駒来の麓の旅日記

管理人が自由気ままに交通系のニュースや雑感、旅行記を公開する不定期更新なブログです。

乗車日・2018年3月3日
乗車車両・三菱ふそうエアロキング・ジェイアール東海バス名古屋支店所属744-04993
乗車区間・中部国際空港→金城ふ頭駅
DSC_0148
今回乗車しましたバスの運行会社のHPはこちらになります。
JR東海バス

何度も乗車している路線なので、今回の乗車記は簡略化しました。

今回より中部空港線で使われるエアロキングが違う車両になるということで、名鉄のセントレアリムジンを使って中部空港までやってきた(前回の乗車記参照)。

定刻の1時間位前に着いたので、2Fのサブウェイでサンドを購入してバス乗り場の待合室で軽い朝食。
食べた後に乗り場で撮りバス。
DSC_0136
名鉄バス豊田市行きセレガ3516
DSC_0137
3番乗り場時刻表 (主に藤が丘行き・金城ふ頭駅行き)
DSC_0138
2番乗り場時刻表 (主に桑名行き・四日市行き・京都行き)
DSC_0139
1番乗り場時刻表 (主に遠鉄バス浜松行き)DSC_0141
4番乗り場時刻表 (主に豊田市行き・岡崎行き)
DSC_0140
5番乗り場で客扱い中の知多バス知立駅行きセレガR
DSC_0142
DSC_0143
遠鉄バスe-Wing浜松行きガーラ
DSC_0144
DSC_0147
名阪近鉄バス京都駅行きセレガ。
乗客ゼロで出発(´;ω;`)
…これが常態化しているらしいので、路線設定に無理があったとしか思えない…。
DSC_0148
今回乗車した金城ふ頭駅行きエアロキング744-04993。
DSC_0171
車内はこんな感じ。
DSC_0156
USBによる携帯電話への充電が可能。

乗客は自分たち・親子3人組(子供さんが2階建てバスに乗りたいということでこのバスに乗りに来たらしい一般の方)・B高氏とそのお友達の方の合計7人。
まあまずまずではないでしょうか…(^_^;

DSC_0149
中部国際空港を出発。
DSC_0150
DSC_0151
すぐにセントレアラインに乗り
DSC_0152
DSC_0153
りんくう本線料金所通過
DSC_0155
DSC_0157
半田中央から知多半島道路へ
DSC_0158
DSC_0159
DSC_0160
DSC_0161
DSC_0162
DSC_0163
大府西で流出し
DSC_0164
DSC_0165
DSC_0166
DSC_0167
大府から伊勢湾岸自動車道へ
DSC_0168
DSC_0169
DSC_0170
DSC_0172
DSC_0173
レゴホテルが直ぐ側の名港中央を流出
DSC_0174
DSC_0175
DSC_0176
DSC_0177
DSC_0178
DSC_0179
DSC_0180
金城ふ頭駅到着。
DSC_0181
この路線ではエアロキングの1F席は締切扱いで使用していません
DSC_0185
DSC_0188
DSC_0182
DSC_0183
DSC_0184
↑744-04993
↓744-02993
DSC_0016
現在使用中の744-04993に空港専用車ラッピングが施されていないのは、空港線で使用しない時は東京線(主にドリーム号)で使用するからだとか…。


ということで今回の乗車記を終わりますm(_ _)m


おまけ
DSC_0186
3月3日現在の金城ふ頭駅バス停の時刻表
高速バスは
・三重交通の中部国際空港~桑名線
・JR東海バスの中部国際空港~金城ふ頭線、京阪神昼特急静岡号(静岡~京都・大阪)、金城ふ頭・名古屋号の下車扱い(浜松→金城ふ頭駅・名古屋駅。特定日片道のみの運行)
・ウィラーエクスプレスの金城ふ頭・名古屋駅~長岡京・大阪、名古屋駅・金城ふ頭駅~新宿(昼行便)、金城ふ頭駅・名古屋駅~新宿・池袋(夜行便)
が発着。

※みなとシャトルバス(金城ふ頭駅~名古屋港)は3月いっぱいで運行終了。

乗車日・2018年3月3日
乗車車両・日野セレガ・名鉄バス名古屋中央営業所所属3509
乗車区間・名鉄バスセンター→中部国際空港
DSC_0078
DSC_0093

今回乗車しましたバスの運行会社のHPはこちらになります。


2018年2月を以てジェイアール東海バス中部空港金城ふ頭線専用車のエアロキングが車両寿命のために引退、この日から新たな車両が運用に入るということなので、乗車しに行った。
ただ、いつもみたいに直接セントレアに行くのも味気ないので、今回は今まで乗ったことがない路線で移動した。


