政治経済のリアルワールド〜梅澤くんでも解る世界事情〜

日本は深刻な情報操作されている上に、マスゴミが真実を報道しない為、国民はまた、いつか来た道へ・・・。そうならない事を祈り、暴き続ける事を使命にして書き続けています。

闘病記

一日一回、ワンクリック頂けたら励みになります。 人気ブログランキング


4月26日、マニラより福岡へ向かう飛行機に乗り込みました。
朝6時スタート。地獄のツアーの始まりです。
保険会社の不手際により、これ以降は建て替え支払いしないと前に進みません。
エアーチケットも付き添い看護士代金などすべて払い終えマニラを出発したのが26日11時くらいでした。
朝方、ワゴンのステップを一人で登れなかったのがショックでした。

とにかくこれより座りっぱなしの状態が続きます。
早めに出たのはマニラ空港で何でもチェック好きなこの国の習慣によりメディカルチェックがあるそうなのです。
常識からすれば、そのようなチェックなどは乗客病人の事を考え最優先的に受けやすい場所に置くものでしょうが
この国ではそんなことはお構いなしです。
一度空港施設外へ出、倉庫や従業員スペースなどを車椅子で引き回され、待っていた女医が体温、脈拍を計り終わりです。
もっともお金次第では、女医は空港ロビーまで出向きニコニコしながらのチェックも可能です。
この国のシステムはすべて賄賂で成り立っているのです。

取り敢えず3時間で福岡。
高速バスに乗り換えクリニック
到着が午後四時でした。
久しぶりに先生にお会いし、ひとまずホットしました。
診察まで1時間程またされましたが、最後にしてくれたようでした。
そしてフィリピンよりのカルテに目を通した先生は、おもむろに険しい顔になっていました。


「残念ながらすでに私の治療
能力を超えてしまっている。」

これが先生の所見でした。

フィリピンの開腹手術である程度予想は出来ましたが、まさかこのクリニックにまで断られるとは思いませんでしたので、すこし慌てました。
しかし、クリニックの先生がひとり独立開業してやめてしまい、講演などの多い先生一人では当然無理なのは理解でき、苦汁に満ちた先生の顔を前にし、無理に入院をお願いする事も出来ませんでした。

後はホスピスを探すしかないという感じですが、この際ホスピスでもなんでもとり合えず落ち着くところを探すしかありません。

翌日、フィリピンからの付き添いを帰し、娘と二人で成田空港に向かいました。
そこから弟の居る新潟の病院へ入ろうと思ったのですが、あえなく成田でダウン。
救急車で運ばれ近くの病院へ緊急搬送され、現在そこで入院中です。


一日一回、ワンクリック頂けたら励みになります。 人気ブログランキング

黒田東彦氏の英断

一日一回、ワンクリック頂けたら励みになります。 人気ブログランキング


ほぼ2ヶ月情報鎖国の時間を過ごしました。
情報というものは、連続性のあるひとつの流れる中のイベントのようなものでありますから、ひとつの情報が世界全体に大きく影響を与えるというほどのものは、滅多にないものですが、これには驚きました。

不思議とこの国では革命的な何かが起こる時の背景に黒田とか、東、とか彦、とかの字が現れますね。


黒田東彦(くろだはるひこ)日銀総裁が、4月4日に突如、発表した超金融緩和(ちょうきんゆうかんわ)の金融政策の発表です。
黒田は、「マネタリーベースを今の130兆円から270兆円にする」と驚くべきことを発表したのです。これは日本が持っている資金の全部を一挙投入するという事であるのです。
つまり財務省と国民の最後の隠し金ともいえる資金を一気に表に出し世界にバラまく事を宣言したのです。
それにしてもこの270兆円の資金内容はそれ程単純なものではないのですが、見せ金としては十分に通用するのでしょう。

欧州も米国もこれを歓迎しています。

ついに地獄の釜の蓋は日本により開けられたのです。

日本は現在、昔海軍、今財務省と言われて久しいのですが、日銀をなぎ倒し君臨するその姿は、まさに歴史は同じ轍を踏むことになるのでしょうか

基軸通貨国でもない日本が基軸通貨国である米国に追従して同じ事をしてしまったら、どうなるのか?

