ジュニアサッカーに関わる人のブログ

ジュニアサッカーであまり書かれないような事を書いていければと

2018年05月

以前に書いたと思うけど勉強はした方が良いしできた方が良い

文武両道なんて言うけど実際は難しくて簡単な事じゃない

小学生の内はそこまで感じる事も無いと思う

でも中学生になるとどんどん見えてくる

後3ヶ月もすればジュニユースの練習会が開始される所も多いと思う

どれだけ良いチームだと思っても通うのに問題が無いのかも良く見た方が良い

部活であれば学校が終わった後にそのまま練習が出来るので余裕はある

クラブチームの場合には近い所もあれば遠い所もある

息子は交通の便が良くないため自転車で50~60分、車で30分の場所に通っている

活動日は平日4日と週末

学校から帰って来てすぐに向かわなければ時間に間に合わない

家に帰ってくるのは大体20:30~21:30

息子以外にも数人がここに通っている

ゲームもしてるし勉強する時間なんてあるのか?と思うが夕飯を食べ、風呂に入り

寝る前に勉強をしているようだ

自然と寝るのは遅くなっていくけど時間的にはこの辺がギリギリラインなのかと思う

学力的には息子含め通っている子達は学年で10番以内に入っている

でも

中学生に必要な睡眠時間は8時間ぐらい

どうやってもそんな時間はとれない

睡眠による効果

疲労回復、ストレス解消、成長、記憶整理、治癒など

が不十分になってしまう

成長ホルモンの分泌も睡眠時間の影響が大きい

体を大きくしたい子にとっては小学生の頃よりも体が発達する時期にこれは痛い部分かもしれない

日々の睡眠不足が現れ始めると眠さも出てくる

授業中に寝てしまう事もある

集中力の低下にもつながる

集中力が低下するって事は自然とやっている事の効果は半減してしまう

ケガの可能性も出てくる

今は大丈夫なだけで後々現れてくるかもしれません

睡眠が足りない事はマイナス面が多くプラスの面は無いと思う

実際に中学生になると小学生の頃よりも学力の話題が増えてくる

勉強ができなくても良い、しょうがない

サッカーだけしてれば良い

進学先、将来なんてなんとかなるよ

その時にここまで割り切れる人は少ないと思う

本人の覚悟も必要だし、先の事も含め、選んでいく事が大事と思います

上を目指すならクラブチームという選択が当たり前なのかもしれませんが

現実を知っていく中で2年生の中頃から3年生の初めになると勉強のためと言って

辞める子が多いのもクラブチームだったりします

下地奨選手の経験談を読むときっと違った考え方も出てくると思います



にほんブログ村











プレイヤーズファースト

この言葉を良く使う、掲げているチームほど正直信用できない

プレイヤーズファーストっていうのは簡単に使っていい言葉じゃない

レギュラー、ベンチ、補欠、固定ポジション

これらがあるだけで異なってくる

やりたいポジションがあってもやらせてもらえない

選手が第一と言いながら任せる事ができない

試合に出る事もできない

どこが選手第一なんだろうか

選手に任せる勇気もない大人がプレイヤーズファーストなんてできない

誰かに任せるって事は余裕が必要なのに余裕が無い

本当に選手の事を考えてるチームほど

プレイヤーズファーストなんて言葉は少ない

何故かって?

それが当たり前だから今更使う必要が無いんじゃないかと思う

協会が広めようとした事で掲げるチームが増えた

プレイヤーズファーストを掲げていても出来てるチームはほとんど無いと思う

プレイヤーズファーストこの言葉の本当の意味を理解する事から

始めた方が良いんじゃないかな


にほんブログ村











「パスは受ける人の事を考えて出せ」

良く聞きませんか?

自分も良く言われましたし、そう思ってもいました

実際に子供達に言っていた時もあります

ですが

今は違います

受ける人の事を考えて出してたら有効なパスなんて生まれない

こう思っています

ちょっと厳しめなパスが出ると

「もう少し考えろ」

「もっと優しく」

「強すぎる」

「もう少しゆるく」

こんな声を良く聞くように思います

その強すぎと言われたボールはどこにありますか?

仲間が触る事は出来なくても相手のスペースに入っていませんか?

仲間がコントロールできなかっただけで繋がっていませんか?

相手の事を考えた優しいパス

受けやすいパス

それはどうやったて緩いパスです

仲間に優しいパスは相手にとっても優しい

そんなパスで裏は取れないし、つながらない

なのにパスを回せ!

その中で注意されるのはだいたいパスの出し手・・・

受ける側に意地でも受ける、触る、収める事を要求しないんだろうか?

違った方向に飛んで行ったボールじゃなく、ある程度コントロールされたボールに対しての話しです

触れない事には動き出しも関わってくるし、収められない事には足元の技術も絡んでくる

なんだかんだ言いながらもオフザボールや足元が軽視され

見た目上手そうに見えるサッカーを目指す事も多いんじゃないかと感じる

日本は他国と比べた場合に色々と遅くないですか?

