朝日杯フューチュリティS
◎ドリームジャーニー
○アドマイヤヘッド
▲フライングアップル

テンの速い馬がいずれもハナを切りたくない様相だし、意外と平均ペース程度で落ち着くんじゃなかろうか。終い瞬発力を要する競馬になれば、1番人気オースミダイドウにはちと辛いんじゃないかな。この馬は緩急の少ない一定したラップで逃げて押し切る競馬が向くと思う。ひょっとしたらペリエがそういう競馬を試みるかも、なんて考えもしたが、代打の分際で折り合いを覚えさせようと必死になってる主戦・豊の努力を無にするようなことはしないでしょ。素直に消しで。

瞬発力勝負となれば、◎は迷わずドリームジャーニー。とにかく追い出してからの反応が素晴らしい馬だというのが個人的な印象。出遅れた上に前半引っ掛かった前走・東スポ杯2歳Sでさえ、追われると瞬時に反応したしね。こういう馬は府中のような長い直線だと、追い出すタイミングが難しいんじゃないかな。逆に中山みたいな直線の短いコースはドンピシャだと思う。内枠だから出遅れにだけはくれぐれも気をつけて。去年アポロノサトリで内枠出遅れをやらかした鞍上なんで、そこだけが心配。

○はアドマイヤヘッド。新馬、札2歳Sの2戦で、センスの良さを感じた馬。スッと先行できる脚があり、追走に無駄な力を使わずお終いはキッチリ瞬発力を使える器用さは中山マイルで武器になる。前走の京王杯2歳S5着で人気を落としているようだけど、府中芝1400mの渋った馬場で出遅れて後方からの競馬になっては致し方なし。むしろ上り最速で5着に追い込んだことに価値を見出して良いんじゃないか。あとは下手に外々を回されないように気をつけて。岩田なら大丈夫か。

▲はフライングアップル。確かベゴニア賞のエントリで書いたが、個人的にアドマイヤヘッド、フライングアップル、メイショウレガーロ、フサイチオフトラあたりは横一線の評価をしているだけに、○ヘッドを買うならこっちも買わなきゃ論。一応、◎ドリジャにも先行してるしね。

馬券的には、上記3頭の馬連BOXで勝負する予定。


応援投票してくれると大変励みになります→競馬ブログランキング  競馬ブログ村