自己採集過去最大!超大型天然オオクワ♂74ミリ

山形74

2017年8月15日22時05分 採集(ライトトラップ)

自己採集血統!岡山県産オオクワ

岡山78

2008年に採集したワイルド♀からの累代で今年で9年目になる我が家の岡山産オオクワ

血の入れ替えも全て同産地の自己採集個体からやっています

♂は毎回安定して70ミリ台後半が羽化してくれていて

今年羽化した個体の祖父の代では80ミリも出ました

世の大型血統には全然敵いませんが

それでも自分としては自己採集から累代を重ねて80オーバーが達成できた系統なので

今後も大切に飼育していきたいと思います

岡山83
今年羽化最大個体83.5ミリ

今年はこの血統で数年ぶりの80オーバー&自己記録更新個体が出たので来年のブリードが楽しみですネ

画像個体の親はF4♀51ミリと同産地ワイルド♂61.5ミリ(自己採集)です




実は我が家のオオクワは個人的にサイズよりも形が気に入っていたりします(笑)

やっぱりアゴがスーっと伸びるオオクワがカッコいいですね(^3^)







2017年!香川県ミヤマクワガタ採集記

7月といえばミヤマのシーズン!

岡山にいた頃はこの時期になるとミヤマ三昧であった

もちろん我が地元香川県でもミヤマは採れる

しかし香川県では特大が採れたという情報は昔からあまりなく

自分自身も香川県産の70オーバーは数年に一度しか見たことがない

植林が多いせいかポイントもスポット的で

中国地方のように一帯に生息している場所があるわけではない

唯一知っていたよく採れる谷筋も一昨年ぐらいから壊滅状態...



暗い話が続いたが、とにかく行かなければ始まらない!

7月某日

とりあえず以前よく採れた谷筋にわずかに残るポイントへ行ってみた


DSC_0221
数年前70ミリを採集した林

ここは人が入った形跡がまったくなく、たぶん自分しか知らない


そして何本かある樹液の木を確認すると

DSC_0178

DSC_0179

DSC_0229

いるいる!

大きくはないものの一本あたり数ペアの張り付きミヤマを見ることができた

当初思っていたより数が多い

今年はアタリかなぁと少しワクワクしながら

高所で樹液を出している木も何本かあるのでそちらもチェックする






お?

おお????

樹上数メートルの樹液に明らかにヤバいサイズのミヤマがついている...

遠目からでも70ミリを確信できるレベルだ


ミヤマの位置と予想落下地点を何度も確認して

いざキック!!!


742
うわっ!!!デカい!!!

743
これは間違いなく超えている!

落ちてきて固まっているこいつをしばし眺めて余韻に浸る

ノギスは持ってきていなかったがどう見ても70ミリは楽にあるサイズだ

香川県での70オーバーは実に4年ぶりである ※この時まだ測っていない

まさか今年最初のミヤマ採集でいきなりこんなのに出会えるとは思っていなかった!




その後このポイントに連日通いつめたのは言うまでもない

しかしここではこの特大以外に大型個体の追加は得られなかった

やはりそう甘くはないということか...




そして最初のミヤマ採集から10日あまりが過ぎた頃

ある日を境にミヤマが一気にカブトに入れ替わっていた

樹液一面カブトまみれだ

蹴っても落ちてくるのはカブト・カブト・カブト!

こうなるとミヤマシーズンは終わりを迎える

一発目でとんでもないプレゼントをくれたこの山に

来年までしばしので別れを告げて今年のミヤマ採集を終了



するわけがないんだゾ(^q^)



ミヤマシーズンが終わったのはあくまで “このポイント” での話だ

ミヤマはエリアによって発生時期が一週間〜10日ぐらいは普通にずれ込む

特に香川県では現在知っているミヤマがまともに採れるポイントが少ないため

来年以降のためにも新しいポイント開拓をしておくべきなのだ



クワバカあんぽんたん祭りの始まりである!



