ぢょんいえーの航海表

いつだって世界はわたしを楽しくさせて
いつか動かなくなる時まで遊んでね

May 2011


アルバイト。

学生時代にアルバイトをした人も多いことでしょう。

学校とは違って、

何となく社会勉強になるし、

何より自分でお金を稼ぐことが新鮮にも感じられたものです(´・ω・`)




初めてのアルバイトは米運びの仕事。

米蔵に米を運ぶ仕事。


高校時代には某ファミレスで接客をし、

大学時代には

寿司屋、

某居酒屋、

大学の購買、

貯水槽の清掃、

某珈琲屋、

就職試験のディスカッションモニター

などなど、

それなりにバイト経験はあると思います(´・ω・`)



掛け持ちのバイトもあるんだけれど、

そのなかでも一番長くバイトしてたのが中華料理屋(´・ω・`)

SANKOUEN CHINA CAFE & DINING


zhong-sanpo006


大学2年のときから卒業するまでの約3年。


思えば、

アルバイト雑誌をペラペラめくってて

「ストップ!」

って指したとこがSANKOUENでしたがなヾ(´ー`)ノ



まぁ、これがしっかりしたお店で

サービスについて色々仕込まれましたヾ(´ー`)ノ

飲み会なんか行っても全然、発揮しないけれど

おかげで、本当は僕やれば心配りができる子ですヾ(´ー`)ノ



お酒とBARについても色々仕込まれましたねヾ(´ー`)ノ



僕が面接に行ったときには

50人くらいの応募があったらしくて

その中から3人選んだって言ってたので

わりと競争率は高いんです。





sankouen01


回鍋肉(ホイコーロー)

本場中華とも日本式ともちょっと違うホイコーロー。

今まで食べたなかでSANKOUENのが一番好きです(*'ー'*)

絶品です(*'ー'*)

ゴハンが進む、進む!

まかないで出た日にゃあ、人のも貰ってたヾ(´ー`)ノ




sankouen02


ほんでもって、

この前、たまさか神保町に行くことがあったので

5年ぶりくらいに寄ってみた。



そしたら、

マネージャー(店長みたいなもん)がいて

思いのほか喜んでくれまして、

席に着くやいなや、

厨房にまで挨拶に行かされて

全くのお客で来てるのに、

それも5年ぶりに来てるのに、

なんだか複雑な気分だったけれど

久しぶりにみた厨房も懐かしくて

厨房の人達も思いのほか喜んでくれて、

ゴハン食べてるときにも

当時の知ってる人が来てくれて、

もう席に座ってるときに誰かしら横に立ってるという状態で

いろんな話をして、

嬉しかったなー。

やっぱ良いとこだー。



3年もバイトしてたら、そりゃいろいろあるけれども

5年ぶりで営業時間が延長してたり

ギネスが飲めるようになってたり、いろいろ変わったとこもあるけども、

今もこうして笑顔になれるところは

自分にとっても特別で愛おしい場所です(*'ー'*)


そんな思い出がなくても素晴らしいお店ですけどね( ̄ー ̄)ニヤリッ



嬉しくなりすぎて、ついつい飲みすぎてしまったけれども・・・

まぁ、また改めて行きたいです。



sankouen03


仕事終わってから、

ここでよく飲んでましたねー(*'ー'*)

そして、ビールなくなったらBARに繰り出す大学生活・・・

あぁ、思い出しただけで懐かしい。



sankouen04




sankouen05


考えてみれば、

島って言われてるとこに旅行したことないなぁ(´・ω・`)


って思ってたら

島の定義って

オーストラリア大陸の面積よりも小さくて

四方を水域に囲まれた陸地

のことらしい(´・ω・`)



そっか。

じゃあ、もう国内旅行自体、島じゃん。

島国って言うくらいだしなヾ(´ー`)ノ


でも、なんか島のイメージってもっとちっちゃいとこだと思うんだよなぁ。

その定義だと

北海道にも行ったし、

四国(高知)にも行ったし、

台湾にも行ったし、

少しは島旅行してるな(´・ω・`)


ジブラルタルは面積6.5平方キロメートルで島って感じだけど

入国するとき滑走路を横切ってくから定義には当てはまらない。

おしい。



ふむ。

沖縄行ってみたいわな(・∀・)つ

と思いつつ、

最近ちょっと沖縄料理屋の回数が増えております(●´ω`●)