やってきたのは名鉄バスセンター。
今回乗車する路線は3F5番から発車する。
名鉄・近鉄名古屋駅及び駅ビル・百貨店は建物の老朽化に伴い再開発されることが決定しており。この名鉄バスセンターもあと数年で一度解体されることになる。
新しい名鉄バスセンターがどのような形になるのかはまだ決定していないようだが、どちらにしてもこの姿を見られるのはそう長くはなさそうだ。

ここでバスを待っていると、門司港生まれのB高Diaryの管理人・B高さんがいらっしゃって少し雑談。
氏はこのあとJR側で撮りバスをしてから別ルートで中部空港に行かれるとのことなので、後で合流を約束して一旦別れる。

そうして時間になり、乗車するバスが入線した。
DSC_0078
DSC_0079
DSC_0077
セントレアリムジン中部国際空港行き、3509。
基本的に三菱ふそうで固められていた名鉄バスで、最近勢力を伸ばしつつある日野自動車Jバスセレガ。
元々は豊田営業所に新製配車された車両(トヨタ自動車のお膝元だから日野)だが、セントレアリムジンの増発に伴い名古屋中央に移籍してセントレアリムジンの専用車である証のラッピングを施されて運用に就いている。
そしてセントレアリムジンの専用車は全てセレガで固められている。
セレガRやエアロバスが運用に就く=代走の時というのは、マニア的には分かりやすいが…乗る側からしたら古い車両でハズレなんだろうな…(´・ω・`)


定刻に名鉄バスセンターを出発したバスはスロープを下って下広井町へ。
DSC_0081
どうでもいいけど、車内アナウンスの中部国際空港の英訳が「中部セントレアインターナショナルエアポート」ってどうよ…(´・ω・`)
「セントラルジャパンインターナショナルエアポート」でしょうが…。

名古屋中央付近・名駅南3丁目でコトバスに遭遇。
DSC_0082
琴平・高松・徳島~四日市・名古屋と書いてあった。

バスは若宮北を左折して伏見通りを北上し、伏見町では乗車なし。
広小路伏見を左折して広小路通へ入り、すぐのヒルトン名古屋で1人乗車。
DSC_0083
ヒルトンを出発した後はてっきり納屋橋→錦橋と行くかと思ったら、一旦柳橋まで行き江川線から錦通へ入るルートを取った。
DSC_0084
DSC_0085
そしてそのまま下園公園の前にある名古屋観光ホテルだが、ここでは乗車なし。
DSC_0087
そのまま錦通を東進し、錦通本町も乗車なし。
ここで東名スーパーライナー56号東京行きが先行。
DSC_0088

ジェイアール東海バスの747-12962が運用に入っていた。
DSC_0089
そのまま東進して栄オアシス21へ。
DSC_0090
9番乗り場には先程の東名ハイウェイバスが乗車扱いしていたので、暫く待機。
DSC_0091
DSC_0092
JR東海バスが発車した後、9番乗り場に入線して乗車扱い。
9人乗車して栄オアシス21を出発。
DSC_0094
DSC_0095
久屋大通から再び錦通を東進。
DSC_0096
DSC_0097
東新町から広小路通に入り、東急ホテルへ。
東急ホテルでは、路上ではなく構内に入る。
DSC_0098
DSC_0099
DSC_0100
DSC_0101
DSC_0102
正面玄関前に横付けして乗車扱い。
ここでは1人乗車して17人で確定。
DSC_0103
DSC_0104
停車している車両の合間を縫って広小路通へ出て、一旦西進。
DSC_0105
DSC_0106
中区役所を右折して
DSC_0107
芸術文化センターを右折して三度錦通へ。
DSC_0108
DSC_0109
DSC_0110
DSC_0111
DSC_0112
DSC_0113
東新町北を再び右折して
名古屋高速都心環状線に入る。
DSC_0114
丸太町を直進
DSC_0115
DSC_0116
鶴舞南も直進して3号大高線へ。
DSC_0117
大高線は交通量が多く、やや渋滞気味。
DSC_0118
DSC_0119
DSC_0120
DSC_0121
DSC_0122
星崎カーブを通過して
大高ランプに入り
知多半島道路に進路を取り
大高料金所通過し、知多半島道路に入る。
DSC_0123
知多半島道路は特に渋滞することもなく順調に走行。
DSC_0124
DSC_0125
DSC_0126
半田中央からセントレアラインに入る。
DSC_0127
知多横断道路に入ると交通量はさらに減り、走行は順調。
DSC_0128
DSC_0129
りんくう本線料金所からセントレア大橋、中部国際空港まであと少し。
DSC_0130
DSC_0131
DSC_0132
DSC_0133
構内道路をぐるっと大回りして
DSC_0134
終点・中部国際空港に到着した。
DSC_0135



