【軸的中率80%】必殺!!2頭軸!【三連単2頭軸紐2点買マルチ 無料競馬予想】

軸馬的中率80%!好走必須な穴馬や危険な人気馬まで幅広く見抜きます!無料競馬2頭軸予想なら、必殺!二頭軸!

    【必殺2頭軸★的中速報】
    2017阪神大賞典フォーメーション3連単的中74000円
    2017アネモネS2頭軸三連複的中25000円
    2017オーシャンS2頭軸三連複的中19000円
    2017フェブラリーS2頭軸3連単的中9万円
    2017京都牝馬S2頭軸3連単的中33万円
    2017ダイヤモンドS2頭軸3連単的中9万円
    2017白富士S2頭軸三連単的中27万円
    2017AJCC2頭軸3連単的中29万円
    2017京成杯2頭軸3連単的中23万円
    2016東京大賞典2頭軸3連複的中5900円
    2016有馬記念2頭軸3連複的中10000円
    2016香港カップ2頭軸三連複的中19400円
    2016カペラS2頭軸三連複的中14700円
    2016ステイヤーズS三連単1着固定的中2700円
    2016福島記念三連単2点マルチ的中31万円
    2016みやこS三連単1点マルチ的中42万円
    2016府中牝馬S3連単的中43000円
    2016京都大賞典3連単的中74000円
    2016サウジアラビアRC三連単的中25000円
    2016シリウスS三連単三連複的中16000円
    2016キーンランドカップ三連複的中22000円
    2016エルムS三連複的中28000円
    2016プロキオンS三連複的中5000円
    2016ユニコーンS三連単2点買的中3万馬券
    2016日本ダービー三連複的中17000円
    2016オークス三連複的中14000円
    2016NHKマイルカップ三連単2点買い的中132万馬券
    2016天皇賞春三連複的中16万馬券
    2016青葉賞三連単2点買的中15万馬券
    2016ダービー卿三連単1点買的中12万馬券
    2016阪神大賞典三連複的中8000円
    2016阪急杯三連複的中4万馬券
    2016きさらぎ賞三連単2点買的中 3万馬券
    2015金鯱賞三連単2点買的中 22万馬券
    2015エリザベス女王杯三連複的中 1万馬券
    2015天皇賞秋三連複的中 7万馬券
    2015京都大賞典三連単的中6万馬券...etc
    最高2016NHKマイル132万馬券
    ▲詳しくは上のバナーをクリック▲

    【得意】古馬重賞
    【不得意】2歳馬重賞
    【戦法】馬柱、調教パターン、枠番読み、予想屋裏取り

    【ツイッターフォローのメリット】
    1.枠番リピーターの可能性のある馬をピックアップ
    2.ブログ更新がいち早くわかる
    3.調教パターン速報(2歳馬は除)
    4.独り言などなど

    【馬場メモ】
    ≪芝≫
    【軽い芝】新潟・東京・京都・小倉
    【重い芝】阪神・中山・中京・福島
    【非常に重い芝】札幌・函館・海外

    ≪ダート≫
    【軽いダート】京都・東京
    【やや軽いダート】中京・福島・札幌
    【重いダート】新潟・函館・小倉・阪神・中山・地方

    2016年 ダービー卿CT穴馬柱
    5番人気1着 マジックタイム
    4番人気2着 ロゴタイプ
    【展開決着】差先差(穴穴人気)  
    【枠番傾向】5枠7枠3枠 
    【騎手】シュタルケ→田辺→ルメール
    【血統】SS×ターントゥ(ノーザン)、ノーザン×SS(ナスルーラ)、SS×ノーザン(ネイティヴ)

    2015年 ダービー卿CT穴馬柱
    4番人気2着 クラリティシチー

    9番人気3着 インパルスヒーロー

    【展開決着】追追追(人気穴穴)  
    【枠番傾向】5枠5枠2枠 
    【騎手】戸崎→三浦→田中
    【血統】
     ターントゥ×ノーザン(ノーザン)、ネイティヴ×SS(その他)、ノーザン×SS(ノーザン)

    2014年 ダービー卿CT穴馬柱 
    4番人気1着 カレンブラックヒル《逃》

    9番人気2着 カオスモス《先》

    8番人気3着 インプロヴァイス《差》

    【展開決着】先先追(穴穴穴) 
    【枠番傾向】1枠8枠5枠 
    【騎手】秋山→内田→津村
    【血統】
     SS×ネイティヴ(ノーザン)、ネイティヴ×ノーザン(SS)、ネイティヴ×SS(ノーザン)

