joykunzのblog

ブックジョイ昭和店公式ブログです。宜しくお願いします。レビューの「総評」の言葉①歴代最高の名作:10段階評価で「10、0」②名作:10段階評価で「8、0」③限り無く名作に近い:10段階評価の「7.5」④自信を持っておススメ致します:10段階評価で「7、0」⑤存分にご堪能下さい:10段階評価で「6、0」⑥存分にお楽しみ下さい:10段階評価で「5.5」⑦「ヌキ所」として…:10段階評価で「5、0」 ⑧作品が女優を潰す駄作:10段階評価で「4.5」以下。                                    

カテゴリ: レビュー一覧:さくらゆらさん

~レビュー一覧~

1、「全力オナニーサポーター」
(2014年7月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/10440698.html

2、「モテナイ男子限定!さくらゆらの逆ナンパ調査隊☆あなたのお悩み解決したろか4時間すぺしゃる!!」
(2014年9月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/13539926.html

3、「コスプレ風俗4本番4時間スペシャル」
(2014年10月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/15327318.html

4、「ゆらの膣中で一緒にイって」
(2014年11月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/17263874.html

5、「デビュー1周年記念☆ゆらぽの魅力たっぷり完全撮り下ろし6本番special 」
(3月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/25485351.html

6、「きみだけのゆらぽとバーチャル同棲性活」
(5月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/31152297.html

7、「特命JK捜査官の痴漢撲滅おとり大作戦!?」
(kawaii、7月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/37701829.html

8、さくらゆらが男を骨抜きにするSEX」
(Kawaii、8月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/41071571.html

「後書き」
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/41214970.html

9、「kawaii*さくらゆら×S1天使もえ Wエンジェル 初レズ解禁&仲良し共演 4時間SPECIAL」
(Kawaii、10月25日発売)

[DISC1:ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/46186134.html

[DISC2:ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/46308413.html

[後書き]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/46381109.html



10、「モテナイ男子限定!一般公募したホンモノ童貞さんを‘さくらゆら’が優しく筆下ろし」1kawd695
(Kawaii、2016年1月25日発売)

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/53574396.html

[後書き]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/53653917.html





11、「さくらゆらと生ハメできる超贅沢NSソープランド」1kawd699
(Kawaii、2月25日発売)

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/55393505.html

[後書き]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/55430420.html

※ネタバレありです。
宜しくお願いします。




















◆「さくらゆらと生ハメできる超贅沢NSソープランド」1kawd699
(Kawaii、2月25日発売)

「ご指名ありがとうございます。ゆらです。」

美少女アイドルがベットもマットもALL生挿入の極上サービスで癒してくれるVIP限定のNSソープへようこそ♪

生ハメを解禁した‘ゆらぽ’の美マン名器の感触をバーチャル体験で心ゆくまでご堪能下さい。
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=tkkawd699/

[関連記事]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/53384618.html

[後書き]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/55430420.html

◆チャプター1:「超VIP接客の即尺即ベッド」
~チャプター(1)~
エレベータのドアが開く
「いらっしゃいませ。お待ちしておりました」
「本日も最高のサービスを心行くまでご堪能下さい」

部屋の前に案内される
「こちらが1日お一人様限定、本日のお客様だけのお部屋でございます」

~チャプター(2)~
A(さくらゆらさん):「ご指名有難うございます。本日担当します「ゆら」です」
A:「宜しくお願いします。どうぞこちらにお座り下さい」

A:「それでは明日の仕事の為にも、今日は楽しんでって下さいね」

~チャプター(3)~
A:「それでは失礼します」
A:シーツ、ネクタイ、Yシャツ、靴下、ズボンと脱がせていく
A:タオルをかけてパンツを脱がす

~チャプター(4)~
A:「失礼します」
A:ベロキス
A:「フフフフフ」。笑みが

A:タオル越しにチ○ポを触る
A:「凄い元気ですね」

A:タオルを取ってフ○ラ。亀頭チロチロ
A:「どの辺がお好きですか?」
C(お客様):竿を指差す
A:竿を舐める

A:ベロキス→乳首舐め+手コキ

~チャプター(5)~
A:奥まで咥える
C:両胸を揉む

A:ドレスを脱ぎ下着姿に。
A:「ブラジャー外してもらえますか?」
A:ブラを外す
A:(照れながら)「有難うございます」

A:パンティを脱ぐ
C:胸を揉む、A:同時に手コキ
C:親指で乳首責め
A:喘ぎ声が

~チャプター(6)~
C:胸を揉む+指マン
A:「イッチャウ」
(ボソッと秘かに呟く。興奮しますね)

C:指マンが激しくなる
A:それにつれて喘ぎ声が大きくなる
A:「イッチャウ」と絶叫の後、腰をガクッとさせてイク
(あっという間にスイッチが入り、絶頂に。エロく感じる箇所)====★

A:ベロキス
C:指マン

A:股の間に入り、奥まで咥える
A:「このまま口でしますか?」
A:「それともオマ○コでしますか?」

C:腰を抱えて側に
A:「オマ○コにしますか?」

A:コンドームを取り出す
A:「ゴム、付けますか?。ナマでしますか?」
C:ゴムをどける
A:「外に出して下さいね」

A:奥まで咥える

~チャプター(7)~
A:お客様、椅子に座ったまま、後ろ向きで挿入。自ら腰を動かす
C:お尻を抱えての強烈なピストン運動

A:自ら激しく腰を動かす。喘ぎ声が大きくなる
A:腰をガクッとさせてイク

A:「ベッドでします?」
A:両手を持ってご案内

C:ベッドに仰向けに寝る
A:騎乗位の体勢で挿入。フィンガーロックして自ら腰を動かす

A:仰け反ってM字に、自ら腰を動かす

~チャプター(8)~
C:両足を持っての下からの強烈なピストン運動

A:横向きに座る。
C:下からの強烈なピストン運動

A:うつ伏せに寝て自ら腰を動かす。挿入部、お尻の穴アップ

A:背面騎乗位の体勢。自ら腰を動かす

A:騎乗位の体勢。自ら腰を動かす
C:同時に胸を揉む
(ここの怒涛の責め。腰の動きがエロく感じますしお互い気持ち良さそうに見える)===★

~チャプター(9)~
C:両足を持っての下からの強烈なピストン運動
A:喘ぎ声が大きくなる

C:両足を少し上げる。自動的に彼女の腰も上がる事に
C:両足を持っての下からの強烈なピストン運動
A:喘ぎ声が大きくなる

A:M字の体勢。自ら腰を動かす
C:両足を持っての下からの強烈なピストン運動
A:喘ぎ声が絶叫に。
A:「イッチャウ」の声の後、腰がガクッとしてイク

C:両足を持っての下からの強烈なピストン運動
A:喘ぎ声が絶叫に。
A:腰がガクッとしてイク。挿入が外れへたり込む
C:自らの腹の上に発射

=============
実際は違うかも、ですが彼女が中出しNGなので突き飛ばしたようにも見えます
ハプニングと解釈すると面白い
=============

~チャプター(10)~
A:お掃除フ○ラ
A:(笑顔で)「今日は一杯楽しみましょうね)

[寸評]
一番印象に残ったのは、騎乗位、背面騎乗位の怒涛の自ら腰を振る責め。
自分も気持ち良くなるんでしょうけど、勿論相手も。
「一緒にイこう」を地でいったような責め。
良かったです。

最後のシーンは…。
そりゃ、色々言われている通りなんでしょうね。

◆チャプター2:「椅子洗い手コキ抜きサービス」
~チャプター(11)~
お風呂に入っている。
A:「こちらに座って下さい」
A:シャワーで体を洗う

~チャプター(12)~
A:全身に泡を付けていく

A:正面から素股→後ろ向きで素股

A:「じゃあ、後ろを向いてもらっても良いですか?」
A:背中に泡を付ける

A:自らの胸に泡を付ける
A:胸で背中を洗う

~チャプター(12)~
A:スケベ椅子の下から手を伸ばし手コキ

A:「では、正面を向いて下さい」
A:膣に泡を付ける
A:右手を持って、一本一本指を洗う
A:「お約束」ですが指マンにもなっているので喘ぎ声が

A:今度は左手を持って、一本一本指を洗う
A:喘ぎ声と共に全身が震える

A:泡を手に取って手コキ。
(主観映像が清々しい表情。「癒し」を感じます)=====★

~チャプター(14)~
A:引き続き手コキ。
(ここも同じく。清々しい表情が良い)

A:「シャワー流しますね」
A:体を流す

A:「後ろ向いてもらっても良いですか?」
A:背中を流す

A:「こちらを向いて下さい」
A:スケベ椅子に頭から入り、クンニ
(ここもカメラ目線)

~チャプター(15)~
A:手コキ→フ○ラ
A:両手で手コキ+亀頭チロチロ
A:バキュームフ○ラ→手コキ

C:胸の上に発射

~チャプター(16)~
A:精子を手の平にすくう
A:(笑顔で)「ほら。沢山出ましたね」
A:「気持ち良かった?」
A:「マットの準備をしますので、お待ち下さいね」

◆チャプター3:「ご奉仕生挿入マットSEX」
~チャプター(17)~
A:ローションをこねる。
A:ローションをマットに撒いた後、自らの体にもローションを。

A:「じゃあ、うつ伏せになって寝て下さい」
C:うつ伏せに寝る

A:足の上に乗り、背中にローションを塗る
A:胸で背中を洗う

~チャプター(18)~
A:胸で足の裏を洗う
A:足の指を1本1本舐めて洗う

A:左足を素股で洗う
(お尻の移動がエロく感じる)

~チャプター(19)~
A:右足を素股で洗う

A:背中に舌を這わせながら胸で洗う

A:「ちょっと腰を浮かせて下さい」
A:隙間に足を入れて、お尻の穴を舐める

~チャプター(20)~
A:お客様の背中、自らの体にローションを塗る

A:胸で背中を洗う+チ○ポを素股で洗う

A:背中を何往復も。胸でチ○ポを洗う事に。

A:背中に舌を這わせながら胸で洗う

~チャプター(21)~
A:背中に舌を這わせ洗っていく

A:胸で背中を洗う

A:お客様にお尻を向け、胸で背中を洗う。膣、お尻の穴アップ

A:M字にて素股でチ○ポを洗う。膣アップ

C:人差し指でクリ責め

C:人指し指、中指で指マン

~チャプター(22)~
C:指マンが激しくなる
A:「イッチャウ」と絶叫と共に腰をガクッとさせてイク

A:お客様の体の左側に舌を這わせる。手コキ

A:股の間に移動
A:「もっと気持ち良くさせてあげようね」
A:バキュームフ○ラ

A:「もう我慢出来なくなっちゃった」
A:「ナマでしますか?。ゴムにしますか?」
C:「ナマで」
A:「じゃあ、お外に出して下さいね」

~チャプター(23)~
A:騎乗位で挿入。ピストン運動。
C:下から胸を揉む

C:腰を抱えての下からの強烈なピストン運動

A:背面騎乗位で挿入。やや前のめりに。自ら腰を振る。挿入部。お尻の穴アップ。

A:マットの上で四つん這い。お尻を突き出す

C:バックから挿入。腰を抱えての強烈なピストン運動。天井からのカメラワーク。
(桃尻が効いてます)

C:体勢を横にしてのピストン運動。

A:マットの上に仰向けに寝る。天井からのカメラワーク
C:正常位で挿入

C:フィンガーロックしての強烈なピストン運動
A:喘ぎ声が段々大きくなる

~チャプター(25)~
C:「中で出して良い」
A:「ダメ。子供出来ちゃうから。外に出して。ちゃんと」

C:腹の上に発射
A:「一杯出てる」
A:お掃除フ○ラ
A:(笑顔で)「私の方が一杯気持ち良くなっちゃったね」
A:「今度は頑張るね」
A:「じゃあ、お風呂でも一緒に行こうか」

◆チャプター4:「潜望鏡フ○ラ抜きサービス」
~チャプター(26)~
A:一緒にお風呂に入り手コキ
A:「またこんなに大きくなってる」
A:「元気なオチン○ン大好き」
A:「もっと大きくして欲しいんですか?」

C:お尻を突き出す
A:お尻に穴を舐める+手コキ。天井からのカメラワーク

A:「こっち向いて下さい」
A:股の間の位置でフ○ラ

~チャプター(27)~
A:手で持って奥まで咥える。亀頭、竿、玉も舐める

A:手コキ+亀頭チロチロ

C:顔射→A:お掃除フ○ラ

A:「凄い。また一杯出ちゃいましたね」

◆チャプター5:「美少女アイドルと生セックス」
~チャプター(28)~
A:螺旋階段から白いドレスで登場。飲み物を渡す。
A:「お疲れじゃないですか?」
A:指をマッサージ

A:「明日の為にもオイルでマッサージしても良いですか?」
A:「じゃあ、こちらに寝て下さい」
C:ベッドにうつ伏せに寝る

A:オイルを背中に塗って広げる

~チャプター(29)~
A:「仰向けになってもらっても良いですか?」
C:仰向けに

A:胸板にオイルを塗っていく
A:「乳首が段々勃ってますね」

C:欲情したのか(?)手を伸ばしてドレス越しに乳首責め、胸を揉む
A:「私、オイルでベトベトなので、脱がしてもらっても良いですか?」
C:全裸にする
A:(笑顔で)「恥ずかしいですね。まだ」

C:立っている彼女の体にオイルをかける

~チャプター(30)~
C:オイルを広げる名目で胸を揉む
C:人差し指で乳首を押す。
C:乳首を摘む

A:後ろを向いて四つん這い。お尻を突き出す
C:お尻にオイルをかけ、広げる

C:お尻を持って膣を広げる
C:中指を挿入→A:喘ぎ声が
(喘ぎ声と腰の動きがエロく感じる)

C:指マンが激しくなる→A:喘ぎ声が大きくなる
A:「もっとシテ下さい」

A:ベッドの上に座ってM字に。
C:中指を挿入

C:指マンが激しくなる→A:喘ぎ声が大きくなる
(ここも同じく。喘ぎ声と腰の動きがエロく感じる)
A:「イッチャウ」の声の後、腰をガクッとさせてイク

A:お客様の愛液の付いた手を見る
A:顔アップ
A:「何か一杯出ちゃいました」

A:「今度は私にも気持ち良くさせて下さい」
A:イラマチオ。天井からのカメラワーク

~チャプター(31)~
A:手コキ+奥まで咥える
A:お客様の股の下からのカメラワーク。竿、玉も舐める

C:彼女をベッドに仰向けに寝かせ、乳首に擦り付ける+乳首責め

A:「もう我慢出来ないので入れちゃっても良いですか?」
A:「ナマでしますか?」
A:「今度も外に出して下さいね」
A:M字。膣を広げて待機。
(笑顔で…。エロく感じる箇所)==========★

C:擦り付ける
A:自ら正常位で挿入。腰を動かす。挿入部アップ
A:「気持ち良い」
(ホント、気持ち良さそう)

~チャプター(32)~
A:首が上に上がって喘ぎ声が。

C:腰を抱えての強烈なピストン運動
A:喘ぎ声が大きくなる→A:「イッチャウ」の声の後、腰をガクッとさせてイク

A:騎乗位で挿入。自ら腰を動かす。喘ぎ声が大きくなる
A:後ろに仰け反ってM字に。挿入部がよく見える

C:腰を抱えての強烈なピストン運動
A:「気持ち良くてイッチャウ」と絶叫→腰をガクッとさせてイク

C:腰を抱えての強烈なピストン運動
A:首が上に上がり、喘ぎ声が大きくなる
A:「イッチャウ」の声の後、腰をガクッとさせてイク

A:背面騎乗位。お尻を突き出す。自ら腰を振る

~チャプター(33)~
A:四つん這い。お尻を突き出す
A:バックから挿入。自ら腰を動かす

C:腰を抱えての強烈なピストン運動
A:喘ぎ声が大きくなる→腰をガクッとさせてイク

A:正面を向き、M字で待機
A:「凄く気持ち良い」

C:正常位で挿入。腰を抱えての強烈なピストン運動。天井からのカメラワーク
(男性は腕しか見えないので、特に「自分が…」の意味で使える箇所)

A:喘ぎ声が大きくなる→腰をガクガクさせてイク

C:引き続き腰を抱えての強烈なピストン運動。天井からのカメラワーク
A:同時に乳首責め

~チャプター(34)~
C:引き続き腰を抱えての強烈なピストン運動。天井からのカメラワーク
A:喘ぎ声が大きくなる→腰をガクガクさせてイク
A:顔アップ。
A:「気持ち良い」

C:引き続き腰を抱えての強烈なピストン運動。天井からのカメラワーク
A:ややエビ反りになり、喘ぎ声が大きくなる

C:胸の上に発射→A:お掃除フ○ラ

A:「本日はご来店有難うございました」
A:「また「ゆら」に会いに来てね」
A:「バイバイ~」。笑顔で手を振る
(こういう所が可愛くてエロい。彼女の魅力の一つ)

これで終了。

[寸評]
強烈なピストン運動から喘ぎ声が大きくなって、淫語を言っての「イク」の連続はエロく感じる箇所。
少し大人っぽくて可愛い女の子が、と思うと尚更。

最後の発射も1回目と同じく…。
言われている通りでしょうね。

[総評]
ソープものらしい、「癒し」の中にエッチな部分を上手く染み込ませている。
彼女のご奉仕をしているつもりが何時の間にかご自身が気持ち良くなって、のスイッチの速さと相まって良かったと思います。

中盤から終盤にかけての淫語、体の動きを含めたイキまくりも十分エロく感じますし、笑みを交えて話し掛ける表情も安心感を与える。
「ヌキ所」を探すのは容易なのでは。

発射云々の話については、題名と映像から判断する限り、世間で言われている通りでしょう。
批判があるのも無理無いでしょうね。

ただ私自身はそこまで求める考えじゃないので、映像上の「事実」としては把握しますが、特に何も気にはしない。
作品の中でそういう気持ちになる事が出来ればOK。
そういう意味では楽しめました。

要するに、意見が正しいか間違っているか、では無く何処まで求めるかの問題だと捉えてます。
批判は批判としてごもっとも。
否定する気は全く無いです。

まあ、全てを知っている訳ではありませんが、現場にも「何処まで出来るか」とか色々難しい問題があるんでしょう。
100%解決させるのは困難かもしれないですね。

※ネタバレありです。
宜しくお願いします。




















◆「モテナイ男子限定!一般公募したホンモノ童貞さんを‘さくらゆら’が優しく筆下ろし」1kawd695
(Kawaii、2016年1月25日発売)

ホームページにてガチ素人さんを募集した夢の企画に対して応募総数は200通オーバー!!

‘ゆらぽ’で童貞を捨てたいと熱い意気込みを語った選ばれし5名のガチ素人さんが人生初挿入で…。

一生の思い出に勇気を出して溜め込んだ熱い思いと濃すぎるザーメンをぶっ放す!
(以上、レビュー)

[DMM]
( http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=kawd695/

[後書き]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/53653917.html

◆チャプター1:自己紹介タイム
~チャプター(1)~
厳選された童貞さんの童貞を「ゆら」が奪っちゃいます。

童貞君とは過去この作品で出会った事があります。

・「モテナイ男子限定!さくらゆらの逆ナンパ調査隊☆あなたのお悩み解決したろか4時間すぺしゃる!!」
(2014年9月25日発売)

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/13539926.html

監督さん、彼女に「喜んでもらえると良いね」と言葉を掛ける。

~チャプター(2)~
意気込み
「童貞君の緊張をほぐしてあげて、頑張っていきたいと思います」

童貞君5名が椅子、ソファに座っている部屋に彼女登場。

一人一人に声を掛ける。
解説で「童貞歴30年以上の方は「魔法使い」と呼ばれる」

~チャプター(3)~
各人に「童貞の理由」を聞く。

「どんな設定を望むか」を聞く。

◆チャプター2:「ヒロユキさん」(童貞歴25年)
~チャプター(4)~
ベッドにて隣に座る。

SA(さくらゆらさん):
「宜しくお願いします」
「改めて二人きりになると緊張するね」
「大丈夫、私も一緒」
(まずは一生懸命緊張をほぐそうと)

「一人でする事がある?」
「早い?」
(「早いのは好き」と優しくフォロー)

「キスした事が無い」
「Mなので言葉責めが欲しい。嫌らしい感じの」
(この時、彼女「バカとかそういうの?」と聞いてますがそうじゃない事をすぐ理解する)
(その手の作品は、以下の作品のチャプター1で。ホント、こき下ろされてます)

・さくらゆらが男を骨抜きにするSEX」
(Kawaii、2015年8月25日発売)

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/41071571.html

[後書き]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/41214970.html

SA:「キスしても良いですか?」
キス。めちゃくちゃ緊張している彼に「大丈夫だよ」と優しくフォロー。

続いてベロキス。
「キス上手いね」と褒める。

「何処触られるのが好き?」
C(ヒロユキさん):乳首

~チャプター(5)~
Tシャツの上から乳首責め。
SA:「固くなってる」

胸板を触り
SA:「熱いね」
C:「緊張してるので」

この後、彼女の足を触る。
SA:「触りたい?」
C:頷く。
(緊張している中での積極的な行為)

スカートをめくろうとすると
SA:「まだダメ。ウフフフフ」と優しく。

SA:「何処触りたい?」
C:「オッパイ」
ワンピースを下げる。慣れていないので時間が…。
下着姿に。

C:「触っても良いですか?」
SA:(笑顔で)「どうしようかな?」
(焦らし)

SA:
「Mですか?」
「オッパイ触りたいですか?」
「良いよ~」

ブラ越しにオッパイを触る。
C:「気持ち良いですか?」
SA:「乳首をツンツンさせると気持ち良いかも」
彼女が手首を持って誘導。乳首をツンツン。
SA:「優しく触ると気持ち良いよ」

C:「舐めても良いですか?」
SA:(笑顔で)「カツカツくるね~」
(緊張している割に積極的)

ブラの左の肩ひもを下ろす。
SA:
(笑顔で)「まだダメ」
「舐めても良い」
乳首舐め。
チ○ポを触って大きくなっている事を確認。

~チャプター(6)~
SA:「気持ち良い?」
C:頷く。

SA:(乳首を)「舐めたい?。優しく舐めて」
ブラを下にずらして乳首舐め

ベロキスの後、ブラを取る。その後彼女が彼のズボンを下ろす。
C:「可愛い」
SA:(笑顔で)「有難う」

SA:(パンツの上からチンポを触りながら)「どんな事を想像しながらオナニーしてるの?」
C:「可愛い女の子に一杯虐められる」
SA:「じゃあ、一杯虐めてあげるね」
(てっきり「ゆらさんに…」と言うかと思ったら外れました)

ヒロユキさん、ベッドに仰向けに寝る。
見つめながら乳首舐め+パンツの上からチ○ポを触る。
SA:「どうして欲しい?」
C:「あそこ(チ○ポの事)を舐めて欲しい」
(舐められるのは初めてだそうです。初キスに初フ○ラ)

~チャプター(7)~
手で持って亀頭をチロチロ。竿も舐める。
C:「めっちゃ気持ち良い」
SA:(笑顔で)「まだダメです」

フェラを続けていると
C:「イキそう」
SA:
(笑顔で)「本当に早漏なんだね」
「イッチャウ?」
イキそう、という事でチ○ポはお休み。

SA:「触る?」
C:ベロキス+胸を触る。

SA:「クリトリスを触ると気持ち良いの」
SA:彼の手首を持ってクリに誘導
C:親指でクリ責め。
SA:「パンツ脱がせて」
C:脱がせる。

C:M字にして親指でクリ責め
SA:「一杯そこ(膣)を舐めてくれると…」

C:人差し指を挿入
SA:「どうなってる?」
C:「締め付ける。温かい」

C:クンニ
SA:(笑顔で)「どうしたい?」
C:「入れたいです」
SA:「入れたい?。じゃあ、ゴムを付けようか」

~チャプター(8)~
SA:「どんな体勢でヤリたいとかありますか?」
C:「正常位でヤリたい」
SA:
「やってみようか」
フ○ラで勃起させた後、ゴムを付けてあげる。

SA:「じゃあ、正常位、やってみよう」
仰向けに寝てM字で待機。
C:「ここ?」と確かめてから挿入。ゆっくり腰を動かしてキス+胸を触る。

SA:腰を抱えて動かしてあげる。
C:乳首舐めしながら腰を動かす

C:「バックとか良いですか?」
SA:「やってみる」

SA:
一旦挿入を外して四つん這いで待機。
「大丈夫?。お尻に入れちゃダメだよ」
C:バックから挿入。胸を触りながら腰を動かす。

C:8秒後に発射。ゴム中出し。
(まさか、ゴム中出しとは。ちなみに以下の作品は「ゴム中出し」の設定)

・「ゆらの膣中で一緒にイって」
(2014年11月25日発売)

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/17263874.html

~チャプター(9)~
SA:
ゴムを取る
「一杯出ました」

「どうでしたか?」
C:「凄い気持ち良かった」

SA:「こんなに一杯出ましたが、普段も一杯出ますか?」
C:「溜めてたので」
SA:「どれだけ溜めてたの?」
C:「5日」

SA:「上手だったね。一杯AVとか見てるの?」
C:頷く
SA:「私も気持ち良かったです。有難うございました」
(そこは「いつも見てます」と言わないと(笑)

最後にハグ。コンドーム0.03をプレゼント。
SA:
「これで一杯SEXして下さい」
「でも、責任とれるまで避妊しなくちゃダメだぞ!」

「童貞卒業おめでとうございます」のテロップが。
スタッフ拍手。

[寸評]
緊張しているように見えて足に手を伸ばしたり、SEXの最中もキスや胸を触ったりと積極的な所のギャップが良かった。

5日間溜めてたとの事ですが、諸刃の剣ですよね。
早漏なので、長い時間射精を我慢する見地からは前の日にヌク、が妥当でしょうが、気持ち良さを優先するなら溜めるのもアリでしょう。

いずれにしても素人さんらしい清々しさが印象的。
彼女もめちゃくちゃ優しくて、前回の撮影を経験した分、落ち着いているようにも見えて良かったです。

◆チャプター3:デンさん(童貞歴30年)
~チャプター(10)~
彼は先日のイベントに参加。彼女も覚えていたそうです。

「ゆらちゃん」と呼んで登場。
リクエストお答えして某アニメのキャラで。

SA:
「じゃあ、スタートって言ったら私はあの子です」
「名前はゆらですけどあの子です」

~チャプター(11)~
「よ~い、スタート」

いきなり音楽が流れて寸劇が始まる。
C(デンさん):「どうしたの?。何かあったの?」
SA:「何なのよ。こんな所に急に呼び出して。だって忙しいんだから」
C:「だって僕だって君と話したい時間が欲しかったんだ」

SA:「早く済ましてよ。何よ話って」
C:「実は僕はゆらさんの事が好きだ」
SA:「何よ。「バカデン」のくせに」
C:「そんな。僕の気持ち分かってて、そんなもてあそんでるの?」

SA:「じゃあ、ちょっと証明してみなさいよ」
C:「分った」
SA:「もう、暇だし」

キス
SA:
「もう~、何よいきなりチューして」
「チューするなら言ってからにしてよ。ちゃんと」
C:「ゴメン、まだよく分かってなくて」

SA:「いい。こうするのよ」
ベロキス。
音楽が止まる。
C:「温かい」
SA:「まったく。バカデンは」

C:「ゴメン。そのバカついでにもう一つお願い良いかな」
SA:「今度は何よ」
C:「ゆらちゃんの胸が見て見たいんだ」
SA:「レディにそんな失礼な事を。まあ、ちょっと位は良いけど」

ワンピースを脱がそうとするも戸惑う。
SA:「ちょっと~、何やってるの。ここ(腋の下)にチャックがあるの。開けなさいよ」
C:「こうなってんだ」
SA:「もう~、これだからバカデンは」
自分でチャックを開ける。

SA:「ちょっと~、何ジロジロ見てるのよ。私が脱いでるのよ」
ワンピースを脱ぐ。
SA:「ほら、さっさと見なさい」
C:「凄く綺麗だ」
SA:「ちょっと触れば」
C:「胸を触る」

SA:「ちょっと~、何私だけ脱いでるのよ。あんたも脱ぎなさいよ」
シャツを脱ぐ。

C:(胸を触りながら)「ブラ、外しても良い?」
SA:「さっさと外しなさいよ」
C:
ブラを外して直接胸を揉む
「凄く綺麗だ」
「舐めて良い?」
SA:「ちょっとだけならいいわよ」
C:乳首舐め

~チャプター(12)~
C:「感じてくれてるの?」
SA:「いちいちうるさいわね。早く舐めなさいよ」
C:ベロキス+乳首責め

C:「下も脱いでもらって良い?」
SA:「あんたが脱がせなさいよ」
C:
パンティを脱がせ、M字にして膣を触る→乳首舐め+指マン
親指でクリ責め+指マン
(流石童貞君とはいえ、奥様と付き合っていたのでスムースですね。AVもよく見て研究している?)