ということで今回の乗車記を終わりますm(_ _)m

DSC_0013

昨年乗車したジェイアール東海バス中部国際空港・金城ふ頭線(金城ふ頭駅付近路上にて撮影)


皆様、あけましておめでとうございます。

昨年はこの拙いブログにアクセスしていただきまして、有難うございました。
本年もあまり出歩くことはないとは思いますが(^_^; ネタが有りましたら順次アップしていきたいと思っておりますので、あまり期待せずにお待ちくださいw
今年はもう少し雑記を入れたいと思っております…(´・ω・`)


それでは本年も宜しくお願いしますm(_ _)m

乗車日・2017年7月23日
乗車車両・いすゞエルガ・三重交通桑名営業所所属1153
乗車区間・名古屋名鉄バスセンター→桑名駅前
j1noeHRN
※今回三重交通バスの写真につきましては、撮影者であるB高様より使用許諾を頂きました。
ありがとうございました。

今回乗車しましたバスの運行会社のHPはこちらになります。

経営権が移譲され、新体制で出発したドムドムハンバーガー。
東海エリア唯一の店舗・桑名店はFCということもあってか、閉店を免れたのでそれを記念して訪ねようということにした。

同じ桑名に行くならば、一度乗ってみたい路線があったのでそれに乗ることにした。

DSC_0060
ということで朝の名鉄バスセンター。
5月の改正で始発が栄オアシス21から名鉄バスセンターに移った南陽高速線のあとに入線。

今回乗車する桑名行は今までも存在したものの、夜の最終のみの路線だったため利用することができなかった。
しかし今回の改正で朝8時40分発に移行したため、利用することが可能になった。
因みに同じ免許維持路線として名古屋→南桑名があるが、桑名駅前行きが国道1号経由に対して、こちらは国道23号経由となっていて、夜最終の2本のみとなる。

そして時間になり、バスが入線してきた。
VbWG1rvt
※写真提供B高様。 違う日の撮影の為、運行車両が違っています。
DSC_0061
時間になり、出発。
名鉄バスセンターでは7人が乗車。
DSC_0062
大山田団地行きの後追いでスロープを下り、若宮大通へ。
DSC_0063
名鉄バス名古屋中央営業所に停車中の四国高速・京王のエアロエース、福島交通のエアロクイーン、富士急行のセレガ。
DSC_0064
名駅南三丁目を右折して江川線へ。
最初の停留所・日置橋でいきなりの時間調整(^_^;
そして次は尾頭橋(WINS名古屋最寄り)。
日置橋と尾頭橋で4人下車。
DSC_0065
日比野から江川線六番町方面へ。
DSC_0066
六番町を右折、国道1号線へ。
ここから桑名まで一直線。
六番町で2人乗車。
DSC_0067
一色大橋を越えて下之一色へ。
下之一色で六番町からの2人が下車。
DSC_0068
中川コロナワールドから対面通行に。
かの里で名鉄バスセンターから乗車した女性が下車し、貸切に(^_^;
ここから先は1日1本片道のみの路線である旨が運転手さんからアナウンスされ、帰りのバスがないことが案内されたw
蟹江八反田から名古屋市を離れたため、一気に運賃が跳ね上がる(^_^;
DSC_0070
西尾張中央道をアンダーパスし、
DSC_0071
木曽川を跨ぐ尾張大橋。
これを越えたら三重県桑名市(旧長島町)。
DSC_0072
DSC_0073
河口付近のために長い川幅の木曽川を渡る。
DSC_0074
三重県桑名市に突入。
DSC_0075
続いて伊勢大橋へ。
DSC_0076
長良川河口堰がすぐ目の前にある。
DSC_0077
実はこの伊勢大橋、橋の途中に交差点があるという変わり種(^_^;
この信号までが長良川で、此処から先は揖斐川になる。
DSC_0078
揖斐川。
DSC_0079
揖斐川を渡れば桑名中心部。
終点目前。
DSC_0080
DSC_0081
片側2車線となってすぐの八間通を右折。
DSC_0083
有楽町を左折。
jpg large
桑名駅前でB高様が撮影した、当日の該当乗車車両。
DSC_0085
桑名駅前ロータリーに入り、
DSC_0086
終点・桑名駅前に到着。
j1noeHRN
回送となったバスは、どうやらかの里まで戻って再び営業に入るらしい。