    2013年 ダービー卿CT穴馬柱  
    5番人気1着 トウケイヘイロー《逃》

    【展開決着】逃追差(穴人気人気)
    【枠番傾向】7枠3枠5枠 
    【騎手】松岡→蛯名→北村宏
    【血統】
    SS×ナスルーラ(ノーザン)、SS×セントサイモン(ハンプトン)、ナスルーラ×SS(ノーザン)

    2012年 ダービー卿CT穴馬柱   
    10番人気2着 オセアニアボス《追》

    7番人気3着 ネオサクセス《追》

    【展開決着】差追追(人気穴穴)  
    【枠番傾向】4枠5枠5枠 
    【騎手】石橋→藤岡佑→吉田豊
    【血統】
     SS×ノーザン(ノーザン)、ターントゥ×SS(その他)、 SS×ノーザン(ハンプトン)


    ★穴馬の共通点★
    ❶前走オープン馬は馬券に絡んでるか人気があって負けてる馬。
    前走重賞組はG1馬を除いて、4走以内で4着以上の成績をとってる
    ❷4番人気以内の斤量57.5kの馬は買い
    ❸よほど馬が強くない限りリピートしない
    ❹前走2月か3月に中山コースか時計のかかるコースで5着以内
    ❺斤量54〜57.5kgの馬
    ❻重賞で馬券に絡んだ経験のある馬。
    ❼近3走でタイム指数105以上
    ❽前走1400〜1800m
    ❾前走タイム指数107以上(マイルG1で連対した馬を除く)もしくは時計のかかる馬場で5着以内
    10.近3走内タイム指数90代は一回のみ
    11.クロス血統か準クロス血統が来やすい
    12. 5枠が5年連続で馬券に絡んでる


    ◼︎解説◼︎
    近3走内タイム指数90台は一回のみ
    キャンベルジュニア(3走連続100以上)
    クラリティシチー(3走前90台)
    クラレント(3走連続100以上
    グランシルク(3走連続100以上
    シベリアンスパープ(前走のみ90台)
    ダイワリベラル(前走のみ90台)
    ダンツプリウス(前走のみ90台)
    マイネルアウラート(3走連続100以上)
    ロイカバード(前走のみ90台)

    クロス血統か準クロス血統が来やすい
    キャンベルジュニア ◎
    →ノーザン×ノーザン(ターントゥ)
    クラリティシチー
    →ネイティヴ×SS(その他)
    クラレント
    →SS×ノーザン(ナスルーラ)
    グランシルク ◎
    →SS×ターントゥ(ノーザン)
    シベリアンスパープ ◎
    →ノーザン×ナスルーラ(ノーザン)
    ダイワリベラル ◎
    →SS×ナスルーラ(ターントゥ)
    ダンツプリウス ◎
    →ターントゥ×SS(ノーザン)
    マイネルアウラート
    →SS×その他(ネイティヴ)
    ロイカバード
    →SS×ネイティヴ(その他)

    前走2月か3月に中山コースか時計のかかるコースで5着以内
    キャンベルジュニア(前走中山)
    グランシルク(前走中山
    シベリアンスパープ(前走中山)
    ダイワリベラル(前走中山)
    マイネルアウラート(注意)
    ロイカバード(注意)

    前走タイム指数107以上(マイルG1で連対した馬を除く)もしくは時計のかかる馬場で5着以内
    キャンベルジュニア(111)
    グランシルク(110)
    マイネルアウラート(注意)
    ロイカバード(注意)


    結論
    さて考えますよぉ〜

    去年は3連単1点で仕留めたダービー卿CTですので、相性は良いレースだと思ってます(^◇^;)

    まぁなんで汗かいてるのかと言えば、今年は堅そうだなぁって言うのが率直な印象。

    このレースで馬券になる馬の特徴は、前走中山コースで速い時計を出してるか馬券に絡んでる馬、もしくは前走時計のかかる馬場に対して速い時計を出してる馬が馬券になりやすい。

    まぁ何でかというと中山は重い芝コースなので、単純にパワー比べになる。

    そのパワーを使うレースで、しっかりこなせてる馬こそが馬券になりやすいレースなので、そこはしっかり見極めたい。

    この時点で
    キャンベルジュニア
    グランシルク

    この辺はもうパターンにハマってますね。

    グランシルク
    グランシルクなんかは2走前の時計のかかる阪神カップでも上がり2位と速い上がりも使えてますし、前走中山コースで2着ですので、このメンバーならいけるでしょう。

    キャンベルジュニア
    この馬もグランシルクと同様に前走中山で1着、2走前も時計のかかる馬場で速いタイム指数を獲得してますので、典型的に来るパターンですね。去年は危険な人気馬指定してましたが、今年は買い。