SA:ベッドに仰向けに寝てM字で待機。
「もうちょっとよく見なさいよ」

C:膣を広げてクンニ→指マン
SA:「あんたもパンツ脱ぎなさいよ」
C:パンツを脱ぐ。

SA:「ちょっと。あんたばっかさせないわよ。私にもやらせなさい」

~チャプター(13)~
SA:乳首舐め
「あんたには触らせないわよ」

手コキ
「気持ち良くなりなさいよ」

SA:ベロキス
C:「一緒に舐め合っても良いかな?」
SA:「仕方無いわね」

シックスナイン。喘ぎ声が聞こえてくる。
SA:「欲しいの?」
C:「そうかもしれない」
SA:「バッカみたい」

SA:「私が責めるんだから」
見つめながらフ○ラ。

~チャプター(14)~
不覚にも発射。
SA:「あんた、何イってるのよ?」
C:「ゴメン」
SA:「ちょっと~。凄い一杯出たね。しかも」

精子を手の平にすくう。
SA:「イっちゃいましたね。早く言って下さいよ」
C:「申し訳無い」
SA:「止めたつもりなんだけど止まらなかった」
C:「5分位で回復させて下さい」

Q(監督さん):
「まだペッティングまでなんで。筆下しまでいっていないんで。リフレッシュしてチャレンジしてみますか?」

15分後再開。
SA:
フ○ラして勃起させた後、ゴムを付ける。
騎乗位で挿入しようとしたら中折れ。

~チャプター(15)~
SA:手コキして再チャレンジ。騎乗位で挿入して擦り付けようとしたら発射。

ジャッジの結果
8分の1童貞卒業おめでとうございます!のテロップが。

最後にハグ。コンドーム0.03をプレゼント。「8分の1童貞卒業おめでとうございます!とマジックで書く。
SA:
「これで一杯SEXして下さい」
「でも、責任とれるまで避妊しなくちゃダメだぞ!」

[寸評]
彼女と寸劇出来たのは一生の思い出になるとしても、肝心の童貞卒業は残念な結果に。
事前にヌイてきたかは不明でしたが、やっぱ難しいんでしょうね。

とはいえ、手慣れた感じのクンニ、指マンは良かったのでは。
是非機会があったら再チャレンジを。

◆チャプター4:「ショウゴさん」(童貞歴25年)
~チャプター(16)~
「ゆらちゃん」と呼んでナース服で登場。
ナース服は彼の希望。

意気込み
C(ショウゴさん):「初めてなんですが、出来れば自分の方から責めていって」
SA:「どんな感じにしてもらいたいですか?」
C:「聴診の方、してもらって良いですか?」

SA:「こんにちは。今日は何処が調子悪いんですか?」
C:「胸のあたりが」
SA:
「心臓が超早いですね。異常あります」
(チンポに当てて)「こっちの方がザワザワしてますね」

「好きにして下さい」

C:「凄い可愛いです」
SA:「有難う」
キス

C:「脱がして良い?」
SA:「良いですよ」
ナース服を脱がせる。

ベロキスの後、ブラを取る。
C:「オッパイも可愛いですね」
SA:「有難う」

C:「舐めて良い?」
SA:「うん」
C:乳首舐め

~チャプター(17)~
C:後ろからキスしながら胸を揉む。
SA:「ズボンとパンツを脱がす

SA:隣に寄り添って手コキ
「いつもはどんなオナニーしてるの?」
C:「ゆらちゃんのDVD見て」
(ナイスな答え!)

SA:「何が好き?」
C:「デカチン大乱交」
(すみません。残念ながらレビュー無し)

SA、C:お互い乳首責め。
彼女の乳首責めに勃起するだけでなく、顔を上に上げて感じている。

C:パンスト、パンティを脱がせた後、隣に寄り添って人差し指を挿入。
SA:「上手いね」
C:「勉強してきたので」
SA:「勉強してきたの?」
C:「色々なサイトとかで」
(彼女のDVDだけじゃないんですね)

~チャプター(18)~
SA:手コキ
C:ベロキス+指マン
SA:「入れて欲しい?」
C:頷く

C:仰向けに寝る
SA:フ○ラ。亀頭をチロチロ。竿も舐める。奥まで咥える。

C,SA:シックスナイン。途中から気持ち良過ぎてクンニ出来ず指マンに。その後再びクンニ

C:「入れても良いですか?」
SA:「言ったね。じゃあイっちゃおう」

~チャプター(19)~
フ○ラして勃起させた後、ゴムを付ける。

SA:「どんな体位でやってみたいですか?」
C:上に乗って(座位の事)

C:座位で挿入。抱き締めて腰を動かす。

C:胸を揉みながら、乳首舐めしながら腰を動かす

SA:V字型の体位。腰を動かす。挿入部アップ。

C:再び座位。腰を動かす。

SA:ベロキスの後、再び騎乗位。腰を動かす。

フィンガーロックして腰を動かす。喘ぎ声が大きくなる

~チャプター(20)~
C:そのまま正常位に移行。腰を動かす。
SA:喘ぎ声が大きくなる
C:発射
(彼も「ゴム中出し)

SA:ゴムを外す。「一杯出たね」
C:「溜めてたんで」
SA:「どの位?」
C:「5日間位」

SA:「初めてゴムを付けた感じは?」
C:
「ゴムでも気持ち良かった」
「お蔭様で童貞卒業出来ました」

コンドーム0.03をプレゼント。
「童貞卒業おめでとうございます」のテロップが。

Q(監督さん):「ゆらちゃんの「中」はどうでしたか?」
C:
「最高でした。入れている時、締め付ける感じがあって」
「でも、腰を動かすと高まってきて」
「もう少し頑張れるかなと思ったら出ちゃいました」

最後は「有難う」のハグ。

[寸評]
童貞君とはいえ、研究の成果か、エッチは手慣れたもの。
騎乗位から正常位への移行も挿入を外さずに無事に。

最後の発射は惜しかった。
あのまま腰を動かし続けたらもしかして彼女がイクのでは、と思って拝見してました。

選択の自由の問題ですが、溜めてたからこその気持ち良さを体験出来て良かったですね。

◆チャプター5:「テツトさん」(童貞歴21年)
~チャプター(21)~
「ゆらさん」と呼ぶとメイド服で登場。
C(テツトさん):「超可愛いです」
SA:「有難うございます」

SA:「どんな事をしたいですか?」
C:「お仕置きをしたいですね」
(メイドにお仕置き)

SA:
「失敗して「ゴメンなさい」って謝る所から始めれば」
「楽しくやっていきましょう」

音楽がかかり、寸劇が始める
SA:「ご主人様、ゴメンなさい。謝る事があるんですけど」
C:「何?」
SA:
「実はご主人様のパソコンをパッっと見たらエロサイトがあって、ちょっと覗こうと思ったらウイルスが入っちゃったんです。ゴメンなさい」

C:「これはもうお仕置きするしか無いですね」
SA:「お仕置きしたら許してくれますか?」
C:「そりゃ分からないけど…。許そう」
SA:「はい。お願いします。どうしたら良いですか?」
C:「電マで責めてやろう」


後ろから電マを取り出す。
SA:「いつものやつでお仕置きして下さい」
C:「何処からやりたい?」
SA:「ご主人様の好きなようにやって下さい」

C:「じゃあ、まずは胸から」
SA:「はい」
C:胸に電マを当てる。
音楽終了。

C:「反省してるか?」
SA:「反省してます」
C:「じゃあ、下の方もやらなきゃいけないな」
SA:「お願いします」
C:スカートをめくってパンティ越しに電マを。

~チャプター(22)~
パンティアップ。自然とM字に。

C:「直接当てるぞ。パンツを脱ぎなさい」
SA:パンティを脱いだ後「お願いします。ご主人様」
C:直接膣に電マを当てる
SA:腰をガクッとさせてイク
C:「これで許してやるから、こんな事をしないようにな」
SA:「はい。ゴメンなさい。ご主人様」

C:「お前だけ気持ち良くなってもしょうがないから、僕の事も責めてくれるかな?」
SA:
「はい。喜んで」
「それでは洋服を脱がさせて頂きます」
シャツとズボンを脱がす

SA:「ご主人様、始めさせて頂きます」
上に乗ってベロキス

~チャプター(23)~
SA:乳首舐め
パンツを脱がす。

SA:「ご主人様、どうして欲しいですか?」
C:「舐めて欲しいな」
SA:フ○ラ。乳首チロチロ。竿も舐める。奥まで咥える。

SA:「ご主人様、凄いビンビンです」
C:「こちらにお尻を向けて」
シックスナイン

~チャプター(24)~
SA:上に乗ってベロキス+手コキ
C:「コンドームを付けなさい」
SA:「はい」
コンドームを付ける。

C:「自分から入れてみな」
SA:「はい」
騎乗位でゆっくり挿入。ゆっくり前後に腰を動かす。
C:両足を持っての下から腰を動かす、も加わる。挿入部アップ。
SA:M字に。より挿入部がよく見える。
C:両膝を持って下から腰を動かす

SA:電マを持って「ご主人様。これでもっとお仕置きして下さい」
C:「しょうがない奴だ」
電マを膣に当てる。

~チャプター(25)~
SA:「イっちゃいそう」
C:「イキなさい」
SA:「イっちゃいますよ~」
腰をガクガクさせてイク。

SA:「今度はご主人様がイク番ですね」
座位の体勢で腰を振る。

再び騎乗位に。腰を振る→発射。
(彼もゴム中出し)

SA:「一杯出た」
C:「一杯出たよ」

SA:「どうでしたか?」
C:「気持ち良かったです」
SA:「何だかんだで私も凄い楽しんでました」
「何日分ですか?」
C:「3日位」

Q(監督さん):「うちのメイドはどうでしたか?」
C:「超可愛いです」
SA:
「ご主人様、バッチリでしたね」
「凄い成りきってくれてたのでやり易かったです」

Q:「ご主人様。初めてイカせちゃいましたね」
C:「そうですね」

コンドーム0.03をプレゼント。
「童貞卒業おめでとうございます」のテロップが。

最後はハグで。

[寸評]
電マで、とはいえ彼女をイカせたのは凄い。
もしかして発射寸前にも軽くイってたかも。

持続力もバッチリでしたし、エッチの際寸劇もこなす程、余裕が。
超可愛いメイドさんをお仕置き出来て良かったですね。

彼女も年齢が近い事もあって、言葉とは裏腹にやり易いように見えました。
何時の日か、お仕置きじゃなくてもOKなのでメイド作品を拝見してみたいです。

◆チャプター6:「ヤスさん」(童貞歴34年)
~チャプター(26)~
ブレザーで待機。制服で登場。ツインテールがよく似合う。

SA:「今回はどんな感じでやりたいですか?」
C(ヤスさん):「恋人みたいにイチャイチャしたいです」

SA:「ヤス君。最初に聞きます。Sですか、Mですか?」
C:「Mかも」
緊張からか汗が止まらない。

SA:「私がヤス君をお家に呼び出して「秘密のお話がある」のお芝居をやってみようかな」

音楽が始まる。寸劇スタート。
2人ベッドの上に座っている。
SA:「ゴメンね。突然呼び出しちゃって」
C:「うん」
SA:「あのさ、ヤス君って彼女っているの?」
C:「いや、いないよ」

SA:「実は私、ヤス君の事が好きなんだ」
C:「本当?」
SA:「ヤス君はどう思ってるのかなって思って」
C:「前から実は好きだった」
SA:「そうなんだ。じゃあ、恋人同士だね」
C:「そうだね」

SA:「彼女最後にいたの何時なの?」
C:「中学生の時かな」
SA:「その時ってさ、彼女と何処までしたの?」
C:「それは特に」
SA:「本当に?」

C:「チューはした」
SA:「じゃあ、その彼女にしたみたいに「ゆら」にもチューしてよ」
C:「良いの?」
SA:「うん」

音楽止まる。
キス
SA:「もう1回する?」
キス

~チャプター(27)~
SA:「じゃあ、手繋ごう」
手を繋ぐ。
SA:「もう1回しよう」
ベロキス
SA:「今日学校で眠かったね。ちょっと寝ちゃう?」
2人ベッドに仰向けに寝る。
SA:「手を繋ごう」
手を繋ぐ。

横を向いてベロキス
SA:「何かちょっと熱いね。上着脱いでも良いかな?」
上着を脱ぐ。

SA:「前の彼女とチューまでしかしていないって事はヤス君って童貞なの?」
C:「うん」

SA:「ゆらはね、秘密」

~チャプター(28)~
SA:私の事、脱がせても良いよ」
Yシャツのボタンを外してブラに。

SA:「ここって触られた事ある?」
乳首をツンツン。
SA:「じゃあ、これは」
乳首舐め

SA:ベロキス→乳首舐め
「何で体がピクピクしてるの?」
C:「気持ち良いから」

SA:「ヤス君さ、ゆらも触って」
C:ブラ越しに胸を触る→ブラを下にずらして乳首を摘む

~チャプター(29)~
SA:「舐める?」
C:ブラを外して乳首舐め

SA:ズボンを下ろす
C:仰向けに寝る
SA:「触っても良い?」
パンツ越しにチ○ポを触る。

SA:パンツを脱がし、糸引きを見せる
「ヤス君、どうして欲しい?」
C:「咥えて欲しい」

~チャプター(30)~
見つめながらフ○ラ。亀頭チロチロ、竿も舐める

SA:「ヤス君、私も触って」
C:スカートを取り、パンティを脱がす
SA:M字に。膣を広げ、彼の指を持ってクリに誘導。
C:人差し指でクリ責めの後、膣に挿入。膣にアップ
SA:途中から手コキ

SA:「ヤス君、どうしたい?」
C:「舐めても良いかな」
SA:M字で待機。
C:クンニ

SA:
「もう我慢出来なくなっちゃった」
「入れて欲しいな」
C:「うん」

~チャプター(31)~
SA:「実は持ってるんだ」
ゴムを出す。
SA:「じゃあ、ゆらが付けてあげる」
ゴムを付ける。
SA:「じゃあ、ゆらが上に乗るね」

騎乗位で挿入。前後に腰を動かす。
(横からの映像、Yシャツを着ていて、リボンがそのまま付いていて、ブラが上に上がっているのが「着衣」の視点でミソですね)

ピストン運動が速く細かい動きになる→腰をガクッとさせてイク。

SA:Yシャツを脱いでリボンとブラを取り全裸に。
「正常位でしたい?」
C:「うん」
SA:M字で待機

~チャプター(32)~
C:正常位で挿入。ゆっくり腰を動かす。挿入部アップ。

C:上体を倒してベロキス+腰を動かす。天井からのカメラワーク。
疲れ?。腰が動かなくなる。
「上に乗ってもらって良いですか?。その方が気持ち良い」
SA:思わず笑みが。
(災いならぬハプニング転じて福となる、みたいな)

SA:騎乗位で挿入。腰を動かす。喘ぎ声が大きくなる

発射(彼もゴム中出し)
C:「気持ち良かったです」
SA:笑みが。

~チャプター(33)~
SA:
「童貞捨てる事出来ましたね」
「私も気持ち良かったです」

ハグした後、コンドーム0,03をプレゼント
「童貞卒業おめでとうございます!」のテロップが。

撮影終了後。
SA:「無事5人(1人は8分の1でしたが)童貞を卒業させることが出来て」

Q:「皆ギャン勃ちでしたね」

SA:
「予想では童貞さんなので中々勃たないで、でした」
「SEXの最後で一生懸命腰を振っているのが可愛くて仕方無かった」

Q:「これって女の子の力ですね。大きいっすよ」

SA:
「本当ですか?」
「嬉しかったです」
「これを機会に皆さんに新たなステップ踏んで欲しいです」

最後は5人のお礼の言葉。
そして彼女がバイバイと笑顔で手を振る。

これで終了。

[寸評]
あそこで騎乗位をお願いしたのは、何らかの理由で腰を動かす事が出来なかった故のハプニングでしょうね。
それを笑顔でさりげなく騎乗位に変更した彼女。
流石でした。

やっぱ、制服姿はそそりますね。
ヤス君の気持ち、よく分かります。

彼女の見所は、騎乗位で自ら腰を振っているうちに気持ち良くなってイったシーン。
童貞君の頑張りで、はよくある展開ですが、自らも中々新鮮。
如何に気持ち良くなったかの彼に対する証明にもなりますもんね。
良き思い出になったとおもいます。

[総評]
暴発有り、寸劇有りと彼女及び童貞君、両方楽しそうだったのが一番印象に残りました。
童貞君にとっては一生の思い出。
そして彼女にとっても。
「8分の1童貞卒業」も含めてハッピーエンドで終了したのが何より。

この手の設定はどうしても「エロ」が二の次になりますが、それでも、彼女が騎乗位で自らイったり、童貞君が電マでイカせたりと「エロ」の視点でも見所があったと思います。

ナース、メイド、制服他、童貞君が自らプロデュースした設定の数々。
存分にご堪能下さい。

※ネタバレありです。
宜しくお願いします。





















◆「kawaii*さくらゆら×S1天使もえ Wエンジェル 初レズ解禁&仲良し共演 4時間SPECIAL」1kawd680
(Kawaii、10月25日発売)

エスワン専属‘天使もえ’とkawaii*専属‘さくらゆら’のAV史上に残るW美少女アイドルの究極コラボがここに誕生!!

まさかの
(1)初レズ解禁!

(2)初乱交!

(3)W主観!

(4)ゆらもえ演出コーナー
etc.超豪華な内容でお届けするボリューム満点8コーナー長時間作品です!!
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=kawd680/

[さくらゆら&天使もえ ロング対談第1回」~DMM NEWS より]
http://news.dmm.co.jp/article/984740/

[さくらゆら&天使もえ 対談企画(後編)」~DMM NEWSより~
http://news.dmm.co.jp/intro/984828/

[DISC1:ネタバレあり]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/46186134.html

[後書き]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/46381109.html

◆チャプター4:「ゆら演出 小悪魔もえのM性感手コキ」
Q(監督さん):「今からやる事の説明をお願いします。もえちゃん」

M(天使もえさん):
「私達がお互いの事を監督します」

Q:「勿論演出プランもあるんですよね?。ゆらちゃん」

Y(さくらゆらさん):
「もちろんです」
「普段思っていてもやれない事をやろうと思います」

ジャンケンの結果
①先攻
演出:ゆらちゃん
演者:もえちゃん

②後攻
演出:もえちゃん
演者:ゆらちゃん

Q:「演者のもえちゃん、意気込みを」

M:「さくら監督のご満足いく演者になろうと思います」

Q:「演出のゆらちゃん、意気込みを」

Y:「もえちゃんの可愛い顔を使って一杯Hな事をさせたいと思います」

~シナリオ~
寝ている男の唯一の趣味はもえちゃんのDVDでオナニーする事。
そんな男の念が通じ、本人が現れてしまうという内容。

もえさんは、少し小悪魔風、エロ美少女の設定。

では、スタート。
オナニーをしている中、ご本人登場。
M:
「あなたの私に対する熱い想いが通じて、画面の中から出てきちゃった」
「今日も私の事想像してオナニーしてたの?」

男:「はい、そうです」

M:
「もっと一杯シコシコして」
「もえにあなたのオナニー一杯見せて」
「見られてどう?」

男:「凄い恥ずかしいです」

M:
「一杯見てるよ」
「いつもこうやってオナニーしてるの?」

ここで、さくら監督、以下のセリフを言う事を指示。
「こんなビンビンのオチン〇ン見てたら、もえもHな事したくなってきちゃった」
「もえも一緒にオナニーしても良い?」

~チャプター(2)~
男:「はい」

M:
「ちゃんと手を動かして」
立ったままM字でオナニーを

「もっと見たい?」
「じゃあ、もっと近くで見せてあげるね」
しごいているチ〇ポの近くに。

「触っていないのに興奮しちゃうんだ」
「じゃあ、私のここ、一杯舐めてキモチ良くして」
顔騎

「次は四つん這いになって」
「キモチ良くなるんだよ」

~チャプター(3)~
「凄いじっくりお尻の穴見てるよ」
自らシコシコする。

「今度は、もえがシコシコしてあげるね」
手コキ。
「本当はオナニーじゃなくて、もえに触られたかったんでしょう?」

「じゃあ、もっと一杯シテあげるから、最初の体勢に戻って」
寝転んで手コキ。
「お尻と乳首、どっちが好き」

男:「乳首も好きだけど、お尻も好き」

M:「じゃあ、乳首も一緒に舐めてあげるね」
乳首舐め+手コキ

「舐められるのと触られるのどっちが好き?」

男:「舐めて欲しい」
乳首舐め+手コキ
(ここの展開は完全に彼女のMペース)

~チャプター(4)~
キス+手コキ

発射。大噴射。
M:
「ここまで飛んだの初めて見た」
「よく頑張ったね」

「じゃあ、一杯頑張ったご褒美」
しっかり相手を見てのお掃除フ〇ラ
「これからも、もえで一杯オナニーしてね」
「また遊びに来るからね」

「はいカット」のさくら監督の声。
M:
「でも、凄いエロい事、一杯言わされたから、次、私がリベンジする。見てろよ」
Y:「は~い」

[寸評]
刺々しい「小悪魔」ぶりではなく、実際は拘束された訳では無いけど、まるで拘束されているかのような彼女の淫語。
縛られている気持ちが快感に、ですね。

あのにこやかな笑みで、あの淫語。
キモチ良くなる事、まるで媚薬の如く。
恐るべし。

◆チャプター5:「もえ演出 小悪魔ゆらのM性感手コキ」
~チャプター(5)~
シナリオ、設定は一緒。

寝てしごいている所、登場。

Y:
「あなたからHな匂いがしてきたから、ゆら、来ちゃった」
「何してるの?」

男:「ゆらの事を思いながらオナニーしてる」

Y:
「オチン〇ン一杯シコシコしてたの?」
「あれ、ゆらの顔見てからかな?。オチン〇ンどんどん大きくなってるよ」

オチン〇ン、ツンツン。
「ツンツンしただけだよ」

顔がアップ。
「こんなに大きくして」

~チャプター(6)~
(見つめながら)「ちゃんと自分でもシコって」

首筋、耳元を舐める。
(耳元で)「もっと一杯シコシコしなきゃダメでしょう?」

「ゆらのお尻で一杯キモチ良くしてあげるね」
背面騎乗位の体勢で擦り付ける

「ねえ、ちゃんと見てる?」
「ゆらもお尻でオチン〇ンスリスリされて…」
「今、オチン〇ンどうなってるか教えて」

男:「今凄い固いです。キモチ良いです」

Y:「今、聞こえなかった」
男:「キモチ良いです」
Y:「もっと大きい声で言って」
男:「お尻でスリスリされてキモチ良いです」
Y:「キモチ良いんだ」

「どう?。ちゃんと見てる?」
男:「イキそう」

Y:
(行為を中断)「ダメだよ」
「何で勝手にイこうとしちゃうの?」

正面を向く。
「もう~、そんな悪い子にはお仕置き」

マングリ返し
「恥ずかしい所、一杯丸見えだね」
「ヒクヒクしてるよ」
「触って欲しい?」

「こんな格好でイッたら、自分の顔にかかっちゃうよ」
(確かに)
「これから、ゆらが、このオチン〇ン一杯シコシコしてあげるから」

~チャプター(7)~
「良い、って言うまで勝手にイっちゃダメだよ」
手コキ

男:「イキそう」
Y:
(手コキ中断)「ダメだよ」
「もう~、仕方無い子だな」
「ゆらのオッパイにおいで」

胸に顔を埋める+手コキ
「舐めちゃダメだよ。勝手に」

「舐めるのはダメだけど、ゆらの唾液、飲ませてあげる」
唾液を口の中に。
「ゆらの唾液飲んで、もう興奮するの?」
「良いって言うまでイっちゃダメだよ」

「ねえ、ゆらの事好きなんでしょ?」
男:「イキそう」
Y:
(手コキ中断)「イっちゃダメだよ」

「じゃあ、もうイキたい?」
男:「イキたい」
Y:「じゃあ、ゆらの顔、ちゃんと見て」

発射。
「もう出ちゃったね」
「次にスル時は、もっと一杯溜めてて」
「今回は許してあげる」

「じゃあ、最後にフキフキしてあげるから」
お掃除フ〇ラ

天使監督「カット」の声。

[寸評]
恐い位の有無を言わせない「ドS責め」。
「良いと言うまでイク事禁止」の焦らし。
キモチ良い拷問手コキでした。

そうは言っても耐えるのは難しいでしょう。
暴発必至!。

このチャプターと同じく「ドS責め」ならこの作品。

・さくらゆらが男を骨抜きにするSEX」
(Kawaii、8月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/41071571.html