島さんぽ

島さんぽ
クチコミを見る


「沖縄も行きたい!(っ`Д´)っ.:∴」


って思ってたけど、

コレ読んでから


「屋久島行きたい!(っ`Д´)っ.:∴」


「淡路島行きたい!(っ`Д´)っ.:∴」


「八丈島行きたい!(っ`Д´)っ.:∴」


ってなったさ。


島良いねぇ。

島の魅力が満載の本だった。

文章と漫画が半々くらいで

読みやすいのだけれど、

その分もうちょっと読み応えがほしいところ(´・ω・`)





そして、

前々から薄々感づいてはいたが、

俺、ダイビングやりたいわ(・∀・)つ


フガー


そして、水中で写真撮りたい・・・


siddique01


インド&パキスタン料理 シディーク 新宿西口駅前店


カレーが美味い、美味い言ってたんで行ってみた(´・ω・`)



インド料理屋でカレーを食べるのは

亜橋カレーが大連にできて以来だ。


って思ったけど、

調べてみたら亜橋カレーは福岡の会社だったから、

厳密に言えば、これが初めてなのだろう(´・ω・`)




siddique02

ゴハンとナン、サラダに肉、

そんでもってカレーが2種類選べてけっこうな量(゜◇゜;)

バーベキュー付きかなしで値段が100円違ったから

とりあえず付いてる方頼んだけど、

バーベキューって鶏肉のことでしたヾ(´ー`)ノ
(ナンの上にちょこんと乗っかってるやつ)


カレーは野菜カレーキーマをチョイス!



ふむ。

確かに美味い。


ナンも焼きたてで美味しい。

ちょっとウルムチで食べたナンを思い出したさ。



美味いよ。


美味いけどさー。

やっぱ、カレーはゴハンが良いよー。

野菜カレーも辛口が良いさー。



カレーはやっぱり日本式にアレンジされてる方が好きだなぁ(●´ω`●)

ラーメンも日本式の方が良いしね。


そういえば、

パスタも和風系のが大好きだ!(●´ω`●)


和風、最強じゃねぇか!(*'ー'*)



ん?

でも中華とか韓国料理とかスペイン料理、

主に行ったことあるとこの料理は

やっぱ現地の味付けの方が好きだったりするなぁ・・・


siddique03


まっくらな中で、五感をとぎすます。
森を感じ、水の音を聴き、仲間と進む。

まっくらやみのエンターテイメント、
ダイアログ・イン・ザ・ダーク。

−公式HPより−





ditd-001


もう何年も前に知ってから、

ずっと行ってみたかったダイアログ・イン・ザ・ダーク。

ついに行くことができました。




ditd-002


ダイアログ・イン・ザ・ダークは

8人以下のグループで光が全くない闇の中に入り、

アテンドと呼ばれる視覚障害者のサポートで

日常の体験をしてみるというツアー。


視覚が使えない状態のなかで、

聴覚、触覚、味覚、聴覚が際立って研ぎ澄まされる感覚を味わった。


これは体験しないと絶対に分からないことのひとつだけれど

ちょっとでも知ってもらいたいので書いときます。




季節によって違うプログラムが行われるらしいのですが、

今回僕が体験した流れは

まず、目を慣らすために暗い部屋で

簡単な説明と視覚障害者の方が使用しているステッキを選ぶこと。


次の部屋に移って、

非常灯ひとつの部屋でグループの簡単な自己紹介。

ちなみに、呼ばれ方を言う必要があるのだけれど、

本名でもあだ名でも良くて

インパクトがあって覚えられやすいように

「カレー」って呼んでくださいって言っといたヾ(´ー`)ノ

まあ、案の定目論見は成功して、すぐにカレーさんは認識されたみたいだ(*'ー'*)