    んで、あとは
    マイネルアウラート
    2走前は中山でタイム指数110オーバー。
    3走前のリゲルSは時計のかかる馬場でタイム106でサトノラーゼンやスズカデヴィアスに勝っての1着。この馬もパターンにハマってますね( ☼д☼)

    さてさてこの三頭堅すぎて、グレーターロンドンがますます恋しくなりそうなレースではありますが、穴馬サイドをしっかり考えないと意味がないので考えてます。

    まぁー綻びがあるとすればマイネルアウラート

    その穴馬となりそうな馬は

    ロイカバード
    ダイワリベラル

    この2頭が穴馬として台頭の余地があるのかなと思います。

    ロイカバード
    この馬が苦手な展開は上がり自慢の馬が揃って、ヨーイドンのレースになった時に負けることが多いですね。前走はまさに上がり勝負になってしまったことが原因。今回のような早すぎないペースなら、この馬は33秒台の速い上がりが使える馬ですので、可能性としては十分にある。元町Sと六社特別では時計のかかる馬場で1着ですので、パワーはある。
    当然ここも合うはずでしょう。

    ダイワリベラル
    去年のダービー卿4着、京成杯AH4着から前走中山の東風Sでは2着ですから、まだまだ中山巧者健在ではあります。出遅れさえ気をつければありかもしれませんね。

    さてさて個人的に穴馬として来そうかなと思う馬はこのランキング馬

    確かにキャンベル、グランシルク、マイネルアウラートの壁は高いが、ワンチャン期待をかけるならこのランキング馬なのかなと言う結論。

    ⬇︎
    3.
    (↑現在三連単・三連複部門1位↑)
    【2017 ダービー卿CT穴馬柱】の続きを読む

    2016年 大阪杯危険な人気馬柱
    1番人気4着 ラブリーデイ
    3番人気6着 ヌーヴォレコルト
    2015年 大阪杯危険な人気馬柱
    2番人気4着 スピルバーグ

    3番人気5着 ロゴタイプ

    2014年大阪杯危険な人気馬柱 
    3番人気7着 メイショウマンボ

    2013年 大阪杯危険な人気馬柱
    3番人気5着 ダークシャドウ

    2012年 大阪杯危険な人気馬柱
    3番人気5着 ナカヤマナイト

    2011年 大阪杯危険な人気馬柱
    2番人気5着 キャプテントゥーレ

    2010年 大阪杯危険な人気馬柱  
    2番人気7着 ヤマニンキングリー

    3番人気10着 サンライズベガ

    【危険な人気馬の共通点】
    ❶関西での実績が乏しい馬が危険
    ❷近2走内でタイム指数90台がある馬危険
    ❸前走かなり時計のかかる馬場で勝ってる馬はあまり信用できない。

    ▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎

    ★人気の勝ち馬の共通点★
    2016
    1着2番人気 アンビシャス
    2015
    2着1番人気 キズナ

    2014
    1着2番人気 キズナ

    3着1番人気 エピファネイア

    2013
    1着1番人気 オルフェーヴル

    2着2番人気 ショウナンマイティ

    2012
    2着1番人気 フェデラリスト

    3着2番人気 トーセンジョーダン
    2011
    1着1番人気 ヒルノダムール

    3着3番人気 エイシンフラッシュ

    2010
    3着1番人気 ドリームジャーニー

    【人気馬軸の共通点】
    ❶近3走内上がり33〜32秒台が基準
    ❷近2走内タイム指数110以上
    ❸去年タイム指数90台を取っていない馬が軸レベル(4歳馬はクラシック以降)
    ❹前走G1組以外は人気があって馬券圏内の馬が馬券に絡みやすい。
    ❺前走京都記念か中山記念での馬券組が優勢

    ▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎
    まとめ解説
    近3走内上がり33〜32秒台が基準
    キタサンブラック ◎
    マカヒキ -
    サトノクラウン ×
    ヤマカツエース ◎
    アンビシャス ◎

    近2走ともにタイム指数110以下は危険
    キタサンブラック ◎◎
    マカヒキ -△
    サトノクラウン ××
    ヤマカツエース ◎◎
    アンビシャス ◎×

    前走京都記念か中山記念での馬券組が優勢
    キタサンブラック ◎◎-
    マカヒキ -△◎
    サトノクラウン ××◎
    ヤマカツエース ◎◎-
    アンビシャス ◎××