同「後書き」
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/41214970.html

OLの格好で「優しく」接してくれます。
快感ですよ。

◆チャプター6:「ダブルNO1指名 2輪車ソープランド」
~チャプター(8)~
M:「Kawaiiソープへようこそ。お待たせしました」

Y:「この日のためにお客様のご満足頂けるように2人で練習してきました」

M:
「ここにお座り下さい」
「じゃあ、ローションの準備をしてきます」
ローションをこねて、カラダに塗る。

うつ伏せで待機。
M:「お客様にもローションをおかけしますね」

~チャプター(9)~
それぞれ足をカラダで密着させる形で滑る。

Y:「舐めていきますね」
全身を舐める。Wでお尻を。

M:「じゃあ、お足の方も綺麗にしていきますね」
足を持ってカラダ、胸に擦り付ける。

~チャプター(10)~
足をゆっくり下ろして仰向けに。
胸板にローションをかけ、両側からカラダを密着させ滑らせる。
乳首と乳首が触れる。

M:「ペロペロしても良いですか?」
Wでの乳首舐め。

顔騎、騎乗位の体勢でチ〇ポを擦り付ける。
喘ぎ声が響く。

~チャプター(11)~
顔騎、騎乗位の体勢の位置交代。
喘ぎ声が大きくなる。
(腰の動きが悩ましい)

顔がアップ。
Y:「この大きくなったチン〇ン、二人で舐めても良いですか?」
Wフ〇ラ、玉舐め

(笑みを浮かべて)「まだですよ。まだ…。イキそうだったでしょ?」
フ〇ラ、乳首舐め

Y:「もう入れても良いですか?」
騎乗位で挿入。乳首舐め、ベロキス

~チャプター(12)~
ピストン運動。挿入部がアップ。

体勢を前のめりに。より奥に挿入。

下からの強烈なピストン運動。

背面騎乗位。挿入部、お尻がアップ。
Y:「好きなように一杯動いて下さい」

~チャプター(13)~
下からの強烈なピストン運動。喘ぎ声が大きくなる
(お尻の上下の動きが卑猥でエロいですね)

M字にて待機。正常位で挿入。後ろから乳首責めでサポート。
Y:「好きなように動いて下さい」

腰に手を回してピストン運動。

~チャプター(14)~
交代。騎乗位で挿入。乳首舐めでサポート。
M:「失礼しますね」

下からの強烈なピストン運動→腰がガクガクしてイク。

M:「私の事、下にしてくれます?」
正常位。挿入部アップ。後ろからベロキス+乳首責めでサポート

「犯して」
「めちゃめちゃにして」
膣の上に手を置いてのピストン運動。

~チャプター(15)~
乳首責め+ピストン運動。
顔がアップ。

屈曲位での激しいピストン運動。

乳首の上に発射→お掃除フ〇ラ
「一杯出ちゃいましたね」
「一杯キモチ良くなっちゃいましたね」

[寸評]
両側からのカラダと胸を密着させた滑り。
両足も同じく滑らせる。
キモチ良過ぎておかしくなりそうな感じ。

挿入後は騎乗位→正常位の流れですが、短い時間の中でも密着、濃厚なSEX。
喘ぎ声が大きくなるにつれて、激しいピストン運動にイカされる。
エロく感じる箇所でしたね。

◆チャプター7:「ぶっかけ罰ゲーム付きフ○ラ抜き選手権」
~チャプター(16)~
Q:
「次はお待ちかねのフェラ〇オのコーナーです」
「フェラ〇オは好きですよね?」

二人とも「好きです」と回答。

Q:「フェラ〇オに自信はありますか?」

二人とも「はい」と回答。

Q:
「普通だと面白くないのでゲーム感覚にします」
「それでは皆入って下さい」

=ゲームの説明=
各々一人の男優さんを選び、フェラ〇オしてイカせて顔射して頂きます。
その際に顔にかかった精子の量で勝敗を決めます。
スピード勝負ではありません。

負けた方には残りの男優さんから大量のザーメンを顔にかけられてしまいますので、男優さんは慎重に選んで下さい。

お二方、男優さんを選ぶ。

Q:
「ちなみに1回だけ男優さんのチェンジが可能です」
「では、お互いに頑張って下さい」

では、スタート。

~チャプター(17)~
男優さんにどうすればキモチ良いのか聞きながらフ〇ラ

Q:「5分間の制限時間を設けます」
まずは天使もえさんが選んだ男優さん発射。
顔一杯に出る。

さくらゆらさん、チャンジタイム行使。男優さん選ぶ。

~チャプター(18)~
「激しい方が好き」との事で手、舌の動きが早く。

発射。

結果:天使もえさん勝利

Q:
「ゆらちゃんは何滴かこぼしてました」
「負けたゆらちゃんには顔射のお仕置きです」

チ〇ポに囲まれて座っている。
顔射のお仕置き実施。

Q:「どうでしたか?」

M:
「Kawaiiさんは凄いですね」
「ゆらちゃんの才能が段々引き出されていく理由が分かった気がする」
「凄い楽しかったです。ゆらちゃんとの関係も深まったし」
「幸せ」

Y:「良かった」

[寸評]
男優さんにキモチ良い所を聞きながら、あの手この手でイカせ、大量の精子を出させようとする。
何日分溜めていたかはともかく、「射精はまずキモチから」と改めて思いましたね。

勝敗は出ましたが、目出度く両者とも大量の顔射を受けて幸せそう。
明らかにキモチ良かった結果、という事で。

◆チャプター8:「もえ私物コスプレ激イキ乱交セックス」
~チャプター(19)~
下乳が見える衣装で登場。
天使もえさんは制服風。さくらゆらさんは通常のノーマルなシャツで。

※注:いつもの事ですが、乱交では全ての体位の変化を追う事は出来ないので「出来る限り」という事で。

ベロキス→後ろから胸を揉む

体勢を前にしてクンニ、ベロキス

お尻を突き出しての指マン

左足を高く上げての指マン、クリ責め

~チャプター(20)~
四つん這いにしてクンニ→指マン

M字でクンニ→指マン

M字での指マン+クンニ、四つん這いでの指マン
響く喘ぎ声。

M字にて指マン。それを見ながら四つん這いでクンニ。

M字にてクンニ。それを見ながら四つん這いでクンニ。

四つん這いにてクンニ、ベロキス。それを見ながら同じく四つん這いでクンニ、ベロキス

~チャプター(21)~
ペアが入れ替わる。
イラマチオ。

再びペアが入れ替わってイラマチ

バックの体勢でクンニ、乳首舐め。下では後ろから胸を揉む、フ〇ラ

W手コキ、W乳首責め

正常位で挿入、フ〇ラ

~チャプター(22)~
正常位で挿入。
位置関係は逆。

側面を向いてベロキス

正常位でのピストン運動。お互いの喘ぎ声が響く。

バックから挿入。お互い隣同士で。

~チャプター(23)~
両肩をしっかり掴んでの強烈なピストン運動。
天井からのカメラワーク。

正座した態勢でのバックからの強烈なピストン運動。

背面騎乗位。顔がアップ。二人並んでの。
開脚して挿入部がより見える形での下からの強烈なピストン運動。

立ちバック。お互いが肩を組む。

~チャプター(24)~
隣同士での背面立位。下からのカメラワーク。挿入部がよく見える。

隣同士でのバックからの強烈なピストン運動。

隣同士。頭の向きは反対。正常位でのピストン運動。

バックからのピストン運動。その下で正常位でのピストン運動。

~チャプター(25)~
頭の向きは反対だが、すぐ隣に。正常位でのピストン運動。

お互い並んでの正常位でのピストン運動。
手をしっかりと握る。

・参照
[さくらゆら&天使もえ 対談企画(後編)」~DMM NEWSより~005
http://news.dmm.co.jp/intro/984828/

この事について触れてます。

激しいピストン運動→口の中に発射→お掃除フ〇ラ

これで終了。

[寸評]
乱交シーンは如何にお互いが「近くで見られてるか」を意識しているように見えるかが一つの楽しみですが、快感が頭の中を支配していて、見えているようで見えていない。
そんな微妙な感覚もまた良いですね。
勿論、実際は当人でしか分かりませんが…。

最後の正常位の際の手を握る行為は自然に、無意識に。
位置関係もあるでしょうが、連帯感を感じました。
良かったです。

このチャプターの見所についてもこちらで。

[さくらゆら&天使もえ 対談企画(後編)」~DMM NEWSより~
http://news.dmm.co.jp/intro/984828/

[総評]~DISC1も含めて
一言で書くと、レズ初解禁は勿論、「仲良し共演」をテーマにしたイチャイチャラブを楽しむ作品。
拝見しててお二方の仲睦まじさに置いてきぼりを感じさせるような(苦笑)。

こっそり覗き見している感覚が一番良いかも。
中々味があります。

DISC1の感想で「他社さんですが「レズッチ」(hmp)より「イチャイチャ度」を強めた感じ」と書きましたが、このイチャイチャもお互いの事を心から信頼しているんだなという気持ちが現れています。
「触れ合い」を楽しむには申し分無い映像の連続。

時折見受けられた見つめあいながらのテレ笑い。
そうかと思えば、キスやカラダの触れ合いのシーンから一気にギアがトップに入り喘ぎ声が響く。
あそこまで淫らに変わるものかびっくり。
カラダの動きから表情まで変わり様は「ギャップ」とかのレベルの話じゃないですね。

お互いある瞬間に電流が走るんでしょう。
何時くるか予想がつかなかったので、ドキドキしながら拝見してました。

それは、DMM NEWSさんの記事の言葉を借りると「S1さんは王道、シリアスな展開に対して、Kawaiiさんはこういうノリ」
決してふざけているんじゃなくて、何となく入って、一気にAVらしい展開に早変わり。
シリアスがずっと続く訳では無いけど、何やかんやでエロいシーンが、って感じ。

実際喘ぎ声が響き始めた時が一つのサイン。
ここから先は発射まで、エロく感じるシーンの連続なのでヌキ所を探すのは容易なのではと思います。

前半のイチャイチャの部分と後半のAVらしいエロさ抜群のシーン。
監督を務めて相方を演者にするシーン。
それぞれ見所があります。
存分にご堪能下さい。

※ネタバレありです。
宜しくお願いします。






















◆「kawaii*さくらゆら×S1天使もえ Wエンジェル 初レズ解禁&仲良し共演 4時間SPECIAL」1kawd680
(Kawaii、10月25日発売)

エスワン専属‘天使もえ’とkawaii*専属‘さくらゆら’のAV史上に残るW美少女アイドルの究極コラボがここに誕生!!

まさかの
(1)初レズ解禁!

(2)初乱交!

(3)W主観!

(4)ゆらもえ演出コーナー
etc.超豪華な内容でお届けするボリューム満点8コーナー長時間作品です!!
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=kawd680/

[さくらゆら&天使もえ ロング対談第1回」~DMM NEWS より]
http://news.dmm.co.jp/article/984740/

[さくらゆら&天使もえ 対談企画(後編)」~DMM NEWSより~
http://news.dmm.co.jp/intro/984828/

[DISC2:ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/46308413.html

[後書き]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/46381109.html

◆チャプター1:「スーパー美少女ゆらもえレズ解禁」
~チャプター(1)~
Q(監督さん):「会うのはお互いに初めてですか?」

Y(さくらゆらさん)、M(天使もえさん)(すみません、以下敬称略):
「一緒にお仕事した事がある」

Q:「良き友達って事ですね?」

Y、M:「そうですね」(ハモる)

Q:「そんな友達と共演ですが、緊張しませんか?」

Y:「一番よく知っている女優さんなんで…」

M:
「初めて見た女の子のカラダがゆらちゃんで衝撃を受けた」
「凄くドキドキしてます」

Q:「最初のコーナーはお互いの事をよく知る、というテーマですが…」

M:「ドキドキしてる」

Y:
「余り見ないで…」
「恥ずかしいですよ」

Q:「楽しみにしておりますので」

Y、M:「楽しみながら頑張ります」

この後、イメージDVD。

~チャプター(2)~
Q:
「お互いの本音を個別に聞いてみました」
「初めて会った時のもえちゃんの印象は?」

Y:
「初めて会ったのがロケ。まだデビュー前だったんだけど、「めっちゃ可愛いな」っていうのが第一印象」
「凄く丁寧」

Q:「最初と今で、印象の変化はありますか?」

Y:
「お互いが初めての時は堅い感じ」
「一緒に仕事をしていくうちに、「もえちゃんってケラケラ笑う感じの人懐っこい感じなんだな」と思いました」

Q:「名前は何と呼んでみたいですか?」

Y:
「いつもは「もえちゃん」と呼んでいるんですけど「もえぴょん」とか「もえもえ」とか」
「可愛い感じに合うかなと思います」

Q:「今回の撮影は「レズ」ですが、出演の動機は?」

Y:
「初の共演なので、仲の良い女優さんとした方が、私もやり易いし、「もっと仲が深まるかな」っていうのが一番の理由」

Q:「もえちゃんとやってみたいプレイは?」

Y:(途中で音声が消える」
(やってみたいプレイは後のお楽しみ)

Q:「初めて会った時のゆらちゃんの第一印象は?」

M:
「初めて会った時、忍びのコスプレで現れまして、ぶっ飛んだ」
「その後、温泉入って色々お話して、「しっかりした子でめちゃくちゃ可愛いな」ってびっくりした」

Q:「最初と今で、印象の変化はありますか?」

M:
「最初から「凄い可愛い子だな」っていうのがあったんですけど、可愛いだけじゃなくて「色々な事がめちゃくちゃ天才的だな」と思うようになりました」

「無茶ぶりとかでもサラッと対応するし、可愛いも出来るし、綺麗も出来るし、女優であり、アイドルであり、今でもキラキラした子だなと思ってます」

Q:「名前は何と呼んでみたいですか?」

M:「「ゆら」っていうのは嘘で(笑)、緊張しているので普通に「ゆらちゃん」と呼んじゃうかな」

Q:「今回の撮影は「レズ」ですが、出演の動機は?」

M:
「基本的に女の子はそこまで得意じゃなかった」
「お話頂いた時に「ゆらちゃんなら出来そうだな、私」と思った」
「女優として人として「好きだな」と思う部分があるので、もっとお互いの事を知って、仲良くなるきっかけになるかなと思ってOKしました」

Q:「ゆらちゃんとやってみたいプレイは?」

M:(途中で音声が消える」
(やってみたいプレイは後のお楽しみ)

~チャプター(3)~
制服で佇む二人。
M:「ゆらちゃん、あの人に振られちゃったんだ」
Y:「そうだよ。まあ、あんな奴の事なんか忘れちゃったけどね」

M:
「何だかさ~、男の子って分からないよね」
「急にテンション上がったり、下がったり」
「好きなのか?、嫌いなのか?」

Y:
「もう、男の子なんか信じない」
(手を握って)「これからは友情」

M:「これからも仲良くしてくれる?」
Y:「うん」
M:「じゃあ、チューしようか?」
Y:「チューする?」

キス

M:「結構恥ずかしいね。これ」
Y:「1回見る度、こうやって恥ずかしくなる」

お二方、布団の上に。
お互い自己紹介。
Y、M:「緊張しますよね」
Y:「何したいの?」
M:「今日はさくらさんとイチャイチャしたいと思いまして」
Y:「じゃあ、イチャイチャしよ」

シャツのボタンを外してブラに。
ブラを下にずらして乳首舐め。

M:「(ブラ)外しても良いかな?」
Y:「外せるの?」
M:「童貞だからな」
(寸劇が始まる?(笑)。仲睦まじくて良いですね)

~チャプター(4)~
Y:「こうやって外すんだよ」
M:「童貞だけど頑張るよ」
ブラを外す。

ここで突然場面が変わる。
今度はゆらさんが上に乗りキス。

Y:「私のチャームポイントって何?」
M:口を指差す
Y:「止めて、照れちゃうから」

もえさんを座らせて、ブラを下に下げて後ろから胸を揉む→乳首舐め

~チャプター(5)~
Y:「じゃあ、こっちも」
M:「悪い顔する~」
Y:「乳首が二つもある」
乳首舐め。恥ずかしさか?。もえさん、カラダを沈める。

Y:「沈まないでくれるかな?」
M:
「だって悪い顔してるんだもん」
「しかも、これってさ~、絶対攻守逆転させないぞっていう体勢だよね?」

Y:「逆転したい?」
M:「うん。ヤラれっぱなしはちょっと…」
Y:「良いよ」

M:
「倒させて」
「キモチ良く、感じて下さい」
Y:「分かりました」

クンニ
M:「見ても良い?」
Y:「無邪気な顔でそんな事言わないの。恥ずかしいんだから」
パンティ脱がす。

クンニ→指を入れる+クリ責め
「(指)増やしても良い?」

~チャプター(6)~
指を2本に増やす+クンニ
M:「キモチ良い?」
Y:
「キモチ良いけど恥ずかしい」
「こっちおいで」

攻守逆転。もえさんが寝っ転がる。
パンティを脱がして「ここ?」と探る。
Y:「こんなか入れても良い?」
指を入れる+クンニ
(この後の感度の高まり具合が凄い)

~チャプター(7)~
Y:「分かった。物足りないんですね」
M:「Sですね~」
Y:「Mだよ」

お互い側面の体勢でシックスナイン
指を入れたり、舐めたり。

お互い座っている体勢。
Y:「急に愛おしくなった」
M:私も」

M:
「最後にお願いしても良い?」
「女の子同士で合わせるやつ」
Y:「良いよ」

~チャプター(8)~
Y:「どうなるのそれって?」
M:「分からん」
Y:「未知の世界」

「多分こうだよね」と貝合わせ。
間もなくお互いの喘ぎ声がかん高く響く。
(スイッチの入り方が突然だった。凄い)

Y:「もえちゃん大丈夫?」
M:「凄いものを発見してしまった感じ」

お互い側面で軽く抱き合う体勢
Y:「どうだった?」
M:「ゆらちゃんは、やっぱりSだった」

Y:(もえさんのほっぺたを指でツンツンして)
「エッ?。それは間違ってるよ」
「言って良い?。初めてだまらね、私」

「オナニーしてれば感じる所は分かる」
「違う所もあるけど、似ている所もある」

[寸評]
一言で書くと、他社さんですが、「レズッチ」(hmp)のイチャイチャ度を極限まで高めた感じ。
お二方の仲睦まじい感じを攻守逆転を含めて楽しんでもらおうとのチャプター、ですかね?。
あくまでも「お互いをより知るための」レズ解禁という事で。

シナリオ(台本)は…。
「レズッチ」は多分無いけど、この作品も多分無いような気がする。

間違っていたらすみません。
多分監督さんから「お互いをより知るために」だけ言われて、あとはカメラが回っているだけで自由だったのでは。

最後の言葉通り、女の子同士ならではの感じる所、キモチ良いと思う所は的確に責めていたように感じました。

①純粋に責められて感じているシーンを楽しむのも良し。

②お二方の前では男性の出る幕は無い。こっそり覗き見してやろう?。って感じで楽しむのも良し。

仲睦まじい中で、同じ女性に責められているせいか、訳分からなくエロく感じるシーンもあります。
どうぞ、存分にご堪能下さい。

[さくらゆら&天使もえ ロング対談第1回」~DMM NEWS より]
http://news.dmm.co.jp/article/984740/

このインタビュー、チャプター1でのセリフを含め、めちゃくちゃ参考になります。
レビュー書かなくても良い位かも(苦笑)。
ホント、仲睦まじくて良いですね。



◆チャプター2:「童貞ナンパ 筆下ろし逆3Pセックス
~チャプター(9)~
Q:「これから二人がやってみたかった事にチャレンジします」

M:「童貞君とHがしたい」

Y:「1回やった事がある」

・「モテナイ男子限定!さくらゆらの逆ナンパ調査隊☆あなたのお悩み解決したろか4時間すぺしゃる!!」
(2014年9月25日発売)
[ネタバレあり]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/13539926.html

Q:「何で童貞としたいんですか?」

M:「好きな男性のタイプが童貞かオジサンなので」

~チャプター(10)~
M:「夢に見た童貞君とのHをゆらちゃんと一緒に」

Q:「実はまだ童貞君を用意していません」

Y:「この前(「解決したろか」)の時と同じ」

Q:「新しいコスチュームを着て探しに行きましょう」

場所は聖地○○○
(モザイクかかってましたが、秋葉原です(笑)

M:「今から天使もえとさくらゆらが童貞君を探しに行っちゃいます」

街中でインタビュー
M:「Kawaii.TVの天使もえです」
Y:「Kawaii.TVのさくらゆらです」
M:「街頭インタビューをしておりまして…」
この後「彼女はいますか?」、「女性経験は?」を質問

~チャプター(11)~
Q:
「童貞といえばオナニーしかした事が無い」
「オナニーをする道具を買う所は?」
「大人のデパートエムズさんで童貞君を捕まえましょう」

2人に声をかけるも空振り。その内1人は天使もえさんのDVDを持っている所を声をかける。
最後はご本人と握手で。

Q:
「お店に迷惑かかっているようですよ」
「時間も押しているのでもう一度外に行きます」

やっとの思いで童貞君発見

~チャプター(12)~
M:
「という事で(車の中に)連れてきちゃいました」
「今回の企画は私が童貞君とHがしたいという事でご協力願えるでしょうか?」

(童貞君と腕を組んで)「奪ってしまいます」

もえ、ゆらの順番にキス。
もえ、ゆらの順番に天使のコスチュームを外させる

~チャプター(13)~
もえ、ゆらの順番に童貞君の手を胸に持っていく

M:「オッパイと医師利、どっちが好きですか?」

童貞君:「お尻」

もえ、ゆらの順番にお尻を突き出して触らせる。

童貞君を寝かせてズボンを下し、乳首舐め。

~チャプター(14)~
もえ、ゆらの順番に乳首舐め。

パンツを脱がせる→フ○ラ

~チャプター(15)~
もえ、ゆらの順番にフ○ラ

Wフ○ラ、乳首+玉舐め

もえ、ゆらの順番に膣を触らせる

もえ:フ○ラ、ゆら:キス

M:「私達で良いですか?」
ゴム装着。

~チャプター(16)~
フ○ラの後、騎乗位で挿入。自らブラを取り、腰を動かす。同時にゆらがキス。
M:
「騎乗位、キモチ良い」
(頷くと)「良かった」

右手を握り、腰をローリング→腰がガクガクしてイク。

~チャプター(17)~
今度はゆらが騎乗位で挿入。もえがキス。

上に乗って密着。ブラのホックを取る。

腰をローリング。下から胸を触る。同時にもえが乳首舐め。

正常位で挿入。両手でフィンガーロック。ピストン運動
「好きなように思いっきりシテ」
同時にゆらが後ろから乳首責め。

喘ぎ声が大きくなる。挿入部アップ→腹の上に発射。

Y:「良い思い出になりましたか?」
もえ、ゆらの順番にキス。

もえ、頭を撫でる。
M:「童貞卒業、おめでとうございます」

[寸評]
天使のコスチュームを着て、街中で童貞君を探して童貞を卒業させる。
Wキャストならではの夢の企画。

童貞君がめちゃくちゃ頑張ってたまらずイカされる等の大きな動きも無く、自然な形での卒業。
SとかMの言葉とは関係無く、楽しそうなのが良かった。

それにしても、童貞君、よくあそこまでガマン出来たな(笑)。
一生の思い出になった事は間違い無いでしょうね。

◆チャプター3:「甘~い同棲性活 逆3P主観セックス
~チャプター(18)~
Y:
「私、さくらゆらが今日してみたかった事は、1人の彼氏と2人で甘い甘い同棲生活をして甘い甘いHをしちゃう事です」
「頑張っていきたいと思います」

横に添い寝する。
Y:
「ねえねえ、頭撫でて」
頭を撫でる。
「幸せだな~」

M:
「もう~、ゆらちゃんばっかりズルいよ」
「フルーツ持ってきたよ」
「ダーリン食べる?」
「はい、あ~ん」
「美味しい?。良かった」

Y:「ねえねえ、もえちゃん、ゆらにもあ~んして」
M:「もう~、ゆらぽは甘えん坊ですね。大好きないちごちゃんです。あ~ん」

お二方、それぞれ足を枕代わりにする。
Y:「このまま3人、一緒が良いな」
M:「私もずっと一緒にいれたら良いね」
お二方の頭を撫でる。

Y:「一緒だからね。ずっと」
M:「約束だよ」
Y:「じゃあ、指切りげんまん」
2人一気に指切りげんまんを。

Y:
「約束だからね」
「じゃあ、誓いのチューしよ」
キス

M:「もう~、私も」
キス

~チャプター(19)~
Y:「私ももう1回」
ベロキス→Wでのべろきす

M:「一杯触って」
Y:「ここだよ」
お二方の胸を同時に触る。
チャックを下ろすと、面積の狭いブラが。

Y:「触って欲しい」
M:「一杯触って」
両者に乳首責め→ベロキス+乳首責め

2人、並んで立ち上がる。お尻を向けてTバックの下着を披露。

~チャプター(20)~
Y:「ねえねえ、一杯触って」
M:「キモチ良くして」
Wでの指マン。
喘ぎ声が段々大きくなる→潮吹き。

お尻を向けて指を挿入。
喘ぎ声が大きくなる→腰をガクガクさせてイク。
(このシーンは喘ぎ声だけでも興奮しますね。映像は尚更なのは言うまでも無く)

