ソープランド」:「6.0」
⑤「初めての赤面快感おもらし」:「5.5」
⑥「にやにやパンチラで全力誘惑してくるうちの妹」:「6.0」

合計6作品。平均:「6.25」




1、「通算レビュー投稿数6作品達成!」:
35人目



2、デビューからの通算作品数(ベスト盤を除く。Wキャストを含む):
6作品



3、レビューを書かなかった作品:
無し



4、レビュー投稿率:
100%



5、「レビュー不成立」:
無し


6、コメント

彼女の分岐点は2作目。
「初めてイっちゃった」のタイトル以上のイキぶりに驚いた思い出があります。

「イク事」も含めて演技でも良いと思っているので、デビュー作で可能性を見せておいて、2作目で一気にスパークは好印象。
監督さんが同じキョウセイ氏、っていうのも「違い」を見せるのを容易にさせましたね。

その後は3.4.6と恥ずかしがりながらも、の視点から良い味を出している。
若干セリフが棒読みの個所もありますが、演技が下手ってよりはまだまだ緊張しているんでしょう。

よくレビューで「天使の笑み」って言葉を使いますが、ホント、あの笑みが可愛らしさを強調し、その後のエッチとの興奮のギャップを上手く引き出している。
セリフを含めた演技についてはいきなり迫真の、は求めないので焦らず徐々に慣れていけば。

今後ですが、伊東ちなみさん、ってよりは九重かんなさんに近い形で作品を出していくのでは、と予想してます。
つまり、基本ソフト路線。時にはハードにね、って事。

「いつでもハメれるアイドルコス6シチュ 」は何時でも出来そう。
「小悪魔メンズエステ」も「にやにやパンチラ」を経験済なので大体想像がつく。
「ビクビク痙攣が止まらない 性感開発オイルマッサージ 」のような受け身主体も悪くない。

あの九重かんなさんだって、「アイドルコス」あたりの頃はセリフが若干たどたどしかった。
ところが「小悪魔メンズエステ」辺りから結構気の利いたセリフがポンポン出るようになった。

彼女だって大丈夫ですよ。
このままの勢いでデビュー1周年、といきたいですね。



=================

[資料]
[レビュー投稿 評価、採点]
(1)過去最高の名作:10段階評価の「10.0」
今後数年来、この作品を越えるものは発売しないのでは、って位、全てを超越している作品。
「名作中の名作」。

(2)名作:10段階評価の「8.0」
「自信を持っておススメします」の段階を超越する、当該女優さんの代表作と言っても良い作品。

(3)限り無く名作に近い:10段階評価の「7.5」(2018年1月24日から設置)
「自信を持っておススメします」の段階は遥かに凌駕。
「名作」にしたいんだけど「非常に惜しい」何かがある。

(4)自信を持っておススメ致します:10段階評価の「7.0」
別名「お金を出して拝見するに値する作品」。
拝見、レビューを書いた時間が充実したものだった作品。

(5)存分にご堪能下さい:10段階評価の「6.0」
「仕事」と割り切って拝見、レビューを書いた作品。
もう少し足りない「何か」がある。

(6)存分にお楽しみ下さい:10段階評価の「5.5」
「仕事」と割り切って拝見、レビューを書いた作品。
いくつか足りない「何か」がある。

(7)「ヌキ所」として…:10段階評価の「5.0」
AVとして最低基準を満たしている作品。
完全に「仕事」と割り切って拝見、レビューを書いた作品。
多少疑問に思っても「仕方無いか」と思える程度。