    さてさて産経大阪杯。
    まずは危険サイドを探ろうかなと思います。

    まず軸として1番信用できそうな馬は
    キタサンブラック

    キタサンブラック
    もうこの馬はどんな展開になろうとも走れる馬で天皇賞春を逃げ切った時点で今のところ、敵はサトノダイヤモンドしかいないと見ていいでしょう。今回も当然前目を狙うと思うし、有馬記念での時計のかかる馬場でかつハイペース消耗戦に対して2番手で粘っての2着ですので、今回もまず消すのが難しい馬と見ていいでしょう。

    疑うなら
    マカヒキ
    サトノクラウン

    この辺だと思います。

    マカヒキ
    断続的に速い上がりを使えるところを見るとキズナに似てる雰囲気がありますね。ただ凱旋門賞はかなりのハイペース消耗戦で着外に沈みました。

    適正距離を考えれば2400mまでのスローの瞬発力勝負が限界でしょうね。

    タイム指数的にはこの時期のドゥラメンテと比べてもまだ足りてないし、キズナと比べてもまだ足りない。

    それを考えると今回この馬が、キタサンブラックより先に先着するのは難しいような気がしますね。

    サトノクラウン
    この馬は結構時計のかかる馬場、2200m以上で結果を残す事が多いとこを見ればこの馬の適性は、外回りの長距離の方が合っている気がしますね。

    やや小回り2000mはこの馬にとっては短い気がしますね。

    天皇書春を使ってきた方が、個人的には推せるのかなとは思います。

    ハイペース消耗戦になるようなら、チャンスはありそうなのだが、騎手は相当考えて乗らないとエンジンがかかる前にやられてしまうだろう。故にデムーロの腕次第。

    あとは前走時計のかかる馬場で走らされてる馬は幾分疲労度も考慮に入れなければならないので注意。

    とここまで考えて見ました。

    今回意外とヤマカツエースがやれそうな気はしてますし、アンビシャスもスタートさえ決まれば勝負になりそうだなって考えると、

    危険かもしれないと感じるのはこのランキング馬かなと言うのが結論です。

    ⬇︎
    2.   
    ↑三連単・三連複部門現在2位前後↑


    【2017 大阪杯危険な人気馬柱】の続きを読む

    2016年 大阪杯穴馬柱
    5番人気2着 キタサンブラック
    4番人気3着 ショウナンパンドラ
    【展開決着】逃逃先(人気穴穴)  
    【枠番傾向】7枠6枠7枠 
    【騎手】横山典→武豊→池添
    【血統】SS×ネイティヴ(ナスルーラ)、SS×ナスルーラ(ナスルーラ)、SS×ノーザン(ハンプトン)

    2015年 大阪杯穴馬柱
    4番人気1着 ラキシス

    6番人気3着 エアソミュール

    【展開決着】追追先(穴人気穴)  
    【枠番傾向】3枠5枠3枠 
    【騎手】ルメール→武豊→M.デムーロ
    【血統】
     SS×ノーザン(ネイティヴ)、SS×ノーザン(その他)、ナスルーラ×SS(ナスルーラ)

    2014年 大阪杯穴馬柱 
    6番人気2着 トウカイパラダイス《逃》

    【展開決着】差先先(人気穴人気)  
    【枠番傾向】7枠3枠4枠 
    【騎手】武豊→柴山→福永
    【血統】
     SS×ノーザン(その他)、SS×ノーザン(セントサイモン)、ターントゥ×SS(ノーザン)

    2013年 大阪杯穴馬柱  
    5番人気3着 エイシンフラッシュ《追》

    【展開決着】追追先(人気人気穴)  
    【枠番傾向】4枠3枠5枠 
    【騎手】池添→浜中→C.デムーロ
    【血統】
     SS×パーソロン(ノーザン)、SS×ノーザン(セントサイモン)、ネイティヴ×ハンプトン(ネイティヴ)

    2012年 大阪杯穴馬柱  
    6番人気1着 ショウナンマイティ《追》

    【展開決着】追先逃(穴人気人気) 
    【枠番傾向】8枠5枠2枠 
    【騎手】浜中→横山典→岩田
    【血統】SS×ノーザン(セントサイモン)、ネイティヴ×SS(ノーザン)、ナスルーラ×ノーザン(ネイティヴ)

    ★穴馬の共通点★
    前走重賞馬は6着以内。
    前走オープン条件上がりは2走連続連対以上。
    ❷前走1月以降からの出走(前走有馬記念組は除く)
    ❸近3走内でタイム指数109以上(G1で1着経験ある馬は除く)
    ❹重賞で連対実績がある馬
    ❺近3走内中山、阪神、中京の重い芝でタイム指数109
    ❻近3走内上がり33秒台(逃げ馬除く)
    ❼前走最終コーナー5番手より前か9番手より後ろで上がり3位以内の脚を使ってる馬

