ジュニアサッカーに関わる人のブログ

ジュニアサッカーであまり書かれないような事を書いていければと

2017年02月

他人の文句や不満を色々な人に伝え賛同をもらう

色々調べて

やっぱり俺はあってる

正しいんだ、間違ってないと安心する

そんな事をしている間に本人が不満の対象に思ってた人と似たような行動をとってる

不満ばかりを口にする事で最初は正しかったはずが逆転してしまう

不満を聞いてる側も不信になってくる

今までに何をした?

どこまで動いた?

本当に最後までやってダメだったのか?

不満を口にするより思い返して行動を起こす方が大事

いきなり愚痴ってすみません

これは子供達じゃなくて大人に言いたい事なんですよね

たたみます


練習メニューを紹介

ドリブルやシュートチャンスを磨く遊び的な練習

遊び的とは言ってもかなり負荷は高いので体力もつきます

練習じゃなくても子供達が数人集まれば遊びでやるのにも良いと思います

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全員が敵で味方ゼロのゲーム
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・人数は3~6人ぐらい

・コートサイズは人数やレベルに合わせて適当に調整

・コーン等のゴールは必要(ミニゴールがあればベスト)

・フィールドプレーヤーは全員が敵で味方は0

・自分がボールを奪った位置から遠い方のゴールへ攻める
 (わかりやすいようにハーフラインは設定する)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このゲームの中で見えてくる事
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゴール前で構える子

ただ取りにいく子

奪う位置を考えて取りにいく子

わざと奪われ奪い返す子などなど、

色々な考え方、プレーが見えてきます


ドリブルするにしても常に1対複数になるので一人交わしただけではゴールできません
こういった部分から、奪う位置、守備から攻撃へも考えるようになります。

一人抜いた後の次への目線移動とボールの持ち方も考えるようになってきます

シュートチャンスに打たないとシュート出来なくなるのでチャンスを生かすために
シュートまでのプレーも早くなってきます

中学年以降は突破する事だけでなく、ゴールが遠くても空いてればループを狙ったり、
遠くからでも相手ゴールを狙う意識も見えてきます

チャンスへの嗅覚?っていうんでしょうか(笑 これも磨かれてきます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ペナルティの設定
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
罰ゲーム的な物を設定すると必死になります

罰ゲームは一番得点した人の得点分ダッシュとか何かを設定する
(腕立てとかなら得点×5とか10でもいいと思います)

回数は自分の得点した分を回数から引く

1位が4点で自分が2点なら 4-2=2回

全員に得点する事のメリットは出してあげる方が全員が最後までゴールを狙うようになりますし、
チャレンジ精神を維持するためにも得点する事のメリットを出してあげる

何グループかに分けて、似たような得点者同士で集める事でレベルにあった環境になったり、強度が増して行きます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人的にベストと思う人数
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・低学年ならボールに触る機会を増やす事、ゴールする事の喜びを感じれるように3~4人
・高学年なら4~6人で簡単にゴールできなくする、人数が増えるとゴール前でキーパーのように待ち構える子が出てくるので、自然とキーパーのいる状態、居ない状態が起き、狙うという部分が出てきます

1対1では補えない次の行動や素早い判断も身に付くので個人的には好きなトレーニングです
 


にほんブログ村







新年度に向けた自分に対しての確認でもあります

大事なのはトレーニングメニューじゃなくてサッカーをしてるかどうか?

自分はそこが一番大事だと思ってます

遊んでいるように見えても、相手、味方、スペース、ゴール

この4つがある事で練習に見える練習よりもサッカーは上手になっていくと思います

そこを忘れてしまい、練習らしい練習ばかり・・・

その子供達に笑顔はありますか?笑い声はありますか?

楽しければ自然と笑いや笑顔も出てきます

プレッシャーの中でプレーできなければ身につけた技術も意味がない

プレッシャーのある中で笑顔や笑い声があるのってすごく良い事なんじゃないかなって思ってます

きっちりしているのが好きな方も多いのかもしれません

それ望んでいるのはお子さんですか?保護者さんですか?指導者ですか?

実際にサッカーをやるのは誰ですか?