Y:「じゃあ、脱がしてあげるね」
M:「ダーリンもこのチャックなの?」
シャツとズボンを脱がせる。
Wでの乳首舐め

~チャプター(21)~
Y:「チューして良い?」
ベロキス

M:「チューしても良い?」
ベロキス

Y:「オチン〇ンも舐めて欲しいの?。ふ~ん」
パンツを脱がす。

Y:「どっちから舐める?」
M:「お先に頂きます」
Y:「ズルい!。じゃあ、ゆら、乳首から舐める」

M:「オチン〇ンが大きくなってきてる」
Y:「もう~、もえちゃん交代」
M:
「しょうがないな」
「今度は私がこっち(乳首)ね」

~チャプター(22)~
Wフェラ→バキュームフ〇ラ
Y:「もう~ズルい」

交代。バキュームフ〇ラ

M:(ゴムを片手に)「入れさせて」
Y:「エー、良いの?」
M:「良いでしょ?。ダーリン」

ゴムを装着。バキュームフ〇ラ

M:「私の中に入れたいんでしょう?」
Y:「じゃあ、ゆらは乳首舐めてる」

騎乗位で挿入。

~チャプター(23)~
下からの強烈なピストン運動+指マン
喘ぎ声が大きくなる→腰をガクガクさせてイク。

ピストン運動+W乳首責め

ピストン運動+お尻を向けた態勢での指マン。

M:「お尻見て」
背面騎乗位で挿入。下からの強烈なピストン運動。
喘ぎ声が大きくなる。両者ともカメラ目線。

両者とも四つん這い
M:「もっと突いて」
Y:「ダメ~、ゆらが先」
バックから挿入。天井からのカメラワーク。
同時に乳首舐め。

~チャプター(24)~
両者とも四つん這い。
ピストン運動+指マン
喘ぎ声が大きくなる→腰がよじれてイク。

M:「次は、私」
騎乗位で挿入。ピストン運動+指マン
喘ぎ声が大きくなる→腰をガクガクさせてイク。

Y:「今度はゆらも」
騎乗位で挿入。ピストン運動+指マン

M字で待機。股を開いてチ〇ポを擦り付ける。

正常位で挿入。ピストン運動+乳首舐め。

ピストン運動が激しくなると共に喘ぎ声も大きくなる。

交代。M字で待機。股を開いてチ〇ポを擦り付ける。

正常位で挿入。ピストン運動+乳首舐め。

ピストン運動が激しくなると共に喘ぎ声も大きくなる。

ピストン運動+指マン

胸の谷間に発射

M:
「まだ出来るでしょう?」
「一杯しよ」

Wフ〇ラ
「もう、ダメ」の意味で手で制止」

Y:まだ出来るよ」

[寸評]
さくらゆらさん一人での主観作品ならこちら。

・「きみだけのゆらぽとバーチャル同棲性活」
(5月25日発売)

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/31152297.html

天使もえさん一人での主観作品はこちら。

・「天使もえはオレのカノジョ。」(GARDEN、2014年10月25日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/15569122.html

・「もえと同棲ズボズボ性活」(2014年11月7日発売)

http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/15918111.html

一人でも十分幸せなのに二人でイチャイチャな取り合いになる設定は言葉が無いです。
甘い甘い言葉、甘い甘いH。
これ以上無い幸せかも。

実際そういうシーンはありませんでしたが、どちらか一人を選ぶのはかなり難しいです。
「これからもずっと3人一緒だよ」
指きりげんまんでしっかり約束したので、存分にご堪能下さい。

ちなみに、このチャプターの見所はこちらで。

・[さくらゆら&天使もえ 対談企画(後編)」~DMM NEWSより~
http://news.dmm.co.jp/intro/984828/

長くなりそうなのでDISC1として一旦アップします。

DISC2
・チャプター4:「ゆら演出 小悪魔もえのM性感手コキ」
・チャプター5:「もえ演出 小悪魔ゆらのM性感手コキ」
・チャプター6:「ダブルNO1指名 2輪車ソープランド
・チャプター7:「ぶっかけ罰ゲーム付きフ○ラ抜き選手権」
・チャプター8:「もえ私物コスプレ激イキ乱交セックス」

ネタバレありです。
宜しくお願いします。






















・「タイトスカートの誘惑 先輩OLのパッツパツのヒップラインとパンチラ、太もも美脚、エロ尻に興奮させら1star628れて… 紗倉まな」
(SOD、2015年10月22日発売)

パッツパツのヒップラインにちらりと覗くセクシーなパンティ、すらりと伸びるパンスト美脚にむちむちな太もも、タイトスカートにはすけべな誘惑だらけ。

先輩OL紗倉まなのいやらしいお尻に変態プレイを妄想してしまう…。

(1)尻フェチ

(2)脚フェチ

(3)パンストフェチ

女性の腰から下に魅力を感じる方の為の至極の1本です!
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=1star628re/?i3_ref=search&i3_ord=23

[関連記事]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/43994420.html

[後書き]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/46093972.html

◆チャプター1:デスクの下から覗く脚に誘われて…。
~チャプター1:前フリ
画用紙に
「制作 SOD STAR」
「出演 紗倉まな」
「監督 Eight」
と。

悩ましい足とお尻と胸チラが…。
「うさちゃんピース」も披露
(前作「性処理玩具Mペット輪姦撮影会」でもありましたね)

スカートをめくって、黒いパンスト越しにTバックのお尻を見せる。
セクシーショット満載。

[寸評]
ライブDVDの前の「紹介」の前フリのような。
これから何が始まるか楽しみ。

~チャプター(2)~
=ナレーション=
「今日から新しい職場に勤める事になったボク、どんな職場だろう?」
「同じ部署の先輩とコンビを組むって聞いたけど、どんな人なんだろう?」

会社にて。
「今日からお世話になります。宜しくお願いします」
「今日からコンビを組む紗倉です」
「今日から宜しくね」
「はい、宜しくお願いします」

「皆に「まな」って呼ばれてるの。キミも「まな」って呼んでね」
「まなさんですね。分かりました」

彼女の隣のデスクにて。
ワザと(?)彼女の机の中にペンを落とす。
「綺麗な脚、まなさんの脚、触りたい…匂い嗅ぎたい」

=ここから妄想の世界へ=

興奮を抑える事が出来ず、電話中の彼女の脚を触る。
「ねえ、何してるの?」
「仕事中に私の事嫌らしく触ってきて…」
「初日から先輩にセクハラ…」
「ふ~ん。そんなに触りたいの?」
「ねえ、そこ座って」

「そんなに私の事触りたかったんだ」
「だったら…、私が触ってあげようか…」

「ねえ…、触って欲しいんでしょう?。ほら、寝て」
(タイトスカートが完全にめくれてパンモロに)

「こんな風に触ってきてたよね」
足の裏で足をなでる。

「どう?。先輩に足で触られるの。これでも興奮しちゃうんでしょう?」
ガニ股になって股間を。
「何かここ、妙に汗かいているんだけど…。どうしちゃったの?」

乳首
「凄い。コリコリしてる」
「ねえ、こうされたかったんでしょう?」
「朝、挨拶した時から」
「こうされて嬉しいんでしょう?」

「凄い勃ってるんだけど…乳首」
「足で触られても興奮するの?」
「ホント、嫌らしいね」

「ねえ、ここ(乳首)だけでなくてこれ(足)で顔も触ってあげようか?」
「触って欲しいんでしょ?。ほら」
「凄い。汗かいてる」

「私の足臭う?。ほら嗅いでよ」
「もっと嗅いでよ」

「あー、スースーしてキモチ良い」
「もっとクンクンして…。ほら」
「凄い嬉しそうな顔してるじゃん」

「この足でもっとどんな事されたい?」
「こことか」(乳首)
「こことか」(股間)
「もっといじって欲しいんでしょう?」
「もっと一杯触って欲しいんでしょう?」

「上着脱いでよ」
「ねえ。乳首ビンビンじゃん」
「そんなに興奮してるの」
「ホント、変態だね」

「ふ~ん。これ好きなんだ」
(爪で乳首をひっかく)
「あ~、もっと勃ってきてる」

「こっちはどうなってるのかな?」
「ほら、下も脱いでよ」

~チャプター(3)~
「何これ?。めっちゃ勃ってんじゃん」
「さっきのでギンギンになっちゃったの?」
「足の匂い嗅いで、乳首いじられて、こんなになっちゃうんだ」
「朝からこんな事妄想してたの?」

唾を落として脚コキ。
「あっ、もっと勃ってきた。こうされるの好きなんだ」

「まなの唾液とガマン汁でこんなにグショグショになってるね」
「足だけでもこんなに興奮するなんて、ホント、変態だね」

「さっきから寝てばっかりじゃん」
「私の事もキモチ良くしてよ。聞いてる?」

後ろ向きになる。
「お尻触りたいんでしょう?。ほら、触ってよ」
お尻を触る。

「もっと激しく。ちゃんと揉んでよ」
「もっとちゃんと触ってよ」
左足を机の上に乗せた体勢で、自らパンストを破り膣をなぞる。
「私のクリ触って…クリ」

膣を押す。
「そうじゃなくて、ちゃんと下着もずらしてヤルの。セックス知らないの?」

下着をずらして直接触る。人差し指でクリも刺激。

指マン。中でクチュクチュ。

机の上に乗り、中腰で指を入れさせる。
指が2本、3本と増え、自らも腰を動かす→お尻が上下に動いてイク。

今度は四つん這いで指マン。
「もっと激しくシテ」
喘ぎ声が大きくなると共にお尻が上下に動いてイク。

~チャプター5~
M字にて待機。
「ねえ。もうガマン出来ない」
(甘える声で。さっきの勢いから一転して…、ですね)

正常位で挿入。挿入部アップ。
「もっと突いて~」
(ここも甘える声。両方ともカメラ目線で男性のカラダは挿入部しか見えないで「自分が」の妄想には絶好)

「一杯突いて」
カラダを痙攣させてイク。

ブラを下にずらして胸を揉みながらピストン運動。

カラダが側面に移動。

「1回、ここでシタかったんだ」
騎乗位で挿入。腰をローリング

下からの強烈なピストン運動→痙攣してイク

顔がアップ。
「私のお尻も見たいでしょう。一杯見て」
背面騎乗位。挿入部アップ。腰をローリング

お尻を持っての下からの強烈なピストン運動→腰がガクガクしてイク

挿入を外す。
カメラ目線で。
「今度は後ろから一杯突いて欲しい。良いでしょう?」
バックから挿入。ピストン運動。途中から左手を掴む

お尻がピクピクしてイク。

「最後は顔見て一緒にキモチ良くなりたい」
「もっと一杯突いて」
M字で待機。
(顔がアップでM字で待機。エロスの塊。最強ですね。興奮します)

~チャプター(6)~
正常位で挿入。ピストン運動、腰を動かす。

カラダを側面にしてピストン運動。挿入部アップ。

太ももに発射。
「一杯出て…」
指ですくって舐める。

お掃除フ〇ラ

=現実に戻る=

ペンを拾ってあげる
「遠慮しなくて良いからね」

[寸評]
電話中の彼女の足を触ったシーンの後は実は頭の中の妄想の世界でチャプターの最後に元に戻るパターン。

(注:「生尻の誘惑」(2014年5月22日発売)も同じくそのパターン。途中で妄想の世界に。弟の妄想で姉が犯される)

前半のドSの責めから、後半の興奮して甘える声でのおねだり。
この変わり身の早さ、興奮する事間違い無し!。
「あの怖い先輩が…」の視点でご覧になると楽しめます。

悩ましくセクシーで、そして可愛くてエッチ。
敏感で感じ易く、嫌らしい。
でも怖くて…、そこがまたエロい。

AVに必要な要素がチャプターの中に全て組み込まれているかのようでした。
言うまでも無く、タイトスカートの中のパンスト、足、パンチラ…、全て楽しめます。
良かったです。

◆チャプター2:「ミーティング中のお尻の誘惑…」
~チャプター(7)~
黒板の前にてミーティング。
文字を書いている際、お尻が若干突き出ている。

=ナレーション=
「まなさん、プリプリしててお尻が大きいんだな~」
「あ~ダメだ。お尻が気になる。また妄想しちゃうよ」

=ここから妄想の世界へ=
お尻アップ。
「ねえ、聞いてる?」
「今、まなの話も聞かないで何処見てたの?」
「まなのデカ尻、今凄い見てたでしょ?」
「こんな短いスカートだったら気になっちゃうよね」

「ねえ、まなのデカ尻見たい?」
「ねえ、これ凄い触りたかったんでしょ?」
「まなのデカ尻?」

「ほら、こっち見て」
「もっと見たい?」
「どうしようかな?」

一瞬スカートをめくって下ろす
「何?。今見せたでしょ?。もっと見たいの?」

「しょうがないな」
スカートを上げてお尻アップ。
「ほら、これだとよ~く見えるでしょ?」
「ほら。触りたくなってきちゃった?」

お尻を突き出してお尻を振る。
「ねえ、ここにチ〇ポ挟みたいんでしょ?」
「触りたくて仕方無いんでしょ?」

「じゃあ、良いよ。オチン〇ン擦り付けても」
「でも~。初めはスカートの上からね」

~チャプター(8)~
お尻を上下に、左右に振る。
「凄い。もう大きくなって」

スカートをめくる。
「ここに挟みたい?」
スカートの中にチ〇ポを入れる

「まなのお尻見たいでしょ?。こんなに勃っちゃってるし」
スカートをめくる。
「これが見たかったんでしょ?」
お尻の間に擦り付ける。
唾を垂らす。

四つん這いになる。
「ねえ、見て。こうするともっとよく見えるでしょ?」
お尻の間に擦り付ける。

「まなのお尻に直接触りたい?」
「入れたいの?」
「ちょっとだけだよ」
「(パンストを)破るからちゃんと見ててね」

パンストを破る。
「ここにオチン〇ン入れて、一杯キモチ良くなって」

お尻を振る。
「ねえ、もっとまなのお尻、堪能したいんでしょ?」
「ほら、見てて」

お尻の形にパンストを破る。
「じゃあ、直接シテあげるね」
パンティをずらして背面騎乗位の体勢で手コキ。

「ねえ、ナマでこういう事してもらって嬉しい?」
「こんなに興奮しちゃって、ホント、やらしいね」
お尻で擦り付ける。お尻アップ。

手でチ〇ポをお尻に固定した態勢でのピストン運動。
「ねえ、何処で出したいの?」
「まなのお尻で出したいんでしょう?」
「良いよ。こっち来て」
「一杯、シコシコして良いよ」

~チャプター(9)~
お尻に擦り付けてのピストン運動。
「まなのデカ尻でキモチ良くなって」
「良いんだよ。まなのデカ尻で一杯イって欲しい」
「一杯キモチ良くなって」

お尻に発射
「まなのデカ尻で一杯イっちゃったね」
「キモチ良かった?。良かった」

=現実に戻る=
「あとはその都度教えていくから…。一緒に頑張ろうね」

[寸評]
デカ尻に擦り付けている際のお尻の動きと淫語が効いてます。
カメラ目線での焦らしと、こっちを見つめる目と彼女の手のひらで踊らされているかのような感覚。
かなり興奮しますね。

◆チャプター3:「仕事終わりのBARでホロ酔いになって」
~チャプター(10)~
「やっぱ、仕事帰りの一杯は美味しいよね」
「まなさん、毎日お疲れ様です」
「ワー、嬉しい事言ってくれるじゃん。可愛い後輩だな。良い子良い子」
頭を撫でる。
「あの…。恥ずかしいですよ」
腕を取って手を見ている。

=ナレーション=
「まなさんて酔うとエロくなるタイプなのかな?」

=ここから妄想に=
手を胸に押し付ける。
「何か凄い酔っ払ってきちゃった」
「両手で触って」
「ねえ、凄い汗かいてるでしょ?」

「何か暑くなってきちゃった」
(ブラの紐を指差して)「ここ、凄い蒸れてるでしょ」

「お酒飲むとカラダ熱くなってきちゃうね」
洋服をパタパタ。胸が…。
「何か今日は凄い飲み過ぎちゃったみたい」

後ろへ仰け反る。ミニスカートが上に上がってパンモロに。
スカートを自らめくる。
「ここも汗かいてる」
「ねえ、そんなに熱い視線で見つめられたら、私、ガマン出来なくなっちゃうよ」

ベロキス
「もっと触って」
胸を揉む+ベロキス

「下のお口も凄い濡れてきちゃったんだけど…」
「凄いこっちも濡れてきちゃったので触って欲しいの」
M字で膣を触りながら待機。
「よく見えるでしょう?」

~チャプター(11)~
パンティをずらして指マン。
「ここ、一杯舐めて欲しいの。ペロペロして」
クンニ。

「一杯舐められて勃っちゃった。入れて」
指マン。

自らブラを下にずらす。
「ここも舐めて欲しい」
乳首舐め。カメラアップ。

「もっとお尻も見たいでしょ?。良いよ。見て」
お尻を突き出すパンスト越しにTバックのパンチラ。
「そんな見てないで…。触って」
指マン。お尻をクネクネさせる。

テーブルに手を付いて椅子の上に乗って四つん這いになる。指マンの動きに合わせて自らも腰を振る。
「こうやって見るのも良いんでしょう?」
「一杯見てね」
自ら膣をなぞる。

指マン→お尻が上下に動いてイク。

激しい指マン→お尻が浮いてイク。

胸板に頬を寄せる。
「舐めて欲しい?」
「じゃあ、一杯舐めてあげるね」
乳首舐め。

「こっちどうなってるのかな?」
ズボンを下ろす。
「何かパンパンになってるよ」

(パンツの上から揉みながら)「どうされたい?」
チ〇ポを指でツンツン叩く
「これだけで良いの?」

パンツを下ろす。
「舐められて感じちゃったの?」
「ほーら、よーく見てて」

~チャプター(12)~
フ〇ラ。亀頭をチロチロ。

手コキ+竿を舐める

手コキが速くなる。亀頭チロチロ

「私のお尻でもっとキモチ良くなりたいでしょ?」
「ほら見てて」
パンティを脱ぐ。
「一杯キモチ良くなりたい?」
「オチン〇ン、一杯私のお尻に擦り付けて」

お尻に擦り付けながらスカートを元に戻す。
「フフフ。ずっとこうしたかったの?」
「ホント、エッチな後輩なんだから」
スカートをめくる。チ〇ポが反り上がっている。

「何かエッチしているみたいだね」
腰をローリング。
「何か私、物凄いエッチな気分になってきちゃった」
「このまま、まなのマ〇コにオチン〇ン、入れてくれない?」

机に手を付いて、立ちバックに近い体勢で挿入。
顔がアップ。
「ねえ。もっと好きなように突いても良いんだよ」

ピストン運動が激しくなるにつれて喘ぎ声も大きくなる。

一旦挿入を外す。
「もっとキモチ良くなっちゃいたい。良い?」

~チャプター(13)~
激しいピストン運動→後輩は動かない。彼女だけ腰を動かす。
「この体勢でいたらもっとエロくなっちゃうかも」

中腰で腰を激しく動かす。
「こういうの好きなんでしょ?」
「もっとキモチ良くなっても良いよ」

激しいピストン運動→腰が上下に動いてイク

一旦挿入を外す。
「今度は私が一杯動いてあげるね」
騎乗位で挿入。ピストン運動+ブラを取って胸を揉む。

手四つで腰を浮かしながらのピストン運動。挿入部がよく見える。

下からの強烈なピストン運動→腰を動かしてイク。

再挿入。挿入部ドアップ。

側面騎乗位。下からの強烈なピストン運動。

背面騎乗位。お尻、挿入部アップ。腰をローリング
(腰、お尻の動きがエロく見える)

下からの強烈なピストン運動→腰をガクガクさせてイク。
「今度は、後ろから思いっきり突いて」

~チャプター(14)~
バックから挿入。自ら腰を動かす。

強烈なピストン運動
「ダメ、おかしくなっちゃう」
「激しいよ」

一発一発がゆっくりと、かつ重いピストン運動。
「まなの嫌らしいお尻にザーメン一杯かけて」

お尻に発射→お掃除フ〇ラ
「ねえ、どうして出した後にこんなに固いの?」
「もう1回、出来るんじゃない?」
必死に手を出して止める。

=現実には戻らず=

[寸評]
酔っ払うとエロくなる。
顔が真っ赤になる等、そんな凄い変化はありませんでしたが、酔うと色っぽく、かつセクシーにエロく見えます。
「そんなに見つめられると…」です。

一瞬「ホロ酔い」をテーマにした方が、と思いましたが、余りにも「タイトスカートの誘惑」から遠く離れてしまうため、軽く触れる程度にしたのではと解釈しました。

それはそれで、頭の中の妄想が実現する瞬間。
一層オンナらしくなった先輩と…。
特にお尻と腰の動きはアップになった時に強烈。
たまらなくエロいですね。

◆チャプター4:「何度も組み替える脚が気になって」
~チャプター(15)~
椅子に座って企画の説明。
タイトミニスカート。

=ナレーション=
「やっぱり、まなさんの脚は素敵だな…その脚でイジめられたい」

=妄想スタート=
股を開いてパンモロに。自ら胸を触っている。

こっちは寝た体勢でしごいている。

「ねえ、そんなに勃起してんの?」
「今、時間無いんだからさ…」
「こんなに勃起させちゃって。ホント、変態チンポだね」

「何して欲しいの?」
「まなの脚で一杯チ○ポいじられたいの?」
「でも、まな、今忙しいんだよね」

足コキ。
「こんな、触られてめっちゃ興奮視点ジャン」
「そんな、興奮してんの?」
「ホント、変態だね」

企画書に目を通しながら足コキ
「私の足でしごかれて、もっとキモチ良くなっちゃったの?」
「変態じゃん。変態!」

「足でそんなに興奮するなんてキモイんだけど、マジで」
「ねえ、イッちゃいそうなの?」
「ダメ、まなが良いって言うまでイッちゃダメだからね」

「凄いピクピクしてんじゃん」
「今、イキそうになったでしょ?」
顔がアップ。

「ダメって言ってんだからちゃんと守ってよ」
「私の後輩でしょ?」
「良い。まなが良いって言うまでイッちゃダメだからね」

「足に挟まれてキモチ良いでしょう?」
足の裏で竿を。

「どう?。先輩に足の裏で触られるのって?」
「シテもらいたかったの?」

「ねえ、こんなストッキングでヤラれてさ、オチン○ン痛くないの?」
「先輩がもっとイイコトしてあげようか?。見てて」
足の裏に唾を落とす。
「ほら、一杯触れてあげるね」
「まなのよだれとお汁が一杯絡み合ってるね」

「もっと激しくしちゃおうか?。イッちゃダメだからね」
「もう、イキそうになってもガマンしなくちゃダメって言ってるでしょう?」
「後輩はちゃんと言う事聞いてれば良いの。横になって」

~チャプター(16)~
股を開いての足コキ。
「パンツ見ただけで興奮しちゃうの?」
「じゃあ、もっと興奮させてあげるね」

下着姿に。
「まなの下着見たらもっと勃起しちゃうのかな?」
「この中も見たい?」
ブラを下にずらす。

「こんな固くなったチ○ポ見てると興奮しちゃう」
オナニーを始める。

喘ぎ声が大きくなる→腰を痙攣させてイク。

顔がアップ。
「ダメだよ。そんなキモチ良くなっちゃ」
「先輩が先にイクの当然でしょ」

「イッちゃいそうなの?。良いよ。一杯イって」
「ガマンしてたもんね」

発射
「凄い。一杯ザーメン出てる」
「まなの足にヤラしいザーメン一杯出しちゃったね」
「まなの足、そんなにキモチ良かった?」

[寸評]
許可が出るまでイク事が許されない。
足コキだけでもキモチ良いのに巧みな淫語責めがキモチ良さを増加させる。
「先輩」「年上の女性」の条件をフルに使ってますね。

時折見る事が出来るカメラ顔アップは使えます。
ここは是非、彼女に手玉に取られて下さい。
M男君にはたまらないチャプターが続きますね。

◆チャプター5:「終電を逃がし先輩の家に泊まり…」
~チャプター(17)~
「ほら、大丈夫」
「終電無くなるまで飲んじゃダメだよ」

「あれ、ここは?」
「ここは「まな」ん家だよ」
「終電なくあったから家に来たんじゃん」
「ほら、あがって」
肩に手をかける。

「今日はこのベッド使って良いから。私、ソファに寝るし」
「それは悪いですから僕が」
「全然気を遣わないで」

=ナレーション=
「まなさんの部屋だあ。彼氏になった気分」

=妄想スタート=
「もう、お酒弱いんだから飲み過ぎちゃダメだよ」
「脱がしてあげるね」
シャツとズボンを脱がす。

(真面目な顔で)「ねえ。お酒飲むと勃たなくなるって本当?」
「凄い気になる」
「私が触っても勃たないかな?」

「ねえ、大きくなってる」
「どうなるか試してみても良い?」

パンツの中に手を入れる。
「突入!」
「大きくなってるよ。見ちゃおうかな」
パンツを下ろす。

~チャプター(18)~
(嬉しそうに)「私が触ったらお酒飲み過ぎても勃っちゃうんだね」
「何か嬉しい」

「ねえ、舐めたくなってきちゃったんだけど」
「良いじゃん。ちょっとだけ」
手で止めようとする。
「もう~、抵抗しないで」

亀頭をチロチロ。
「もう~、何でそんなに抵抗するの?」
「そんなにうるさいなら、私のパンスト詰めちゃうよ」
脱いだパンストを口の中へ。
「もう、これで何も声出せなくなったね」
(恐るべし(笑))