    ◼︎解説◼︎
    近3走内でタイム指数109以上(G1で1着経験ある馬は除く)
    アンビシャス(116)
    キタサンブラック(118)
    サトノクラウン(109)
    スズカデヴィアス(109)
    ステファノス(110)
    ディーマジェスティ(注意)
    マカヒキ(注意)
    マルターズアポジー(110)
    ミッキーロケット(116)
    モンドインテロ(115)
    ヤマカツエース(119)

      近3走内上がり33秒台(逃げ馬除く)
    アンビシャス
    キタサンブラック
    スズカデヴィアス
    ステファノス
    マカヒキ
    マルターズアポジー
    モンドインテロ
    ヤマカツエース

    前走最終コーナー5番手より前か9番手より後ろで上がり3位以内の脚を使ってる馬
    キタサンブラック(2-2-2-2)
    スズカデヴィアス(10番手上がり2位)
    ステファノス(10番手上がり2位)
    マカヒキ(5-5-5-4)
    マルターズアポジー(1-1-1-1)

    ⬇︎おまけ⬇︎
    6歳以上(0-1-3-30)
    サクラアンプルール
    スズカデヴィアス
    ステファノス
    ディサイファ

    前走6着以下で負けた馬の着差
    ・0.4秒以下(1-1-1-4)
    ステファノス(6着0.3秒)
    ・0.5秒以上(0-0-2-47)
    ディーマジェスティ(6着0.5秒)
    アングライフェン(12着0.5秒)

    結論
    さてさてG1に昇格した産経大阪杯!

    グレードは上がりましたが傾向は去年と変わらないでしょう😉

    基本先行力のある馬か上がりが速い追い込み馬が有利なレース。

    1番買えそうな有力馬は
    キタサンブラック

    馬体が大きい、先行力もある、調子をキープ。やはり凱旋門賞でもこの馬とサトノダイヤモンドはかなり有力候補だと思っているので、余程のことがない限り飛ばなそう。

    あとは
    マカヒキ

    この馬も速い上がりが使える追い込み馬なので、まぁ大丈夫そうなのです。ただ凱旋門賞での敗戦は恐ろしいほどのハイペース戦になっての負けなので、出来れば良馬場であまり前半ペースが上がりすぎない展開を望みたい。

    と言うことで穴サイドとして期待出来そうな馬は
    マルターズアポジー
    ステファノス
    スズカデヴィアス

    この3頭になるのかなと思います。

    スズカデヴィアス
    この馬は控える競馬を覚えてから速い上がりが断続的に使えるようになってきたんですよね。近2走の白富士Sではサクラアンプルールに先着してますし、前走金鯱賞も3着ではあるが、ヤマカツエースと同タイム指数109ですので、勢いはあります。

    ステファノス
    中京や阪神のようなタフな馬場よりは、東京のようなやや軽い芝巧者のように見えますので、一概には推せないのだが、人気はないし、ただ中京や阪神でも近走では負けてはいるのだが、速い上がりは使えてますので、展開次第では生きてくる可能性もあるので注意。
    だがデータ的には厳しそう。

    マルターズアポジー
    有馬記念の大負けは仕方ない。かなりのハイペース消耗戦のレースでしたしね。あのレースでは逃げられないでしょう。この馬は小回り巧者なんですよね。主に小倉、福島、中山内回りでは堅実に馬券に絡んでいる。近5走では有馬記念を抜かすとほぼ小回り無敵モードに入っている。それはさておき今回阪神コースで使用するコースは内回りのやや小回りコース。恐らくはこの馬にとってはかなり美味しいとは思います。あとは馬場が若干重くなってくれたらもっといいでしょうね。

    さてここまで考えてみて、これは中山記念でも同じことが言えるが、2000mや1800mではやや先行馬有利になりがちレースが多いです。

    今回差し馬は強いので、前目を走る馬はあまりペースをあげないんじゃないかなと見ると、キタサンブラックはそこまで前を主張せず3番手くらいに控えそう。

    恐らくはロードヴァンドール、マルターズアポジー辺りが逃げる形になるが、まぁ行った馬がそのまま逃げるって形で無理はしないはず。

    そしたらやっぱ前が有利になりそう。

    うーんここで難しいのがアンビシャスなのだがどう出るかが鍵になるが、ココは期待したい馬はむしろランキング馬だと思いますね。

    ⬇︎
    1.
    (↑現在三連単・三連複部門1位↑)
    【2017 大阪杯穴馬柱】の続きを読む

    このページのトップヘ