半年ぶりの更新

以前から書いてますが自立を促す

これは自分だけじゃなくそこかしこで言われていると思います

なぜ自立を促すのか?

自分で出来る事は自分でやる事で自分達で解決していく

こんな話は多くあると思う

自分もこのような事は書いてたと思う

自分で出来る事は自分でやる

当たり前のようで出来る環境じゃない事も多い

それは親が関わりすぎる事によって起きる

サッカーに限った話じゃなく日常生活についても同じだと思う

反抗期がきたり、親離れが強くなれば問題無いと思うけど

中学生になってもそうじゃない子も多い

そういう子はだいたい自らの行動が少ないように感じる

ここからが本題

自分は自立を促すけど本当の目的は自立じゃない

自分の事は自分でやっていく事で徐々に主体的な行動が出てくると思うから

親にも子供にも自立に関した話をする

自主的な行動は自ら行動

簡単に言えば宿題をやれと言われる前にやる行動

主体的な行動は自らの判断での行動

テストに対しここが苦手だから勉強しておこうと自分で考えてとる行動

この自らの判断で行動する事で失敗も成功も多くすると思う

自らの判断での失敗や成功は本人に残りやすい

人間の成長は決断をした回数なんて話もあるが本当にそう思う

サッカーだけじゃなく人としてもこれが成長の糧になると思う

成功体験を多くしてほしいし、同じぐらい失敗もしてほしい

そのためには主体的な行動が増えてく事が大事

そのために自立についての話をする

自立、自立とは口にしても自分でやる事だけを自立として言ってる人もいると思う

それはそれで良いと思うけど、思いの無い言葉ってのは伝わりにくいんじゃないかなとも思う

小学生、中学生と関わってきて思うのは環境を作る、決めるのも大人

それを壊すのも大人

子供達が自ら作ったり、壊したりする事はほとんどない

練習しろと言われるのが嫌だから言われないために練習をする

あくまで自主的な行動であって主体的な行動にはならない

親が出すぎる、熱くなりすぎる事で環境が壊れるだけじゃなく主体性も乏しくなってく

親が関わる事で技術はついたように見えるかもしれないけど生かせる場が長く続かないならもったいない

好きで始めたスポーツ

本人の意思で長く楽しめる事が大事かなって思います

にほんブログ村