ジュニアサッカーに関わる人のブログ

ジュニアサッカーであまり書かれないような事を書いていければと

カテゴリ: 保護者

半年ぶりの更新

以前から書いてますが自立を促す

これは自分だけじゃなくそこかしこで言われていると思います

なぜ自立を促すのか?

自分で出来る事は自分でやる事で自分達で解決していく

こんな話は多くあると思う

自分もこのような事は書いてたと思う

自分で出来る事は自分でやる

当たり前のようで出来る環境じゃない事も多い

それは親が関わりすぎる事によって起きる

サッカーに限った話じゃなく日常生活についても同じだと思う

反抗期がきたり、親離れが強くなれば問題無いと思うけど

中学生になってもそうじゃない子も多い

そういう子はだいたい自らの行動が少ないように感じる

ここからが本題

自分は自立を促すけど本当の目的は自立じゃない

自分の事は自分でやっていく事で徐々に主体的な行動が出てくると思うから

親にも子供にも自立に関した話をする

自主的な行動は自ら行動

簡単に言えば宿題をやれと言われる前にやる行動

主体的な行動は自らの判断での行動

テストに対しここが苦手だから勉強しておこうと自分で考えてとる行動

この自らの判断で行動する事で失敗も成功も多くすると思う

自らの判断での失敗や成功は本人に残りやすい

人間の成長は決断をした回数なんて話もあるが本当にそう思う

サッカーだけじゃなく人としてもこれが成長の糧になると思う

成功体験を多くしてほしいし、同じぐらい失敗もしてほしい

そのためには主体的な行動が増えてく事が大事

そのために自立についての話をする

自立、自立とは口にしても自分でやる事だけを自立として言ってる人もいると思う

それはそれで良いと思うけど、思いの無い言葉ってのは伝わりにくいんじゃないかなとも思う

小学生、中学生と関わってきて思うのは環境を作る、決めるのも大人

それを壊すのも大人

子供達が自ら作ったり、壊したりする事はほとんどない

練習しろと言われるのが嫌だから言われないために練習をする

あくまで自主的な行動であって主体的な行動にはならない

親が出すぎる、熱くなりすぎる事で環境が壊れるだけじゃなく主体性も乏しくなってく

親が関わる事で技術はついたように見えるかもしれないけど生かせる場が長く続かないならもったいない

好きで始めたスポーツ

本人の意思で長く楽しめる事が大事かなって思います

にほんブログ村











以前に書いたと思うけど勉強はした方が良いしできた方が良い

文武両道なんて言うけど実際は難しくて簡単な事じゃない

小学生の内はそこまで感じる事も無いと思う

でも中学生になるとどんどん見えてくる

後3ヶ月もすればジュニユースの練習会が開始される所も多いと思う

どれだけ良いチームだと思っても通うのに問題が無いのかも良く見た方が良い

部活であれば学校が終わった後にそのまま練習が出来るので余裕はある

クラブチームの場合には近い所もあれば遠い所もある

息子は交通の便が良くないため自転車で50~60分、車で30分の場所に通っている

活動日は平日4日と週末

学校から帰って来てすぐに向かわなければ時間に間に合わない

家に帰ってくるのは大体20:30~21:30

息子以外にも数人がここに通っている

ゲームもしてるし勉強する時間なんてあるのか?と思うが夕飯を食べ、風呂に入り

寝る前に勉強をしているようだ

自然と寝るのは遅くなっていくけど時間的にはこの辺がギリギリラインなのかと思う

学力的には息子含め通っている子達は学年で10番以内に入っている

でも

中学生に必要な睡眠時間は8時間ぐらい

どうやってもそんな時間はとれない

睡眠による効果

疲労回復、ストレス解消、成長、記憶整理、治癒など

が不十分になってしまう

成長ホルモンの分泌も睡眠時間の影響が大きい

体を大きくしたい子にとっては小学生の頃よりも体が発達する時期にこれは痛い部分かもしれない

日々の睡眠不足が現れ始めると眠さも出てくる

授業中に寝てしまう事もある

集中力の低下にもつながる

集中力が低下するって事は自然とやっている事の効果は半減してしまう

ケガの可能性も出てくる

今は大丈夫なだけで後々現れてくるかもしれません

睡眠が足りない事はマイナス面が多くプラスの面は無いと思う

実際に中学生になると小学生の頃よりも学力の話題が増えてくる

勉強ができなくても良い、しょうがない

サッカーだけしてれば良い

進学先、将来なんてなんとかなるよ

その時にここまで割り切れる人は少ないと思う

本人の覚悟も必要だし、先の事も含め、選んでいく事が大事と思います

上を目指すならクラブチームという選択が当たり前なのかもしれませんが

現実を知っていく中で2年生の中頃から3年生の初めになると勉強のためと言って

辞める子が多いのもクラブチームだったりします

下地奨選手の経験談を読むときっと違った考え方も出てくると思います



にほんブログ村











ブログタイトルがジュニアサッカーに関わるとなっていますが

現在ジュニアとの関わりがほとんどなく今は中学生を見ています

最近増えてきた外部○○って奴です(息子とは別の学校です)