まさに人類は人知未踏の世界へ迷い込んだのではないでしょうか。

明らかなのは欧州が倒れ、日本が粉砕され、基軸通貨国の米ドルが返り咲くという事ですが、アングロサクソン族共は、その後をいったいどうするつもりなのでしょうか?

情報不足ですが、次回続けます。

一日一回、ワンクリック頂けたら励みになります。 人気ブログランキング

再起第1弾!!

再起第一弾!!
とブチ上げて、派手にブログを再開したかったのでが、とてもそのような訳には行きません。

16日の手術は無事とはいえませんが、ひとまず終わりました。
今回の原因になった大腸がんの削除だけはお願いしておいたのですが、心配した通リ、開けて閉じる事になりました。
大きすぎてきれないという事であり、抗がん剤による治療により、小さくしてから手術をしてはどうかとの提案です。
「ファックユー」です。

しかし考えようによれば、これでがん治療はすべて温熱療法で行われる訳であり、皆さんの参考になる治療になるのではないかと考えています。

連休前に九州へ行きます。

温熱療法と解毒療法の併合したクリニックの治療結果を順次報告させていただければと思います。

人間の足が1ヶ月寝たきりで、これほど弱るモノとは思いませんでしたが、歩くリハビリを始めています。
またその、リハビリ効果がめきめき現れるのも人間の再生力の強さを感じさせ驚いています。

1ケ月の治療の結果、20年も病院に来たことがない人間にとり、現代の医療というものが、いかに患者にとり
治す為とは言え苦痛を与えるものであるかと言う事をヒシヒシと感じました。

今日はえらい文章が進むなと思いきや、両手からリンゲルなどの針がやっと取れたところでした。
左手に注射の為のものが一つ残るだけであり、キーボードをやっと両手で打てるようになりました。


ここのコメント欄や、質問欄に沢山の励ましや、がん治療法などを寄せていただきました。
大変ありがとうございました。
私は今後、このがん治療をひとつのテーマにして生きていきたいと思っています。
参考にさせていただきますので、今後共よろしくお願い申しあげます。
この場を借りて、深い感謝と御礼を捧げます。

                                                   JPROJECT





何とかネット再開

何がなんだかわかりません。 病室でネットが使えるはずになってから2週間、殆どつながりませんでした。その前に銀行関係を全てクリアしていたのでこと無きを得ましたが、腹が立ちます。 16日に開腹手術です。 これが済めば一気に回復に向かうと思います。 私が切った比国での手術の期限にドクター達は四苦八苦したようです。 期限を切らずに余裕をもって予定をたててくれと伝えたら16日手術ということになりました。 私には1週間が空いただけのような感じもしますが、とにかくこの一日一日が大変な苦痛であるのです。 とにかく16日に手術をしてもらいます。 20日くらいには元気になりそうな気がしています。 行ってきます。 (メーラー)がまだ調子が悪く返事だせません。すいません。

非礼と報告

友人の協力により病院でもpcが使えるようになりました。
とにかく病院にpcを持ち込んで2週間ぶりに見たメール・・・・・です。今マニラにいます。でした。
30年来の友人でした。
メールを見る20分前のメールでした。 
嬉しかったですね。
最近はどこでもスマートフォンとタブレットに占拠されてしまったwifiですがここも例外ではなく10秒とラインが続きません。
自分使用のwifiを置いていってくれました。今それで通信しています。

正直まだpcが使える状態でもありません。
今日無理して書いているのは、何となく知らせておかなくてはならならい方に非礼な方法ですが、知らせて置きたかったからです。

今週来週位に大腸癌の手術をします。
それが原因で便が出なくなってしまったのです。
現在は緊急的な手術で胃に袋をぶらさげています。
大腸癌手術を終えてから日本へ帰国します。
半年前位にお邪魔した九州のクリニックの先生の温熱療法を受けたいと思っています。
肝臓、肺、骨などに転移しているようです。

私は癌が怖いとは思っておりませんので、糞詰りが治ればそれで良しです。
癌手術の唯一の条件が「抗がん剤を一切使わないです。」
マカティメディカルセンターという病院は、米国帰りの優秀なドクターが沢山います。
抗がん剤無しで大腸癌だけの手術に「OK!OK! NOPROBLEM」と笑顔でしたから20年前に叔母の時の
抗がん剤拒否の時とは随分違ってきたのでしょうか。
それとも相変わらず日本だけかな・・・。


