November 17, 2005

しみじみとするいい映画「ALWAYS三丁目の夕日」

8f9817f9.jpgあなたもぜひご覧ください、とってもいい映画です「ALWAYS三丁目の夕日」

主人公の茶川龍之介を演じる役者がダイコンであるとか、冒頭に出てくる、大阪の淀川橋梁っぽいトラスブリッジをC62が渡るシーンで見える架線が、その当時は考案されていなかったはずの「コンパウンドカテナリー」じゃないかだとか、集団就職で上野駅に滑り込んでくる、東北、常磐線で生涯を終えたはずのC6222号機は、なるほど川崎車両の銘板をつけてはいるものの、蒸気ドーム前の手すりが、どう見ても北海道型じゃないか、などの突っ込みや指摘を吹っ飛ばしてしまうほどの名作だと思いました。

昭和33年の時代設定なのですが、その当時の日本の家屋、特に台所ってきたなかったんですね。でも、近所付き合いが普通にあり、互いに思いやる心を、日本人が持っていたことを知りました。

集団就職で上京してきた女の子を演じた堀北真紀ちゃんも、すごくいい味を出しています。小雪も指先だけで本当に泣かせる(決してイカせるではございません)演技をします。ここは、この映画の中で白眉とも言えるシーンでしょう。

でも、一番すごいのは、古行淳之介役の子役でしょう。須賀健太くんなのですが、おおきくなったらどんな役者に成長するのでしょう。

あの目線!、あの演技がこんな子供にできるとは・・・。末恐ろしい。大役者の予感。

鉄道が一番元気だった頃の上野駅が再現されています。社長のお気に入りの絵本、福音館の「やこうれっしゃ」のイラストが、そのまま映画になってしまったような錯覚を覚えました。

棺桶のような改札口が並び、改札係が切符を切ります。その横には行き先と発車時刻が書かれたプレートがところ狭しと掛けられています。悲しいかな社長は「パタパタ」行き先表示板しか、見たことありません。

遠くに建設中の東京タワーが見える大通りには、都電「一休さん」が「チンチン」と走っています。

この時代には、生まれていなかったけど、思わず映画に引き込まれ、一休さんの床板の木と油の匂いを吸い込んだような気がしました。ほんとうにいい映画を見せてくれて、ありがとう。