フ〇ラ。竿も舐めて。バキュームフ〇ラも。
「もっとキモチ良くなりたいでしょ?」

乳首舐め+手コキ。顔がアップ。

「ねえ、舌出して」
ベロキス

「何か興奮してきちゃった」
手を胸に持っていく。
「私も一杯触って欲しいな」
シャツを脱いでブラに。
「触って」
胸を揉む。

「直接触って」
ブラを取る。
胸を揉む→乳首コリコリ

「何か下もムラムラしてきちゃった」
パンティを脱ぐ。
「ねえ、下、舐めてもらいたいんだけど…良い?」
M字で待機。膣がアップ。

~チャプター(19)~
クンニ。
「クリも触って」
「指、もっと入れて欲しい」
指マン+クリ責め

指マン+クリ責めが激しくなる→腰をピクピクさせてイク。

後ろ向きになり、お尻を突き出す。オナニーを始める。
「もっといじって欲しい」
指マン→膣とお尻の穴に同時に指マン。

「そんな…、いじってずるいよ」
「激しくして欲しい」
膣とお尻の穴に同時に指マン。スピードが早くなる→お尻がプルンプルンしてイク。

四つん這いになってお尻を向けた体勢で足コキ。
足の裏を見せて水をすくうような動き。
「まなの足、キモチ良い?」
「ねえ、キモチ良くなれてる?」

「何か、こうしてると入れたくなってきちゃうね」
「ねえ、このまま入れても良い?」

~チャプター(20)~
背面騎乗位で挿入。ピストン運動。カメラアップ。
(例え話で書くと、お魚が跳ねているような勢いでお尻が動く)

両側から足で腰を固定させての下からの強烈なピストン運動。

やや側面に移動しての下からの強烈なピストン運動
途中から左腕を持つ。

お尻をピクピクさせてイク。

「良い?。上に乗っても」
騎乗位で挿入。

===========================
ハプニング?。若干カメラが揺れてお酒に酔っ払ったかのような状態の映像に見える。
現在の設定的にはナイス!。
===========================

胸板に手を付いて若干前のめりに。顔がアップ。下からの強烈なピストン運動。

腰をピクピクさせてイク。

V字型の体位で思いっきり開脚。挿入部がよく見える。

カラダがやや側面を向き、両足を持ち上げて、お姫様ごっこをしているような体勢で下からの強烈なピストン運動。

カラダが側面。体育座りの体勢で両足を固定。下からの強烈なピストン運動。

正常位。M字で両足を自ら固定。挿入部がよく見える。

~チャプター(21)~
足をピーンと高く上げてのピストン運動。

顔がアップになる。
「もっと一杯キモチ良くなって」
「一杯出して」
「まなの顔に一杯かけて欲しい」

口に発射→お掃除フ〇ラ
「一杯出たね」
「凄いキモチ良かった」

ティッシュで顔を拭いてあげる
「有難う。ねえ、何時ものアレやって」
腕枕。
「そう、これ。本当に凄くキモチ良かったよ」
頭を撫でる。

=現実に戻る=
「お水持ってきたよ。飲んで」
「明日も仕事早いし…。今日はもう寝ようか」
「じゃあ、お休み。ベッドに寝てね」
(正座してパンチラになっていたが、現実の世界なので突っ込まず)

[寸評]
「彼女」を彷彿させる自宅の中での甘える声、仕草。
拝見しててチャプター1の女王様のような対照的な対応を思い出しちゃいました。

Hの際、散々甘えた後は腕枕に頭を撫でる。
ほのぼのとしてて良いですね。

Hなんですが、特にお尻の上下の動きは、エロさ抜群、破壊力抜群。
カメラアップでさりげなく強調していたのが良いですね。

◆チャプター6:「パンストが伝線しコンビニで…」
~チャプター(22)~
「あれ、何だろう?」
「まなさん、パンスト伝線してますよ」

=ナレーション=
「まなさんのパンスト姿がヤラしい」

=妄想スタート=
「せっかく買ったから、履き替えるとこ見てもらって良い?」
スカートをゆっくり上げて、半回転してお尻を向けてパンストを脱ぐ。

「せっかく履き替えるからパンストの強度も確かめたいし、パンツ無しで履いちゃおうかな」
お尻を向けてパンティを脱ぐ。
「よく見ててね」
お尻を向けてパンストを履く。

「ねえねえ、新しく買ったパンストの郷土確かめたいから、ちょっと足で触っても良い?」

~チャプター(23)~
コンビニのレジの上に座る。
こっちは寝ていてチ○ポを出して待機。

「直接触っちゃうよ」
「これ、パンストの強度を確かめているだけなんだからね」
(実際主要なテーマではありませんが「ツンデレ」と解釈すると面白いかも)

竿を足コキ。
「こうやった時に破れないか確かめないと買った意味無いでしょ?」
「擦れても大丈夫そうだね」

「ぬれても大丈夫なのかな?。ちょっと確かめても良い?」
ローションをチ○ポにかける。
「凄い。ピカピカになってるよ」

「どう。こうされるともっとキモチ良いんじゃないの?。ほら」
「濡れても大丈夫なようだね」

「こうやって足でグリグリいじられるのキモチ良い?」
足の裏でチ○ポを擦る。

「ねえ、もっとキモチ良くなりたいでしょう?」
「私もパンストどれだけ強いのか確かめたいし」
「ちょっとこっち来てよ」

レジの上に座らせられる。
お尻を向けて、股の間にチ○ポを挟む。
腰、お尻を左右に振る。

左足の膝の裏にチ○ポを挟んで擦り付ける。
(自転車をこぐような体勢)

「今度、お尻でも確かめたいから横になってくれる?」

~チャプター(24)~
仰向けになる。
背面騎乗位の体勢でチ○ポを手で支え、お尻で擦り付ける。

「ストッキングと手で擦れて凄く良いでしょ?」
お尻アップ。
お尻、腰をローリング。

「パンストに興奮しているんでしょう?」
「イキたくなってきた?」
「じゃあ、今度はまなの生足でもっとキモチ良くなっても良いよ」

お尻、膣の部分のパンストを破る。
「もっとキモチ良くなっても良いからね」

お尻アップ。擦り付ける。
お尻を前後にイヤらしく動かす。

「良い?。まなのお尻に出しても良いからね。一杯出して」
自分の腹の上に発射。
「一杯出たね。ほら」
「まなのパンストとお尻、キモチ良かった?」
「良かった」

[寸評]
パンストやデカ尻の魅力。
アクロバティックな体位の連続での足コキ。

加えて妄想の話ですが、彼女の言葉を「ツンデレ」と解釈すると面白い事この上無い。
幸せにイカされる足コキ。
たまらないですね。

◆チャプター7:「先輩が同僚たちに囲まれて」
~チャプター(25)~
同僚たちと今度飲みに行く約束。

=ナレーション=
「まなさん、あんな笑顔で楽しそう」
「どうせボクなんかじゃ釣り合う訳無いもんな」

=妄想タイム=
「私に釣り合う男になりたいんだったら、こんな風にSEXも仕事も出来る男にならないとダメなの」
「ねえ、分かる?」
「ほら、ちゃんと見て」

お尻を突き出して振る。
同僚2名。お尻、美脚、足を舐めている。

M字の体勢で指を舐める

~チャプター(26)~
パンティをずらしてオナニーを始める。

ブラを下にずらす→乳首舐め

クンニ、指マン、顔騎→乳首責め、足コキ

~チャプター(27)~
W足コキ→膝の裏でW足コキ→M字でWフ〇ラ

背面騎乗位の体勢で手でチ〇ポを押さえ擦り付ける+フ〇ラ

バックの体勢で擦り付ける+フ〇ラ

クンニ、手コキ+乳首舐め

~チャプター(28)~
バックから挿入、手コキ

股の間からのカメラワーク。挿入部アップ。腰を痙攣させてイク。

「ねえ、私が突かれている所、ちゃんと見て」
立ちバックでのピストン運動→腰を痙攣させてイク。

左足を高く上げての立位での挿入。挿入部アップ。

~チャプター(29)~
そのままソファに座り騎乗位でのピストン運動。

下からの強烈なピストン運動→腰をピクピクさせてイク。

正常位で挿入。挿入部アップ。

屈曲位での強烈なピストン運動。フ〇ラ

バックから挿入→四つん這いの態勢での強烈なピストン運動。挿入部アップ。

~チャプター(30)~010
うつ伏せの体勢でバックから挿入。

腰に手を当てての強烈なピストン運動

お尻に発射→お掃除フ〇ラ

屈曲位で挿入。天井からのカメラワーク。

強烈なピストン運動→顔射。顔がアップ

=現実に戻る=
「これからも一緒に頑張ろうね。宜しくね」

これで終了。

[総評]
一言で書けば、レビューにある通り、腰から下のパンスト、美脚、お尻をテーマにした作品。
分かり易いテーマでした。

以前「卑猥な腰つきと淫らな巨尻 またがりハメ尻騎乗位」(2月20日発売)が発売になってます。

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/23092705.html

題名通り巨尻を中心に下乳までの絶景を楽しむ作品。

今作も奇しくも監督さんは同じEight氏。
題名からパンスト、美脚がより一層意味を持つのは間違い無いとしても果たしてどんな感じの内容の作品なのか楽しみでした。

内容ですが、お尻を中心にとにかくアップが多い。
しかも見たいタイミングで。

黒いパンストに肌の色。パンティをずらしての挿入は色合いの点で中々卑猥でグロテスク。
プラス、お尻、腰の動き、ローリングががダイナミックで、これまた卑猥。
勿論出来るだけ「着衣」は維持で。

如何にエロく魅せるかを忠実に実現した秀逸な内容。
ヌキ所を発見するのにも役立つのでは。

あと、今作で特に印象に残ったのは彼女の淫語。
チャプター1のドS、チャプター2以降の段々と甘える様子。
前者は呆れた表情で、後者は猫なで声に相応しい、まるで愛情に酔いしれているような表情で。

後者は「実は秘かに俺の事が好きなんじゃ?」の面からもキュンときますし、前者は「M」の性癖の方からしたらたまらないでしょう。
「彼女にあんな風に怒られたい」。
そう思うのも無理無いのでは。

自分の事を「まな」と呼ぶのも年上の女性が優しく接してくれる、の視点から効いてました。
「まなの巨尻で…」とややゆっくりの調子で囁く。
たまらないです。

次にシナリオの展開の仕方ですが、途中から現実から妄想に変わる。
妄想の中の彼女は可愛くてセクシーでエッチに迫ってくる。

妄想なんでどう解釈してもOKなんですが、レビューに書いたとおり「ツンデレ」「素直じゃない」って感じる部分もあり、それも一つの楽しみ方だと思ってます。

実際彼女のような女性が会社の先輩であり、上司だったら、毎日落ち着かないでしょうね(苦笑)。
その面からも楽しめました。

以上、勝手ながら、この作品を「卑猥な腰つきと淫らな巨尻 またがりハメ尻騎乗位」(2月20日発売)の姉妹版と解釈。
「卑猥な腰つき~」とは別の見地から彼女の巨尻、美脚の魅力を映像を通じて表現。

実際この作品がそうでしたが、妄想で「彼女」にしても十分大丈夫。
是非、それぞれの性癖でたっぷりお楽しみ下さい。

※ネタバレありです。
宜しくお願いします。






















◆「さくらゆらが男を骨抜きにするSEX」1kawd672
(Kawaii、8月25日発売)

究極美少女‘さくらゆら’がいやらし~く男たちを責め立てる至福の時!

(1)「チンポ触ってほしい?」耳元で囁く焦らし手コキ!

(2)「いっぱいチューして欲しいの?」自ら正常位で迎え入れる激甘淫語おねだりSEX!

(3)「目を離さないでね。」ジュッツポジュッポ咥え込む完全主観ノーハンドフェラ!

(4)グリグリ押し付ける絶対服従騎乗位ファック!

(5)挿入を魅せ付ける丸見えバックで挑発するネバスペ3P
ですべての男を虜にする!
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=kawd672/?i3_ref=search&i3_ord=2

追記
[後書き]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/41214970.html

◆チャプター1:「究極美少女の焦らし手コキ」
~チャプター(1)~
男性が目隠しされてパンツ一丁。鎖で自由を奪われている。
そこにポニーテールでセクシーな衣装の彼女が。

(さくらゆらデビュー1周年記念☆ゆらぽの魅力たっぷり完全撮り下ろし6本番special 」
(Kawaii、3月25日発売)チャプター5:M男痴女責めSEXを思い出す箇所。

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/25485351.html

「興奮しているんでしょ?。こんな格好して」
「どんな事されたいか知ってるよ。期待してるんでしょう?」

「アナタが感じる所、バカになるまで責めてあげる」

パンツの上からチ○ポをギュッと握る。
「もう反応してるの・。まだダメ」
「言う事聞かないダメチ○ポはお預け」

「ほら、しっかりおねだりしなさい。チンポ汁出したいんでしょ?」

耳を軽く噛む。
パンツ越しにチ○ポを
いずれもカメラアップ。
「可愛い」
「ゆらが骨抜きにしてあげる」
(「ゆらが」の後はカメラ目線で)

イメージDVD。セクシーポーズの連続

~チャプター(2)~
続いてイメージDVD

画面が元に戻る。

「こんなにチ○ポ固くしちゃって」
「こんな格好して興奮してるの?」

「キスして欲しい?」
顎に手を置いてキス

「舌出して」とベロキス
(クチュクチュ、の音がエロく感じますね)

「乳首。ここも好きなんでしょ?」
「触って欲しいの?」
「ちゃんとおねだりして?」

「お願いします」

「ここがキモチ良いんでしょ?」
乳首責め。
「キモチ良いの?」
「こっちも」と反対側の左乳首も。

「チ○ポ触って欲しい?」
「私にも一杯お願いして」

「お願いします」

(乳首舐めしながら)「チ○ポ触って欲しいの?」

「触って下さい」

乳首舐め+手コキ

~チャプター(3)~
パンツの中に手を入れる。
「もう、チ○ポこんなに固くなってる」
(乳首を舐める音が響いてる)

「乳首も勃たせちゃって」
舌を首筋まで這わせる。

「耳も好きなんでしょう?」
耳責め+手コキ

「チ○ポ汁出したいんでしょう?」
「はい」

「こっちも好きでしょ?」
乳首舐め+手コキ

「チ○ポ大きくなっちゃって。窮屈そう」
パンツを下ろす

「こんなに大きくして」
ベロキス+手コキ

「チ○ポキモチ良い?」
手こき
「チ○ポもっと大きくしたい?」

~チャプター(4)~
耳責め+手コキ
「これはどう?」
「凄い大きくしちゃって。しょうがないな」
「凄い、こんなに大きくしちゃって」

唾液を落とす。
「チ○ポ、ヌルヌルになっちゃった」
「チ○ポ、キモチ良い?」
「もっと欲しい?」

「凄いヌルヌルだね」
「こんなに大きくしちゃって」
「チ○ポ、キモチ良いの?」
「凄い大きい」

2本の手で手コキ。それぞれ時計回り、反時計回りと動かす。
「キモチ良いの?」

ベロキス+手コキ
乳首舐め+手コキ
「もう少し欲しい?」

「チ○ポ、またヌルヌルになっちゃった」
「カチカチチ○ポ」

手コキが早くなる
「反応してる?」
耳責め+手コキ

~チャプター(5)~
首筋舐め+手コキ
「ウフフ、こんなに(大きくなって)」

耳責め+手コキ
「舌出して」
ベロキス+手コキ

手コキ
「ほら、チ○ポの先から汁が出ている」

両手で丸を作って手コキ
「チ○ポ汁出してるの?」

「この辺(亀頭)が好きなんでしょ?」
「一杯出てるよ。チ○ポの先から」
「キモチ良いの?」
「チ○ポキモチ良い?」

「ここ(乳首)も好きなんでしょ?」
乳首責め+手コキ

「またチ○ポが大きくなってきた」
「ここ(亀頭)も好きなんでしょ?」
「ここ(玉)も好きでしょ」
玉を撫でる。

「ほら凄い。チ○ポが反応してる」
唾液を落とす。
「ほら、またヌルヌルしてる」
手コキ+玉を撫でる

「チ○ポ、キモチ良いんでしょ?」
「キモチ良い」
男性を見つめる。

~チャプター(6)~
「チ○ポが凄い大きくなってきてる」
顔がアップ。

手コキが早くなる。
「出ちゃいそう」
「ダメよ…アナタ…」
(大人っぽい口調で)

「誰が良いって言ったの?」
「まだチ○ポ汁出しちゃダメ」

「出ちゃいそう」
「ダメよ」
不敵な笑みで見つめる。

「そんなにチ○ポ汁出したいの?」
「それならもうちょっとチ○ポヌルヌルにしてあげるね」

「出したいならちゃんとお願いして」
「出したいです。お願いします」

「どうしようかな?」
「出してあげようかな?」
「出したいです」
「もう出ちゃうの、チ○ポ汁」

「もう出ちゃうの?」
「良いですか?」
「でも、そろそろ許してあげよう…かな」

「ほら、出しなさいよ。チ○ポ汁」
「出ちゃいそう」
「出ちゃうの?」
「はい」

発射
「まだダメ、って言ったのに」

「そんなにチ○ポ汁一杯出して」
「チ○ポ汁、キモチ良かった?」
「チ○ポ、キモチ良かったの?」
ベロキス。

最後は何か言いたそうに見つめる。

[寸評]
あの無表情で時々笑みを浮かべて淫語を言いながら焦らしていく。
可愛くてセクシーで、そして艶やかでエロくて。
「6本番special 」の時と比べても一段と「オトナの女性」の部分を沢山拝見する事が出来ました。

正直、予想以上であると共に驚きですらあった。
ドキドキ、ゾクゾクするような淫語、映像の連続。
M男君に耐えろ、っていうのはかなり困難な気が…。
最高でした。

◆チャプター2:「激甘淫語おねだりSEX」
~チャプター(7)~
イメージDVD、セクシーポーズの連続

~チャプター(8)~
男性、パンツ一丁で寝ている。
「ねえ、起きて。Hしよ」

「一杯チューして欲しいの?」
フフフ。
上に乗ってベロキス。

「もっと欲しい?。もっと?」
ベロキス

「唾が欲しいの?。アーンして」
唾を落とす
「もっと欲しいの?」
「じゃあ、もっと大きく開けて、口」

ベロキス。
「美味しい?。本当?」
「ベロベロしたいの?」
ベロキス

「違うとこ、ベロベロしてあげる」
首筋を舐める。
「感じてるの?」
耳責め
「ここも好き?」

「ここ(乳首)も好きなんだっけ?。本当?」
「ベロベロして欲しい?」
「じゃあ、シテあげようかなフフフ」

乳首舐め。
「ちゃんと見てて」
「感じちゃうの?。乳首」
「こっち(逆の乳首)も舐めて欲しいの?」
「じゃあ、舐めてあげる」

~チャプター(9)~
乳首舐め+乳首責め
「パンツにシミが出来てる」
「チ○ポ大きくしちゃったの?」

「ヨシヨシしてあげるね」
「一杯出ちゃった。チ○ポ汁一杯」

「じゃあ、ゆらも触って。オッパイ触って」
「もっと触って。乳首触って」
乳首責め

「ベロベロしてくれるの?」
顔騎ならぬオッパイが顔の上に。

「こっち(オッパイ)も触って」
オッパイ触る+乳首舐め

お互いが乳首舐め
「脱いで。舐め合いっこしよ」

シックスナイン。
パンティをずらしてクンニ。
膣がアップ。

~チャプター(10)~
手コキ+フ○ラ。カメラアップ。

「指入れて欲しい」
指マン。
(お尻がプルプル震えているのがエロい)

「もっと欲しい」
「もっとシテ」
激しい指マン。

「オマ○コ、グチョグチョだよ」
喘ぎ声が大きくなる。

「チューして欲しい。一杯」
手コキ+ベロキス
「おチ○ポ、キモチ良い?」

「ベロベロして欲しいの?」
ベロキス+手コキ
乳首舐め+手コキ

「カチカチになってるよ」
「出ちゃいそう」
「ダメだよ、出ちゃ~」
「ダメ~」
「出しちゃダメ~」
(ここのセリフはチャプター1と明らかに違う。甘えるような声で)

~チャプター(11)~
「ダメ~、まだまだダメ~」
「もう~、ダメだよ」
「外しちゃうよ。そしたら~」

玉を撫でる。
「ほら、一杯中に入ってるんだよ」

「見てて」と唾液を落とす。
「ヌルヌルになってるよ」

乳首舐め+手コキ
「チ○ポヌルヌル。キモチ良い?」

「ガマン出来ないよ~」
ベロキスアップ。

「ガマン出来ない?」
「全然ダメ?」
「ガマン出来ない?」
手を使ってフ○ラ

M字で待機。
「私の下着置くよ」とパンティを脱ぐ。
「ねえ、見て。入っちゃう」

黒いパンティをずらして正常位で挿入。
「触って。一杯触って」と乳首責め。

ピストン運動。喘ぎ声が急激に大きくなる。
「一杯チューして」

~チャプター(12)~
激しいピストン運動。
「ア~、キモチ良い」
喘ぎ声が大きくなる。

「上に乗ってあげるね」
騎乗位。

後ろに仰け反る。
「(挿入部が)よく見えるでしょう?」

上からベロキス。挿入部アップ。

乳首を舐めながらのピストン運動。

~チャプター(13)~
悩ましい腰つき。
右足を高く上げて、足の裏を舐める。

下からの激しいピストン運動。
「凄い…」
(ここの喘ぎ声はいつもより一層エロい)

「後ろから突いて」
「凄い、大きくなってるよ」
四つん這いになる。

バックから挿入。
「チ○ポ固い」
「チ○ポ、凄いカチカチ」
「一杯見て」
「入ってるの見て」
「一杯動いて」

激しいピストン運動。
「もっと動いて」

~チャプター(14)~
激しい喘ぎ声。

正常位で挿入。
「もっと欲しい」
「動いてて」
足の指を舐める。

男優さんの側も足の指を舐め始める。
「一杯舐めて」

彼女が足で男優さんの乳首を擦る。
「乳首擦れてるでしょう」

一旦挿入を外す。
「ガマン出来る?」
「ガマン出来ないの?」

正常位で挿入。
「もうちょっとシテ」
「一杯動いて」

~チャプター(16)~
腰を持っての激しいピストン運動。
喘ぎ声が絶叫に。

「一杯出して~」
「かけて~」

「イキたいの?」
「イキたいのね?」
「シテ、一杯」
「一杯かけて」

「仕方無いから良いよ~」
「一杯出して良いよ~」
「顔に…」
「口に出したい?」
「一杯出して」
(ここの一連の淫語はエロの中に可愛さがジワっときますね)

口の中に発射。

[寸評]
前半の題名通りの「激甘淫語おねだり」はチャプター1とは対照的な「甘え」がよく出たと思います。
パンツの上からの手コキを「ヨシヨシしてあげる」はツボでした。

そうかと思えば、後半のHは甘えも少しあったものの、興奮させる淫語の連発により、只でさえ興奮する喘ぎ声と共に、より一層興奮させる結果となりました。
よりエロく、よりエロく、淫語の連発時に可愛らしさも少し混じって。

前作「特命JK捜査官の痴漢撲滅おとり大作戦!? 」では、レビューを書く際に、喘ぎ声に比重がかかった淫語を拾いましたが、今作では淫語は淫語として喘ぎ声と並行しての形で拾わせて頂きました。

特に発射寸前の絶叫に近い喘ぎ声に混じった淫語は最高に興奮する。
同時に可愛くも感じます。
良かったです。

◆チャプター3:「完全主観ノーハンドフ○ラ」
~チャプター(17)~
イメージDVD、セクシーポーズを。

「今日はゆらのお口だけをたっぷりご堪能してね」
「目を離さないでね」

ブリーフ姿の男優さんが立っている。
カメラ目線で「目をそらさないで」

ブリーフを咥えて下ろす。
手で○印を作ってチ○ポをこねる。
「どんどん大きくしてあげるね」

手を使わないフ○ラ。
「(チ○ポ汁)溢れてる」

~チャプター(17)~
「凄い敏感」

竿を舐め、玉を舐める
(バキュームの音と玉を舐める際の「キュー」って音がエロいですね)
「ここ(玉)も感じるんだ」

~チャプター(18)~
亀頭を舐め、竿を舐める。
「凄い」
「ここ(亀頭)が好きなの?」
亀頭を重点的に舌を使って舐めたり咥えたり…

~チャプター(19)~
カメラ目線で献身的に亀頭を舐める。
(実際は何を言ってるか分かりませんが、フ○ラしながらモゾモゾと何か言っているように見えるのは良いですね)

顔に発射→お掃除フ○ラ
「凄い一杯出たね」

◆チャプター4:絶対服従騎乗位ファック
~チャプター(20)~
イメージDVD、セクシーポーズの連続。
黒い編みタイツが効いてますね。

「で、どう責任とるつもり?」
「僕のミスで会社に莫大な損害を与えてしまいすみませんでした」

「謝って済むと思ってるの?」
「何でもしますからクビにだけはしないで下さい。お願いします」

「何でもするのね?」
「じゃあ、私が満足出来るまでヤってくれるかしら」

「どういう事ですか?」
「まず、仰向けになりなさい」

男性社員仰向けになる。
スカートをめくって膣をなぞる。
「ほら、満足させられるのかしら?」
「何でもしますからクビにだけは」

「ホントに?」
「満足させられるの?。私を」
「仕事はダメなんだからこれ位やってもらわないと」

足コキ。
「ちょっと。チ○ポ大きくなってんじゃないの?」
「こんな事されてチ○ポが大きくなっちゃうの?」
「ホント、ダメ社員。仕事は出来ないのにチ○ポは大きくするのね」

