試合結果報告

2008年03月22日

中学生オールスター東西対抗戦

3月22日川崎球場にて史上初のアメリカンフットボールの中学生東西対抗戦が行われました。今年から関東で中学生のアメリカンフットボール連盟がスタートした記念として、老舗の世田谷ブルーサンダースをはじめとするクラブチームや、学校チームから選抜された選手が、関西代表の関西学院を中心とする選手たちと戦いました。
ジュニアシーガルズからは、3年生の升川、2年生の斉藤・西澤の3名が選抜され、川崎球場のグランドで大活躍でした。斉藤は、2年生ながらガードとして、安定感のあるブロックでチームに貢献。
たけし3年生の升川は、レシーバーとアウトサイドラインバッカーとして出場、パスカットを見せるなど、活躍しました。
(写真の37が升川)




西澤圧巻だったのは、西澤、ロングパスを2本決めるなど大活躍でした。試合は、2本のタッチダウンパスで得点した関東代表が、関西代表を0点におさえて、14−0で勝利。(このプレイでタッチダウンパスが炸裂!)



表彰MVPには、西澤が選ばれました。おめでとう!!






その後、午後から、初19歳以下の日本代表とアメリカ代表のアメリカンフットボールの試合が行われました。近い将来、ジュニアシーガルズの卒業生からも代表入りしくれる選手もでてくれることでしょう。


jrseagulls at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月11日

6年生 地区対抗オールスター戦

3月9日、晴天の中、地区対抗6年生オールスター戦が
鎌倉の東レグランドで開催されました。
千葉A千葉地区4団体の6年生約30名を
パート別でチーム編成を行い、
タクヤが参加した、千葉Aチームが
東京ドームで優勝したワセダクラブを中心とする
東京チームに接戦のすえ、逆転勝利し、
みごとに優勝!!


よしきゆうやヨシキ、ヤマモトユウヤが参加した千葉Cチームが、ブロック2位通過で3位、(後ろは担当した柏の池田コーチ)


千葉Bコウタロウ、タカハシユウヤ、ツカサ、リョウスケが
参加した千葉Bチームが、
ブロック3位通過で、5位となりました。




千葉チームブロック戦で3試合、順位決定戦とあわせて、
1日に4試合という強行軍、
2回練習しただけの即席チームでしたが、
試合を重ねるごとにコンビネーションもよくなり、
チームを超えたフラッグ仲間と、
小学生としての最後のフラッグを楽しみました。

jrseagulls at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月25日

フラッグフットボールの千葉カップ開催

2月17日は、成田高校グランドにてフラッグフットボール千葉カップが開催されました。
毎年恒例のこの大会、千葉県内の小学生フラッグフットボール4団体が集まって、千葉NO.1を決めています。
参加団体は、以下の4団体です。
・酒井根フレアーズ(柏市・酒井根東小を中心とするクラブチーム)
・柏レインボーズ(柏市・柏7小を中心とするクラブチーム)
・成田小学校(学校のチーム)
・ジュニアシーガルズ
ジュニアシーガルズからは、学年ごとに、
6年生チーム、5年生チーム、4年生チームの3チームでエントリー。
P10003896年生チームでは、中学受験による休部からの復帰組を加わって、久しぶりの試合を楽しみました。(1勝1敗)
5年生チームは、キャリアの浅いメンバーも多いながら、初めて、5年生だけでチームを結成、結果、1勝1敗という成績で健闘しました。


4年生チームは、決勝まで駒をすすめ、優勝は逃したものの、準優勝。
やはり、この4年生たちはただものではないですね。
各チーム、がんばりました。
P1000347今年から、低学年の皆さんも参加しようと、4年生以下のカテゴリーも新設。オール低学年で参加し、酒井根、柏を加えた3チームでリーグ戦を行いました。





P10002871年生や幼稚園のメンバーも活躍し、見事に2勝し、優勝をおさめました。おめでとうございます!