部活動にはサッカーをやってきた子から未経験の子

運動が得意、不得意な子とメンバーは少年団のような感じです

技術の面は当然ですが、それ以上に小学生時代の親の関わり方が良く見えます

自分は子育ての本などは読んだ事も、読む事も無いので自分で感じた部分なので

偉い方達がどのような事を言っているのか、どのようにした方が良いと言われているとか

全くわかりませんのでそのような本とは逆かもしれません

それでも

リアルに中学生と関わっている中で感じる親御さん達に伝えたい部分です

1から6年生に上がる成長過程の中で本人の責任部分(自分で出来る事)をどんどん増やしてほしい

サッカーについては言いたいだけ言ってもらったり好きにしてもらって良いと最近は思います

生活面で世話をやくのは4年生までで5~6年の頃にはなるべく口を出さずに我慢してほしいと感じます

宿題、時間、荷物、片付けなどなど

日常の中で口を出してしまう事や、子供から頼まれる事も結構あると思います(当然、家でもあります)

つい口に出してた事、やってあげてた事を1割、2割でも我慢して

出来る事はやらせる 気付かせる

この部分を中学生までに増やしてほしいと思います

心配だったり我慢できず言ってしまうのもわかりますが、

後々もっと大きな心配事の原因になるように感じます

中学生になっても親が世話を焼いたり、すぐに手を出したり、心配しすぎな家庭の子は

小学生時代も同様かそれ以上だったと思います

上のような環境で過ごしてくると

気づけない、決断できない、自分で解決しない、忘れやすい

こんな傾向が強いように感じます

例えば少し遠めな練習場所に行く時に親がいない

送ってもらえないからいけない

他の子からは自転車でも歩きでも来れるだろって意見が出ます

やってくれる人が居ない時に自分の力でなんとかしようとしない

行動自体に意思が見えない、見えにくいって言うんでしょうかね

言われるがまま動いていたり、流されているだけで身になりにくい

疑問点が幼い事も多く、自分の考えが生まれにくいのか挑戦も少ないように感じます

元々の性格も関係あるとは思いますが、これは経験、未経験に関係なく、

親の関わり方を見ていて感じている部分です

地域や学校にもよると思いますが、意外と多いんです

成長する中で自分の居場所を作る事は必要になります

居場所を作るためには自分が出来る事は自分でやるようになっている事が大事と感じます

重要なのは

出来る事はやる じゃなくて やるようになっている

このためには親の我慢、ある種の放任が必要

簡単に言えば関わり過ぎたり、世話を焼きすぎてる家の子は年齢以上に幼すぎる

今までに培ってきたものが足りないので中学生になったんだから後は自分で考えろだと

中々上手くいきません

サッカーのコート内でも見えますがコート外の行動でその幼さがよく見えます

サッカーに必要というより大人になっていくうえで必要な物のためにコミュニケーションはとっても

干渉しない部分を増やしていく

大事な子供だからこそ6年間の間に一緒に成長する事が大事だと感じます

にほんブログ村








保護者の不満・愚痴はもうジュニアサッカーではつきものだと思います

チーム

コーチ

方針

子供

試合結果

不満の対象も様々

あのチームはどうだとかあのコーチはだめだとかも良く聞く内容です

子供がサッカーをしているので自分もこのような事は思ってしまいます

ただ言えるのはどこ行っても不満が無い事は無い

属さなければ見えない表面ばかりが見えるので 隣の芝生は青く見えすぎてるだけ

強豪、有名クラブ、下部組織

良いと思われやすいチームに在籍してる子を持つ保護者だって不満を言う

プロのくせに

名ばかり

金儲けしか考えていない

考えが古すぎる

こんな声も聞いた

結局にどこに属そうが、無い物ねだりであったり、贅沢になっていくから不満は生まれる

今までに色々なチームの人と話しても少なからず何か思っている

保護者だけじゃなくコーチ陣だって自チームに対して思ってたりする

人と人の関わりだから当たり前だと思う

確かに問題のあるチームもある

問題によって子供達もつまらなくなってしまったり、サッカーが嫌いになるような物なら問題だと思う

子達が伸び伸びと楽しそうにサッカーをしているなら、その問題は大人の欲求でしかないようにも思う

保護者の不満が出てくる一つに、関心が強すぎる

って事があると思う

本来スポーツは遊び

それが習い事のようになってる

上手くなければやってはいけない プロを目指さないのなら何のためにやってる? 