~チャプター(21)~
足コキ。
「ほら、ドンドンチ○ポが大きくなってるじゃない」
「何感じてるの?」
「こういうのが好きなんだ」
「これが好きなの?」

「ほら、カラダが凄い反応してる」
「凄い。アンタチ○ポカチカチじゃない」

「ほら、自分でズボン脱ぎなさい」
ズボンを脱ぐ。
「こんなカチカチにして。チ○ポキモチ良いの?」
「私がキモチ良くするなんて言ってないわよ」

「もう、こんなに大きくなっちゃって」
「ほら…ほら、反応しすぎよ」
顔がアップ。
(女王様のようだ)

「ほら、早くパンツ脱ぎなさいよ」
「何でこんなに大きくしてるのチ○ポ」
「こんな格好して恥ずかしくないの?」

足コキ。
「イジめて欲しいんでしょう?」
「決してそういう訳では」
「何?。私に口答えするの?」

「ほら…、凄い。チ○ポが大きくなってる」

~チャプター(22)~
「チ○ポ大きくし過ぎでしょ?」
「こんな風になっちゃって」

「じゃあ、私を満足させてもらおうかしら」
顔騎。
「ほら、私を満足させるのよ」
「アンタ、仕事もSEXも下手くそなのね」
「それじゃ、全然満足出来ないわ」

スカートをめくる。
「苦しいの?。ホントに?」
「ほら、もっとやりなさい」

「ほら、舐めなさい」
「ほら、舌出して」
「ほら、ずらして舐めるのよ」
「そっと舌をマ○コの中に入れるのよ」

「仕方無いわね」
「アンタのも舐めてあげるから満足させてよね」
シックスナイン。
「こんなに大きくして」

~チャプター(23)~
膣がアップ。舌の動きが段々リズミカルに早くなる。

「ここ(亀頭)が好きなの?」
「ほら、アンタ、一杯出てるじゃない」

イラつきながら
「ガマン出来ないの?」
「何して欲しいの?」

「私を満足させるのよ」

顔騎。
「ほら、もっと…。こうでしょ」
喘ぎ声が大きくなる。

「全然足りないわ」
「もっと私を満足させなさい」
膣の前で手コキ。
「キモチ良いの?」
「ほら、欲しいんでしょ?」

~チャプター(24)~
膣に擦り付ける

パンティをずらして…。
「入れる?」

挿入。
(ここは1クッション入ります。軽い「焦らし」)

自らピストン運動。
「何でこんなにチ○ポが大きいの?」
「アンタがガマン出来なくてどうすんの?」
「全然満足出来ない」

挿入部が見える形でのピストン運動。
「見えてるでしょ?」
「ちゃんと見なさい」
「ほら、全部入ってるわよ」

「1回イったからって全然満足出来ないんだから」
「ほら」
横向きでの騎乗位。
「乳首も大きくしてるじゃない」
「ほら、乳首勃たせてるの?」
「私をもっと満足させなさい」
「ほら、自分でシャツ脱いで」

~チャプター(25)~
「ほら、いじって欲しいんでしょ?」
「乳首勃ってる」

「ほら」
唾液を乳首に落とす
乳首責め。
「これがされたかったんでしょ?」
「凄い。チ○ポもビンビンになって」

「全然私は満足出来てないわよ」
背面騎乗位。腰が少し浮いているので挿入部が分かる。

「ほら、よく見なさい」
両足でそれぞれ乳首責め。
「ほら。いじって欲しいんでしょ?」

「ほら」
天井からのカメラワーク。
「これが好きなんでしょ?」
「キモチ良過ぎる」
「アンタがキモチ良くなってどうすんの」

ピストン運動が早くなる。挿入部アップ。
「もっと大きくして」
痙攣。イク。

滑るようなピストン運動。
「ほら、全然満足出来ないんだから」
「どうしてくれるのよ?」

~チャプター(26)~
細かい動きの密着したピストン運動。
「アンタが上に来なさい」
「寝なさい。良いから早く寝るの」
彼女自身が正常位の体勢で挿入。

「ほら。凄い。一杯見える」
「ちゃんと見ときなさい」
彼女自らピストン運動。挿入部アップ。

喘ぎ声が大きくなる。
(着衣、喘ぎ声、自らの悩ましいピストン運動…。ここはかなりエロいです)

「ほら、こっちも触りなさい」
シャツのボタンを取りブラに。

胸を揉む。乳首責め。
「もっとちゃんと奥まで触りなさい」

~チャプター(27)~
「キモチ良いの?」
「イったら許さないからね」

「凄い。ビンビンになってる」
「ガマン出来ない」
「イキたいの?」
「一杯出しなさい」

発射…。チ○ポから少し落ちる。

冷たそうな視線で
「ちょっと。一杯出しなさいって言ったでしょ」
「何なの。本当に仕事もSEXも下手くそね」
「すみません」

[寸評]
着衣でのSEXのエロさを良い意味で忘れる位、彼女の女王様ぶりが光ってました。
①「全然満足出来ないんだから」と言う度に体位を変える。

②ソープものの作品の展開のように、「私を満足させなさい」と言っておきながら、自らのピストン運動により自らがイってしまう

ダメ社員に対する言葉責め、淫語責めがまたそのエロさに拍車をかける。
良かったです。

あと、これは見方が違うかもしれませんが、妄想によって「ツンデレ」と解釈しても良い場面があります。

ダメな自分に対して自ら挿入し自らイってしまう。
M男君に、じゃなくて「素直じゃない」と解釈しても面白いかも。

◆チャプター5:「男2人を弄ぶネバスペ3P」
~チャプター(28)~
イメージDVD。セクシーポーズ。

男優さん2人登場。
乳首舐め+尻コキ

~チャプター(29)~
ベロキス+乳首責め
「こんなにビンビンに勃っちゃって」

「まだ触らないから」
ベロキス+乳首舐め
ベロキス+お尻の穴を舐める
乳首舐め+お尻の穴を舐める

「舐めて」
お尻の穴を舐める、ベロキス+手コキ

「どうされたいの?」
「直接触って欲しいの}

~チャプター(30)~
「こんなにビンビンにして」
直接手コキ
「こうされたいの?」
乳首舐め+直接手コキ

「見てて」
唾液を落とす
「チ○ポがヌルヌルになってる」

尻コキ。

「こんなに大きくして」と手コキ。

「脱いで」
乳首から耳まで舌を這わせる。

ベロキス+手コキ、に尻コキ。
唾液を落とす→手コキ
「凄い。カチカチ」

W手コキ。
「ずらして見なさい」
ブラをずらした後、とる。

~チャプター(31)~
「ほら、触って」
「もっと触って」
「こんなチ○ポカチカチに」

「もっと乳首触って」
W手コキ
「凄い。何か出てるよ」

イラマチオ+手コキ
「ねえ、何か出てるよ?」

「舐めて欲しい?」
筋を舐める。玉を舐める。
Wで舐める。

~チャプター(32)~
2人に「どうされたいの?」
「お尻も舐めて欲しいの?」
「欲張りね」

お尻を舐める。
「ほら、脱がして」とお尻を舐められる。
(ここは3人が連結したような感じ。彼女の位置は真ん中。お尻を舐めて、舐められて)

お尻を舐めながら手コキ。
「ビンビンになって」
イラマチオ+手コキ

「マ○コも見たいの?」
M字で待機。
「ほら。一杯見て」
膣を広げる。

クリ責めに指マン
(ここは責められている)

~チャプター(33)~
「もっと触って」
「ほら。足舐めて」
足の指を舐める。

「もっとオマ○コに指突っ込んで」
指マンが早くなる。

「凄い、オマンコ、グチュグチュになってきた・
カラダが痙攣。イク。

顔騎。
「ほら、もっと舐めて」

~チャプター(34)~
顔騎+イラマチオ

「ほら、キモチ良いでしょ。こうすると」
乳首責め。

「キモチ良いでしょ」
「ほら。一杯出てるよ」

シックスナイン。
フ○ラ+玉をこねる。

「もっと舐めてあげる」
フ○ラ+玉を両手でこねる。

「イキそう?」
「ダメよ。まだイっちゃ。ダメ~」

「じゃあ、ほら後ろからいって」
四つん這い。

バックから挿入+イラマチオ
「凄い。動いてあげるから」
「凄い。見えるでしょう」

「ほら。一杯入ってる」
挿入部アップ。

ピストン運動が早くなる。
「もっとシテ」
「もっと動いて」
喘ぎ声が大きくなる→ややエビ反りに。イク。

M字で待機。
「もっと…。こっち来て」

~チャプター(35)~
自ら正常位の態勢で挿入。

「グチョグチョだよ」
「動いてて」
もう一人の男優さんのチ○ポをイラマチオ。

強いピストン運動。

「ほら、ここに寝て」
唾液を落として手コキをした後、騎乗位で挿入。
「入るよ」

細かい動きでのピストン運動。
「一杯触って」
もう一人の男優さん、胸を揉む。

「ガマン出来ない」
「ダメよ。イっちゃ。一杯舐めてあげるから」
口の中に手を入れる。
「ほら、一杯舐めて」

もう一人の男優さんの口の中にも手を入れる。
「ほら、自分でシコシコして」
「見せて」
オナニーを始める。
「ほら。もっと見せて」

騎乗位での大きな動きのピストン運動。
挿入部がよく見える。

~チャプター(36)~
「一杯入ってるの見える?」
横からの騎乗位でのピストン運動。
もう一人の男優さんにイラマチオ。

「ほら。こっち来て」
「座って」
唾液を落とした後、騎乗位で挿入。ピストン運動。

「後ろから欲しいの?」
「ほら、早くきなさい」
四つん這いで待機。

立ちバックで挿入。自ら腰を動かす。
「凄い。ビンビンね」
後ろから胸を掴む。

細かいピストン運動。
(この時の彼女の体勢。立ちバックなので変形的なS型ですが形が綺麗でエロいです。 
               
ベロキス

~チャプター(37)~
立ちバックの態勢で見つめ合う。
「もっと動いて」

膣。挿入部がアップ。玉を擦る。

「イっちゃう?。こっちへ来なさい」
立位での挿入。
「ガマン出来ないの?」
「もっと動いて」

「一杯出して」
顔射→お掃除フ○ラ
「一杯出てる」

「欲しいの?」
立ちバックで挿入。
「もっと、もっと突いて」
「もっと動いて」
「もっと激しく」
「一杯出して。一杯出しなさい」

顔射

~チャプター(38)~
お掃除フ○ラ→顔に付いた精子を舐める

[総評]
題名の「男を骨抜きにするSEX」。011
登場する男性が弱々しいM男君なのと対照的な彼女のドS的な責め。
言葉によるものの他、行為、セクシーな衣装、表情…。
見事に決まってました。

中でも一番光っていたのが淫語責め。
「チ○ポ大きくなってんじゃないの?」

「こんなカチカチにして」

「これが好きなんでしょ?」

「イキそう?」
「ダメよ。まだイっちゃ。ダメ~」
他。

今作ではこの淫語がかなり重要な役目を果たしていたと思われるので、各チャプター通してほぼ全部拾ってます。
映像を拝見しながらですとかなり興奮する箇所が多い。

M男君の挿入から発射までの流れを見るとそれが如何に効いているかが分かる。
最高でした。

そうかと思えば、これまで通り、Hの際、大きな喘ぎ声で絶頂に達していく映像もご用意されているのでご安心を。

上にも書きましたが、「私を満足させないと…」と言っておきながら自らがキモチ良くなってしまいイってしまうのは中々妙。
ドSな責めで終わらない所はひねりがあって良かったです。

それにしても…。
「男子三日会わざれば刮目して見よ」の諺は正にこの事か。
(勿論彼女は男子ではありませんが)
今作と似たようなチャプターが「6本番special」(3月25日発売)にもありました。

 チャプター5:「M男痴女責めSEX」。

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/25485351.html

この時も主な淫語は拾ってますが、今作の方が段違いにバラエティ豊富で聞いてるだけでドキドキ、ゾクゾクし、その結果格段にエロく感じる。

「6本番special」でも十分エロく感じましたが、今作では「驚異的な」の修飾語がつくエロさ。

撮影の時期は分かりませんが、発売日が5ヶ月違っているので5ヶ月近辺でしょう。
僅かな期間でここまで変わるものなのか?。
「驚異的な」って言葉を用いましたが、決して大袈裟な書き方では無いです。

また、前作が「特命JK捜査官の痴漢撲滅おとり大作戦!?」で制服姿だっただけに今作のセクシーな衣装がより大人っぽさ、艶やかさを前面に出していた。

各チャプターの最初にイメージDVDのセクシーポーズがありましたが、正にそれを物語っている。
これまでとは違った雰囲気。楽しむ事が出来たと共にエロくも感じましたね。

ご覧になっているユーザーさんも文字通り、彼女に骨抜きにされる事間違い無し!。
拝見しながらそんな事を考えてました。

ここは是非ヌキ所、お気に入りの箇所を沢山見つけてみて下さい。
自信を持っておススメ致します。

では、今回の投稿はこの辺で。

※ネタバレありです。
宜しくお願いします。



















・「特命JK捜査官の痴漢撲滅おとり大作戦!? さくらゆら」1kawd664
(kawaii、7月25日発売)

特命JK捜査官‘ゆら’が自ら囮になって痴漢を捕まえる!!はずが…カラダが敏感過ぎて逆に恰好の餌食になってしまう。

オチンチンを喉奥まで咥えさせられ膨張した肉棒をマンコに突っ込まれる始末。

「悔しい…絶対に許さないんだから。」
実践や特訓で経験を積み重ね、
①虜にする腰振り
②執拗なお掃除フェラ
を習得!!

その技を駆使してヘロヘロにさせた隙に逮捕、逮捕、逮捕だ~!!
(以上、レビュー)

[DMM]
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=kawd664/?i3_ref=search&i3_ord=2

◆チャプター1:「囮捜査でイカされ取り逃がす」
新米JK捜査官
ビルの屋上で特訓をしている。
手錠を突き付ける。
「ヤバイ、遅刻しちゃう」

篠宮君がイジメられている。
「コラ、何やってるんだ」の一言で不良共は退散。

「篠宮君、大丈夫?」
「良いんだ。僕は虐められる運命なんだ。ほっといてよ」
「そんな…、弱気じゃ何も変わらないよ」

「今日から担任になった吉村だ」
彼女の座席の前で
「君はさくら君だったよね」
「良いよ、キミ、実にイイね」

この時「チカン・アカン至急出頭せよ」のメールが。
お腹が痛くて保健室に行くという事で教室を出る。

痴漢Gメン本部の建物にて
「キャップ、さくらGメン、参りました」
「ご苦労、そして「痴漢Gメン就任おめでとう」

この後「通学バスに痴漢が横行している」旨の話を。
「許せない、必ず逮捕してみせます」

「痴漢は現行犯逮捕が鉄則だ。訓練の成果分かってるな」
「勿論、キャップ、学習お願いします」
「さくらGメン、いくぞ」

お尻を触る。
「しっかり撮った」
「バッチリ触った」
「はい、逮捕」
「出動せよ」
「ラジャー」

通勤バスに乗る。
女子高生が痴漢されている。
「あれだ。許せない」

「久しぶり、覚えてないの?」と友達のふりして女の子を逃がす。
代わりに彼女がその位置に。

痴漢師、スカートに手を伸ばす。
「まだまだ、言い逃れが出来ないように、ちゃんと触られるまでガマンだよ」

パンティの中に手を入れる
「今だ、写真撮らないと」
カバンからカメラを取り出そうとした瞬間、別の男の手が。

「こんな可愛い子を独り占めなんてズルイですね。俺にも味あわせて下さい」
「仕方無い。上はお前、下は俺のもんだ」
酷い咳をして他の乗客降りる。

スカートをめくり後ろから胸を揉む
「何してるの、止めて」
「力が入らなくなる」

「感じやすくて大人しい。俺ら痴漢の大好物だ」

「悔しい。カラダに力が入らない」

カメラにお尻を向ける。スカートをめくる
「何してるの?」
パンティを褌にして擦り付ける。ずらして膣を。

後ろから胸を揉む。スカートをめくって指マン
「何してるの。ちょっと…止めて」
ブラを上にずらして乳首責め。

乳首舐め。喘ぎ声が大きくなる。
パンティを脱がす。
右足を高く上げて指マン。
彼女は手すりを両手で持っている
膣がアップ
(制服でこの体勢、かなりエロいです。)

「今の何の音?」←指マンのクチュクチュって音ね
「知らないよ~」
ベロキス

指マンが激しくなる。
「止めて~、ハ~、ダメ~」
「それ以上したら~、ハ~、ダメ~」
イった後、力が抜けて座り込む。
痴漢師「ご馳走様」と頭を撫でてバスを降りる。
「悔しい、カラダが動かなかった。悔しいよ」

[寸評]
バスの中で制服で痴漢される。
(1)痴漢行為そのもの
(2)「カラダが動かない」旨のセリフ
(3)喘ぎ声の響き
(4)「痴漢Gメン」でありながら逆に痴漢される屈辱感
(5)最後はイカされてその場に倒れながら「悔しいよ~」と
最高にエロいですね。

拝見前「可愛さとエロさが同居した作品」と予想しましたが、「同居」ではなく「融合」してとてつもないエロさを形成した感じ。

「可愛い女子高生が痴漢されているのがエロく感じる」
文章で書くとこうですが「エロ」の深みに注目。
可愛さ<エロさ、です。

◆チャプター2:「リベンジ操作も失敗…弄られ3P
「まだ早かったな」
「すみません」
「まだ君を現場に投入させるのは早かった。俺の判断ミスだ」

「次は絶対逮捕してみせます。現場に行かせて下さい」
「ダメだ、俺が許すまで捜査活動は一切禁止だ」
「勉学に励め。良いな」
「はい、分かりました」

授業中。放心状態。
「せっかくGメンになれたのに何も出来ないなんて悲しい」

帰りの電車の中、あの二人組の痴漢師に再会。
痴漢した女子高生を写メに撮ってそれをネタに友達を呼んでヤっちゃおう、って話を。
「あいつら、ほっといたら女子高生達が餌食になってしまう」

「でも、また反撃されたら…」
「でも、ほっとけない。痴漢、絶対ダメ」

(痴漢師を指差して)「テメエらの血は何色だ?」
「痴漢は絶対許さない」

「何だ、この前のカワイコちゃんじゃないか。この前の快感が忘れられなくてヤラれに来たのか?」
痴漢師、立ち上がって囲む。
彼女、睨み付けて「お前らを逮捕する。素直にお縄につきやがれ!」

両手を掴んで「逮捕してやる。逮捕」
(「これで逮捕か?」と言われた後)胸を揉む。
「止めろ~」

「逮捕されるのはキミの方だ」
「何だと~。絶対逮捕してやる」

「女子高生はどんなブラ付けているのかな?」
Yシャツのボタンを取る。ブラ越しに胸を揉む。
「放せ…止め…」
「絶対…逮捕してやる…」

「この前もここ見たっけな」とブラを下にずらす。
「相変わらず敏感ですね」

Wで乳首舐め。
「放せ…、絶対負けない…」

スカートを落とす
「こっちの刺激には耐えられるかな」
「何するの、止めて」

指マン+胸を揉む
「こっちは弱いみたいだな、やっぱり」
パンティの脇から指マン
「何か良い音してるね」
「クチャクチャなってますよ」
「ダメ、そんな…」

指を挿入。
「そんな、そんな…何するの」
「ハ~、ダメ~」

椅子に座らせる。パンティを脱がしてM字に。
膣がアップ。両側から広げる。

クリ責め。喘ぎ声が大きく、かつエロく。
「クリ好きでしょ?」
「そんな事されると…力が入らなくなる…」

指マン激しくなる。
「ダメ…そんな…イキたくない」

クンニ、顔がアップ。
「これですっかり逃げる事が出来ない位、力抜けちゃいましたね」
「こんなにパンパンなんだよ。どうにかしてくれ」
「頼むよ。舐めてくれ」
手を使わないイラマチオ。もう一人が指マン

ベロキス

もう一人にイラマチオ。頭を押さえ付ける
(ここは既にその前の責めで感じている故にイラマチオをさせられる事に抵抗出来ないと考えるとエロく感じますね)

手コキ+イラマチオ→Wイラマチオ
「大分言う事きくようになってきましたよ」

手を使ってのイラマチオ

立たせて四つん這いに。バックから挿入+フ○ラ
(下にずれたブラの上で胸が揺れているのがエロいですね)
(股の下からのカメラワーク。挿入部アップ)
(ここも「着衣」のエロさが際立ってますね)

「寝るから乗っかってくれ」
背面騎乗位で挿入。
「ほら、動くんだ」とも肩を持って、腰を持ってピストン運動させる。
「ダメ~、そんなに~」

騎乗位。下からのピストン運動。
「ダメ…そんな…凄い」

立位。足元からのカメラワーク。

ドアに寄りかからせて、左足を高く上げての立位+ベロキス
「あ~、そんな激しく…ダメ~」

四つん這いにさせてバックから挿入
(何気にブラが透けているのがエロい)
途中からフ○ラも。
(ここは
①顔が真っ赤になっている
②Yシャツをはだけさせて胸が飛び出ている。ブラは下にずれている
エロい箇所)

「そんなに…激しく突いたら…ダメ~」

座席に手を付く。
「ワー…凄い…そんな…」
「悔しい…」

「何がそんなに悔しいんだ?」
「キモチ良くなっている自分が悔しいんだろ?」
「良いんだよ。キモチ良くなってれば」

「そんな…負けたく…ない」
「ダメ…そんな…激しく…」
(この時、髪の毛が目を隠している位置にありますが、バックでのピストン運動に合わせて、顔がよく見えない状態で喘ぎ声だけ聞こえている。エロく感じますね)

お尻の脇に発射。

「まだ、もう1人忘れてるよ」と正常位で挿入。胸をはだけさせる。
ピストン運動が激しくなるにつれて喘ぎ声も大きく
「ダメ…そんな…悔しい」

「悔しい?。じゃあ、もっと奥まで入れさせてもらっちゃおうかな」
屈曲位で挿入。
「止めろ…」
(ここまでくると抵抗する余力は無く…)

胸の谷間に発射→お掃除フ○ラさせる
「そろそろ終点だ。楽しかったよ。また遊ぼうね」
「悔しい…」

二人が降りようとすると…。
「待て」
「私は負けない。どんな酷い目にあっても」
「私は痴漢を許さない」
手錠をかける。
「痴漢の現行犯で逮捕する」
「痴漢Gメンだ、神妙にしやがれ」

そこに篠宮君が。
「さくらさん」
「篠宮君」
(はだけている胸に気付き)「キャッ」と隠す

[寸評]
①痴漢師に感じさせられた故の無抵抗のイラマチオ
②騎乗位で挿入させられた後、肩と腰を持ってピストン運動させられる
喘ぎ声と合わせてかなりエロく感じる。

プラス「着衣」故の際立ったエロさが。
このチャプターも可愛さ<エロさ。両者の融合は凄まじいですね。

チャプター1に続いて全てではありませんが意識して淫語、喘ぎ声、拾ってます。
あえて拾わなかったものも含めて、エロさの確立にかなり貢献していると思ってます。

あと、二人の痴漢師の言葉責めも巧みで良い。
彼女のエロさ、上手く引き出してます。

◆チャプター3:「同級生に頼み込みSEX猛特訓」
「バカモン、無断で無茶な操作をしやがって。始末書だけじゃ済まないぞ」
「でも…」
「そんなんじゃお前のカラダがもたないぞ」
「逮捕術をしっかり習得するまで捜査は一切禁止だ。分かったな」
「ラジャー」

教室にて
「逮捕術なんて…。どうすれば良いのかな?」

篠宮君が。
「さくらさん、この前電車の中で」
「あの事は絶対言わないで。お願いだから」

「ボク、凄い勇気もらった。虐められる事に慣れちゃいけないって」
「さくらさん見て、凄く勇気もらったんだ」
「ボク、さくらさんの役に立ちたいんだ。さくらさんが強くなったらボク、強くなれるような気がする」

「篠宮君、ちょっと頼みづらいんだけど…」
胸に両手を付ける。
「私、カラダが敏感過ぎて感じると動けなくなっちゃう。だから鍛えて感じないカラダにしたいの」
「篠宮君。お願い、協力して」
「ボクで良いの?」
「こんな事頼めるの、篠宮君しかいないから。お願い」
「うん、分かった」

「揉んで」
胸を揉む
「ダメ、感じちゃう」
「もっと揉んで」
「あ~、鍛えなきゃ」
「後ろからもっと揉んで」
「あ~、ダメ」
「もっと強く揉んで」

ボタンを取ってブラに。
「強く揉んで」
ブラの上から揉む
「頑張らなくっちゃ」
「もっと乳首を触って」
ブラを下にずらして乳首舐め。

「もっと激しく…お願い」
カラダが痙攣している
(ここの一連の行為は顔が真っ赤になって喘ぎ声が出るのをガマンしているものの…、って状態。そこがまたかえってエロく感じます)

「ストップ。もっと鍛えなきゃ」
「大丈夫?」
「まだまだよ。今度は」
(Yシャツを脱いだ後)「ちょっと(ブラを)外してくれる?」
「もっと一杯触って」

後ろから直接胸を揉む
「もっと…乳首…」
「ダメ…ダメ…もっと…鍛えなきゃ」

「もっと…もっと…激しく」
「あの…吸ってくれる」
「頑張るから、もっと鍛えなきゃ。お願い」
乳首を吸う。片方の手で胸を揉む。

「このままじゃダメだ」
「こっちも触って」とスカートをめくる。

膣を触る。
「もっと激しく触って」
「あ~ダメ~」

「鍛えなきゃ。まだまだよ」
スカートを下ろす。パンティを脱ぐ
「篠宮君。もっと直に触ってくれる」
机の上に座る。

直接膣を触る。
「ダメだ、キモチ良くなっちゃう」
「でも…まだまだ…」

「中に入れて…」
人差し指挿入
「ダメ、キモチ良くなっちゃう」
段々喘ぎ声が大きくなる
「イっちゃダメなのに…。アー、イっちゃう」
力が抜けて手を付く。

「もう止めようよ」
「まだ止めない。今度は逮捕術よ」
ベロキス。

彼女が乳首舐め。
「どう、キモチ良い?」
乳首舐め+手コキ

ズボン、パンツを脱がせる。
手を使わないイラマチオ。
両手を使ってのイラマチオ
「もっともっとキモチ良くして、逮捕してあげるんだから」
バキュームイラマチオ

椅子に座らせる。
発射。
「篠宮君。手伝ってくれて有難う」
お掃除フ○ラ
「篠宮君、これからお礼するね」

椅子に座らせたままの態勢でお尻から挿入。
「これも頑張って克服しなきゃ」

自らピストン運動。
凄い、大きい…でも、鍛えなきゃ」

「篠宮君、動かして」
彼に寄りかかる。ピストン運動。

「今度は後ろからお願い」
机に肘まで付いてバックから挿入。
喘ぎ声が大きくなる。
「イっちゃダメなのに…イっちゃう…」

「大丈夫?」
「まだまだよ」
机の上に寝る
「篠宮君来て」
「バッチこい」

正常位で挿入。
激しいピストン運動。
ややエビ反りに。
「顔に…顔にかけて良いよ」
口の中に発射→お掃除フ○ラ
「まだ逮捕出来てないから」

バキュームフ○ラ
「痺れる」とばかりに篠宮君倒れる。
音楽が流れて手錠をかけて「逮捕」。
「あっ、これだ!」

レベルアップ
②執拗なお掃除フェラ
取得!