忘れないでほしい部分です

残念ながらカテゴリが上がるごとに個性を消されていく事が多いと思います

小学生のうちからチーム全体で似たようなプレーをする

決まったメンバーじゃないとプレーが出来ない子も多く見かけます


もっと個性があって良いんじゃないか・・・


この個性っていうのは好き勝手じゃないです

自分のプレースタイルで周りと調和できる事です


決まった動きじゃなくて、それぞれのプレースタイルがあって良いと思う

決められた事をするんじゃなく、自分達でゲームを作る

そんなチームを今年も目指してやっていきます


サッカーを続けていれば嫌でも固められてくる時期が来るはずです

今はその時のためにも柔軟性を磨く事が大事なのかなって・・・


特別上手じゃなくても、誰とでも、どこに入ってもできる選手

そんな選手になってくれたら良いなって思ってます


サッカーが上手な選手はどこでもプレーできますから^^


にほんブログ村







ご無沙汰しております

最後の試合も終わり今月末の卒団だけになり気持ちにも少し余裕ができましたので

ベンチについて思う事を書いてみます

ベンチと言っても選手の話じゃないです

ベンチにいる指導者の話

試合会場を見ているとコーチだけが独立した特別な椅子のチームありますよね?

自分はあれが好きじゃないんですよ

何で別椅子?

何か特別なの?

戦ってるのは選手だよ

何ふんぞり返って偉そうにしてるの?

と思ってしまいます

別のイスに座ってる方に限って叫んでる事が多い

もしくは余裕見せてたはずが思うようにいかなくなると豹変して

選手達に罵声に近い言葉や指示を叫び出す

あきらかに態度の悪い座り方になる

こんな方が多いように感じます


そんなチームと対戦した時の相手コーチの豹変や変化を見るのが好きだったりもします
(基本嫌な奴なんです・・・TT)

自分はベンチでどうしているか?

ゲーム中は立ってます

夏場とかは特にそうですが、選手たちは暑くて厳しい環境の中でも一生懸命頑張っています

そんな姿を見ていると「後少し頑張ろう!」って声をかけるにしても座りながらはどうなの?

自分は座ってるだけなのに頑張ろうなんて言っていいの?

そんな思いからベンチに座っていたくないという気持ちがあり立っています

ベンチにいる子供達は座らせますよ(笑

自分が普段組んでいるトレーニングの結果がゲームの中に現れます

自分も楽せずに静かに見守りたいと思っています

それが自分にできる一緒に戦う事なのかなって・・・・


人によっても考え方はそれぞれです

何が正解で何が不正解なんて事も無いと思いますが、自分はこう思っています


以前にかなり強豪チームの監督がベンチでタバコを吸っているのを見ました

ありえないですよね

強豪だろうがなんだろうが人としてどうなの?

このチームは確かに強いです

ですがゲーム中は指示、指示、指示、指示、指示で終始指示しっぱなしです


子供達って他のチームの指導者の事も見ているんですよ

・負けてくると選手に対してひどい事言うね

・あんな中でサッカーやってて楽しいのかな?

・やらされてるだけじゃん

・あのコーチは古い

ゲームの後に子供達からこんな感想が出ます

まぁ自分もアイツはいるだけでなにやってるんだろうね?
なんで笑ってるの?等と思われてるかもしれませんがね^^;

「勝ったけど全然楽しくなかった」

こんな感想もでます

相手コーチが勝ち負けに執着し過ぎててゲーム内容がつまらない

ベンチからの声がうるさい 

そんな理由らしいです


子供達が入ったチーム、出会ったコーチがその子達にとっての当たりまえや普通になります

自分も誇れるような人間ではありませんが、指示される事、言われて動く事が普通になってほしくない

自分で色々感じ取れるようになってほしいと思っています

感じ取れるようになるためには、やらせない、先回りしない事が大事なのかなって思います

ただ、サッカーに限らず年代が上がると望まれるレベルも上がり制限される事も増えてくる

その部分は説明しておかないとただのわがままになりかねません(笑


大人も気を付けなければいけない事が沢山あり、子供達と関わるのは本当に難しい事だと思います

好かれようなんて考えてたら成り立ちません

出会ったからには将来良い思い出になるように関われたらなって思っています

書きたい事、書いてたら最後はベンチと関係なくなってましたね^^;


にほんブログ村







↑このページのトップヘ