2008年02月12日

【ガンダム】屈伸のまとめみたいなもの【大地に立つ】

えーと、あまりにも記事が読みにくいと集中砲火を浴びる前にwまとめてみたいと思います。さらに新しい事実と、例によっていつもの記事修正。
これで多分最終段階かと・・・なったらいいですがw

箇条書きにしてみますね。
1.しゃがみ状態から立ち状態の間には6段階のしゃがみ状態がある。
 立ち状態からしゃがみ状態の間には6段階の立ち状態がある。

2.立ち状態からレバーを下方向(1or2or3)に6フレーム入れると1段階ずつしゃがみ状態に近付いて、7フレーム目にしゃがみ態になる。
逆に、しゃがみ状態からレバーをニュートラル状態を6フレーム維持すると、1段階ずつ立ち状態に近付いていき、7フレーム目に立ち状態になる。
7フレーム目のレバー方向は問わない。

1234567890123456789012345

22222222_________________ 1Pレバー
_________________________ 1PGボタン
ssssssssssssssttttttttttt 1Pの状態
0000000012345677777777777

記号:1Pの状態の「 s 」はしゃがみ状態、「 t 」は立ち状態を示す。

3.しゃがみ状態から立ち状態へ段階的に移行する途中で、再度レバーを下方向へ入れると、しゃがみ状態を伸ばすことができる。

1234567890123456789012345

22222222___222___________ 1Pレバー
GGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGG 1PGボタン
ssssssssssssssssssssttttt 1Pの状態
0000000012343212345677777


図のように、レバーを下方向に入れた瞬間は、まだ立ち状態への移行段階が1段階進んでしまいます。その次のフレームからレバーを入れたフレーム数分だけしゃがみ状態へ1段階づつ戻っていきます。


・・・というのが基本の状態です。この説明は投げに対する状態の説明です。

さて、投げをしゃがめる程度の不利な状態で使う屈伸ガードという技術を理解するためには、打撃をガードする場合に使う立ち/しゃがみと投げに対する立ち/しゃがみは別物と言うことをまず理解してください。

打撃は発生フレームの1フレーム前と発生フレームの2フレーム間でガード側のレバーがどこに入っているかでガード成功の可否が判断されます。
上で説明した立ち状態/しゃがみ状態はまったく関係がありません。
2月14日記事修正:ガードするポイントは発生フレームの1フレーム前と打撃発生フレームの2フレーム間。ガード成功判定は打撃発生フレーム。



ここまでの理解で普通は終わりとした方が正直いいと思います。
これより下の記事はそれでは満足できないディープな方用の解説です。
人間には実現不可能なケース等、まったく実践には必要のない知識のレベルです。
心してかかって下さいw



_________________________________

さて、実は上の記事ではあえて触れていない部分があります。
ガード状態とノーガード状態では立ち状態としゃがみ状態には差があるのか?ということについては触れていません。

さらに、以前示したデータにあるように、しゃがみ状態になる7フレーム目からさらに3フレーム間下方向にレバーを入れ続けるとしゃがみ状態から立ち状態へ復帰するのが早くなると言うことについても触れていません。

これらの条件が重なると物凄く複雑な姿勢挙動を示します。
もしかしたら今後他にも条件が見つかるかもしれません。

4.派生技がある固有技の初段が硬直状態が解けた状態からから最速でしゃがみ始めるには、硬直が解けたフレームから2フレーム以内にガードボタンを押していないと最速でしゃがめない。(いわゆるノーガードしゃがみは硬直状態からでは最速ではしゃがむことができない)
ま、こんなしゃがみ方は普通しませんよね。先行入力からガードボタンは大抵押しているはずです。

5.しゃがみ途中の段階かつノーガードに切り替えて、1フレームだけ下方向にレバーを入れてガードすると、例外が発生する。
この場合のみ、レバーを入れた次のフレームで3段階しゃがみ方向へ戻る。

0000000001111111111222222
1234567890123456789012345
222222222___2__________ 1Pレバー
GGGGGGGGG___G__________ 1PGボタン
ssssssssssssssssssstttt 1Pの状態
00000000012341234567    内部の状態


6.立ち状態からレバーを下方向に6フレーム入れると7フレーム目にしゃがみ状態になる。
この7フレーム目(一旦しゃがみ状態になった)からレバーを離して次に立ち状態へ戻る場合は、本来ならまた7フレームかけて立ち状態へ戻るはずが、実際のしゃがみ状態から立ち状態へ復帰するのに3フレーム2フレームしかかからない。(しゃがみ始めてから9フレーム目にはまた元の立ち状態に戻る)
この立ち状態に戻るのが早くなる現象は、しゃがみ状態に移行した直後から3フレーム間存在して、その3フレームごとに立ち状態へ復帰する早さが異なる。
2月13日:1月28日記事データ1箇所訂正。あわせて今記事も修正。