[寸評]
胸を触られても、乳首を吸われても、感度の良いカラダを鍛えるために喘ぎ声が出る等もガマンする。
しかし、感度の上昇の方が勝り、と中々上手くいかない。

この「ガマン」の部分があたかも「声を出せない状況」を作っているかのようでかえってエロく感じた。

最後の「執拗なお掃除フ○ラ」取得の過程で漠然と、であるものの、ある種のきっかけがあって篠宮君がキモチ良過ぎて痺れているシーンがあり、流れが良い。

彼女のカラダを張った特訓、大成功に終わりました。
「執拗なお掃除フェラ」、凄い必殺技ですね。

◆チャプター4:「上司に逮捕テク見せつけフ○ラ」
「鍛えた逮捕術の成果、見せてもらおう、いくぞ」
後ろから胸を揉む。思わず感じてしまう。
「ほらほら、どうした、痴漢の思う壺だぞ」
「負けない」

バックの中からカメラを取ろうとして奪われる。
「証拠を取らなければ逮捕出来ないぞ。Gメン失格だぞ」
「私、負けない」

「いくぞ」
手を払い除けて手コキ。
ズボン、パンツを下ろす。
「極悪痴漢め、覚悟しろ」

口を使わないイラマチオ
「良いぞ、イキそうだ」
「良いぞ、腕を上げたな」
玉舐め、竿を下から上へ舐める
「その調子だ。さくらGメン、良いぞ」
「(咥えながら)これでどうだ、痺れるだろう」

「これもどうだ」
ベロキス+手コキ
「凄いぞ、もっと責め立てるんだ」
「その調子だ、よ~し、もっとだぞ」

手を使うイラマチオ
「さくらGメン、それだけか、もっと来い」
「良いぞ、もっとしごくんだ」
バキュームフ○ラ
「もう一息だ。もっと先の方もしごくんだ」
「どうだ、どうだ」

口の中に発射。
「凄いぞ」
「まだまだ」と「執拗なお掃除フェラ」披露。
上司、力が抜けて倒れる。

「極悪痴漢逮捕」
「よくやった、さくら。合格だ」
「有難うございます」

「さっき入った情報によると、全国で女子高生を痴漢して回っている史上最強の痴漢が我管轄に出没した」
「ここで食い止めないと女子高生の被害者が増えるばかりだ」

「さくらGメン、必ずこいつを逮捕するのだ」
「さくらGメン、史上最強の痴漢を必ず逮捕します」

◆チャプター5:「史上最強の痴漢犯はまさかの」
バスに乗って待機。もたれかかって寝たふり。
発射後、バスに乗ってきたのは…。

彼女に近付き太ももを触る。
「キタキタキタ」
「まだだ。言い逃れ出来ないようにもっと触りなさい」

スカートをめくる。
「キター、いくぞ」
カバンからカメラを取り「そこまでだ。痴漢の現行犯で逮…」
「さくら君」
「吉村先生。どうして」
ネクタイで両手を縛る。

「まさかキミが引っ掛かるとは思わなかったよ」
「自分の学校の生徒には手を出さないつもりだったんだけどね」

「どういう事?」

「僕はね、女子高生が大好きなんだよ」
「だから、日本全国痴漢をしては次の学校に転任して色々歩いてるんだ」
「しかし、キミは全国の女子高生の中でも一番可愛いね」

「酷い。必ずお前を逮捕する」

「お~、怖っ。でもね、私は捕まらないよ」
「逃げて逃げて逃げて…。また次の所で痴漢しまくる」
「全国の女子高生は私のものだ」

肩を掴んでベロキス。
口を押さえる。抵抗出来なくなる。
(ここはエロさを感じますね)

「私が捕まらない理由を教えてあげようか」
「この舌技で女子高生を快楽に溺れさせる」
「皆、喜んでるんだ」
「キミも味わってみるか」

ベロキス。胸を揉む。
「両腕を上げて後頭部に。
腕を舐める。
「負けない」
耳責め。
「ここが美味しいんだ」

制服を上げてブラに。ブラを上げて乳首責め→乳首舐め
「見なさい(この舌技を)」
ベロキス+胸を揉む。

乳首に唾を落として乳首舐め。
(この辺は流石吉村氏。ネクタイで手首を拘束され後頭部に。抵抗出来ない状態での容赦無い責め。かなりエロいです)

太ももをなぞって舐める。
スカートをめくる。
「良い匂いがするね」
「止めなさい」
「何だかんだで感じているんじゃないか」

マンスジなぞる。
「おやおや、凄く濡れてるじゃないか」
指で膣を押す。
「ほら、こんなに濡れてるじゃないか」

顔がアップになる。
「私だって耐えたんだから」
クンニ
「頑張ってみせる」
「この舌技…凄過ぎる…」

指マン
「ダメ~。そんな…」
太もも舐める+指マン

パンティをずらす。
「グチョグチョじゃないか」
膣を広げる。
「こんなに赤く…嫌らしいよ」
「濡れてるじゃないか、さくら君」

パンティを脱がせてM字に。手摺りに足を掛ける
「たっぷり私の舌を味わいなさい」
クンニ

「早いだけじゃないんだよ。ゆっくりと舐めてあげよう」
「止めて…」
クンニ
「負けないんだから」
(よく「痴漢もの」で痴漢かレイプかの議論がありますが、ここの吉村氏の責めと彼女の感じ方はそんな議論はどうでも良くなる位エロいです)

「そんな…負けない」
「こうして」
「何するの?」
「こうするとお尻の穴まで丸見えだ」
(ここの体勢は
①手摺りに足が掛かっていてM字に
②背中を椅子に付けてお尻が高く上がっている。つまりカラダが90度の角度に
③引き続きネクタイで手首を拘束されている)

「さくら君、最高にキモチ良いだろ」
ベロキス+指マン
「もっともっとキモチ良くしてあげよう」
「一杯舐めてるからすぐ入っちゃうな」
激しい指マン
「は~、何してるの…そんな…止めて。イっちゃうから」

イった後
「凄い良いよ。一杯漏れてるよ」
M字にしてクンニ
「どうだい?。中とクリを交互に責められるのは?」

顔がアップ。感じている様子が。
「どうだい?。ぐったりしているじゃないか」
「こっちへおいで」と起こす

(髪の毛を触りながら)「私のベロ、最高にキモチ良いだろ」
ベロキス
「凄く美味しいよ」
「ご褒美をあげよう。さあ、こっちにおいで」
ズボンとパンツを脱がす
「さあ、口開けて」と後頭部を持ってイラマチオ。
(まさか…この後、必殺「執拗なお掃除フェラ」が出て、痴漢師墓穴を掘る…なんて事に?)

イラマチオ。後頭部を掴んでピストン運動。
「舌を出して」

手摺りに手を付いてバックからクンニ。
「このスカート越し、たまらなく良いね」
「どうだい、キミも興奮してきただろう?」

左足を上げて尻の穴を舐める
「意外にお尻好きなんじゃないのか?」

「そんな…そんな事…」
「負けちゃダメ、私が頑張らないと全国の女子高生が…」

「ほら、入っちゃうよ」
「酷い」
「もっと膝を開いてごらん」
「ダメ、力が…入らない」

「何するの?」
ベロキス+後ろから胸を揉む

立ちバック
(前から見ると、スカートはそのまま残っていて制服が上がって胸が露出。エロく見えますね)

ネクタイの拘束を取る。
「膝をグッと曲げて。奥まで入れてあげるから」

「そんな…奥まで…」
「ダメダメ、負けないんだから」
右足を高く上げて指マン。
「アー、ダメー、イっちゃう」

自身が椅子に座って背面騎乗位。
「負けないんだから」
(この時、制服は元に戻っていて、スカートがやや上がっている状態)

制服を脱がせる。ブラも取る。
スカートを上げる。左足を上げる。下からの強烈なピストン運動。
「力が抜けちゃったか」
ベロキス+スカートに手を入れて指マン
「トロトロだね」

椅子に寝かせて正常位で挿入。
「ア~、ダメ~、それは~」
「嫌らしい女だ」
屈曲位。
「グリグリしてあげるよ。一番キモチ良い所に…」
「そんな…奥まで…」
「止めて…そんな一杯…」
「凄い今締まったぞ」

「どうだい?。もうダメか。しょうがないな」
「負けないんだから」と立ち上がる。
「私は負けない」
「えっ、どういう事だ?」

「そこに寝なさい」
「やっとヤル気になったか」
「あなたをイカせてメロメロにさせてやるんだから」
「キモチ良くしなさいよ」

騎乗位で自ら挿入。
(①虜にする腰振りが出る?)
「絶対イカせてヤルんだから」
(スカートを上げて)「凄いキモチ良い。良い眺めだ」
「イキなさい。絶対イカせてやる」

下からもピストン運動。
つまりピストン運動の勝負ね。

「負けない」
「これはどうだ」
下から胸を揉む。
「これならどうだ」
「もうちょっとゆっくりやってくれ。ゆっくりやらないと…」

「どうだ、イケ!」
「イカせてやる、イってしまえ」
V字で挿入部がよく見えるように
「イキたくなったでしょ?」
「負けない、私より先にイってしまえ!」

「あ~、ダメだ。何かマズイぞ」
騎乗位
「負けない」
「あ~、マズイぞ。キモチ良くなってきた」
「イってしまえ」

「マズイよ、マズイ」
「あ~、出ちゃう」
抜いて、激しい手コキ
自らの腹の上に発射
(①虜にする腰振り、お見事!)

「どうだ、イってしまったか?」
「トドメだ」
(②執拗なお掃除フェラ
「オイ、何すんだ。止めてくれ」
「止めない。お前のチ○コが溶けるまで私は止めない」
「止めてくれ、おかしくなる」
「止めない。全国の女子高生の恨みを晴らす」
「お願いだ、止めてくれ」

KO!。力尽きる。
手錠をはめる。
「全国指名手配犯逮捕!」

場面が変わる。
登校。篠宮君が不良どもに虐められている。
ファイティングポーズで激励。
「もう苛められっぱなしじゃないぞ」

屋上にて。
「私は戦い続ける。世界から痴漢が無くなるその日まで」

これで終了。

[寸評]
「①虜にする腰振り」が何時出るかと思いきや、絶体絶命のピンチにやっと出ましたね。

「②執拗なお掃除フェラ」、と違ってどのように取得したかは不明ですが、どうしようも無いピンチに陥りつつある時に自然と出る必殺技。
そんな感じでした

上にも書きましたが、
1、吉村氏の容赦無い責め
2、彼女の体勢、喘ぎ声
3、着衣の破壊力
このチャプターの凌辱行為はかなりエロいです。
ヌキ所は簡単に見つかるのでは。

[総評]
「痴漢Gメン捜査官」の肩書きを持つ彼女が痴漢され凌辱される。
「負けない」「悔しい」と屈辱感を与えられた上でのそれは最高にエロかった。
単なる「可愛い女の子が…」とは内容が一味も二味も違います。
屈辱感が上手く上乗せされてますね。

1、制服姿で完全に脱がさない「着衣」の状態
2、男優さんの巧みな言葉責め、性技
確かにこちらもかなりキテました。

しかし、何て言っても、一番の要因は彼女自身の「エロさ」ですよ。
痴漢されている時の「まだまだ、言い逃れが出来ないように…」のシーンから始まって、最終チャプターの吉村氏の責めに対して「この舌技…凄過ぎる…」のシーン等。「ヌキ所」だらけの内容に仕上がってます。

そのため、彼女の作品では初めてですが、Hのレビューを書く際、淫語と喘ぎ声を一部記載しました。
余り書き過ぎると本格的なエロブログになっちゃうので、その辺は加減して…。
少しでも参考になって頂ければ嬉しいです。

それにしても拝見前の予想と拝見後でこれ程違う作品も珍しい。005
予想なんぞは全然外れてもOKですが、痴漢行為、凌辱行為、かなり「エロさ」を感じた。
良い意味でびっくりしました。

決して大袈裟な書き方ではありません。
とにかく拝見中「茫然自失」の連続。
目の前に信じられない映像の連続。
痴漢としても凌辱としても最高の「エロさ」がそこに…。

「JK捜査官もの」として、妄想を十二分に叶えさせる作品。
自信を持っておススメ致します。

では、今回の投稿はこの辺で。

※ネタバレありです。
宜しくお願いします。




















◆「きみだけのゆらぽとバーチャル同棲性活 さくらゆら」1kawd653
(Kawaii、5月25日発売)

「もうホントにエッチなんだから!」

一緒にご飯を作ったり、お買い物デート、部屋でまったりゲーム対決などゆらちゃんとの同棲気分をじっくり味わえるリアル感に拘った完全主観バーチャル作品!

ボーイズラブごっこで白熱セックス
風呂場洗いからの全身びしょ濡れセックス
ゆらが主導権を握る小悪魔SEX!

ピッチピチの体もカワイイ笑顔とリアクションも全て一人占め出来る夢の様なひとときをお楽しみ下さい!
(以上、レビュー) 

◆チャプター1:「メインディッシュはゆら~イチャイチャSEX」
「洋服」、「本」と書いたダンボールが。
どうやら引越ししてきたばかりらしい。

寝ている。
目覚ましが鳴ったので止める。

隣で彼女が寝ている。
頬っぺたをつねる。起きない。
髪の毛で口を塞ぐ。
「もう~何してるの~」
「もう~起きたよ~」

「おはよう。もう鳴った?目覚まし」
頭を撫でる。
「まだ眠いでしょ」
「今日、休みだよ。どっか行こうよ」

髪の毛をツインテールにして遊んでいる。
「そのまま寝ちゃった。ボサボサだよ」
「朝だね。フフフフフ」
「一緒に寝たね」

二の腕を掴む。くすぐったがってる。
「もう、分かった~。聞かないの?」
「めっちゃ汗かいてるから~」

「あっ、ここ大きくなってる」
「面白いね」

「ねえ、どっか行こうよ。お尻ばっか触ってないで」
「何、モミモミしてるの?」

「何処行こうかな?」
「荷物はさ~、お引越し、持ってきたけどさ~」
「買い物行く?」

「喉渇いた」
冷蔵庫の方を指指す。
「え~ゆらが~。一緒に行こ」

「ジャンケン。最初はグー、ジャンケンポン」
自分がグー、彼女がチョキでこっちの勝ち。
「エー、ウソー、一発で負けた。そういう運命?」

「ゆらも眠いんだもん」
「だって、ゆらが飲み物持ってくる間に寝るでしょう?」
「寝ない。ホント?」

膝を抱く。
「エー、何?。このまま連れてってくれる?」

足の裏をくすぐる。
「エー、何?。そういう事?。くすぐったい」
「分かった、分かった。起きて取りに行くから」
「寝ちゃダメだよ絶対に。寝ないでよ」

「エー、寝てる寝てる寝てる。ダメだってば」

「行ってくるよ」
指で10,9,8,7とカウントダウンする
「エー、無理だよ」

コップを二つ持ってくる。見事(?)に寝ている。
「はい。持ってよ」
「アー、起こして欲しい?」

「エッ、飲ませて欲しいの?。違うの」
口を指差す。口移しを要求。

お腹に頬を付いて「飲ませて欲しい人?」
手を上げる。

キスした後、「じゃあいくよ」と口移しする瞬間二の腕を掴む。くすぐったく感じる。
「何で?。飲んじゃったでしょ」
「もう、このまま(コップに入れた状態で、の意味)口に入れるからね」
「待った」のポーズ。

「どっち?。このまま?」
口を指差す。
「本当に?。次はやるよ」

口移し。
「飲んだ?。美味しかった?」
「ゆらも飲も。ねえ、ちゃんと起きてよ」
コップを渡す。

「やっと、起きた。もう、ゆら、目覚めちゃったよ」

「ねえ、お腹空いた。ジュースが朝ご飯?」
台所を指差す。
「何?。一緒に作ろうよ」
「これ(朝ご飯)は一緒に作ろうよ」

「だって寝ちゃうじゃん。絶対寝るよ。眠そうだもん」
再び指で10,9,8,7とする。
「エー、ヤダよ。ストップ。時が止まりました」と指を押さえる」

「一緒に作ろうよ。OK?」
「じゃあ、一緒に作ろう」

ここで最終チャプターまでのハイライトシーン。

一週間前。
デートシーン。ポニーテール。

「雨、もう止むかな~」
「朝から降ってるよね、何か」
「あの時、ゲーセンにさ~、行って良かったかもしれなくない?」
「結構さ~、めっちゃ降ってたじゃん、もう、ゲーセン入った時に」
「楽しかったね~」

「フフフフフ、雨女かもしれないけど~」
(俺はそんな事は言ってない(笑)
「良いじゃん、雨でも」

●注:豆知識
「ボクを好き過ぎるボクだけの鈴村あいり」
(プレステージ、4月1日発売)
の時は同じ雨が降っている際、何となく雨男にされてしまいましたが、彼女は自分で雨女と言う。
どちらも話のやり取りだけで楽しい気分にさせてくれますし、良いですね。

「ボクを好き過ぎるボクだけの鈴村あいり」レビュー
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/26136366.html

手を繋ぐ。
「温かい。ねえ、手、温かい。ずっとポッケに入れてたでしょ?」

「ねえねえ、次さ~、何する?」
「とりあえず、中入ろうよ」
「どっか行きたいけど夕方だしね」
「何時に帰るの今日?。明日早い?」

「明日早いの?。でもな~」
「だって、次何時会えるの?」
「久しぶり、って分からない?」

「えー、でも、お友達とかと遊びに行くんでしょ?」
「行かないの?」
「でもさ、毎回休みの日は私と遊んでくれてるじゃん。良いの?お友達とか?」

(セリフは無いけど「キミが大切だよ」)
「えっ、ゆらが大切?」
「嬉しいけど、友達も大切にしないといけないんだよ」
(凄い。「浮気」を露ほども疑っていない(笑)

「でもさ~、忙しいね、仕事」

「まあ、そりゃね、(いつも会えないのは)嫌だけど、忙しいのも頑張ってるんだな、と思えたりとかするけど」

「何かちょっと寂しいね。もうちょっと今日遊びたいな」

(セリフは無いけど「泊まってけ」
「えっ、泊まりに?。良いの?」
「でも、明日早いんでしょ?」
「じゃあ、泊まりに行く」

「ご飯作ってあげる」
「じゃあ、今日、ご飯作ってあげる」

「何何?。そのまま帰らなきゃ良い?」
「ずっとそこにいる訳にはいかないし」
「だって明日仕事でしょ?。いなくなっちゃうじゃん」

「えっ、家にいれば良い、って」
「何何何、どういう事なの?」
(鈍いな(笑)

「何でも無い」、ってはっきり言ってよ」
「家にずっといたら良い」、って」
「一緒に住みたいの?」

テレて向こうを向く
「ねえ、何でそっち向いちゃうの?」
「エー、嬉しいけど…、住みたい、って思うけど…」
「でもさ、周りの人とか見てたらさ、大変そうだなと思って」

「ゆら、この間一人暮らし始めたばっかりだし」

「違う、そんな嫌とかじゃないの」
「嫌とかじゃなくて、今さ、たまにさ~、会えて凄い楽しいじゃん」
「ずっと毎日一緒にいたりしたらさ、何かそういう楽しさ、っていうのがさ、半減しちゃうんじゃないか、って思うんだよね」

「半減しない?。エー、どうかな?」
「今だけじゃない、それ言ってるの?」

「本当にしない?」
「じゃあ、ちゃんとお仕事が終わったら真っ直ぐお家に帰ってきてくれる」

「エー、それはどうかな?」って」
「本当?。帰る?」
「「今から帰るよ?」って連絡してくれる?」

「じゃあ、ちょっとやってみよっか」
「ゆらも一緒に住みたい、って思うし」

「何時からにする?。どっちの家にする?」

「フフフフフ、今、迷ったでしょ?」
「新しく見つける?」
「じゃあ、二人で見つけよう」

~ナレーション~
「こうして俺達は速攻同棲を始めた」

台所
「何作る?。オムライス?」
「じゃあ、任せてよ」

「(料理をする仕草が)ぎこちなく無いし~」
(軽く逆ギレ(笑)
「ちゃんと料理してますから」と力こぶを見せる。

ニンジンを切る。
「こんなに固いっけ?ニンジン」

「ちゃんと皮剥けてる?」
「最悪剥けてなくても大丈夫なんじゃ?、ニンジン」
(何てアバウトな(笑))
「ニンジン切り第1弾、凄い!」

「次は…ピーマン」
(ここでもピーマンか(笑))

●豆知識:
・「天使もえはオレのカノジョ」(2014年10月25日発売)
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/15569122.html

・「なごみはオレのカノジョ。」(2014年12月25日発売)
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/19375992.html

両作品とも料理でピーマン登場。

天使もえさんが目で圧迫したのに対し(要するに有無言わず(笑)
なごみさんは目は笑ってたけど笑顔で有無言わず(笑)。

どっちも「嫌い」だと言ってるのに、許してくれないのは同じ。
恐るべし(笑)。

さあて、彼女はどうなるかな?(笑)。

「(ピーマン)手で取ってるんだよ。種とか食べられないから。凄いでしょ」
「何でも知ってるでしょ?」

「ちょっと手伝ってよ」
ピーマンを切ってあげる
「止めて、危ない、ゆらがやる」
「上手いでしょ」

「玉ねぎ」
投げてやる
直接剥いているけど大丈夫?。

「ねえねえ、良い事考えた、音だけ聞いててね」
タンタンタンタンと音が。玉ねぎのみじん切り
「料理してる、っぽくない?」
(お茶目だ(笑)

「炒めるよ」
まずは鶏肉。
「ゆら、頑張って毎日料理作るよ」

続いて野菜を。
「良い感じだね」

続いてご飯を
「混ぜれば良いか」
「塩とコショウとケチャップを」

後ろからそっと近付いてケチャップで浣腸。
「ちょっと、何してるの?。早く貸してよ。焦げちゃうじゃん」
「入れてよ」
膣を突く。
「そっちじゃなくてこっちに入れて」

ケチャップを入れる。

しゃもじにご飯を乗せて試食。
「美味しい?」
(ちょっと間が…。心配そうな顔)

親指を突き出す
「美味しい。やったー」

「卵を二つちょうだい」
手渡し。フライパンに。

「親子丼みたいになっちゃった。フフフフフ」

フライパンの卵をご飯の入っているお皿に移動。
ひっくり返って外す。

「待て、ストップ、そこまでいくな」
「まあ、料理って見かけじゃなくて味じゃない?」

「フフフフフ。完成したよ~」
(明らかにオムライスじゃない(笑))
「親子丼オムライスが出来ました」

「アハハハ、作り直す?。でも、食べてね」

ベッドに持ってくる。ちゃんとオムライスの形になっている。
「出来たね。食べよう、食べよう」

「ケチャップかけてあげるね?。何て書いて欲しい?」
「じゃあ、ちょっと見ないでよ」

「良いよ~。何て書いてあるでしょ?」
「ハートと文字書いてるから」
「わい」って書いてある」
「大好き」って書くと思ったでしょ?。書きませ~ん」

「いただきます」
「ゆらが食べさせてあげる」
「ハーイ、美味しい?」

「ゆらも食べる」
「食べさせて」
(口の中でモゴモゴ状態で「美味しい」「美味しいね」

「もう1回食べさせてあげる」
「大きく開けて~ドーン。美味しいでしょ?」

肩を叩く。
「美味しいんだけど、愛情が足りない?」
「足りてるよ。足りてない?」

腕を掴む
「チーズ、チーズ足りない?」
「チーズっているっけ?」
(確かに「チーズオムライス」っていうのはある)

ポケットを確かめさせる
「無いよ」

ズボンを下ろしてチ○ポを。
「何これ?。どういう事?」
(どうやらチ○ポにチーズを刺しているらしい)

「取り出すよ」
「何かヌルヌルしてるよ、ちょっと」
「めっちゃ温かくなってるよ、チーズ」

「確かに愛情だね」
「何処に入れる?」

パクッと食べる
「温かいじゃん」

「ゆらが食べる」
「チーズ、美味しいかも」

「何時(チーズ)入れたの?。凄い気になるんだけど」
「何で大きくなってるの?。しかも~」
「もう、入れられないじゃん」
「(チンポ)動いてる」

「ねえ、他、何か入ってないの?」
(乳首をトントン叩き)「ここは何か入ってこうなってるの?」

彼女の腰を触る
「ゆらの中には何も入ってない~」

胸を軽く揉む
「大きい?。変わってないと思うけど」

お互い乳首をいじる。
「アー、ゆらより大きい」

乳首責め
「入ってないよ」

「オムライス冷めちゃうよ」

「分かった。じゃあ、こっちも脱いで、こっちも」
ホットパンツを脱がす。

「もう入ってない?」
手コキ

「吸ったら出てくる?」とフ○ラにいくかと思いきや乳首舐め。

乳首舐めの間にチ○ポが彼女の腹に当たる
「もう、痛い~」

ショーツを脱がせて調べる
「出て来ないよ」
「怪しくない~」

指マン
「もう、恥ずかしい」
タオルケットが胸に掛かってて胸は見えない状態。

指マンが激しくなり喘ぎ声も大きくなる。

擦り付ける
「まだ朝だよ~」
「もう挿れちゃうの?」

顔がアップ。胸から上のみ。

ピストン運動→腹の上に発射
「お腹出しちゃって凄く冷たい」

「気持ち良かった?」
「エッ、もう1回するの?」

正常位で挿入。
「一杯触って」

ピストン運動
(タオルケットがずれていて胸が少し見えているのが何とも。良いですね。)

