MORITA F3A PROJECT

ラジコン飛行機曲技競技F3Aで日本選手権出場を目指す男の独り言。

冬なので。新パターン練習。

シーズンオフ、がはじまりました。
つまり、新パターン攻略エクササイズの季節、はじまりです。

アシスト君もほぼ調整完了でしょうか。
ミキシングはほんのすこしだけ。
重心位置と舵角調整は大事なポイント。
風見はきっちり出ますね。
先端カットスピンナーに変更。
自分で加工するのは不安なのでモーリスホビーさんにオーダーしました。
美しくカットされてます。
クーリング効果がアップ。

さて。

P19なんですが、時間とパワーを使いますね。ロールが多いし。
ダブルキー、むずかしいです。
ロール、ナイフエッジ、悲しいくらいに打ち方ミスります。

ロールの下手さ加減に、自己嫌悪。

基礎練から出直しかな。

送信機トレーのフックが折れたので修理。
戸棚用フックを利用、パーツ代20円です。

あ、今週末はオテンバパイロンレースか!

新しい時代が、はじまる。


F3A世界選手権@アルゼンチン。

結果速報が、日曜日の朝はいってきました。

ついに。いつかこの日が来ると、信じていた。

音田哲男選手、ワールドチャンピオン獲得!


予選、セミファイナルはクリストフがトップの座をキープ。ここまでは想定内。
しかし勝負はファイナル、アンノウンでしょう。
チームマネージャーミーティングが開かれ、競技をやるかやらないか全員の意志を確認したほどの爆風コンディション。
風速15メートル以上のクロスウインド。
ファイナリスト全員が、未だかつて飛ばしたことのない悪条件だったらしいです。

Fの1ラウンドはクリストフ。2位ジェイソン。
しかしアンノウン1は、クリストフがどうやらミス、音田選手がぶっちぎり1000点。2位ジェイソン。

F2ラウンド、音田選手が1000点ゲット!クリストフとわずか10点差。Fはどちらか捨てラウンドにできるので、F 1がなかったことにできた音田選手ががぜん有利に。

そして勝負のアンノウン2。
やりました!音田選手1000点獲得!
クリストフとわずか 1点差!
トータル3000点、クリストフに約140点も差をつけて文句なしの新ワールドチャンピオン決定です。

詳しくはまた取材して、ご報告したいと思いますが、

週末のクラブ対抗は、祝賀ムードでいっぱいでしょうね。

感動です!

羽根田選手は13位、コージ選手は14位、
日本チームは団体2位!

羽根田選手は初の世界選手権で見事な成績。

コージ選手も安定のランキング、さすがです。

秋葉団長もお疲れさまでした!

音田選手の時代が、これからはじまります。楽しみですね。


写真はコージ隊長のフェイスブックからいただきました。ありがとうございました。

アシスト、初飛行。

アシストのリンケージが完了しました。
お久しぶりのナルケホビー機のお味に、興味深々。
データはアセントと同じでオーケーです。

パワーマジック5200を積んで体重4750。
十分軽いですね。

指定重心は210から220、まずは210で始めましょう。

胴体下部は、バルサですね。
アセントとの違いはおそらくここだけかと。カーボンにフィン、ではなくバルサの船底型です。

ペラはとりあえずファルコン21.5の13。

さていよいよ初飛行。

座り、よし。等速感、よし。
で、癖、ほとんどなし。最近の飛行機はみんなそうですが。
ラダー起きグセ1パーくらいな感じ。

エルロン、ノートリムでした。
ラダートリムは敏感です。

マイルドとキビキビ、どちらでも対応できる舵。
スナップは止めやすく、スピンもスパッと止まりますね。

複葉機に近いです。
でも複葉機より線が出しやすいです。

あとは慣れですね、風見はきちんとでますからそのあたりの。

で、ここで事件発生。
急にパワーダウンし緊急着陸したら、機体から煙が。

開けたら、バッテリーが燃焼中!

バッテリートレイが焦げましたわ。。

2年130フライト使用、膨らんだことなんどものバッテリー、ついにご臨終。
やばかったです。。

古い膨らんだバッテリーは、絶対使わないようにしましょう。
先日、DIGOさんからスカイリーフBP用の純正カバーをいただいてしまいました。
素晴らしいクオリティです。
ありがとうございました!

新作機、到着。

さて。
お久しぶりのブログ更新です。

ここ2ヶ月、
いろんなことがありました。

オールジャパンの自滅。あり。
もらい追突事故、あり。
風邪高熱39.6度、あり。

さすがに厄はおちましたかね。

なかなかの上半期ですわ。


image


アシストです。
一年待ちで、来ました。
ピカピカです、脚なしで2120g。


image


image


これで単葉機、複葉機の2機体制となりました。

機体が見えにくい原因、判明。

先日のオールジャパン予選2ラウンド目。
スプリットS でまさかの機体見失いをやらかしました。。

紫外線が強く、ガスっていて視認性は悪かったのは確かですが、
見失うとは、、です。

視力は1.5。

でもなんとなくフォーカスが甘い感覚がありで。

とりあえず原因を探しに眼科へ。

image

視力検査であっさり判明です。

遠視ですわ。え、ん、し。

老眼ということではなく、遠視。軽めの。

image

遠視は網膜の後方でピントが合うという屈折異常。
どこにもピントが合わない状態ということです。

生まれつきのものらしいですが、若い頃は目の筋力で調整できていて認識しにくかったと。
老化現象で調整機能が衰え遠視的な不具合が顕在化してきたと。

眼科で矯正メガネを装着したら、、見えるのなんのです。
クッキリフォーカスです。

日常生活は裸眼でなんの問題もないので、気にしなくても大丈夫ですよ、と先生は言いますが、
こっちはF3Aにためにシビアなビューが欲しい。

考えた選択肢はこれ。

 ̄鷸覿裟掬拮佞サングラスつくる。晴れ用曇り用、作り直し。
▲汽鵐哀薀垢聾従維持、遠視用コンタクトレンズを飛ばす日だけ使う。

image

まずは、コンタクトが自分の目に入れられるのか、相性がいいのか、眼科でテストしますわ。
電動ならここ!
Archives
Profile
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