0000000001111111111222222
1234567890123456789012345
222222_________________ 1Pレバー
GGGGGGGGGGGGGGGGG______ 1PGボタン
ttttttssttttttttttttttt 1Pの状態

7.しゃがみ状態から立ち状態へ移行した時に(7フレーム目)にレバーを下方向に入れると8フレーム目9フレーム目はすぐにしゃがみ状態になる。


6と7から立ち〜しゃがみと、しゃがみ〜立ちではちょっと違う現象が起こっています。
ぎゃぁ!!立ちとしゃがみで同じ結果が再検証で出ました。検証ミスです(´Д⊂)

2月14日:条件8を追加

8.しゃがんだ状態から立ち状態へ移行する途中で6段階目に下方向にレバーを入れると6段階目に1フレームだけ立ち状態になってしまう。

と言う現象があります。本来なら

1234567890123456789012345

_____2___________________ 1Pレバー
GGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGG 1PGボタン
ssssssssttttttttttttttttt 1Pの状態
1234565677777777777777777 内部の段階状態

で19F目に立ち状態に戻るはずなんですがそうはなりません。
実際には

1234567890123456789012345

_____2___________________ 1Pレバー
GGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGG 1PGボタン
sssssssttttttttttttttttt 1Pの状態
123455677777777777777777 内部の段階状態

となります。6フレーム目がなぜか1Fだけ立ち状態になっていますね。




これらの要素が複雑に絡むと、立ち状態やしゃがみ状態が通常の計算よりも早くなったり遅くなったりします。



こんなところでしょうか?
個人的には結局すっきりしませんが、なんだか前よりは形が見えたような希ガス。







jpsohzeki at 07:19│Comments(4)TrackBack(2)clip!
vf5 | システム

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 12−4. Catch Throws and Guard Break Attacks 4  [ VF5FS ぱっと!ねこ道場 ]   2015年09月11日 11:35
Arriving at ・Weakness Peculiar to Guard Break Attacks ・Fuzzy Guarding followed by Crouching, FGC
2. 12−4.キャッチおよびガード崩しの特性 4  [ VF5FS ぱっと!ねこ道場 ]   2015年09月11日 11:36
本章の課題 ・ガード崩しの弱点をみつけよう ・屈伸ぼっしゃがについて

この記事へのコメント

1. Posted by     2008年02月13日 11:29
毎度の事ながら地道な作業ご苦労様です

いくつか確認させてください
文章量削減の為、見出し番号の表記で失礼します


>5.
2f以上の入力時は通常通りカウントされる?
(1フレ時限定なら活用は難しいかも)


>6.
33で5fかけて屈→ぼっ立ちで12f投げ回避可能
これは生しゃがみ時限定?


>7.
上段投げは喰らわないということ?
例の上下段両方喰らってしまう状態でしょうか
2. Posted by 清酒大関   2008年02月13日 12:08
こんにちは、いつも遊びに来ていただいてありがとうございます。

早速質問に答えさせてもらいますね♪

5.はい。この例外の他は通常のカウント方法で進行します。

6.あ、ここまでやっといて肝心のしゃがみダッシュの検証してない件w
今から調べます。ここだけ保留とさせてください。

7.いえ、7フレーム目は立ち状態、8フレーム目はしゃがみ状態ですからどちらの投げも喰らうということはありません。
3. Posted by 清酒大関   2008年02月13日 12:33
あ、今調べてて気づきました。
6.の書き方が誤解を招きやすいですね。
正確に書き直します。
修正した文章を見てみて下さい。

あと、逆に質問なんですが、
33から5Fかけて屈伸というのは
353333355555・・・・ということでしょうか?
355553・・・ということでしょうか?
4. Posted by 1   2008年02月14日 05:54
回答頂きまして有難うございます
妙にぶった切った質問の仕方で失礼致しました(汗)

>>3
>33から5Fかけて屈伸というのは
>353333355555・・・・ということでしょうか?
>355553・・・ということでしょうか?

日頃のプレイではレバー33入力→レバーN+Gという感じです
表記すると 3355555… という感じでしょうか

「5Fかけて」というのは33での屈伸を言いたかったのですが
よくみると「6F」の間違いですね

すいません間違いました
この差異が気になられたのなら申し訳ないです

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
フレーム反射神経テストVer2
Lv1 Lv2

表示
結果
平均
履歴
舜帝マニアックス
楽天市場