2016年 オークス危険な人気馬柱
3番人気10着 エンジェルフェイス
2015年オークス危険な人気馬柱 
2番人気10着 レッツゴードンキ

2014年オークス危険な人気馬柱 
人気サイド決着
2013年 オークス危険な人気馬柱
2番人気17着 レッドオーヴァル

3番人気4着 アユサン

2012年 オークス危険な人気馬柱
1番人気13着 ミッドサマーフェア

2011年 オークス危険な人気馬柱
1番人気4着 マルセリーナ

3番人気14着 グルヴェイグ

【危険な人気馬の共通点】
❶キャリア内でタイム指数が速い決着しか経験してない
❷タイム指数が低いレースでしか1着を取ったことがない馬も危険
❸1400mでタイム指数100以上出している馬は危険

▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎

★人気の勝ち馬の共通点★
2016
1着1番人気 シンハライト
2着2番人気 チェッキーノ
2015
1着3番人気 ミッキークイーン

2着1番人気 ルージュバック

2014
1着2番人気 ヌーヴォレコルト

2着1番人気 ハープスター

3着3番人気 バウンスシャッセ

2013
3着1番人気 デニムアンドルビー

2012
1着3番人気 ジェンティルドンナ

2着2番人気 ヴィルシーナ

2011
3着2番人気 ホエールキャプチャ

【人気馬軸の共通点】
❶キャリア内でタイム指数107以上取ってる馬は1,2着固定でいける
❷出走キャリア全て連対以上
❸クイーンカップ2着以内(負けてる馬は×)
❹前走4コーナー7番手より後ろが頭候補


▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎
まとめ解説
キャリア内でタイム指数107以上取ってる馬は1,2着固定でいける
リスグラシュー(106)-
ソウルスターリング(109)◎
アドマイヤミヤビ(108)◎
フローレスマジック(103)-

出走キャリア全て連対以上
リスグラシュー --
ソウルスターリング ◎-
アドマイヤミヤビ ◎-
フローレスマジック --

クイーンカップ2着以内(負けてる馬は×)
リスグラシュー ---
ソウルスターリング ◎--
アドマイヤミヤビ ◎-◎
フローレスマジック --×

前走4コーナー7番手より後ろが頭候補
リスグラシュー(9-8) ---◎
ソウルスターリング(6-5) ◎---
アドマイヤミヤビ(17-16) ◎-◎◎
フローレスマジック(3-3-3) --×-

さてさて考えてみます( ◞・౪・)◞

去年はエンジェルフェイスとロッテンマイヤーは余裕で消せましたが、

今回に至っては人気サイドを消すのが非常に難しいのかなと思います。

と言うのも、桜花賞組で馬券になってる馬は、個人的には高い評価はあげられるのだ。

桜花賞はハイペース消耗戦でかつ馬場が荒れてましたので、リスグラシューとソウルスターリングは高い評価が挙げられる。

だがしかし!だがしかし!

オークスはスローの瞬発力勝負になりやすいレースです。

リスグラシューソウルスターリングはここ3走でタイム指数100以上あげてるところを見ると、確かに強いように見えるが、この3走が全てハイペース消耗戦だったことを考えれば、

付け入る隙があるならここでしょう。

如何に中団で溜められて、如何に直線で追い出せるか鍵になるので、

気性面に注目したいです。

アドマイヤミヤビ
この馬はスローの瞬発力勝負で結果を残してきた馬ですし、血統的にも合ってるし、こなせるのかなと思いますね。

問題は
ソウルスターリング
リスグラシュー

この2頭はオークス血統ではない点もありますし、先に述べた通り、慣れないスローの瞬発力勝負で結果が出せるかが鬼門。

ソウルスターリング
もともとフランケルと言えば、マイルで活躍してきた馬で、イギリスダービーにも出走を考えていたが、スピード自慢だった事と気性が激しいことから回避しました。母スタセリアは2400mのヴェルメイユ賞を勝ってますが、コレはダーレミの降着からの繰り上げ1着。

その後は凱旋門賞に挑戦するも5馬身差を付けられての7着。結果的には2000m前後での活躍が目立った馬でした。

この父と母の血統を持ったソウルスターリング。

近走の走りを見た感じでは、先行してスピードで押し切るタイプ。ややフランケルに似てる感じがしますね。

確かにこの馬は強いが、近3走の展開があった事と距離適性があった事を考えれば、怪しい。

桜花賞もハイペース消耗戦で馬場が重くて3着。通常で考えれば、これは少し距離が長い桜花賞と考えるとみると、あの辛い3着も納得ができる。

最後アロエリット、カラクレナイにも差されそうになってましたしね。

桜花賞をヒントにオークスでは距離が合わない可能性も視野に入れる。

リスグラシュー
血統的には物足りないものの、結局ハーツクライ産駒という点では捨て切れないファクターではありますね。430キロ前後で馬体が小さいのもオークスではあいますしね。

ただ鞍上武豊と言うのも不安要素の一部だ。

2000年以降オークスでの3番人気以内の馬に乗ったのが5頭いますが、馬券になったのはエアメサイアの1頭だけ。

アドマイヤグルーヴ、ダンスインザムード、アドマイヤキッス、ザレマと馬券圏内に飛んでます。さらに人気関係なく見てみると(0-1-0-10)とかなり部が悪い。

不安要素はここだけかな。
桜花賞はハーツクライ産駒らしく、ジリジリドカンと来ましたし、オークスで武器になりそうな脚なんですよね。

さてさて今回すごく悩みましたが、ちょっと怪しめかなと思う馬はランキング馬

ただ当日までは悩むと思いますが、現在のところはちょっと抑え評価とします。

今回はこの馬を危険な人気馬に指名します。
⬇︎
2.   
ソウルスターリング
↑三連単・三連複部門現在2位前後↑
※予想実績はコチラ↓
※ランキング閲覧の方法がわからない方はコチラ↓

▼クリックお願いします