【軸】
ウインブライト
5. 
◎ファンディーナ
http://blog.with2.net/link.php?1666918
(軸はこちらに公開!2位)

【相手】
スワーヴリチャード
アウトライアーズ
カデナ(3連単安め)
サトノアレス(三連複抑)
アルアイン(三連複抑)
ペルシアンナイト(三連複抑)

【オススメ三連単】
→アウトライアーズ→ウインブライト

【買い目】
3連単2頭軸マルチ流し)
8,17→2,6
8,17→4(安め購入)
(3連複2頭軸流し)
8,17→7,11,13

【解説】
さて考えていきます。

まず馬場から考えると先週の雨で内ラチ沿いの馬場は荒れているため、外も決まりやすい。まぁ土曜の競馬傾向からは内も決まってるが

やはり穴馬妙味を考えるなら7枠から外と睨む。候補にあげるなら
アルアイン
サトノアレス
ウインブライト

この3頭から1頭来そうな予感。
それに7枠から外は過去5年でも2015年を抜かして毎年来てますからね。中山最終を考えると、内枠はもちろん有利だが外は軽視しちゃいけないでしょう。

土曜の傾向から見て、時計は速く、やはり前残りの馬場になりやすい傾向になっている。先行-先行-差しで見た方がいいでしょう。

展開から考えると、
アダムスバローズとクリンチャーとマイスタイルが逃げる形になる。その後ろにファンディーナかアメリカンズカップかプラチナヴォイス辺りがついていく形になるでしょう。

馬体に関しては
480キロ以上の馬が大体2頭以上絡みます。やはり中山というコースを考えた時に馬体の大きくて筋肉のある馬がココでは重要になりますからね。

血統に関しては、
サンデーベースにノーザンダンサー系かネイティヴダンサー系の血が入ってる馬が2頭以上絡んでるので軸にするならココでしょう。

軸馬は
ランキング馬
ウインブライト

この2頭でいきます。

ランキング馬
位置取りとしては最高にいいポジションなのかなと思います。今年入って2戦以上こなしてる人気馬はココでは来やすいというのもあるし、前目で速い上がりを使えるのは大きな武器になるでしょう。

特に2戦前のつばき賞は普通の馬なら負けレースでしたが、突き放しにかかるタガノアスワドを差し切るというかなり強い内容。馬体もオス馬に負けないくらいの大きな馬体ももってますしね。

4/12の坂路調教も3ハロン13.3-2ハロン13.1-1ハロン13.1と、一定の速いラップを続けて刻んで、一杯のインヘリットデールに0.7秒先着とかなり好調のご様子。

やはりこの馬から入らざる終えないかなと思います。

ウインブライト
土曜の中山4レース目ではステゴ産駒が2頭馬券に絡んで、9レース目も2頭、11レース目障害ですが、1着馬もステゴ産駒と、完全に今の中山がステゴ産駒が走る馬場状態になってます。

それを考えると8枠に入ったのもいいし、何より中山巧者というのも大きな魅力でしょう。

スプリングSでもスタートは良くなかったが、脚を溜めて長い脚を使いつつの上がり最速なので、これはかなり評価できる内容だったのかなと思いますね。

3連単の相手は
スワーヴリチャード
アウトライアーズ

この2頭で行きます!

スワーヴリチャード
若干よれ癖は気になるところではありますが、調教は悪くないのかなと思います。近年共同通信杯組は調子がいいし、来そうな気もします。ただ出遅れ癖だけきになるところ。

アウトライアーズ
個人的にはこっちが来そうかなと思ってます。まぁ穴馬柱でも推した通りですね。前走ペース的には遅いペースで進みましたが、皐月賞ではややペース的には早くなる。

そう考えるとウインブライドには逆転出来そうですし、得意の競馬に持ち込むこともできそう。

折り合いにやや心配はありますが、父も祖父も皐月賞取ってますのでココはベストな舞台設定でしょう。

あとカデナも押さえておきましょうかね。

カデナ
一見したら全て上がり最速で良さげな気もしますが、まだ速い時計を出したこともなければ、ハイペースを経験したことがありません。

やはり過去の傾向から見ても速い時計を出せてる馬の方が相性がいいはずなので、悩むとこではありますね。

ただこういう馬は本当どっちに転ぶかわからないので、取り敢えず買ってみるといったところ。ちなみに調教は微妙で弥生賞の時の方が良かったかなと言う印象。

今回の軸馬のランキング馬はこちら
 
⬇︎

5.   
↑三連単・三連複部門現在2位前後↑
※予想実績はコチラ↓
※ランキング閲覧の方法がわからない方はコチラ↓

▼クリックお願いします