サッカーに限らずスポーツをしていると沢山食べろと言われると思います


食べる事もトレーニング


運動量も多いですし、強い体を作るためには確かにたくさん食べる事は必要です


合宿の写真なんか見るとすさまじい大盛りごはんがあったりします


それを何杯食べなさいとか^^;


沢山食べれる事で強くなると思います


それを聞いたり、言われたからと言っていきなり大盛り2杯食べろみたいに言う人もいます^^;


いままで普通を1杯しか食べない子にそれを望んでも拷問です(笑


そんな子には少しづつ増やしてあげれば良いと思います


いきなり沢山食え、残すなと言われ泣きながら食べる子もいます


無理やり食べて吐いてしまう場合もあります


食べ過ぎで吐くとその食べ物が嫌いになる事もあります

それがご飯だったら困りますよね


無理やり食べさせられる事で食べる事が嫌な事になってしまう場合もあります


体作りのためと無理して食べるほどモチベーションの高い子はそんなに多くないと思います


トレーニングに置きかえた場合

いつもは100mダッシュを20本しているとします


それを突然200mダッシュ20本にしてスピードを落とすな


と言っているようなものです


いきなり負荷が増す事でどこかが壊れる可能性もあります


食事にしてもそうだと思います


体が壊れなくても心が壊れる可能性だってあります


あまり食べない子に「食べろ、食べろ」と言っても嫌な思いしか生まれません


沢山食べてほしいと思う場合は少しづつ盛る量を増やしていって食べる事に慣れさせてあげると自然と食べれる量は増えていきます

無理やり食べさせなくても、ちょっとづつ増やしてくだけでもこんなに食べれるんだ!
ってぐらい食べれるようになります

少しづつ増やしていくと、どこかで量の見た目が変わってくるのでこんなに食べれないと言うと思います


食べれるところまででいいよと伝えてもきっと食べてしまいます


食に対してマイナスなイメージを持たせないように気を付ける


大人になった時、大半の人が美味しいもの食べたいとか、食べ行こうってありますよね


子供の頃、食事に嫌なイメージがつきそんな楽しみも奪ってしまったら寂しいですよね


食べるのが好きな子はほっといても食べます


そうじゃない子には他のトレーニングと一緒で食べる量も段階を踏んでいくのが良いと思います



にほんブログ村