岡山でのミヤマ採集で培ったポイント探索感覚をフル稼働しながら

仕事の合間をぬってとにかく山道を走り歩き木を蹴っていく

仕事・採集・仕事・採集の超ハードスケジュールだ

こんな道地図に載せるな!的な半分ダートコースにブチ切れながら

足が胴体にめり込むまで木を蹴っていく




そしてこんなことを毎日続けていた結果

新しいポイントは大幅に増え

冗談ではなく実に1000頭を超えるミヤマに出会うことができた!

開拓大成功だ!


DSC_0251
今回探索したエリアでは一本あたりこれぐらいは普通に落ちてくる


香川県でもしっかり探せば大量のミヤマを見ることができるのだ

全体的なサイズではやはり中国地方など他の地域に見劣りするものの

それでも今回の探索中、こちらでは特大レベルの70オーバーを数頭採集することができた!

721
7月25日採集 72ミリ(フジ型)

722
7月31日採集 72ミリ(フジ型)




今まで香川県で1シーズンに複数70オーバーなんて考えたことがなかったが

来年から普通に現実的になったのが嬉しい

愛媛や徳島まで行かなくていいのだ!(笑)






もちろん今年のミヤマシーズンが終わるまでまだまだ開拓は続けていく

たぶんあと一週間ぐらいはいけるはずなので

気になる場所は全部チェックしておきたい




最後に

シーズン一発目で出た特大ミヤマだが...
74
7月12日採集 74ミリ(フジ基本型)

香川県産としては自己記録更新個体でした!!

過去に採集したワイルドオオクワ達

みなさんこんばんは

ぴちろーです

今年から採集に本格復帰しましたが、これまで採集を控えていた反動からか

ほぼ毎日採集に行っています

ニシザワです!ニシザワしまくりです!

そして今年はオオがどうやら当たりのようで

現時点で6♂1♀確認(4♂採集)できています




そんなこんなで採集の楽しさをいつもの20倍界王拳ぐらい味わっているわけですが

今回は過去に採集したオオの中から思い出深い大型個体を紹介していきます



66.5ミリ
2008年 岡山県採集♂66.5ミリ
ヒラタ73ミリが採れた木と同じ木で、♀41ミリとペアで採集しました
全体のバランスがよくこれまで採集したオオの中でも特にお気に入りの個体
大型ながら上翅にうっすらと点刻を残していて綺麗です




72.5ミリ
2009年 岡山県採集♂72.5ミリ
約8メートルほどの高さのウロメクレを住処にしていた大ボス
最初に見つけてから数回のアタックの末ゲット、自身にとって2頭目の70オーバーになりました
お尻が小さく頭部とアゴの発達がいいかっこいい個体です




59ミリ
2008年 岡山県採集♂59.0ミリ
自己採集個体の中で最大の中歯です
いつか60オーバーの中歯に出会ってみたい...!



67ミリ
2005年 香川県採集♂67.0ミリ
以前メインフィールドにしていたエリアの御神木で採れた個体
お世話になったその木は今は折れてしまっています




73.7ミリ
2006年 香川県採集♂73.7ミリ
自身初の70オーバーにして自己採集最大個体、最大値で74ミリカツカツ
やや高所のメクレに入っていましたが、見つけた時はびっくりして木から落下する羽目に
ふんばりが滅茶苦茶強くて出すのに1時間近くもかかりました




68.5ミリ
2005年 香川県採集♂68.5ミリ
おそらく自分以外の人が全く入っていないポイントにて採集した個体
現在は斜面がまるごと伐採されていてもう採れませんが、当時はお世話になりました




63.5ミリ
2010年 香川県採集♂63.5ミリ
こちらも全く地名が出てこないエリアで採集した個体
こいつが入っていた木は唸るレベルの良い木でしたが現在は折れて材になっています
最近終わったと思っていた同ポイントが復活しつつあるので楽しみです




65ミリ42ミリ (1)
2007年 岡山県採集♂65ミリ♀42ミリ
潜られたら手出しできないものすごい縦ウロがある木で採集したペア
入口付近に出てきていなければ採集できませんでした




65ミリを超える特大個体をメインに紹介していきましたがどれも懐かしい...

記事を書きながら当時を思い出して浸っております(笑)

オオクワ採集を始めてから来年で節目の20年目を迎えますが

2度も70オーバーに出会うことができたのは本当に運が良かったと思っています

なんだかこれからフェードアウトしそうな書き方をしていますが


少なくとも

70オーバーを10頭採るまでは


絶対やめない!!!!!
※訳 死ぬまで採集やめない




狙ったものが採れても採れなくても採集は楽しいですからね( ^^)

お久しぶりです

みなさんご無沙汰しています

ワタクシ、ぴちろーは元気です




去年まで色々と忙しくて採集に行く回数や飼育数は大幅に減っていましたが

クワガタをやめたわけではありません!




さて、2年半ぶりのブログ更新ですが

大型になっても国産オオのおっさんみたいな体型がなんとも魅力的
グランディス89ミリ

そんなグランディスが今回の主役です




グランディスは8年ほど前から飼育を始めて現在3世代目

我が家のグランディスはインドのナガランド産になります

毎回産卵で苦戦させられますが、それでもなんやかんや途切れることなく

なんとか継続中

しかし産卵では苦戦するもののそれ以外は中々順調で

コンスタントに80ミリを超えてくれています



そんな我が家のグランディスですが

昨年、♂♀ともにかなりのビッグサイズを羽化させることができました


グランディス89ミリ2
♂89ミリ

グランディス54ミリ
♀54ミリ




♂は幼虫時52グラムあったので正直大台を期待していました



1ミリ足らず...!!

とはいえ自己記録を大きく更新できたのと
(今までの記録は85ミリ)

兄弟の♂がすべて80ミリオーバーしてくれたのは大満足です


次世代では夢の90ミリを達成したいところです!




最後に

グランディスもっと流行れ〜〜〜
グランディス89ミリ3

手に乗せてもおとなしいので遊べますヨ!






中国地方あんぽんたん採集記供 祖鏡筌縫轡競鑛圈

今季のヒメオオのルッキングが終了してから1ヶ月・・・・・

しとしとと雨が降る中,H氏,たくやんと共に再びあんぽんたん林道へと足を踏み入れていた


ここは今年複数のヒメオオがルッキングできたポイントだが,その際良さそうな倒木が複数確認できていた

今回はそれらの材に眠るお宝を割り出そうというわけである


----------



現地に到着してしばらく歩いていくと,いくつか倒木が目に入ったので早速割ってみる

・・・が,少々柔らかすぎるようだ

この材からはアカアシが少々とオニと思わしき小さな幼虫が複数出てきた

オニは未だ採ったことがないので一応キープしておく



さらに奥へと進んでいくと,斜面の上に巨大なブナの立枯れが見えた

遠目に見た感じではかなり “くさい” 材だ

雨でぬかるんだ斜面をずるずる登ってなんとか材にたどり着く


・・・・・


超一級の立枯れである!!


ヒメオオが入っていることを確信した自分は早速オノをいれる

途中,別の材を割っていたH氏とたくやんも合流し,本格的にみんなで割り出すとすぐに幼虫が出た!


ヒメオオだ!!


このあと立て続けに3頭ほど幼虫が出たが,全てヒメオオだった


当たり材確定である!!


コンクリートのように硬い材を気合いで割っていくと次から次へと食痕が出る
すごい食痕
迷路のように張り巡らされた食痕


大きなヒメオオ幼虫
とにかく幼虫が出てくる


気合いで割るH氏
食痕は地中の方へ伸びている


出てくる幼虫は9割がヒメオオだ

とにかくヒメオオしか出てこない!

これは完全にヒメオオ専用の材になっているw

そして幼虫が大きい!

一瞬ミヤマと間違うサイズの幼虫も出てくるのだ

10gを超えるような大型の♂幼虫もいた
大型の♂幼虫
出てきた♂の大型幼虫


ひっきりなしに幼虫が出てくるので,持ってきたケースがあっという間にいっぱいになってしまった

ケースもいっぱいになったし雨脚も強まってきたのでそろそろ引き上げを考えていたとき・・・

地中部をしつこく削っていたたくやんが大声をあげた!

なんと♀の特大新成虫を割り出したのだ!

特大♀
これは大きい!!

測ると 39.5ミリ もあった!


そしてこれを境に一層雨が強くなってきた

さすがにこれ以上は危ないので中止することに

斜面を滑りながら車を置いた場所へと戻って,一息つきながら今回採れた幼虫を整理していく

成果
今回の成果

数えていくとヒメオオだけで 30頭前後 ,潰してしまった幼虫も含めると 50頭 ほどになった

これはとんでもなくニシザワしたといっても過言ではない!!


3人で幼虫を分けて大満足のまま帰路についた


----------



今回のヒメオオ採集も大成功で終わった

多数の幼虫や新成虫が出たことは勿論大きな収穫だが,最大の収穫はこのポイントのポテンシャルの高さがうかがえたことである

出てくる幼虫がみな大きいので,恐らくは成虫採りで50台後半も狙えるのではないだろうか

そして今回割った材にはまだまだ相当数が入っていると思われるが,今後はそっとしておこうと思う

できれば成虫で採りたいからだ


----------



持って帰った幼虫たちを急遽用意したビンに入れた
大きくなれっ!
使用したのは一応無事に羽化した実績のあるマットだ

最初は以前飼育したときと同じブナカワラ菌糸に入れようかと思ったが,予算と時間の都合でこちらにした

大きくなれとは言わないが,せめて縮まず現状維持で成虫まで持っていきたいものである

増えた

先日,お願いしていたパラワン♀を取りに,クワ友まるさんのお宅へお邪魔してきました!

まるさんは南西部屈指のブリーダーで,とんでもない数のクワを飼育されています

以前にも一度お邪魔したことがありますが,そのときは数の多さにビックリしましたw

今回も変わらず色々な種類がいて本当に楽しめました(^^)/


そしてパラワンだけの予定が・・・
ブータン
こんなものや


ウィックハム
こんなものまで


結局パラワン♀の他にブータンアンテペアウィックハムヒラタを頂いて帰りました!

まるさん,どうもありがとうございました!!








余談ですが・・・

行きがけに自分にとっては死活問題のトラブルが起きましたが,まるさんのおかげで何とか解決!

ご迷惑をおかけしました(+_+)

ニシザワタイワン

タイワン
ニシザワ血統のタイワンです

あまり大きくありませんが,歯型がかっこいいです


このスタイルで75ミリ超えたらすごいだろうなぁ

ヒメオオと戯れる

わーい

現地ではヒメオオたちはもう冬ごもりの支度を始めたかなぁ

こないだ遊びに行ったときはもういなかったもんなぁ・・・


----------


来年の7月までしばしのお別れ

・・・それまでは家に招いたこやつらと遊んで過ごすとしよう(*´з`)

大型血統??

今年,自己採集からの累代で80ミリが出ました

5年前に樹液採集した♀38ミリからのインラインです

80up
アゴがよく伸びてくれました

親も祖父母も普通サイズだったし特に期待もしていなかったんですが,この代で大きく伸びました

兄弟も70台後半が数頭羽化しているので一発屋ではないと思うけど・・・



まぁ自己採集からの80ミリってことで子供採るのは楽しみです!

どこまで伸びるかな・・・



しかし累代を重ねていくとやはり型は崩れますね

スマートでもないし前胸の凹凸も締まりがないし・・・勿論ワイルドっぽさは微塵もない

F1のときはまだ面影があったんだけどなぁ('_')

・・・一つの虫として見たらかっこいいと思いますが(*´з`)



さぁ次世代はどうなるか!

最後に・・・
筋トレ
こいつは腕立てが得意ですw
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    livedoor × FLO:Q
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