そんな雰囲気も感じる

実際にスポーツをしてきた保護者の方も多いと思う

やってる当時はプロを目指すとかよりも楽しいからやってた人の方が多いと思います

それで良いと思うんです

伸びる時期なんてのはそれぞれ違う

続けていれば年代が上がるごとに自然と要求は上がっていく

今が下手だってサッカーが楽しい、好きって気持ちで続けていればいつか花開くかもしれない

プロになる事だけが花開くじゃない

開き方も色々な形がある

親の不満なんて実際はどうでもよくて大事なのは本人が楽しめてるか?

行かないと怒られる

レギュラーから落ちる

レギュラーになれない

練習しなきゃ通用しない

こんな事を親からもコーチからも言われていたら正直疲れると思うし楽しくない

レギュラーなんてのは言われて目指すものじゃない

試合に出たい 活躍したいとか色々な思いから自ら頑張る部分

ただサッカーやれれば良いだけで、そこまで思っていない子だっている

その子なりの楽しみ方、ペースがあって良いと思う

サッカーは好きだけど違う事もしてみたい

これでサッカーから離れるのは全然良いと思うし、応援したい

サッカーはもういいや と思ってしまったり 周りの声の影響からやめてしまうのは残念に感じる

マイナスな気持ちが強いとちょっとした事でも大きなマイナスに見えてくるしストレスが溜まる

不満が沢山ある場合は少し見るのを控えたり距離を取って自分の時間を作ってみた方が良いと思う

肩肘張ったまま、失敗が許され難いサッカーでは子供も大人もやっぱり息が詰まると感じます

楽しかったはずのサッカーが息の詰まる理由になってしまうのは残念ですよね

にほんブログ村








サッカーと勉強

サッカーと勉強は関係無いっていう人も結構います

個人的には関係ない事は無いって思います

勉強の得意、不得意の傾向はサッカーの中からも感じます

ボールを扱えるかどうかからはほぼ感じません

勉強が苦手な子は練習の中でわかる

説明しても一人だけ違う事をしてしまったり理解が出来なかったり

理解するまでの速さに違いを感じる

テストの点が取れない=勉強が苦手って訳でも無いです

テストの点が取れなくてもサッカーや自分の好きな事だと理解できる子

こんな子は興味が無い事に対して話が聞けないだけだと思う

ですが

小学生のテストではそこまで差は見えない

中学生のテストでは大きく見えてくる

授業中、どれだけ話を聞けるか、集中できるかだけでも点数は全く変わる

この部分はサッカーの中だと苦手な事への取り組み方、

しんどい時の頑張りで見えるように感じる

例え短い時間だとしてもやってると、日々の積み重ねは現れる

困った時だけやろうとしても身に付く事は少ない

テスト前だけのテスト勉強

大会前だけのトレーニング

意味がないとは言わないけど、後に残る物はとても少ない

今までに見てきた子達の成績を見ても小学生の頃にトレーニングを

中々理解できなかった、苦手な事は後回しの子達は残念ながら点数の低い子が多い

苦手な事に対しても取り組めたり、考えたり工夫できる子は点数も良かったりする

理解力や応用力だけじゃなく経験から効率的な方法を自然と考える事ができるのかもしれません

結果的に上手な子は頭の良い子は多いように感じます(ジュニユース以降の話)

学生の本分は勉強

テストで良い点を取る事や学歴が勉強って意味じゃなく

全ての物事(好きな事も嫌いな事も)に対して、上手くいかない時、ダメだった時

それに対してどう行動していくか?克服していけるか?

そんな勉強期間だと思う

自分もそうでしたが勉強が嫌いな子は多い

俺は頭が悪いから 

勉強嫌いだから 

こんな勉強意味無い

サッカーでプロ目指してるから

教え方が悪い

勉強に限った話ではありませんが色々な言葉を聞きます

親がこんな理由で勉強はあきらめてるような事も聞きます

サッカーも勉強と同じようにとても頭を使います

学生の本分は学歴やテストの点以外にも得る事は沢山あるはずで

直接じゃなく、間接的にサッカーの中で生きる部分っていうのも絶対あると思います

親も子供もどれだけ熱くなっても本分は何か?は忘れない事が大事と思います

にほんブログ村








↑このページのトップヘ