みなさんこんにちは\(^o^)/
8月も終わり、今年もあと4か月となりました。
早いですね。早すぎます。。


さてさて、8月30日から1週間は「防災週間」「秋の建築物防災週間」です。
今から100年前の1923年9月1日に起きた関東大震災を記念し、
9月1日を防災の日と定め、全国各地で防災の啓発が行われています。


防災は大切だけどもなかなかできていないという人が多いのではないでしょうか。
平常時に非常時の想像はしづらいですよね。
そこでネットニュースに「フェーズフリーという備え方」という記事が載っていましたので
紹介します。

フェーズフリーとは、平常時の「いつも」や非常時の「もしも」という区別をなくし、
災害に備えようという考え方です。
バリアフリーのように、段差をなくしたり、エレベーターを設置することは、
障がいのある人だけでなく、多くの人の使いやすさにもつながる。
フェーズフリーも、災害への備えではなく、普段の生活にもメリットがある備え方を
しようということです。
レトルト食品を少し多めに購入したり、土鍋でご飯を炊いてみたり・・
ちょっとした意識で、「いつも」と「もしも」の区別がなくなります。
さらに新型コロナウイルスの影響で、ソロキャンプ、キャンプが流行し、フェーズフリーを
意識している方も多いようです。


防災週間という機会ですので、ご家族、ご自身でフェーズフリーなどの防災について
一度話し合ってみたり、考えてみたりしてはいかかでしょうか。


ではm(__)m