鉄道友の会中国支部 飲み鉄部会 ちどりの会 公式ブログ

鉄道友の会中国支部の不思議な部会 鉄道とお酒をこよなく愛するおじさんたちのブログ

周防大島の旅

2020年2月24日(月・休)、山口県周防大島町にある宮本常一記念館の
訪問をメインに周防大島の旅を支部会員2人がしてきました。
記念館では企画展「宮本常一、旅と鉄道-山陽本線・呉線付近-」が
行われていて、これが旅の目的の1つです。

周防大島への最寄り駅は山陽本線大畠駅で、正午過ぎに到着しました。
写真01画像1














この日は終日快晴で、撮影には申し分ない天気でした。
まず、大島大橋から山陽本線を撮影しました。大畠駅からは徒歩で10分弱です。
1320分頃の気動車の回送には、先頭にサンフレッチェ広島の
応援ラッピングトレイン(キハ40 2081)が連結されていました。
そのすぐ後の貨物列車(1051列車)は、福山通運のコンテナが
たくさん載っていました。

画像2画像3






大畠駅に戻り、今度は1415分発周防油宇行の防長交通バスに乗ります。

画像4






大島大橋を渡り、島の北側を走るバスから海や島々、対岸の本州を眺めながら
45分で周防平野に
到着しました。周防大島文化交流センターの中に
目指す宮本常一記念館があります。

画像5画像6






宮本常一は日本を代表する民俗学者で、1907(明治40)年に
この近くで生れています。
企画展では、山陽本線や呉線など主に広島の鉄道について、
宮本常一自身が撮影した写真などでパネル展示してありました。
列車に乗る時は鉄道や沿線の様子を観察するように心掛けていたことも
紹介されています。
我々一行のように列車に乗って座ったらすぐ缶ビールを開けるようではダメですね。

その他には、宮本常一が使っていたオリンパスのカメラが展示してあったり、
大畠駅近くにある模型店の協力を得て「宮本常一が乗った列車たち」
としてNゲージで再現してありました。
コンパクトなスペースの割には、内容は濃かったと思います。


記念館を後に1606分の大畠駅行のバスで同じ道を引き返し、
大島大橋の手前の東瀬戸停留所で下車、近くの大島本陣茶屋という
しゃぶしゃぶの料理店に入りました。

画像7














鍋に焼みかんと地魚のつみれが入っていて、これこそが冬の周防大島名物・みかん鍋です。
出汁もよくきいており、しゃぶしゃぶの肉もこの鍋の出汁だけで十分、
ポン酢などは必要ありません。
画像8画像9






窓からは大畠瀬戸と船、大島大橋、それに対岸の山陽本線が見える絶好のスポットです
(写真を撮ると電線が写りますが・・・)。

画像10






本日の旅に乾杯! 飲みも食も満足。鍋のシメはメレンゲをのせた雑炊で、
これを食べたらお腹いっぱいになりました。腹ごなしを兼ねて歩いて大島大橋を渡り、
大畠駅へ戻りました。



報告:M永顧問
代理投稿:飲み鉄部会広報部長

ひろしま駅ビル改装前惜別_飲み鉄部会

来月3月末をもって改装のため、全館閉店となり取り壊しとなる
ひろしま駅ビル。

鉄道友の会中国支部2月例会後の懇親会で、急遽古き良きひろしま駅ビルを
偲びながら思い出と共に飲もう!をテーマに開催が決定!

飲み鉄部会長にて6階の「オーダー」に予約を入れて頂き、12名で開催。
20200223_18560220200223_175806















北側の新幹線口が見える席で、入線した新幹線を見ながら飲める
このロケーションも暫くはお預けとなるので、しっかりと眼に焼き付ける飲み鉄部会員。
20200223_175730















2時間思い出話に華を咲かせ、2軒目へ!
2軒目は、南口が一望できる「水車」で参加者は9名。
20200223_19063720200223_190721




20200223_190738




20200223_190740





こちらは広電路面電車やバスがしっかりと見れるロケーション。
ここから見える風景も、暫くの間は見れなくなります。

飲み鉄部会員は、カメラにも心にもこの風景を焼き付けました。

新年度から取り壊しとなり寂しくなりますが数年後、改装された「ひろしま駅ビル」で
再びこの様な風景が見えるお店が再開する事を、飲み鉄部会員一同願っております。

投稿・報告:飲み鉄部会広報部長

支部忘年会秘話

飲み鉄部会の聞き取り調査で、支部忘年会の前の晩(12月6日)に、
広島と山口の支部会員3人が新山口駅近くで「前夜祭」と称して
飲食していた事が分かり、詳細を聞き取り!
20191206安兵衛





会場は新山口駅北口にある焼き鳥屋「安兵衛」で、残念ながら店からは
鉄道は見えません。
けれども、焼き鳥の味付けは塩だけの本物志向の店です。
(つまり、タレなら質の悪い肉をごまかすことができますが、塩はできない)
「肝(きも)はちょっと・・・」と言っていたO会員も追加注文していました。
「前夜祭」は18時に始まり、次の日もあるため早めに切り上げるという事で
21時前にお開きになった由。

※店舗写真及び記事のブログ掲載については、店主承諾済。

今年も鉄道の見えるお店を探し、色々なところで飲みましたね!
部会員の皆さん、今年も楽しいお酒有難う御座いました。
来年も肝臓をいたわりつつ、鉄の見える店を探して楽しく懇親を図りましょう。

報告:飲み鉄部会山口地区会員
代理投稿:飲み鉄部会広報部長


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

鉄道友の会中国支部

タグクラウド
QRコード
QRコード