突如止まる。
「何故止まっちゃったの?。イっちゃいそうなの?」
「ダメだよ~。ゆらが触ってあげる」

顔がアップでベロキス。

胸板に頬っぺたを付けた状態で「ここは?」と乳首舐め。
同時に指マン

フ○ラ
同時に手マン
「集中出来ません」

手コキ
「お願い?。ちゃんと言ってよ」
「エー、先に(言うの)?。良いよ」

「ボーイズラブごっこ」
彼女がフ○ラ兄貴でこっちが弟分。

「何言ってんだよ?。ここキモチ良いんだろ?」
「舐めてやるよ」
フ○ラ

「何がいけないんだよ。いつもヤってるだろ?」
「バレねえよ。今行ってるからさ」

「これでイってくれないと、俺も顔が立たねえよ」

「俺をキモチ良くさせる?。どんな事してくれるんだよ?」
「何でもしてくれるのか?」
「じゃあ、俺はこっちにいくからな」

シックスナイン
「オレのオマ○コ、舐めてくれ」
クンニ+指マン

「こういう事か」
M字にして膣を広げて指マン。
トマトをセットする。

指マンが激しくなる。
「十分…イク」
仰け反る。

「俺と繋がりたいのか。良いよ」
騎乗位で挿入。
「繋がったぞ。お前をオレのものにしてやるよ」

顔がアップ。
ベロキス→下からのピストン運動

背面騎乗位
挿入部がアップ。

バックから挿入。
「オレの事をめちゃくちゃにして」
「一杯シテ良いよ」
「一杯めちゃくちゃにして」

立ちバックならぬ膝を付いた状態でのバック。
喘ぎ声が大きくなる。

正常位。胸を揉む
「女でも好きか」
「オレも大好き」
「次は一緒にイってくれるか?」
(イク直前の喘ぎ声を含めた表情、エロいですね)

口の中で発射→何故か楽しそうにお掃除フ○ラ

「もう降参なのか?」
「早いな。まだまだだな」

「ボーイズラブごっこ、面白かった」
(結局ピーマンは関係無かった。まあ、良いけど(笑)

[寸評]
セリフはほぼ100%拾ってます。

コメントが不要な位、カメラ目線の連続による幸せ満載な映像の連続。
同棲するに至る会話等、若干勿体付けた箇所もあり満足出来ました。
幸せ過ぎてこれ以上言う事無いです。

◆チャプター2:「風呂場で水の掛け合いっこ~びしょ濡れSEX」
雑貨屋さんに行く。ポニーテール。
「何かさ~この辺、お風呂系、買ってないよね」

買い物。

帰宅。お風呂場の掃除。
「もう、そこしかやってないじゃん」
「全然汚れ落ちてないよ」

シャワーを使って洗い流す。
時々ワザと彼女にかける。
「もう、めっちゃ濡れてる」

背中と胸にかける。
「ちょっと~、入ってきて」とシャワーをかける。

逆にシャワーを奪われ、全身にかける。
「水着じゃないんだよ。洗濯どうすんの?」
「ストップ。もう~、許しません」

「もう、やったね。凄いビチョビチョだったよ」
「めっちゃ笑ってるんじゃない」

透けた乳首にツンツン。
「ちょっと、お仕置きが必要なのはそっちですけど」
「いじめ過ぎじゃない」
「お風呂一緒に入るんじゃないの?」

胸を揉んで乳首をツンツン。
「お風呂入らないの?」
「入るために掃除したんじゃん」

ベロキス→指マン→お尻を揉む

ホットパンツを脱がして指マン

お風呂に座らせた上でクンニ。
膣がアップ。

指マンが激しくなると共に喘ぎ声も激しく→潮吹き。
「もう、何してるの」

「どうして欲しいの?」
「パコ、ってシテ欲しいの?」
「もう、しょうがないな」
フ○ラ

「キモチ良いの?」
「あっ、大きくなってる」
「痛くない?」
「キモチ良い?」
「でしょ!」

「キモチ良いの?」
「挿れたいの?」
「良いよ」
「ザーメン挿れて欲しいな」

バックから挿入。
ピストン運動をしながら背中にシャワーを。
「ちょっと、何。乾いてきたと思ったのに。もう~」

立ちバック+ベロキス。
ピストン運動が激しくなる。
「何で?」
(ここの立ちバック、彼女のみが映っていますがピストン運動で揺れる姿が喘ぎ声と共にまるでジェットコースターが一気に降りてくるような感じに見えてエロく見えますね)

座位。
「凄い、当たってる」
「もうちょっと挿れる?」
「ゆらが動く」
顔がアップ。
ベロキス

挿入部がアップ。
イク寸前、喘ぎ声が大きくなる。

立ちバック。
「もっと…一杯…」
言葉にならない。
(ここの約8分余りの腕をロックした状態での立ちバックは抜群にエロいです)
(しばらく映像と彼女の喘ぎ声が頭から離れない…)

お尻に発射。
「お尻、温かい」
「掃除してあげるね」
お掃除フ○ラ、手コキ

「ちゃんとお風呂に入ろうね」
「これからはずっと一緒におふろに入れるね」

[寸評]
童心に戻ったかのようにシャワーを浴びて喜ぶ彼女。
掃除して一緒にお風呂に入る予定がとんだ事になりましたね。

お風呂場でHになるのは予想通り。
数分間にわたる立ちバックは「エロ」の観点から見所、ヌキ所ですね。

◆チャプター3:「罰ゲームで盛り上がり~ゆらが主導権を握るSEX」
ゲームをしている。

風船が割れたら終わりのゲーム。
しりとり。彼女が負ける。
「今のゆらじゃないじゃん」
「受け止めてくれなかったから」
「罰ゲーム」
「キレッキレの踊りするね」

踊る。
(すみません、Asterisk*の振り付けかどうかは分かりません)

ラーメンの種類
彼女が負ける。

・罰ゲーム
陰毛を抜いてテーブルに並べる。

手がヌッっと伸びる。
「手伝ってくれるの?」

「おかしいな。抜ける?」
「じゃあ、抜いてみせてよ」
こっちも陰毛を抜く
「二人で合わせて、にしよう」

テーブルに陰毛が並ぶ。
「どうするの?」
息をフッって。
床に散らばる。

血液型の種類。
彼女の負け。
「4種類しか無いじゃん」
「おかしいよ」

・罰ゲーム
「お尻の穴で自己紹介」

肛門括約筋を使って「こんにちは、さくらゆらだよ」

何故かこっちが罰ゲーム。
「今日も一杯いじめて欲しい?」
「そんな願望があったのか?」
ゼンマイをお尻に挟む。

ゼンマイをお尻の穴に刺す。
「吸い込まれてく」
匂いを嗅がせようとする。

「もっといじめて欲しい?」
「ゆらが指でする」
指に唾を付けてお尻の穴へ。
「入ってく~」
「ウインウイン」

手コキをしながら「こんにちは」

「何処が良いの?」
乳首を指す。
「こうやってされるとキモチ良い?」
「下にチンチンが踊ってる」
「舐めて欲しい?」
「チューしてくれたら良いよ」

(ここのやり取りは
・「さくらゆらデビュー1周年記念☆ゆらぽの魅力たっぷり完全撮り下ろし6本番special 」チャプター5「M男痴女責めSEX」

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/25485351.html

・「ゆらの膣中で一緒にイって」チャプター2:連続でイカせる淫乱SEX

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/17263874.html

・「コスプレ風俗4本番4時間スペシャル」チャプター7:ナース服

[ネタバレあり、レビュー]
http://blog.livedoor.jp/joykunz/archives/15327318.html

を思い出しますね。

「何処がキモチ良いの?」
彼女のこの言葉、余りにも心地良すぎて、何かされる前に既にキモチ良くなります。
不思議な感覚。

ベロキス
勝ち誇った表情で笑顔で
「良いよ~」
「舐めてあげる」

「キモチ良い」
「(乳首を吸うのと舐めるのと)どっちが良い?」

「もっとつねって欲しいの?」
「痛い?。キモチ良いの?」
「じゃあ、遠慮無くするよ~」

「(右乳首と左乳首)どっちが好き?」
「歯型付いたら痛いよね?。良いの?」

「もっとつねるの?。」
「良い感じ?」
高速で乳首の周りをコキコキする。

「凄い、本当に(チ○ポが)元気になっちゃってる」
「どうして欲しい?」
「舐めて欲しい?最初は触る」

「何か出てきたよ~」
「(BL風に)汚い汁、出しやがって」

亀頭をツンツン指で叩く。
「そろそろ舐めて欲しい?」
「舐めようかな?」

「パクってするのと咥えるのとどっちが良い?」
「どっち~?」
「パクってする方なんだ」
フ○ラ

「足で?。足でスルの?」
足コキ

「こう?」
「オラオラオラ」
「キモチ良いの?」
「欲しいの?」
「良いよ、(胸の)左半分だけ。あとは一杯勃ったら見せてあげる」

手コキ、フ○ラ

「そんなにこっち(胸の右半分)も見たかったの?」
「こっちも見せてあげる」

「えっ、こっち(膣の事)も」
「知ってる?。恥ずかしい事」
「良いよ」

椅子に座る。
「やっぱり開く?」
「パンツ脱がして」

M字になる

指マン
「もう、恥ずかしいよ」
「分かんない」

膣がアップ。
指マンが早くなる。喘ぎ声が大きくなる。
後ろに仰け反って、M字の形も後方に。

指を膣から抜いて愛液を見せる。
チ○ポが目の前に。
「もう、ムラムラしてきた」

手裏剣のように手コキ。

自ら挿入。
天井から撮影。
挿入部アップ。

ピストン運動
顔がアップ。
「凄い」「キモチ良い」喘ぎ声。
(首が仰け反っていて胸が突き出ている。ここはエロいです)

騎乗位。
「ゆらに動いて欲しいの?」
下から胸を揉む。

バックから挿入。
カメラ目線でこっちを見ながら。
(キモチ良さに若干涙目になってます。何とも言えない位、良いです)

何時の間にかゼンマイをお尻の穴に突っ込もうとする。
「何すんの?」
(ちょっとここは「遊び」の部分。仲睦まじいですね)
(恥ずかしいんだか、感じているんだか訳分からない表情をしている)

ゼンマイの匂いを嗅がせる。

立ちバックにいくと思いきや床に。
正常位で挿入。
(ここの挿入に至るまでの彼女の表情、驚き、戸惑いが混じっていて良いですね)

天井から撮影。
挿入部がアップ。
両手を握った状態でのピストン運動。

口の中に発射
(中々出ない。彼女がゆっくり口を空けて中に)
そのままバキュームフ○ラ。再び楽しそうに。

頭を撫でて起こす。
「一杯かけたでしょ?」

ティッシュで顔を拭いてあげる。
「有難う」

鼻を塞ごうとする。
「もう~、それはいらない」

口の中のザーメンをティッシュに吐く。

腹の上に頬を付く。
顔がアップ。甘えている表情。
「これからは二人ずっと一緒だね」
「ずっと…一緒だよ」

[寸評]
「ゆらが主導権を握る」
何気無い淫語でも、もしくは淫語じゃなくても、笑顔で言われちゃうと訳分からなく興奮するまるで媚薬のようなもの。

通常媚薬は女性に投与するのですが逆にもらう形に。
何回映像を見ながらでも興奮します。
挿入するまでの一時、エロさと共に存分に楽しめる箇所ですね。

挿入後、最後の画面を含めての流れが良い。
Hの中に上手く驚き、戸惑う表情、「遊び」も取り入れている。

感度が高まるにつれて「可愛さ」が上手く沈殿していくかのような感覚。
やがて「エロさ」が支配していく。
何度見ても良い。

最後の甘えの画面は…。
各自、それぞれの性癖で存分にお楽しみを。
最高に幸せな気分になりますね。

[総評]
2時間半の作品の中で「主観的作品」ならではの色々な表情を見せてくれます。
可愛くて、優しくて、思いやりがあって。
時折ちょっと大人っぽい表情も見せてくれる。

そうかと思えば、思いっきり甘えてくれて…。
主導権を握った上で癒してくれる。
各チャプター、表情、セリフを追うとかなり面白いです。

Hの時もそうですね。
「お約束」の部分もありますが、何時の間にかHに入ってしまい、乳首責めや手マンによりスイッチが入る。
目がウルウルしてきて何とも言えない表情になる。

そして挿入した後は…。
よく「立ちバックがエロい」と言われてますが、チャプター2のお風呂場のシーンでご用意されてます。
あの数分間の立ちバックはピストン運動による体の揺れ、喘ぎ声等、かなりエロいです。
ヌキ所の観点からも「一つ」に挙げても良いのではと思ってます。

上にも書きましたが、私が大好きなのはイク寸前のカラダが仰け反り、喘ぎ声が大きくなって、頭の中が真っ白になっているかのシーン。
「可愛さ」に「エロ」がしっかり乗っかって「大切にしてあげたい」気持ちにさせてくれますね。
楽しみな場所の一つ。

勿論、デートしているシーンや料理のシーン他、甘えてくれるシーンは言うまでも無い。
特に何も書かなくても良い位、彼女にした気持ちを満喫出来ます。
2時間半は短いようで長いようで、今思うと短かったですね。
幸せが凝縮された一時でした。

デビュー時に比べると一段と大人っぽい部分も時折見せてくれる彼女。
この作品、自信を持っておススメ致します。

では、今回の投稿はこの辺で。


※ネタバレあり、感想のみです。
宜しくお願いします。





















・「さくらゆらデビュー1周年記念☆ゆらぽの魅力たっぷり完全撮り下ろし6本番special 」1kawd633
(Kawaii、3月25日発売)
(ネタバレあり、感想のみ)

さくらゆらデビュー1周年記念作品第2弾はエッチに成長した美少女アイドルの魅力を最大限に引き出す6本番!

(1)舐めまくり濃厚SEX
(2)独り占め高音質主観SEX
(3)潮吹き女子校生SEX
(4)恋人SEX
(5)M男痴女責めSEX
(6)激ピス即ハメ串刺し3P!

色んな‘ゆらぽ’でヌキヌキ出来る豪華多彩なスペシャル版です!
(以上、レビュー) 

◆チャプター1:「舐めまくり濃厚SEX」
ポニーテールが効いてますね。

いきなり始まります。
耳責め→濃厚なベロキス→乳首責め→スカートをめくりながらベロキス

腋舐め→乳首舐め→座位の態勢で乳首舐め

クンニ→手マン→クンニ→フ○ラ→手マン→潮吹き

お互い尻の穴を舐める→騎乗位で挿入→背面騎乗位→バック

背面騎乗位→正常位で挿入→ベロキス+屈曲位→顔射

◆チャプター2:「独り占め高音質主観SEX」
可愛いイメージDVDが。

バイノーラル録音を採用。
より身近に彼女を感じる事が。

「ゆらの吐息、聞かせてくれた?」
「ゆらを近くで感じてる?」

喘ぎ声を耳元で。
「一杯感じ合うエッチしよ」

ベロキス。
(やや水っぽいカメラ目線の目が良いですね)

「一杯触りたいの?。良いよ」
胸を揉む
「もっと見たいの?。もっと見て」

「オナしたいの。良いよ」
M字にして指マン

「お尻も見たいの?。恥ずかしいよ」
指マン

「全部見たいの?。全部見て」
裸にしてM字状態での指マン→手マン

手マン+クリ責め
段々喘ぎ声が。

「乳首舐めてあげるね」
乳首責め

「舐めてあげるね」
フ○ラ→玉舐め

「見たいの?」「恥ずかしいよ」
まんぐり返しの状態で左右指責め

クンニ+指マン

「もう入れちゃうね」
騎乗位→背面騎乗位

カメラワークは
挿入部がアップ
胸を含めてのアップ

背面騎乗位の際の男優さんの下からの突き上げにたまらず喘ぎ声を。

バックから挿入。
(何気無いカメラ目線が良いですね)

顔と胸がアップ。
「もっと一杯突いて」

正常位→口の中に発射

「より身近に」がテーマ。
バイノーラル録音は採用していませんが「全力オナニーサポーター」を思い出しました。


◆チャプター3:「潮吹き女子校生SEX」
昭和時代の制服にツインテールとは…。
ここのイメージDVDは中々良いです。

顔がアップになったので告白するかと思ったらスカートをめくった状態で手マン
ローターを膣に当てる。
M字の状態でパンティの中にローターを入れる

お尻を突き出す。
パンティをずらしてバイブを。
プラス途中から電マも。

乳首舐め→チ○ポをさする
「もっと大きくしてあげる」

顔騎→パンティを脱がしてシックスナイン→背面騎乗位

窓に手を当てて立ちバックで挿入

手マン→潮吹き

バックから挿入
「自分で入れる?」との男優さんの問いに自分で

騎乗位
(ブラが自然に上に上がるのがエロい)

正常位→腹に発射
最後、カメラに向かって「気持ち良かった」

[寸評]
制服を着たままのH。
予想以上にエロくて良いですね。

「kawaii* High School 学校でセックchu」は自分にとっては「可愛い」が先行した形。
これに対し、このチャプターはエロの中に可愛さもある「エロ可愛い」。
主観映像も多く、学生時代で彼女の設定に十分使えますね。

チャプターの題名が「潮吹き女子校生SEX」なので無理かもですが、最初に「全力オナニーサポーターの「先輩大好きです」を彷彿させる告白シーンがあれば尚良かった。

◆チャプター4:「恋人SEX」
夜景をバックに何か言いたそうな表情。
良いですね。

二人で夜景を見ている。
キス→ベロキス

男優さん、障子を開けて夜景を見せる
後ろから胸を揉みながら耳責め

椅子に座る。
「見ても良い?」

さくらゆら(すみません、以下敬称略):「グチャグチャだよ」←先程の胸を揉みながら耳責めの時に洋服がずれた、って意味

ゆら:「私が見る」
(ずれているのを直す)

「開いて見せて」

ゆら:
「見たい?見たい?」
「良いよ」

「どうしたの?」
(気のせいか、目に涙が溜まっているように見える。迫真)

「中見て良い?」

ゆら:
「どうしようかな?」
「良いよ」

(ブラを上げる)
ゆら:「何か出てきた?」

(乳首コリコリ)
「気持ち良い?」

彼女、黙って頷く。
(目に涙が溜まっていて泣きそうに見えるがすぐ笑顔に)
(椅子に座っている状態がパンチラになっている。)

「ちょっと立って後ろを向いてみて」
(白いスカートなので光の関係で透けて見える。)

ゆら:
「ねえ、何見てるの?」
「隙間?」
(笑いながら)「触らないで」

「(お尻の)たたずまいが綺麗」

四つん這いになって手マン
(彼女の表情が不安そうに見える)

「この(パンティの)中も見て良い?」
「ヤダ、って言っても見ちゃう」
(彼女、テレ笑い)

半ケツに

ゆら:
「恥ずかしいよ、逆に」
「中途半端だよ」

パンティを下ろす。「観察」とか言ってる
指マン。
(「ゆらちゃんの丸くて柔らかいお尻を楽しむ会」を少し思い出しますね)

彼女の顔がアップ。
頬が赤くなっていて恥ずかしがっている。

椅子に座ってM字に。
リクエストに応じて「くぱぁ」を。

指マン

気持ち良くなった後、「シャワー行きたいよ~」と甘え声。

シャワー室に。
自分だけ脱ぐのがテレくさいのか「一緒に脱ごう」って。

大鏡の前で後ろから胸を揉む→膣責め

一緒にシャワーを浴びる。
後ろから「洗っている」と言って胸を揉む。
(ここは「完全主観でイク!2人っきりのゆらり温泉旅」と同じセリフがありますね)

洗う意味でお互い抱き合って。

「ここにチューして欲しい」とチ○ポにキス

フ○ラ→バックから挿入→立ちバック→立ちバック+ベロキス
(この時、顔がアップに)

ユニットバスの便座の上に座る→指マン→潮吹き

「どうしたの?」

ゆら:
「ベッド行きたい」
「もっとする?」

ベッドではなく窓を開けた状態で顔を向けてバックから挿入
(カメラアップ、羞恥心が上手く快感に変化しているように見える)

「ここに」

ゆら
「乗るの」
騎乗位
(この時、カメラ目線)
(前のめりになると挿入部分が見えちゃうので「恥ずかしい」と)
(途中から下からのピストン運動が強くなる)

「えっ、ウソー」と言いながら座位に変化

離れて
「怖かった」
「寝っころがりたいの」

バックから挿入
(この時顔がアップになるが何ともエロく、かつ「可愛いな」と思う
「大切にしてあげたい」と心から思う箇所ですね)

ゆら
(涙目で)「ゴメンね、ピクピクしちゃう」
(エッ?)

カメラが正面の状態でバックから挿入
「何か見える」

ゆら
「ヤダ~、恥ずかしい」
(ここのアップも心憎い。喘ぎ声に胸が揺れる。エロ可愛いですね)

正常位→顔射
カメラは天井から。
(何かこのカメラワークも良いですね。こっそり覗き見している気分になる)

顔射の後、謎の大爆笑。
お掃除フ○ラをしている際、男優さん、後ずさりしたら頭から床に転げ落ちる

ベッドの上から「気持ち良かった」とキス
カメラに向かって「有難うございました」

[寸評]
多分台本は無いのでは。
この二人のやり取りは考えれば考える程非常に深い。

恋人同士がホテルの一室で一夜を過ごす。
非常に雰囲気が出てましたし、正に「素」の彼女を見た気分。
「完全主観でイク!2人っきりのゆらり温泉旅」も「素」を楽しむ事が出来る作品ですが、このチャプターはそれに匹敵しますね。

必ずしも主観映像ばかりではありませんが、彼女を恋人にした気分になる事間違いなし。
設定は違いますが一番近いのは「完全主観でイク!2人っきりのゆらり温泉旅」ですが、「ホテルで」「恋人気分」が何ともたまらないですね。

いや~、まさか、ここまで見せてくるとは。
私自身にとっては「神」チャプターですね。

◆チャプター5:「M男痴女責めSEX」
乳首舐め。
「こんな所も気持ち良いの?」
(ノーズリープでブラが少し見えているのが何ともエロいですね)

「気持ち良いの?」とパンツの上からチ○ポ舐め

「触って欲しい?」とベロキス+手コキ

「何でこんなにビンビンになってるの?」
ベロキス+手コキ

「触って欲しいです」

ゆら「何処を?」

「オチン○ンを、です」

尻の穴を舐める→チ○ポをしごきながら玉を舐める

チ○ポの筋を舐める
「オチン○ン気持ち良いの?」
「オチン○ンの何処が気持ち良いの?」
「先っぽ?、何か一杯出てるよ」

ベロキス+乳首舐め

「これ取って」と洋服の後ろの紐を取らせる

「舐めたいの?」とシックスナイン

「四つん這いになって」とお尻の穴を舐める
「ここ、気持ち良いの?」

「また(お尻の穴に)入っちゃう」と指を。

「一杯気持ち良い?」と足コキ
「足の裏で」のリクエストに応じる
横顔が気持ちアップになって「気持ち良いの?。こっちも」

乳首舐め+手コキ

膝の裏でチ○ポをしごく
「何処で挟んでいると思う?」

「早く触って」と膣を触らせる。

手マン+手コキ

シックスナイン

騎乗位で挿入→お尻でピストン運動

「入ってくる所見たい?」でまんぐり返し状態で挿入
ピストン運動。

「よく見てて」で今度は背面騎乗位の状態で挿入。

「まだイっちゃダメだよ」とバックから挿入。

騎乗位
「凄い擦れてる」

「もう我慢出来ません、イっても良いですか?」

ゆら:
「もうちょっと」
「私がイキたい」

「もうイキそうです」

ゆら
「もうイクの?」

最後は彼女を押しのけて自らの腹の上に発射
(まあ、我慢するのはキツイよね)

[寸評]
この何気ない淫語の連続。
「コスプレ風俗4本番4時間スペシャル」を思い出します。
彼女のリードはまるでこっちの心を見透かしているようでゾクゾクしますね。

それにしても快感の連続に「まだイっちゃダメだよ」のお預けはかなりキツイ(苦笑)。
最後の発射の時、中出しを避ける意味で彼女を押しのけたのは限界に近かったかも。
あんなの初めて拝見しました。
それだけ気持ち良かったという事で。

◆チャプター6:「激ピス即ハメ串刺し3P!」

[総評]
可愛さはそのまま。
しかし、騎乗位の奥深くまで入り方、腰の振り方等、「エロく魅せる事」についてはやっぱデビュー時とは違いますね。
落ち着いていて貫禄すら感じます。

可愛さの中に上手くエロが入り込んでいるので大切にしてあげたい気持ちにさせてくれる。
特に主観映像の時はヤバイ位。
破壊力抜群ですね。
勝手ながら「エロ可愛い」と名付けちゃいました。

淫語については「ゆらは~」と相変わらずですがその中にドキッとくるのはデビュー時と変わらない。
アノ表情でこのセリフ。
たまらないです。

カメラ目線の時ですが、例の少し首をかしげてニコ、っていうのは初期の頃は結構な数発見しましたが段々少なくなっているような気がします。
首をかしげる角度がやや少なくなったような。
可愛さを際立たせる役割なのは相変わらずですけどね。

「ゆらぽだょ8時間special」と並び 永久保存版の内容。
彼女のこれまでの軌跡を感じるには絶好の1枚だと思います。

↑このページのトップヘ