桑名駅前で今回の写真提供者のB高様と合流し…
DSC_0087
ドムドムハンバーガーへと向かいました(笑)。


ということで今回の乗車記を終わりますm(_ _)m

乗車日・2017年5月5日
乗車車両・いすゞガーラ・三重交通桑名営業所所属5339
乗車区間・金城ふ頭駅→桑名駅前
DSC_0064

今回乗車しましたバスの運行会社のHPはこちらになります。

メイカーズ・ピアでの買い物が終わり、再び金城ふ頭駅のロータリーに到着。
陽射しが強い中、ほぼ定刻通りにこれから乗車する車両が到着した。

三重交通5339。
中部国際空港11:00発の下り1便となる。
始発からは10人ほどが乗車して、金城ふ頭では親子3人組が下車。
ここからは自分たちのみが日本人で、あとの15人ほどは全て外国人という(^_^;
これもレゴランド効果なのだろうか…?

乗車扱いが終わり、金城ふ頭を発車。
ここから長島まで20分、桑名まで40分ほどとのこと。
名港中央から再び伊勢湾岸道に入り、四日市方面へ。
DSC_0067
DSC_0068
本線合流してすぐに名港西大橋。
DSC_0069
DSC_0070
湾岸弥富を過ぎると、前方遠くに姿を現すナガシマスパーランド。
因みに木曽岬町がある関係で、木曽川を渡る前に既に三重県に入っている。
DSC_0073
木曽川の河口付近を渡り、
DSC_0075
湾岸長島で流出すると…
DSC_0076
隣はナガシマスパーランド。
DSC_0078
DSC_0079
料金所を出てすぐの信号を右折。
DSC_0081
伊勢湾岸道を潜ってすぐにあるバス等関係車両専用出入口を右折。
DSC_0082
けっこう狭い道ですw
DSC_0083
駐車場の脇を通り
DSC_0084
料金所の路線バス専用出入口からバスターミナルへ。
DSC_0085
DSC_0086
長島温泉バスターミナルに到着。
ここで金城ふ頭からの外国人全員と中部空港からの一部乗客の合計20人弱が下車。
残り6人で桑名へ向かう。
DSC_0088
さすが日本最大級のリゾート施設だけあって、ものすごい賑わいようだ。
DSC_0089
バスターミナルを出て、今来た道を戻る。
DSC_0090
DSC_0091
DSC_0092
DSC_0093
DSC_0094
この二股路、一般車両は左へ・バス等は右へ。
DSC_0095
関係車両専用出入口を左折、県道7号線へ。
DSC_0097
湾岸長島インター入口は直進。
どうやら桑名までは一般道を走行する模様。
DSC_0099
しばらく直進の後、国道のオーバーパス手前で左折。
DSC_0100
DSC_0102
DSC_0103
側道から国道23号線・名四バイパスに合流する。
DSC_0105
DSC_0106
DSC_0107
揖斐長良大橋から両河川の合流点である長良川河口堰を見る。
DSC_0108
木曽三川のうちの2河川が合流し、且つすぐ近くが河口ということもあり、川幅がかなり長い。
DSC_0110
川を渡ってすぐの地蔵交差点を右折。
DSC_0112
途中にある八風バス(三重交通傘下)と三重交通桑名営業所を通過。
DSC_0113
浅川交差点を右折して国道1号線へ。
DSC_0117
寿町2丁目を左折。
DSC_0119
突き当りを右折するとそこは三岐鉄道西桑名駅と近鉄・JR桑名駅。
DSC_0120
DSC_0121
DSC_0122
DSC_0123
桑名駅前に到着した。
DSC_0124
バスはこのまま回送として桑名営業所に戻る。


桑名に来た目的はズバリ「ドムさんぽ」だったりする(^_^;
最盛期全国に400店舗あったドムドムハンバーガーも今では60弱。
ここ桑名駅前にある複合ビル・桑栄メイトの2Fに中京エリア最後の砦となるドムドムハンバーガーFC桑名店がある。
FCだから経営者の意向で存廃が決まるが、建物の老朽(いかんせん40年以上経ってる)と経営者の高齢化でいつまで営業できるか…(´・ω・`)
もしここがなくなったら最寄りが大阪の島本になってしまうので、もしそうなったらもうドムドムハンバーガーには通えない。
頻繁に行くことが出来ない場所ではあるものの、いつまでも営業していただくことを切に願う。


ということで今回の乗車記を終わりますm(_ _)m



おまけ
DSC_0125
ドムドムが入居する桑栄ビル
DSC_0126
ドムドムハンバーガーのメニュー
DSC_0127
今回頼んだもの(因みにドムドムハンバーガーには3年ぶり・この店舗には初めての来店)

↑このページのトップヘ