両親を癌で無くし、抗がん剤が原因であると直感し、10年後の叔母の時の対処の仕方を書いたものです。

世の中不思議ですよね。

あの人相当頭いいけれど、癌を宣告された途端に、思考停止してしまい、「一番いい病院」「一番腕のいい先生」
「一番最先端のガン技術を持った病院」「最先端の抗がん剤が手に入る病院」となります。
そしてどんどん死んで行きます。





3年程前の私の癌記事です。よかったら読み返してください。
http://blog.livedoor.jp/jproject/archives/51627991.html


友情の絆

本ブログ主が目の前で半分死にかけています。
体調の不具合で、現在マニラの病院に入院中です。
何とか、周りのご好意でパソコンを見れる状態になりましたが、暫く寄稿できない状態です。
ご愛読されている方には大変申し訳ございませんが、体調が回復するまで今しばらくブログの寄稿を休まさせていただきます。
必ず回復し、また寄稿させていただきますまでご猶予くださいませ。
ブログ主に変わりお願い申しあげます。 

hhh

nnn

暫く休みます!

ちょっと深刻な病でダウンです。
暫くブログ休みます。
よろしくお願いします。

                  JPROJECT

この国のバランスシート

一日一回、ワンクリック頂けたら励みになります。 人気ブログランキング


石原慎太郎という爺さんですが、生涯本物の政治家にはなれず、その晩節も病院に逃げ込むという醜態をさらしていますが、「男の嫉妬」が強烈である政界、とくに国政の場に於いて、いかにしても中枢に入り込む事が出来ず、その嫉妬心だけは強烈に抱え込む事になり、特に官僚に対しての恨みつらみは格別なものがあるようです。
そのような石原氏が財務省に対して重要な事実を暴露しています。

財務省の会計が複式簿記ではなく、単式簿記で行われているという事です。

財務省の会計、つまり日本国の会計が単式簿記・・・。
はぁ?
つまり大福帳のようなものであり、どんぶり勘定であるという事実です。
という事は日本という国は国家のバランスシートがないという事にもなるのです。
財務省などはバランスシートは作れますと強弁していますが、単式簿記でつくったバランスシートなるものが何の役に立つのでしょう。
まったくどこまでふざけた奴らではないですか!?

財務省のエリートはすべて東大法学部出で占められていますが、会計実務がどんぶり勘定でいいわけですから、会計知識など必要なく法学部出身でも十分対応できるわけです。
おそらくこいつらは財務諸表など理解できないのでしょう。
予算編成なるもので、毎日徹夜のような生活を続け、照明が消える事がない霞が関財務省主計局・・・。
ふざけるな!ばかやろう!
お前らただ、財閥と政治家とで税金の山分けの算段を一晩中やっているだけじゃないか!
人の金を好き勝手に使い放題使えるというのは、さぞ気持ちがいいことだろうな。

そしてリアルワールドでも何度も取り上げている特別会計とやらの奇怪な会計制度。

財務省いわく、
「特別会計は、予算編成上の扱いや国会審議における扱いにおいて、一般会計との間に基本的な違いはありません。」

確かに建前上はそうでしょう。しかし、実際の予算編成過程では両者には大きな隔たりがあるのです。
一般会計と特別会計では、予算編成時の財務省の査定の厳しさが天と地ほども違うのです。国民の直接の生活に直結する一般会計の予算については、その必要性などについて、財務省主計局が細かいところまで雑巾を絞るように詰めるのに、 特別会計となるともうかなり緩い。というより手抜きそのものなのです。
これが特別会計が各省庁の既得権益化しているといわれる所以ですが、さらに特定財源などが加わればもう訳がわからなくなるのですが、それをすべて単式簿記、つまりどんぶり勘定で行っているのです。

しかし、役人が勝手に使える予算規模が一般会計の3倍の規模になっている現実に誰も不思議とも思わなければ抗議もしないこの国に未来があるわけもありません。

もちろん、先進国と呼ばれている資本主義諸国において、複式簿記制度を政府の会計制度にしていないのは日本だけであるのは言うまでもありません。
これはもちろん米国はすべてお見通しであり、自分達の財布として使うにはまた願ってもない制度であるわけですから、こういうものは改善せよとは言いません。
なにしろ、どこにいくら使ったのかバランスシートに出てこないという、魔法のような会計制度なのですから・・。