この時点でだいぶもう何も見えないのだけれど、

次の部屋からは完全なる暗闇。


視覚が使えない恐怖。

普段見えているものが見えていない不便さ。

一瞬にして目の当たりにしました。


暗闇のなかで最初に感じたのは笹。

触感と匂いで分かる笹。

今回、行く手の指針になってくれてたのも笹。



暗闇のなかを進み、

橋を渡ったり、ベンチに座ったりするのだけれど、

視覚が全くない状態でそれはかなり困難な作業でした。


橋がどこにあるのか、

ベンチがどこにあるのか、

それを探すだけでも大変な作業。


グループで行動しているので、

どうしても先に進む人と後に進む人が出てくるわけで、

今回、わりとしんがりを勤めてた僕は

どんどんとみんなが先に行ってしまって

真っ暗闇のなか置いていかれるんじゃないかという恐怖感は

普段の生活に光がある僕らには想像がつかないものでした。



その後登場し搭乗するブランコ。

真っ暗闇のなかで乗るブランコは変な感じです。

何も見えないから怖いと思ったのもつかの間、

重力の縛りがあるから宇宙遊泳とまでは行かなくても、

良く分からない開放感を感じました。



真っ暗闇のなかで見つけたプランター。

中に入っている土の香りが、

暗闇のなかで鼻に届きます。


そして、手渡される小さな手のひらサイズの植木鉢。

何も見えない状態で

土を入れ、種を植え、水を撒く。

何の種かも分からない状態だし、

これまた困難な作業。



階段の上り下り、触感で確認する鯉のぼりや藁、

そんなことがいちいち新鮮な作業。



最後に待ち構えていたのが、

暗闇のなかの喫茶店。

迷うことなくビールとおつまみセットをオーダー。


絶対に間違えることはないと思っていたのに

まさかの銘柄間違い!

正直、これはかなりのショックでした(´A`。)



まぁ、でも

暗闇のなかで方向感覚もつかめないまま

グループのみんなで話している感じは

味わった人でないと分からないでしょうが、

変な高揚感です。




90分の冒険も

気がつけばあっという間。

最後に目を慣らすために

ちょっとだけ明かりがある部屋で座談会的な感じが

またちょっと独特な雰囲気。




明るみに出て

声と名前だけ覚えていた人達を

改めて見る感じも変な感じ。



今回僕らをサポートしてくれた

視覚障害者のちーちゃんの手の温かみが忘れられません。






ditd-003


面白いって言うと、

またちょっと違う感覚ですが、

視覚が使えないというだけで、

不安と安心感が芽生えました。


なんとも言えない、不思議な空間。


上手く言えないけれども

生きてるって実感がしました。

普段当たり前だと思っていることが本当は特別なことだって思えます。



一度は体験してみてください。

きっとまた行きたくなります。

確かにあります、暗闇のなかの「対話」



新しい可能性に気がつけます。






ditd-004


ロビーに置いてあった「はらぺこあおむし」の絵本。

点字つきの触る絵本で印象に残りました。

もしも足を伸ばしたら、これにも触ってみてください。

触ることを前提にした絵本。

ちょっとした感動です。



目が見えない人は

それだけでハンデを背負っているのだろうけれど

きっと僕たちが気づけないことを知っているのでしょう。




ditd-005


暗闇のなかで植えた種が

花を咲かすように切に願います。


暗闇のなかで、

これは何かと確かめながら触った植木鉢。

何だかとても愛おしいのです。


choco110427-01


ちょこさん、お鼻に何かついてるよ(*´艸`*)






choco110427-02


まーた散歩中に枯葉をつけてきたねヾ(´ー`)ノ






choco110427-03


むにょーん

絶体絶命(初回生産限定仕様)
絶体絶命(初回生産限定仕様)



セットリスト

〜OPENING〜

01.億万笑者
02.DUGOUT
03.透明人間18号
04.トレモロ
05.だいだらぼっち
06.05410-(ん)
07.学芸会
08.π
09.DADA
10.G行為
11.未発表曲
12.やどかり
13.携帯電話
14.ふたりごと
15.おしゃかしゃま
16.君と羊と青
17.いいんですか?
18.音の葉
19.救世主
〜ENDROLL〜
---アンコール---
20.有心論





ラッドは去年のロッキン以来(*'ー'*)



世間ではGWの初日だと言うのに普通に仕事(´A`。)

15時まで仕事して、

会場に着いたのは開演1時間前の16時半くらい。


グッズも並ばずに買えたので、

始まる前にガソリン入れようと銀座ライオンへ(・ω・ )

大ジョッキが25%増量中ってことで

とりあえず1リットル注入!

