人気ブログランキングへ

2021年10月04日

~umasign diary~

☆゚+  ブログ村 裏読み競馬予想 クリっと, 
☆゚+          
☆゚+  人気ブログランキングへ  クリクリっと, 
☆゚+   
☆゚+  FC2 Blog Ranking      クリクリクリっと, 

    ~~~~ランキングに参加してます。(o^∇^o)ノ応援してね!~~~~ 

 今だから一度考える時!          
あまびえ IVMで感染激減!
 ワクチンが変異株をつくる
 ワクチン副反応について
 ドイツの機密文書とコロナの真実。
 ワクチン(バイナリー兵器)



〜〜~サイト紹介~〜〜〜〜
JRAサイン競馬暗号完全攻略
JRAのサインを本格的に徹底追求した
読み応えあるサイトです。(有料記事有り)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

皆様、こんにちは、、

日曜予想のスプリンターズSは
あ~またしても軸外れ~。
せっかくシヴァージ入れてたのにね、
長篠Sで2枠ゴーゴー馬名馬が馬券
2枠は外してはいけなかったな。
そして音無厩舎がポイントかとも
いたしましたが今回はネガティヴに
捉えて裏目に出てしまったのは
大きな敗因になった。
軸にしたジャンダルムは結局
同枠レステンシアのサポートに
終わりました。
選出したシヴァージについては
2020年ゴルゴ13コラボ動画
「G」の配信があった。
登録馬ボンボヤ(ージ)が不出馬に
なったためジー(G)のある馬は
この一頭だけになり候補に挙げた。
後押しはG誌裏広告の「またから~」
秋風S1番にレッドマジックの馬
がいたことからですな。
あとは、ポートアイランドS
こちらはワイドで的中!
配当的には悪くはなかったね。
軸にしたレッドガラン斎藤騎手
さいとうたかを追悼馬券です。

・・ということで
今回の重賞は軸を間違えた結果
となりました。

それでは次回は毎日王冠
京都大賞典ですな。。
さて秋華賞CMが流れてます。

「まってまってまっ、は、は、はぁ、ほ~ら始まっちゃったよ~」
#スタートは待ってくれない

、、ということで
解説はしませんが
毎日王冠はこの馬かも、
  ↓
人気ブログランキングへ

応援頼みま~す!)

京都大賞典はこちらで、
  ↓
FC2 Blog Ranking(20位前後)

それではまた次回!

皆様とサインで盛り上がれればと思います。
解読はすべて自由というスタンスです。
但し不必要な批判・中傷・予想業者の方、
他冷やかしはお断り致します。
メール:jra.umasign@gmail.com
※皆さんのメルアドは厳重にもらさず管理します。

※買い目予想はノークレームで、あくまで自己責任です。 



 
F読みとは何?RY枠とかLY枠とか知りたい方は
続きを読むをクリックして下さい。 



<F読みとは何?>

今日ここに初めて来られた方は「F読み」って?
といったように何のことやら、と思われるでしょう。
ある枠の符号が馬券枠を教えているといった
前提に裏読みをする読み方です。
(これは私が過去のレース結果と出走表を検証
して得た読み方です。)

では簡単に説明します。
F読みとは⇒馬・騎手・厩舎・馬主など名前
(文字符号)から馬券になる枠・馬を探し出す方法です。
枠順には予告枠(Y枠)があります。ここの符号
が馬券に繋がる枠を教えています。
Y枠=予告枠
(Y 枠にはRY枠・LY枠と2つあります。主流はRY枠ですが)
はどこか非公開にはしてます。
が、今までの検証やF読みスタデイ1~3を読ん
で頂ければ容易に分ると思います。(簡単に見抜けます)

以下F読み超基本形と応用形図式を参考下さい。
=超基本形=
RY・LY枠(予告枠)符号
{(松岡)・(藤)原}
馬券枠
{(松)田・(岡)田・佐(藤)}
ある枠の名前文字が一致するところで馬券
になる枠を教える。
これがF読み(予告枠F読み)の基本です。

=応用形=簡単に書きますと、、
◎予告枠(RY枠)=仮定馬券枠と考える
隣の符号を見てその配置関係から探す。
予告枠・・・・・★仮定馬券枠
予告枠隣 (トーセン)ブライト、(松)田  (岡)田
馬券枠     ★   馬券馬
馬券枠隣 (トーセン)メジャー  (松岡)
これは予告枠隣の符号から馬券馬を探すわけです。

※またYY枠という表記は予告枠の予告枠・・・
予告枠から馬券馬出るときに見る枠です。
どこの枠かはブログを読んでいけば察しがつくと思います。
初期の頃にどの枠かは書いていたと思います。
※さらに最近では新予告枠=SY枠というのもあります。
こちらはまだ未公表にしてます。お解り頂けたでしょうか?
しかし単純にこの見方だけではガセ符号もある為、
容易くはいきません。
ここでJRA関連サイト・ポスターなどの見出し・文句
や接触・サンドなどの手法を併用して複合的な観点
で絞り込みをして選別してゆきます。
以上を総称してF読みといいます。
(F=符号・文字・・・勝手に名づけました。笑)
またこれからもF読みはレース検証(基本・応用)で
コメントしてゆきますので長くお付き合い下さい。
応援も宜しく! 人気ブログランキングへ


jra_umasignjra_umasign at 06:00│