我々庶民の事業主などにはすべて複式簿記での記入を強要し、さらにはすべての会計作業も我々にやらせておいて、税務申告させておきながら、自分達は単式簿記だぁ!
ふざけるなバカやろう!!!
何度叫んでも叫び足りません。

安倍総理もこの資金をまるで自分の金のように米国に貢いで、新しい宗主さまを迎えるまでに、少しでも自分の生き残りに有利な立ち位置確保に汲々としているわけです。

そしてこの底が抜けているザル制度は今後も日本国が破綻するまで続く事になります。
いまさら変わるわけもありません。それは加速度的に財政破綻危機に向かい突き進んでいるわけですが、おそらくこの2年位ではないでしょうか。
官僚達のへそくりとも言われる特別会計300兆円を米国に略奪されてジ・エンドというところでしょうか。

そして、新しい宗主さまが日本に君臨する事になります。

IMF、世銀、BIS,・・・・。

そしてGSさま、Cityさま、というところでしょうか。

そしてその時のこの国の庶民の反応は先の大戦で実験済みです。

今度はGSさま万歳!
Cityさま万歳!・・・・・。
というところでしょうか!?

マッカーサーは覚悟していたゲリラ戦がまるで起きずに、日本国民が「マッカーサー元帥万歳!」と自分を迎えた事に驚きを隠しませんでしたが、この時に昭和天皇の戦争責任追求が氷解したわけです。

マッカーサーは本国への報告書に「日本人の精神年齢は13歳。」としたのは有名な話ですが、これは個人というものがまったく確立されておらず、誰が宗主さまになろうと自分達には関係なく、それに従って自分達の生活さえ成り立てば、それでいいと言う、考えたら、平安の時代よりこの国の庶民が生きる知恵として身につけてきた掟のようなものではなかったでしょうか。
まあ、それを奴隷根性というのでしょうが・・・・。

しかし今回はインターネットなどで国民の意識は格段に高くなっているので、そんな事にはならない。
と思いますか?

そんな事はまるでないと思います。
ほとんど庶民の感覚は先の敗戦時と代わり映えしていません。
なんだかよくわからないけど、なんでも今度の新しい領主さまは、会社のような感じらしいので、堅苦しくなくていいかもしれないな・・・。
なんてもんでしょう。

まず、日本において英語が公用語でない為、米企業が損害を被ったなどと言いがかりをつけられそうですね。
今度こそ日本も英語が公用語になる確立が大きくなって来たと思いませんか?


一日一回、ワンクリック頂けたら励みになります。 人気ブログランキング

安倍総理の腹芸はオバマに通じたか

一日一回、ワンクリック頂けたら励みになります。


 人気ブログランキング 安倍総理がオバマ大統領から完全無視された日米首脳会談は、ファーストレディ同士の会談までミッシェル婦人が事前に断ってきたという徹底振りでした。
おそらく従軍慰安婦問題だ思いますが、ファーストレディーはキャリアに傷が付くと判断したのだと思います。

それで安倍総理は仕方なく一人で出かけたわけですが、それも事前の外務省の前交渉の結果米国側の真意が明らかであったのでしょうが、とにかく安倍総理は訪米して日米首脳会談を行ったわけですが、晩餐会どころか、昼食への招待もないという冷たいあしらいをされたようです。

では、事前に結果が解っていたのになぜ阿部氏は訪米したのでしょうか。
もちろん面子もありますし、中国との紛争問題もあります。
さらには7月の選挙へ向け、アベノミクスへの協力要請もあったでしょうが、一番の原因はそれでも日本のお家芸である、腹をわり忌憚のない意見を交換できれば、必ず自分の政策を認めてくれるはずだという自信があったのではないでしょうか。

事前に発表していた50兆円の資金に関しては、真相はすでに野田ブタの時に実行に移されており、おそらく昨年11月頃からでしょうから、月10兆円の貢物として考えると、その50兆円も今月で底をつくというところです。
(これにヘッジファンドが乗っかったのが円安の原因で、それで儲けた資金で円安で安くなった日本株を買い上げているのが今回の円安、株高の真相です。)
その時に阿部はオバマ大統領と膝を付き合わせ、「どうですか、オバマさん、日本はまだまだ資金があります。私が責任をもって米国を買い支えますから、ひとつ今後共仲良くさせていただくと言う事でよろしくお願いします。」

とでも宣(のたま)ったのではないでしょうか?