以前から相手に優しくと言う部分が重視されてる事が絡んでいると個人的には思います

当然、パスの出し手のミスもあるが、むしろ受ける側に目を向ける事で全体のスピードを上げていく事ができると思う

足元の技術=ドリブルがメインみたいに思う人もいるけどスピードを上げながらボールを受ける

こういう部分にもつながっていく

だから足元の技術を磨く事は大事

パスをメインにしたいならパスの練習を多くするよりも足元から

止められない中で回しても有効なパスは無効な物になってしまう

パスが厳しいとか悪いと出し手のせいにするんじゃなく、どんなボールも受けてやるから出して来いよ!

ぐらいな気持ちを持ってもらいたい

優しさよりも仲間同士で厳しさを要求していけるようになれたらと思っています

書くのは簡単ですが

まぁ 簡単な事じゃないです

中々難しいですが、今見ている子達がこうなれるよう自分の課題だったりします(笑

にほんブログ村











最近買った本の中で本当に良いと思ったので紹介

この本はサッカーファンなら誰にとってもためになると思う

2000円以上するので買うのは躊躇したけど

届いた時の厚さでもちょっと驚いたが内容がしっかりとしているので

本当に買ってよかった

読むのは大変だけど大人にも子供にもお勧めできる

中は文章だけじゃなく、図も多く載っているのでわかりやすいと思うし

日本代表の試合など実際に起きたシーンを解説し沢山批判しています(笑)

声をかける側はこう言った知識、考え方は情報として絶対に必要だと思う

海外と日本のレベル差というのも良くわかる

この本自体が日本の先を考えて作られたのが最初に書いてある

今の育成年代から知っておくべき事が沢山書かれている

試合観戦が好きな人は違った視点で試合を観れるようになると思う

サッカーファンにとっても良い本だと思う



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

守り方を知らない日本人 [ フランチェスコ・マクリ ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2018/5/23時点)




にほんブログ村








JFAからアンケートが来た

内容はグラスルーツ宣言についてで内容としては

補欠ゼロとか引退なしとか社会課題への取り組みとか

そんな内容

そのアンケート見ていてふと思い出した

自分の隣の家には小学生のサッカーをやっている子がいる

その子は兄弟でサッカーをしていて上は6年生

日本代表になりたいと言っていた

外で遊んでいる姿はたまに見るけど、練習している?姿はほぼ見た事は無い

自分はそれで良いと思うし、子供のなりたいってそんな物でしょ

自分の息子はプロを目指してる訳じゃないがジュニアユースはクラブチームを選んだ

高校でサッカーを続けるかどうかもわからない

スタメンギリギリのラインに居るので、メンバーに選ばれず悔しがってる姿も何度も見てきた

行動を見てる限りでは正直悔しがるレベルではないと思う

自分の出来る限りの事をやった中で選ばれなければ悔しがるのもわかる

でも

サッカーだけが全てじゃないし、成功する事も求めちゃいない

言わなきゃやらないようなら本人にとってサッカーはその程度

サッカーができない事は生きてく中で不自由になるか?

だからこの部分に関して口を出さないようにしてる

やるとしてもチームは何望んでいるのか?

そこを考え、理解する必要だってある

だから本人に言える事も少ない

下部組織や強豪、ナショトレの子、色々なチームの子を何百人と見てきたけど

スーパーな子やこの子は絶対有名になるって話を聞いた事もなければ、思った事も無い
(見る目が無いだけかもしれませんが)

それだけスーパーな子って言うのは少ない

社会に出ればトレセンに選ばれていようが強豪に入ろうが全員同じ

ステータスにもならなければ、興味の無い人からしたら何それ?で終わる

オリンピック選手だって決して保証されるわけでも無いし、苦しい生活を送る人もいる

学生時代どれだけ優勝したり、選抜になっても、話のネタにはなっても社会に出たら武器にはならない

プロになれたとしても後々に繋がるようなキャリアを積める人は少ない

自分もサッカーではないがプロを目指した事もあるからプロを目指すのが無駄とは思わない

本人がプロを目指すのは自由だと思う

でもそれだけが全てじゃない

子供の活躍が見たい一心で熱くなりすぎる親御さんもいる

サッカーにばかり結果を求めると大事な部分を見失う可能性もある

将来困らないための経験や知識、方向性の協力が親の役目で大事な事だと思う

子供にとっても親にとってもサッカーは楽しみの一つであれば良いんじゃないかと思う

楽しさが無ければ本気で遊べない、応援できない

良い環境が良い選手を生む

なのに指導者や大人は結果を求め、良い環境とは言えない事も多いと思う

大人が求めるから子供達が求める?従う?

よりも

子供達が求めるから大人が答える になる事が大事なんじゃないかと思う

サッカーって疲れるよね

今の子供達が大人になった時

また同じ事を繰り返すのか・・・?

にほんブログ村








↑このページのトップヘ