ディフェンス

守備の事だけど守ってばかりじゃ意味がない

野球のように明確な攻守切り替えが無い以上、相手から奪わないと攻撃が出来ない

1:1なんかやるとよくわかるけど相手ボールを足を出して蹴るだけの子がいる

それは守ってるだけでボールは奪えないので攻撃する事ができない

ゲームの中で考えた場合、蹴られたボールを物にできるのは相手か味方で1/2

もしくはボールアウトで相手ボールになるかもしれない

守っているだけになってしまい守から功への切り替えにつながらない

奪うってのは言葉通り相手のボールを奪って自分の物にする

目的は攻撃のため

待て!

足だすな!

突っ込むな!

試合の中では結構聞く言葉

確かに簡単に抜かれる事でピンチを招く、失点につながる事もある

相手が前進してくるのに対しバックステップで引きながらっていうのも良く見る

確かに簡単には抜かれない

でも

奪えてもいない

そして相手はゴールに近づいてくる

相手の味方も寄ってくる

相手がゴールに近づくって事は自分達はゴールに遠くなる

攻撃するにはゴールに近い方が良い

サッカーの守備は守るためだけじゃない事を考えれば、

足を出したり、突っ込む事は決して悪いことじゃないと思う

足を出す事で抜かれる時もあれば、奪える事だってある

その失敗や成功体験を何度も経験する事が大事だと思うし

その経験を次に生かす事が一番大事だと思う

経験を繰り返す事で奪うためのフェイントも使うようになって行くし球際にも影響する

ディフェンスの時はいくな!球際は強く行け!

どっちも奪い合いだし中々難しいんじゃないかな・・・

球際強い子はやっぱり奪いにいくように思う

極端に言えば守るだけなら誰でもできる

だからこそボールを奪える率が高い事は武器になる

奪い自分の物にし、攻撃に切り替える部分は経験の差が出る

何度も何度も失敗や成功を経験すべきなんじゃないかと思う

でも

この部分はダイレクトに勝敗へ影響があるので中々自由にならない事が多いように感じる

組織的な守備をしても最終的に奪う力が無ければ奪えない

自分がボールを奪われた時も奪われた場所で奪い返せる事が一番良い

前線からきついプレッシャーをかけても仕掛ける事が無ければコースを切るだけで終わってしまう

奪いに来ない相手は怖くない

プレッシャーをかけてるようでプレッシャーになってない事もある

サッカー自体がゴールの奪い合い

ゴールへの過程にはボールの奪い合いが常にある

守る だとどうしてもチャンスは少なくなる

リスクを冒してでも自分達からチャンスを作りにいく事も大事なんじゃないかと思います

ジュニアでは特にそう思います

(常に奪いに行けと言ってる訳ではありません)

にほんブログ村