昼間、ライブ前、会社早退っていう開放感から

1リットルはすんなり胃に入り込んでしまったので、

中ジョッキも追加ヾ(´ー`)ノ



良い時間になったので会場へ。

ふむ。

400レベルってことで期待はしてなかったけれど、

2階の前から2列目。

2列目って言っても段差になってるから、

これは本気で暴れたら間違いなく落ちる!(゜◇゜;)



さいたまスーパーアリーナのライブは

GLAYのHEAVY GUAGEツアー以来(´・ω・`)

入場する前まで情報としては分かっていても

東京ドームに比べても大きくないかという感じでした・・・

が、

やっぱり入ってしまったら、意外と大きくないなぁという感想。

ほぼステージ正面。

まぁ、ラッドに関しては別に距離は関係ないかなって思ってたけど、

下を見下ろしてたら、

やっぱ縦ノリしてぇ!!(・∀・)つ

ってなるなぁ。



ライブ中、手すりにつかまりながら飛び跳ねたけど、

一緒に行った友達がライブ中、唐突に

「5回は落ちたわ」

とか言ってきはってたわヾ(´ー`)ノ




席についてから程なくして開演。

億万笑者ではずっと暗幕越しの演奏。


4曲目でいきなりトレモロ。

トレモロもかなり好きな1曲で

アルバムツアーで聴けるとは思ってなかったから

これは良い意味で憎い選曲(*'ー'*)



と思ったら、

6曲目で05410-(ん)!!!

やばい!

これもまさかの選曲(・∀・)

これで2度目の別れ話です〜

からの部分でかなり熱唱。


ラッドのみんなで歌っちゃうとこ大好きです(・∀・)



数曲終わってから急にアナウンスが入って

何事かと思ったら学芸会への導入演出(*'ー'*)



途中、レーザービームの演出も。

が、

良くも悪くもレーザービーム抗体ができてしまってるから

そんじょそこらのレーザービームじゃ驚きもしないよヾ(´ー`)ノ

いや、好きなんだけどねレーザービーム。



14曲目、ふたりごと。

やっぱり良いっすよ(●´ω`●)

イントロから鳥肌

もうダメ。


16曲目、君と羊と青。

今回のアルバムで一番好きかなー。

やっぱり良い。


で、

手拍子煽りからのいいんですか?

これもやばすぎ(●´ω`●)

これも熱唱・・・

手拍子の煽りあたりからも鳥肌だった

後半はずっと熱唱、大合唱だったねぇぃ(●´ω`●)


19曲目、救世主。

ろうそくの演出が憎い。

もう素敵すぎ。


アンコールで有心論。

終わらないでー(・_・、)

って気持ちでいっぱいでした。




きっちり2時間くらいかな。

あっと言う間。

本当にあっと言う間。

何度鳥肌が立ったことだろう。



MCがほとんどないっていうのもあるし、

もっと曲やってよー、せめてアルバムの曲全部って思うけど、

あの少ないMCの中で

しっかりと芯の通った気持ちが伝わってくるのがスゴイ。

言葉にできない思い?

言葉以上の伝達方法が彼らの演奏なのかなっていう感じがする。


少なくないさいたまスーパーアリーナの観客の心を動かす力がスゴイ。

自分もそんな人間になりたいけれど、

音楽以外でそんなことができるものなのだろうか?




愛。

一文字で言っても意味は本当にいろいろ。

恋愛

愛情

博愛

家族愛

友人愛

人類愛


でも、そんないろんな愛を詰め込んだ

あったかい愛を発信してたライブだったかなーと

そんな良いライブ。

ありがとう、RADWIMPS。




大連にいるときに、

GAVAさんから教えてもらったRADWIMPS。

その時には、まさかこんなに

僕の中に影響を与えられるとは思っていなかったよヾ(´ー`)ノ







終わった後、池袋まで行ってやき龍で飲みなおしたけど

そこでも美味しい焼鳥と良い感じの気持ちを貰って

本当に良い一日だったと

一緒に行った友達と話した。

次のそんな良い一日まで生き延びないと。


ラッド、次はZepp Tokyo!

会場的に、さいたまスーパーアリーナと違って、

今度はもっとライブライブした感じになる予感(*´艸`*)

まだまだ頑張れるよ(*'ー'*)






radwimps110429-01


ライブ終了後、さいたまスーパーアリーナからの

さいたま新都心駅。


駅周辺は人でごった返していたので、

ライブ前に行った銀座ライオンにもう一度(*'ー'*)

そしたら、ライブ前と全く同じ席に案内された(・∀・)つ




radwimps110429-02


正直、今回のツアーグッズは微妙だなぁと思っていたけれど、

タンクトップ好きとしては

やっぱ買っちゃいましたね( ̄ー ̄)ニヤリッ


ライブに行く度にTシャツが増えてくけど、

タンクトップならいくらあっても良いわいヾ(´ー`)ノ

↑このページのトップヘ