「パスは受ける人の事を考えて出せ」

良く聞きませんか?

自分も良く言われましたし、そう思ってもいました

実際に子供達に言っていた時もあります

ですが

今は違います

受ける人の事を考えて出してたら有効なパスなんて生まれない

こう思っています

ちょっと厳しめなパスが出ると

「もう少し考えろ」

「もっと優しく」

「強すぎる」

「もう少しゆるく」

こんな声を良く聞くように思います

その強すぎと言われたボールはどこにありますか?

仲間が触る事は出来なくても相手のスペースに入っていませんか?

仲間がコントロールできなかっただけで繋がっていませんか?

相手の事を考えた優しいパス

受けやすいパス

それはどうやったて緩いパスです

仲間に優しいパスは相手にとっても優しい

そんなパスで裏は取れないし、つながらない

なのにパスを回せ!

その中で注意されるのはだいたいパスの出し手・・・

受ける側に意地でも受ける、触る、収める事を要求しないんだろうか?

違った方向に飛んで行ったボールじゃなく、ある程度コントロールされたボールに対しての話しです

触れない事には動き出しも関わってくるし、収められない事には足元の技術も絡んでくる

なんだかんだ言いながらもオフザボールや足元が軽視され

見た目上手そうに見えるサッカーを目指す事も多いんじゃないかと感じる

日本は他国と比べた場合に色々と遅くないですか?

以前から相手に優しくと言う部分が重視されてる事が絡んでいると個人的には思います

当然、パスの出し手のミスもあるが、むしろ受ける側に目を向ける事で全体のスピードを上げていく事ができると思う

足元の技術=ドリブルがメインみたいに思う人もいるけどスピードを上げながらボールを受ける

こういう部分にもつながっていく

だから足元の技術を磨く事は大事

パスをメインにしたいならパスの練習を多くするよりも足元から

止められない中で回しても有効なパスは無効な物になってしまう

パスが厳しいとか悪いと出し手のせいにするんじゃなく、どんなボールも受けてやるから出して来いよ!

ぐらいな気持ちを持ってもらいたい

優しさよりも仲間同士で厳しさを要求していけるようになれたらと思っています

書くのは簡単ですが

まぁ 簡単な事じゃないです

中々難しいですが、今見ている子達がこうなれるよう自分の課題だったりします(笑

にほんブログ村