2016年 マイラーズカップ穴馬柱
5番人気2着 ダノンシャーク
11番人気3着 クラレント
【展開決着】追差先(人気穴穴)
【枠番傾向】2枠1枠3枠
【騎手】松山→福永→小牧
【血統】ネイティヴ×その他(ハンプトン)、SS×ノーザン(ナスルーラ)、SS×ノーザン(ナスルーラ)

2015年 マイラーズカップ穴馬柱
8番人気1着 レッドアリオン

5番人気2着 サンライズメジャー

【展開決着】先先差(穴穴人気)   
【枠番傾向】7枠2枠4枠
【騎手】川須→四位→戸崎
【血統】SS×ノーザン(ナスルーラ)、SS×ノーザン(ナスルーラ)、SS×ノーザン(ノーザン)

2014年 マイラーズカップ穴馬柱 
人気サイド決着

【展開決着】先差差(人気人気人気)  
【枠番傾向】2枠3枠6枠
【騎手】シュタルケ→武豊→川田
【血統】SS×ハンプトン(ノーザン)、SS×ノーザン(ノーザン)、SS×ナスルーラ(セントサイモン)

2013年 マイラーズカップ穴馬柱  
5番人気1着 グランプリボス《差》

8番人気2着 サンレイレーザー《差》

【展開決着】差差差(穴穴人気)  
【枠番傾向】8枠7枠6枠
【騎手】浜中→和田→C.デムーロ
【血統】ナスルーラ×SS(ナスルーラ)、ノーザン×ナスルーラ(ターントゥ)、SS×ノーザン(ナスルーラ)

2012年 マイラーズカップ穴馬柱  
6番人気2着 ダノンシャーク《差》

7番人気3着 コスモセンサー《先》

【展開決着】逃差先(人気穴穴)
【枠番傾向】8枠2枠3枠
【厩舎】西西西
【血統】ノーザン×SS(ネイティヴ)、SS×ノーザン(ナスルーラ)、ネイティヴ×ナスルーラ(その他)

※2011年以降は阪神開催だったため省略。

★穴馬の共通点★
❶近2走内2着以内
❷近3走内タイム指数107以上
❸近5走以内で上がり33秒〜32秒台の馬
❹近5走以内でタイム指数104以上
❺近5走以内でタイム指数100以上を3回以上
❻過去に東京か京都で上がり33秒台
❼近4走内に重賞に出走していて5着以内
❽サンデー×ノーザンかサンデー×ナスルーラの血が2頭以上馬券に絡みやすい。
❾前走最終コーナーで6番手より前に付けてるか10番手より後ろから追い込んでる馬
10.近3走内で時計のかかる馬場を経験してる
11.近走上がり33〜34秒台で速い時計を出してる
12.差し馬追い込み馬は前走から断続的に速い上がりを支えないとだめ


◼︎解説◼︎
近5走以内でタイム指数100以上を3回以上
アクションスター
イスラボニータ
エアスピネル
クルーガー
ダッシングブレイズ
フィエロ
ブラックスピネル
ブラビッシモ
プロディガルサン
ヤングマンパワー

前走最終コーナーで6番手より前に付けてるか10番手より後ろから追い込んでる馬
イスラボニータ(2-2)
エアスピネル(5-5)
クルーガー(11-12)
ダッシングブレイズ(6-6)
フィエロ(15-15)
ブラックスピネル(1-1)
プロディガルサン(3-3-3-4)
ヤングマンパワー(3-3)

サンデー×ノーザンかサンデー×ナスルーラの血が2頭以上馬券に絡みやすい。
イスラボニータ◎
→SS×ナスルーラ(ネイティヴ)
エアスピネル◎
→ネイティヴ×SS(ノーザン)
クルーガー 
→ネイティヴ×その他(ハンプトン)
ダッシングブレイズ
→ノーザン×その他(ネイティヴ)
フィエロ◎
→SS×ノーザン(ノーザン)
ブラックスピネル
→ターントゥ×ネイティヴ(SS)
プロディガルサン◎
→SS×ノーザン(ネイティヴ)
ヤングマンパワー◎
→ノーザン×SS(ノーザン)

近3走内タイム指数107以上
イスラボニータ(110)
エアスピネル(109)
ダッシングブレイズ(114)
フィエロ(108)
ブラックスピネル(109)
プロディガルサン(108)
ヤングマンパワー(110)

近3走内で時計のかかる馬場を経験してる
イスラボニータ
ダッシングブレイズ
フィエロ
ブラックスピネル

結論
更新遅くなりました!( ̄◇ ̄;)

さて考えていきます💨

このレースはやや先行型の馬が有利なレース。あとはマイル戦らしく近走で速い時計を持ってる馬が来やすい。

血統的にはサンデーとノーザンもしくは、サンデーとナスルーラの血を持ってる馬が大半を占める。

ネイティヴダンサー系はどちらかと言えば、阪神や中山などの力のいる馬場で発揮しやすい血統なので、ココでは軸として考えるなら慎重に考えた方がよい。

時計と血統を考慮して
イスラボニータ

この馬は総合的に合格点をあげられそうですね。サンデーとナスルーラの血を持ってますし、先行して速い時計が出せるし、このメンバーなら抜けている。

あとは、エアスピネルは調教次第。

ブラックスピネルは、血統パターンに当てはまっていないのでどうだろうといった感じ。タフな馬場になればワンチャンあるが、雨が降ったとしても京都開幕週ともあり、恐らく時計が出やすい馬場なるので、押さえが限界か。

穴馬候補としては
フィエロ
プロディガルサン

この2頭かなと見る。

フィエロ
三走連続速い上がりを使ってますし、時計も速い、おまけに血統もサンデーからのノーザンダンサーのクロス血統ですので、まさにマイラーズカップの穴馬の条件にピッタリでしょう。去年はいい脚で上がったはいいものの、前目が速いペースで止まってくれなかったため、脚を余した感じになりましたが、ペース的に前後半でペースに変化が出来れば、この馬の相性のいい競馬が出来るはず。

プロディガルサン
この馬はマイルでしか走れないのでやはりここの選択は正解でしょう。東京新聞杯では32秒台で最速の上がりを記録してますし、金鯱賞も負けはしたが0.3秒差とそんなに差はない。直線はちょっと長いほうがいいが、マイラーズカップで来る可能性は十分にある。

以上ですが、圧倒的にこの馬だなっていうのは一頭います。

個人的にはこのランキング馬を強く推したい。

⬇︎
1.
(↑現在三連単・三連複部門2位↑)
※予想実績はコチラ↓
※ランキング閲覧の方法がわからない方はコチラ↓

▼クリックお願いします