ジュニアサッカーに関わる人のブログ

ジュニアサッカーであまり書かれないような事を書いていければと

試合中

色々言う事を嫌うコーチもいれば言わずにはいられないコーチもいる

言わないコーチは言うコーチを嫌う

言うコーチは言わないコーチを嫌う

お互いに考えがあっての事

自分は言わない方であるが、言う側からすると「居るだけで何もしていない」

こう見られている

確かに試合中はほとんど何もしない

それは何をやろうかと考えるのと練習では言ってるから

練習でできない事は試合ではできない

練習してても試合でできない事が出来てない部分

それを見たいから言わない

でも言わない事が本当に良いのかは正直な所わからない

言われないで育った子達は言われるよりは考える事が出来るようになるかもしれない

でも

ストレスに弱い子は多くなるように感じる

サッカーに限らず指導者や先生は変わる

おそらく言わないよりも言う人の方が世の中には多い

ストレスに弱くなってしまうのもどうなんだろうか・・・・

かといって言われすぎると言われなければ動けなくなる

試合に限らず練習も同じ

言うとこは言う

黙るところは黙る

そのバランスがとても難しいと感じる

怒鳴る人で怒鳴りたくないっていう人はほぼいないと思う

だいたい感情むき出しで好きな事言ってるのだから精神的には一番楽かもしれない

育成なんて言葉に限らず成長するっていうのは時間のかかるもの

すぐに結果なんて出ない

何度も書いてるけど長い目で見る事、我慢する事が大事と思う

何が言いたいのかわからなくなってきたが

言われ無い事が好きな子もいれば言われる事が好きな子もいる

それぞれ違うから何が正解で何が良いかなんての誰にもわからない

現状に満足せずに現場から日々学んでいく事が大事なんだと感じる今日この頃です

にほんブログ村








パスとドリブルからの続き的な話です

ジュニアサッカーでは良く聞く言葉

一人でやるな

確かにサッカーは団体競技です

でも団体競技という事に拘り過ぎてる所もあるんじゃないか?

と思っています

サッカーに限った話でもないんですけどね^^;

一人でやるなと言われる子

だいたいチームの中でも上位の子やエースだったりするように感じます

本当にその子は一人でやってるんでしょうか?

確かにそういう子もいるとは思いますが

チームメイトを信用できてなかったり、周りの子がついていけてない場合があるように見えます

一人でやるなと言われていた子が違ったメンバーの中に入ると全くプレーが変わったりもします

個がなければチームプレーって成り立たないんですよね

出来ない部分をチームで補い個の力以上の結果に繋げる

個の出来る事を増やす事でチームプレーがより上の物になるんじゃないかな

最初からチームプレーを求めるより、なんでそうなってるのか?

そこを見るのが先なんじゃないかな

団体競技だけど個人競技

自分の中ではそんなイメージ

広いフィールドに人は沢山いてもボールを持てるのは一人だけ

いつでも味方がフォローできる訳じゃ無い

1対1の局面や1対複数の局面は必ずと言って良いほど訪れる

個人競技は全ての結果が自分次第

そんな時は個人競技のような全てが自分次第というメンタルも必要と思います

何より団体競技の中では個人競技以上に自分を持たないと消えてしまいます

その辺も含めてジュニア時代には個を磨く事が大事と感じます


にほんブログ村








ドリブル派 パス派

いつになっても消えない話題

コーチの中にもドリブルは必要無いという人

パスは逃げと言う人がいますね

なんで別物にしてしまうんでしょうかね

ドリブルする子には一人でやるな!なんて声も良く聞きます

○○がフリーだろなんて声も良く聞きます

フリー=チャンスなのか?

相手にとって危険じゃないからフリーにしてる事もあるんじゃないか?

ドリブルが~とかパスが~とかの話じゃなくて

その局面ではパスとドリブルどちらが有効なのか?

じゃないのかなぁ

フリーの味方を意識してるから抜けるコースがある

このDFなら自分で抜いてシュートに持ち込める

自分で行くより○○に出した方がゴールに繋がる

自分が持って引き付けてパスしよう

プレーを批判したり狭めるより判断や考えを持つきっかけを増やす事の方が

大事だと思うんだけどな

見てる中で一つ言えるのはパス、パスってやってるチームの子は打開力が低い事は多い

ゴール前でボールを受けてもゴールより先にパスする味方を探してたり

球離れが早いだけでそのタイミング上手い!!みたいなのは少なくない

ポゼッションがいくら高くても勝てない

ポゼッションが低くたって、ゴールに対してどれだけ効果的なパスやドリブルがあるか?

こっちの方が重要だと自分は思う

ゴールに対して効果的なプレーはドリブルだけでもダメだしパスだけでもダメ

二つがうまく絡み合うから効果的になる

ドリブラーはパスしろみたいな事は言われるが、パサーはドリブルしろとはほとんど言われない

ドリブルするとボールが奪われる事が前提になっているようにも思う

奪われないドリブルができるようになれば良いんじゃないのか?

ボールを奪われるのはインターセプトやファーストタッチの瞬間が一番多くないかな?^^;

ドリブラーがいるから生きる、フリーになれる選手もいる

ドリブルが出来る子はボールを持てる分、プレーの幅も広がりやすい

ドリブルするなとかよりドリブルの生かし方を気づかせてあげる

こっちの方が大事じゃないかな

海外の子達はパスワークが上手いように見えるけど、効果的なタイミングを見てる

だからドリブルで打開もするしタメも作る。

一番の目的がゴールというのが見ていてもわかる

それに比べるとゴールが目的じゃなく、ポゼッションやチームワーク?が目的になっていて

タイミングやフィニッシュの意識が薄い事はわりとあるように思う

パスやドリブルに限らず全てのプレーの目的はゴールするか守るかなんですよね

将来少しでも上でプレーしたい場合に言えるのはパスだけじゃ先は無い

ドリブルを必ず求められる

ジュニア時代のプレーは基本その子のベースにもなる

ドリブル、パスとかじゃなくその時、ゴールに対して何がベストか?

そんな思考を持ってチャレンジできる環境が一番必要なんじゃないかと思います

にほんブログ村








↑このページのトップヘ