資金(我々の税金)をさらに注ぎ込んでくれるという事で必ずやオバマ大統領は自分を認めてくれるはずである。とタカを括っていた嫌いが大いにあると想像しているのですが、どうでしょうか・・。

そして、肝心のオバマ大統領の反応はどうだったのでしょうか。

私が思うに、米国は戦略的に徹底した分析を行い、相手国をすべて把握できる程に深淵に調査をしているはずです。
そして、バブル崩壊後の日本に対しての政策は、ブッシュ共和党政権の時から一連の政策として連脈しているはずであり、日本に対してはそれこそ略奪に匹敵する程に、これでもか、これでもか、と無理難題を打ち付けるのですが、殴られても殴られても日本の政治家や総理大臣はニヤニヤしながら米国へ擦り寄ってきます。
それは日本管理班の悪達の普段からの恫喝が功をそうしているのですが、それだけではなく、そこには日本独特のメンタリティが存在し、それも一国の総理大臣までそれであるという事が今回判明したわけです。

まず、この日本独特のメンタリティーとは何かを考えなくてはなりませんが、その前に、日本人の考え方がいかに特殊であるかという事に気づかなくてはなりません。

いくつか例を挙げます。

先の大戦末期に於いて、日本軍は若い航空兵士達に飛行機の腹に爆弾を抱えさせ、燃料を片道だけ与え、敵艦船に自爆特攻を命じました。
この神風特攻隊は、米軍兵士に大変な恐怖を与えたのです。
人間理解出来ない事には大きな恐怖感を覚えるのです。
あわてた米軍はすぐに分析、解析を始めたその結果、得られた結論が「日本軍の特攻兵士達は何らかの理由により、家族や縁者達を人質に取られているのだろう。もし自分が特攻しなければ家族を殺すと脅されているに違いない」
・・・・・。
これが米軍が出した結論でした。

はぁ・・・・・。

日本人にすれば、なに見当違いの事を言っているのだろう?と思うはずです。

祖国愛、家族愛、武士道・・・。
いずれにしても、日本人のメンタリティーからすれば、神風特攻隊の心情は、すぐに理解出来る心情であり行動でしょう。
まあ、若い兵士達も日本軍が開発した「覚醒剤」の力を多少借りていたとしても・・・。

しかし、ここで日本人はこれらの情緒的な感情は世界中の人が等しく持っているものであり、それを具現化し、お国の為に自爆特攻隊として勇敢に戦った日本人は特にアジアでは尊敬されているのだと思い込んでしまっています。
しかし他の国では誰もそんな価値感はもちあわせていないのです・・・・。

そして私が米国の分析に付け加えるとしたら、それは人質(家族縁者)の命ではなく家族、縁者の村八分が兵士達は怖がったのだろうと推測します。つまり、自分が特攻から逃げたとしたら、残された家族縁者が卑怯者の身内だという事で村社会では恐怖の「ムラハチブ」という刑に処せられるからです。
もちろんそれだけではなく、若い兵士達の純真な情緒的感情は前記した通り日本人には尊いものであるのです。
しかし、このような社会構造や情緒的感情は米国などのキリスト系や他の宗教国や、アジアのすべての国に於いても理解されないだろうという事なのです。と言うより、理解不能と言った方がいいでしょう。

つまり日本以外の国では戦時に於いて、自殺に等しい自爆攻撃を拒否する事は卑怯でも恥でも何でもないことだからです。また、そのような命令を政府が下すわけもないという事です。

ここでイスラム系の人達の自爆攻撃について日本との違いを検証してみます。

日本ではイスラム系の人達の欧米軍に対する自爆攻撃がよく日本の神風特攻隊と同じ心情からのものであろうと、勘違いされています。
しかしそれはまったく違う心情からの行動であるのです。