機関銃をぶっぱなして「カイカ〜ン」とか言っていた薬師丸ひろ子が、気がついてみると普通にお母さん役をしているのを見て、社長は複雑な心境になっております


トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 昭和に置いてきたもの「三丁目の夕日」  [ 再出発日記 ]   November 18, 2005 18:08
ALWAYS三丁目の夕日昭和33年の東京。30年代から40年代にかけていたるところにあった、日本の横丁と庶民をゆっくりとスケッチした「人情喜劇」である。監督:山崎貴出演:堤真一    吉岡秀隆    小雪    薬師丸ひろ子    掘北真希    もたいまさこ  ...
2. ALWAYS 三丁目の夕日  [ Akira's VOICE ]   November 18, 2005 18:17
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
3. ALWAYS 三丁目の夕日  [ VAIOちゃんのよもやまブログ ]   November 18, 2005 18:20
10/18の試写会ネタです。今回はビックカメラ有楽町店の7Fにあるよみうりホール。ここは席のオフセットがちょっと少な目で、段差もそれ程大きくないので、余り見やすいとは言えないんですけどね。洋画で字幕が出たりする訳ではないのでまあいいかと。 肝心の映画ですが・・・...
4. 『 ALWAYS 三丁目の夕日 』  [ やっぱり邦画好き… ]   November 18, 2005 19:10
映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 本:山崎 貴、古沢良太 原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」     (小学館 ビックコミ
5. ALWAYS 三丁目の夕日  [ 欧風 ]   November 18, 2005 20:44
9日に決勝が行われた鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリを観に行く為に、7日は深夜バスに乗る予定だったんですけど、その日にあった試写会が、この「ALWAYS 三丁目の夕日」。 以前もこういう出掛ける前の試写会ってあったな??。もっと余裕を持って準備をしたいんだけ...
6. ALWAYS 三丁目の夕日  [ ネタバレ映画館 ]   November 18, 2005 22:55
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い...
7. 「ALWAYS 三丁目の夕日」素晴しい  [ わたしの見た(モノ) ]   November 18, 2005 23:34
バップ -ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 昭和33年の東京を舞台に、心温まる作品。 133分の上映時間中、最後まで心地よい時間を過ごせました。 素晴しいストーリーと映像。 私が生まれる以前の話。 予告で観た、再現された東京の
8. ALWAYS 三丁目の夕日  [ A path of happiness☆ ]   November 19, 2005 09:50
今朝思い立って、本当に見てきました。 結果… 泣きました。 ぽろぽろと。 以下感想。 ネタバレほぼナシです。
9. 泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも観なさいよ!  [ 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! ]   November 19, 2005 13:07
楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな....
10. ALWAYS 三丁目の夕日  [ きみどりの窓口 ]   November 19, 2005 22:28
 昨日新幹線大爆破と鉄道員と一緒に、現在公開中の映画「ALWAYS 三丁目の夕日
11. ALWAYS 三丁目の夕日  [ loop the loop ]   November 21, 2005 08:38
「ALWAYS 三丁目の夕日」をみてきました。 ふわっとしたあったかさのある映画ですね。 原作の漫画は読んだことないんですが、いい映画になっていると思いました。 実は予告編を何度か見て、よくあるなつかし系の映画かな、と見くびっていました。 そのあと、...
12. 『ALWAYS 三丁目の夕日』  [ 京の昼寝〜♪ ]   November 27, 2005 17:09
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAY...
13. 物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』  [ 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 ]   December 01, 2005 19:16
4 11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと...
14. ALWAYS 三丁目の夕日  [ toe@cinematiclife ]   December 02, 2005 17:52
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉...
15. ALWAYS 三丁目の夕日  [ 39☆SMASH ]   December 02, 2005 20:44
昨日は友達と夜中まで遊んでました。 で、現在放映中の『ALWAYS 三丁目の夕日』をレイトショーで鑑賞。 もうね、すんごく良かった!! 物語後半は、皆さんの感動してすすり泣く声が前後左右から聞こえてきました。 もちろん私も号泣しましたけど、なにか??...
16. ★「ALWAYS 三丁目の夕日」  [ ひらりん的映画ブログ ]   December 03, 2005 02:33
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木...
17. ALWAYS 三丁目の夕日(映画館)  [ ひるめし。 ]   December 03, 2005 23:00
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかった...
18. Always 〜3丁目の夕日〜  [ シルバーアクセの作り方 ]   December 07, 2005 03:58
映画観たのに感想書くの忘れてました(汗) ゲームにハマって忘れてたかな??ま、良いですわ  そして今回話題の『Always』チョコレート工場で予告を観たんですが、この時から既に泣いてました(笑)この監督の作品を観たことはあるんですが、CG使う以外はジャンルが全く...
19. ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目  [ 猫姫じゃ ]   December 10, 2005 03:45
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...
20.   Movie:『ALWAYS 三丁目の夕日』  [ Curry Life! ]   December 24, 2005 21:07
ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t なんて、暖かい映画なんだ。 昭和33年の、日常を描いたストーリーで、 特筆するほどのエピソードはないのだが、 何故か、感動してしまい、あちこちで、すすり泣く声がw。 こんなに、普通に泣いてしまう映画は、初めてだ。 昔の古き良き...
21.   Movie:『ALWAYS 三丁目の夕日』  [ Curry Life! ]   December 24, 2005 21:08
ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t なんて、暖かい映画なんだ。 昭和33年の、日常を描いたストーリーで、 特筆するほどのエピソードはないのだが、 何故か、感動してしまい、あちこちで、すすり泣く声がw。 こんなに、普通に泣いてしまう映画は、初めてだ。 昔の古き良き...
22. 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★  [ AI-z「出田直正(nao)の一日。」 ]   January 09, 2006 01:53
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。 観に行ったのですが、 普通(」゜ロ゜)」 ナント 普通の日本映画でした。 普通でないのは映像技術。 遠くに見える東京タワーですとか、 昭和の町並み。 次第に出来上...

コメント一欄

1. Posted by ぼうそう@きみどりの窓口   November 19, 2005 22:32
TBありがとうございます。遅くなりましたが、TB返しさせていただきました。

自分も薬師丸ひろ子のオカーサン役に、思わず自分もオサーンになったなぁ〜っと、複雑な心境でした。
ところで、時折ドラえもんに出てくる、のび太のママに声が似てるなって思ったのは、自分だけですかね?
2. Posted by スタッフの知り合いの知り合い   November 20, 2005 21:05
なんか、概して若い世代の批評がおもしろい。親の世代を昔の人みたいに語って無意識に自分の若さを誇ったり、マニアックな知識であれは違うと言ってみたり。この映画を作ったチームも筋金入りの超マニアックな人たちの集団で、物凄くお金と手間をかけているはずだが。演技についても、キャリアのある主役をダイコンと一刀両断に言ってしまえるほど無邪気。自分もこの時代にはまだ生れていないけど、常に謙虚でいたいと思うね。
3. Posted by 出田(nao)   January 09, 2006 01:57
はじめまして、TBさせて頂きます。
昭和の雰囲気が出ていて、懐かしくあたたかい映画でした。
映像技術が見事に組み合わさっていて、
昭和の街を再現しているのには驚かされました。
最後の夕日の場面は、とても印象的でしたよね。
4. Posted by teen pictures   December 05, 2006 10:47
4 http://www.stazzz.net/teensexpics.php <a href="http://www.stazzz.net/teensexpics.php">teen video</a>
5. Posted by big dicks   March 10, 2007 04:44
2 http://www.volny.cz/dlikoj/14-07.html <a href="http://www.volny.cz/dlikoj/14-07.html">big dicks</a>

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
QRコード
QRコード
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました