日程:平成29年7月23日(日)
場所:神戸市勤労会館4階405号室
   神戸市中央区雲井町5-1-2 TEL:078-232-1881

勤労会館

※神戸市勤労会館のHPです。
http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html

❖最寄り駅【駅出口】からのアクセス
①三宮(阪神・神戸新交通)[A19(さんちか)](2分)
②三ノ宮[JR中央口(南側)](4分)
③三宮(阪急・地下鉄・神戸高速)[東出口2(地下鉄三宮)](5分)

JR三ノ宮駅からそごう側に出て大通りを東に進んだ場所にある、中央区役所に隣接する多目的施設で茶色のビルです。1階は三宮図書館になっています。


◆全国パーキンソン病友の会 兵庫県支部 第31回定期総会
時間:10時30分~12時 (受付:10時~)
※定期総会出席者は、議案書が掲載されている『兵庫県支部会報 №146』を持参してください。

◆医療相談会
主催:神戸市難病連         
時間:13時~16時(受付:12時30分~)
講師:望月 秀樹先生

【講演内容】
2016年7月に厚生労働省に承認された、パーキンソン病の新しい治療法『デュオドーパ腸注』についての講演です!

❖手術後の経過:鈴木 しのぶさん
実際に『デュオドーパ腸注』の手術を受けられた感想、その後の経過報告などを伺います。

望月 秀樹先生略歴紹介           
《現職》
大阪大学大学院医学系研究科・医学部              
情報統合医学神経内科学教授
     

大阪大学医学部付属病院 
神経内科・脳卒中科長


《経歴》
昭和60年 順天堂大学医学部卒
順天堂大学・都立神経病院・北里大学において勤務
米国NIH/NINDSにて研究留学

《所属学会》
日本神経学会理事、日本神経治療学会理事
日本パーキンソン病・運動障害疾患学会(MDSJ)役員
日本難病医療ネットワーク学会理事、日本遺伝子治療学会評議員など多数 

《研究・実績》
パーキンソン病など神経変性疾患の発生機序の解明と新規治療法の開発など
   
望月医師