2017年 京都記念穴馬柱
5番人気2着 スマートレイアー
IMG_9090
【展開決着】先先先(人気穴人気)
【枠番傾向】6枠4枠3枠
【騎手】M.デムーロ→岩田→ムーア
【血統】ノーザン×ネイティヴ(ネイティヴ)、SS×ノーザン(ナスルーラ)、SS×ノーザン(ナスルーラ)

2016年 京都記念穴馬柱
6番人気1着 サトノクラウン
4番人気3着 アドマイヤデウス
【展開決着】逃追先(穴人気穴)
【枠番傾向】4枠4枠2枠
【騎手】M.デムーロ→福永→岩田
【血統】ノーザン×ネイティヴ(ネイティヴ)、SS×ノーザン(ナスルーラ)、ネイティヴ×SS(ノーザン)

2015年 京都記念穴馬柱
4番人気2着 スズカデヴィアス

【展開決着】逃逃追(人気穴人気)
【枠番傾向】6枠7枠4枠
【騎手】戸崎→藤岡佑→武豊
【血統】ネイティヴ×SS(ナスルーラ)、ネイティヴ×SS(ナスルーラ)、SS×ノーザン(その他)

2014年 京都記念穴馬柱 
6番人気1着 デスペラード

4番人気3着 アンコイルド 

【展開決着】逃先先(人気穴人気)
【枠番傾向】4枠3枠6枠
【騎手】横山典→武豊→後藤
【血統】SS×ナスルーラ(ターントゥ)、SS×ネイティヴ(ノーザン)、ノーザン×ノーザン(ナスルーラ)

2013年 京都記念穴馬柱 
6番人気1着 トーセンラー

【展開決着】差差逃(穴人気人気)
【枠番傾向】8枠1枠8枠
【騎手】武豊→小牧→浜中
【血統】SS×ネイティヴ(ノーザン)、SS×その他(ネイティヴ)、SS×ノーザン(セントサイモン)

2012年 京都記念穴馬柱 
5番人気1着 トレイルブレイザー

【展開決着】逃先差(穴人気人気)
【枠番傾向】3枠1枠8枠
【騎手】武豊→福永→藤田
【血統】SS×ネイティヴ(ノーザン)、SS×その他(ノーザン)、SS×ノーザン(ノーザン)


--------------------------
穴馬の共通点
前走オープン組は、該当なし
前走重賞G2G3組は、4着以内もしくは人気があった馬
前走G1組冬のG1出走組
近3走内タイム指数107以上
近3走内で2着以内
去年京都コースでタイム指数110以上(3000mで4着以内の馬は除く)
SSとネイティヴが必ず一頭きてる。
SSとノーザン絡みも必ず一頭来てる。
クロス血統と準クロス血統も毎年1頭きてる。
近2走最終6番手以内
マイラーより2000m以上での実績馬がいい

◼︎解説◼︎
前走オープン組は、該当なし
前走重賞G2G3組は、4着以内もしくは人気があった馬
前走G1組冬のG1出走組
アルアイン(菊花賞)
クリンチャー(菊花賞)
クロコスミア(エリザベス)
ディアドラ(エリザベス)
ミッキーロケット(日経新春2番人気4着)
モズカッチャン(エリザベス)
レイデオロ(ジャパンカップ)

近3走内タイム指数107以上
アルアイン(109)
クリンチャー(109)
ディアドラ(109)
レイデオロ(113)

SSとネイティヴが必ず一頭きてる。
SSとノーザン絡みも必ず一頭来てる。
クロス血統と準クロス血統も毎年1頭きてる。
アルアイン
→SS×ナスルーラ(その他)
クリンチャー ◎
→SS×ターントゥ(ノーザン)
ディアドラ ◎
→ノーザン×SS(ネイティヴ)
レイデオロ ◎
→ネイティヴ×ターントゥ(ネイティヴ)

近2走最終6番手以内
アルアイン(3番手)
クリンチャー(2番手)◎
ディアドラ(9番手)◎×
レイデオロ(3番手)◎

去年京都コースでタイム指数110以上(3000mで4着以内の馬は除く→逃げる可能性があるから)
クリンチャー(菊2着)◎
ディアドラ(109)◎×
レイデオロ(未出走)◎

さてさて考えてみたいと思います。

結構特徴があるレースで近走最終コーナーで前目で競馬できてる馬や2000m以上での実績馬が馬券に絡みやすいレースですね。

今回血統に関しては参考程度でいいかな。ややノーザンダンサー系の絡みが多いようですね。

このレースは毎年良馬場であっても、時計のかかる馬場に仕上がる傾向にありますので、ややスタミナを使う部分はあるでしょう。土曜日の夜に京都は雨が降るそうなので、稍重の可能性を考えれば時計のかかる馬場になりそうですね。

例年と比べると、レベルがやや拮抗してますね。
荒れる可能性はあるでしょう。

アルアインも人気になりそうだか、能力的に突き抜けるものが足りない中での斤量57キロはどうか。

まぁ穴馬、人気馬引っ括めて、近走の時計の速さはかなり重要なので、それに該当する馬は問答無用で軸でいいのかなと思います。

ここで強く推せる人気馬はレイデオロ

レイデオロ
この馬が1番軸として最適かなと思いますね。
やはり京都の経験がないもののジャパンカップ2400mでは2着。ここ2戦の時計も速い。前からも勝負出来る馬ですし、京都2200mの時計のかかる展開なら、ここは期待しても問題ない。

展開を考えると、前日の雨の影響で時計はかかると思いますし、やっぱりドスローの瞬発力勝負くらいになるのかな。

モズカッチャン
まぁ普通に考えれば来そうっちゃ来そう。時計は足りてないですけどね。ただこの馬はドスローの瞬発力勝負はほぼ馬券になってるとこ見ると、この馬は相当タフな馬ですし、前日の雨といい、この馬にとっては、絶好の馬場に仕上がる可能性が十分にある。しかも鞍上デムーロでしょ?これは勝ち負けですね。けど負けるならやっぱり時計が足りないって事で割り切れる。そんな感じの評価。

さてさて穴馬を考える上で
ディアドラ
クリンチャー

クリンチャー
ハイペース消耗戦の方がこの馬には向いてるが、クロコスミアとプリメラアスールがどれだけ前で前半のペースを速く作るかが鍵となり、そういう展開が出来るならワンチャン馬券圏内ありだと思います。あとは当日の馬場状態ですね。重馬場になってくれれば向くと思うので、ここは選択肢のひとつとしてチョイスできる一頭。

ディアドラ
前走エリザベスでは最後方から追い出しに失敗。どうにもこうにも馬群に飲まれつつも、上がり2位という足で外に追い出すも届かず万事休す。今回は小頭数。
後方から上がり最速連発をするところを見ると若干ハープスターっぽいとこがありますが、結論から言えばうまく脚がハマればと言ったところ。

とここまで考えて来ましたが、展開的に無難なセレクトで言うなら、やはりこのランキング馬かな。

弱点はありますが、展開的な妙味は感じますし、穴馬という意味ではふさわしい一頭。

⬇︎

2.   
クリンチャー!
↑三連単・三連複部門現在2位前後↑



※予想実績はコチラ↓
※ランキング閲覧の方法がわからない方はコチラ↓

▼元気が出ない‥そんな時に一本!