イスラムの若者は腹いっぱいに爆弾を巻きつけ、荷台に積み込んだ大量の爆弾と共に敵陣地へ突っ込みます。
その時の彼らの表情はニコニコしているそうです。
なぜか?
天国へ行けるからです。
天国で永遠の命と共に、何人もの処女の花嫁が自分を迎えてくれるからです。
そしてその処女の花嫁は天国であるから、いつまでも処女であるとされているのです・・・・・・・。
イスラム世界では貧しい若者は生涯花嫁を迎える事ができません。
一生女性に触れる事さえできない人が沢山いるのです。
そしてこの行動や心情は世界中の人からも理解はされるのです。
しかし、神風の心情は理解されません、というより、いくら分析解析しようが彼らの規範からは理解不能なのです。
ここの理解不能であるという所を日本人はよ〜〜く、理解しなくてはなりません。

もう一つ書きます。
これは強烈です。

米国と中国と日本の関係に於いて、殆どの日本人は米国は中国より日本の方をよく理解し、同盟国でもあるのだから、日本の味方であると無邪気にも信じきっています。
さらには中国人とは米国などの欧米先進国にとり理解できない野蛮な国ではないのか?と思っています。
中国人と商売するときに注意する事を経験豊富な人に聞くと大抵は「アメリカ人だと思って付き合わないとだめだよ。」と忠告されます。私もそう忠告します。
アメリカ人と中国人はよく似ています。

ここでまた規範の話です。

中国には歴代王朝時代に確立された多くの「正式な人間の調理の仕方」なるものが膨大な文献として残されています。
これでもう日本人はギョッとしてしまいますよね。
人間を食べるなんて、やはり中国人は恐ろしい民族だと・・・。
(もちろん王朝時代の過去の話です。)

アメリカ人は中国人に聞きます。
食物規範は?と
中国人は食物規範は食べていけないものは無いのが規範だ。
と答えるとすぐに理解します。
つまり食物規範に食べてならないものはないのだから人間を食べてもいいのです。
日本人には、はあーっ・・・・。
となるのでしょうが、これが規範というものなのです。
そして食物規範があるのか無いのか、訳の判らない日本人の方を理解出来ないのです。

極端に言ってしまえば、人間を食べる民族より規範のない民族を薄気味悪がるのだと思ってもいいのです。


そして安倍総理の話に戻りますが、財政の崖により危機が続いているオバマ大統領に対して、資金は日本が何とかしますから、と自分が言えばオバマは喜んで日米同盟の深化などとサービストークの一つも披露してくれると
思ったのでしょうが、オバマの本心にすれば、TPPに参加さえすれば後はもうなんでもいいよ。という感じだったのではないかと想像するのです。
そして、彼らはここまで搾取してもまだニヤニヤしている日本人を本当に薄気味の悪い奴らだと思っているのは間違いありません。
そしてさらに資金を出すと言っているのです。
そしてこれらの日本人の行動は彼らのメンタリティーからすると到底理解不能なのです。

腹を割って話をすれば必ず判ってくれる。お互いを理解しあえるはずだ・・・・。
と腹芸を演ずる安倍総理に対し、オバマ大統領は「こいつは何を企んでいるのか・・・?」
「これほど酷い仕打ちをしようとしている我が国に対し、はらわたが煮えくり返って居る筈だ。必ず仕返しをしようと企んでいる筈だ。」というのが彼らの理解の範疇です。
というよりそのような分析が「世界基準」といえるでしょう。

そして、安倍総理ですが、未曾有の財政危機を抱えている日本がなぜそんな資金を米国に差し出せるのか?
これを知るには、石原の爺さんの話が参考になります。
石原の爺さん・・。
雲隠れしてしまったようですが、毒にも薬にもならない政治家よりは、撒き散らす毒が国民の為になる事もあります。
次回はそれを書きます。

続。

一日一回、ワンクリック頂けたら励みになります。 人気ブログランキング
政治経済のリアルワールドのメールマガジンを読んでみませんか! ブログで書けない事も書いています。
政治経済のリアルワールド・メルマガ編
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ
Subscribe with livedoor Reader
メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
もうメルマガを読まないという方はここから解除できます。
政治経済のリアルワールド・メルマガ編 メルマガ解除
メールアドレス:
Powered By MTSプロ
記事検索
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