終了後は、オール千葉の6年生で練習を行いました。
今年から始めての試みで、関東オール6年生による地区対抗オールスター戦が実施されることになりました。
千葉の6年生、約30名が3チームに分かれて、東京代表・神奈川代表と、3月9日に鎌倉で戦います。
せっかく出場するので、日ごろ敵味方に分かれて対戦しているメンバーも
同じチームとして戦おうということになり、
千葉は完全混成チームで望みます。そのためのチーム分け、初練習となりました。風が強く、寒い寒い中でしたが、練習は3チームとも気合が入ってました。乞うご期待です。




jrseagulls at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月21日

慶応幼稚舎ユニコーンズさんと練習試合

オフシーズンに入って、練習も2週間に1回、「自主練」ってことで、希望者だけでやってましたが、2月11日は久しぶりに多くのメンバーが集まりました。
この日は、慶応幼稚舎ユニコーンズの低学年の皆さんをお迎えし、「練習試合」をおこないました。慶応幼稚舎ユニコーンズは、フラッグフットボールの各チームの中でも、歴史のある強豪。春のドリームカップの低学年の部で優勝、秋のシーズンでも東日本ベスト4まで、すすんでいます。
秋のリーグ戦では、予選ブロックが違ったこともあり、3年生チームと対戦がありませんでした。春の雪辱を喫すべく、シーズン終了後でしたが練習試合をすることになりました。「東日本チャンピオン(実質・日本一/笑)」の新生ゴールドとしては、負けるわけにはいかない試合。ノゾミとレオナをお休みで欠き、またハルナが足を痛めて出場できない中、6名で試合に臨みました。
結果、2試合対戦し、2試合とも勝利を収めることができました。総監督である「石田コーチ」からも、「うまくなった!」とおほめの言葉をいただきました。2試合めでは、いつもはブルーのリョウ・イッセイ・カスミも、おなじ3年生としてゴールドに合流。経験がまだまだながら、なかなかの活躍ぶりだったようです。
同じ時間、慶応2年生以下チームと、1試合めはブルーのメンバーで対戦。こちらもQBのリウが欠席の中でしたが、3年生のリョウ・イッセイ・カスミの活躍、また、1年生の活躍もあり、勝利。特にカズオキのナイスラン!8ヤードゲインには、木野コーチは驚きました。
2試合めは、2年生以下同士で対戦。この試合は終了間際に逆転のトライフォーポイント2点を決められてしまい、惜しくも敗れてしまいました。2試合を通じて、入ったばかりの2年生のアキトとモトの2人が活躍し、ステディなプレイが持ち味のケントとのコンビネーションも良く、今年の低学年の将来性を感じさせてくれるいい試合になりました。

来週24日は、千葉カップ。千葉地区の他の団体には、低学年だけのチームがないため、4年生まで含めたチームとの対戦となります。
がんばるぞお!!





jrseagulls at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月16日

低学年ゴールドがみごとに日本一に!!

12月16日、川崎球場でフラッグフットボール東日本選手権が行われました。今年からシニア(大人)、レディス(大人女性)、ジュニア(中学生)、キッズ(小学生高学年)、プライマリー(小学校低学年)が同時開催です。

メンバープライマリー部門に、ジュニアシーガルズゴールドが出場し、立教ラッシャーズフットボールクラブ(RFC)と初代東日本チャンピオンを争いました。他のカテゴリーとことなり、低学年のチームは西日本地区にはないため、この試合が日本一決定戦。


熱戦のすえ、21−12で破り、晴れて日本一の栄冠をつかみました。
メンバーのみんな、おめでとう!!

ディフェンスまずはRFCのオフェンス。警戒していた相手のQBの独走ランで先行を許す展開。しかしタッチダウン後のトライフォーポイント(5Yからの攻撃で1点)をおさえて、落ち着きを取り戻します。



しょうへいハンドオフその後のオフェンス、シーガルズのナイスブロック、ナイスランが炸裂!
さらにこちらはTFPをとって、すぐに逆転します。次のRFCの攻撃は、落ち着きを取り戻したディフェンス陣が、大人と同じようにコンテイン(外側を走らせないこと)を徹底。走力のあるQBのランを許さず、攻守交替。

ひなこブロック次のシーガルズの攻撃も、ナイスブロック連発で、タッチダウン。またもやTFP成功で14−6とリード。次のRFCの攻撃も抑えたあと、前半の残り2分から大人チーム顔まけに、タイムアウトをうまく使いながら、
タッチダウンをうばうと、またもやTFP成功して21−6で前半終了。

しかし、後半になり、シーガルズ最初の攻撃、RFCも、俄然ディフェンスのスタートがよくなり、最初の攻撃では得点をうばえず、攻守交替。シーガルズの反則などもあり、再度、RFCにタッチダウンを許します。
しかし、その後のTFPでRFCは10Yからの2点TFPを選択。
このチャレンジを、見事に守りきって21−12
その後のシーガルズの攻撃、ゴールライン目前まで迫りますが、TDならず。応援席にも緊張が走ります。
つづいてのRFCの攻撃は、着実に前進。なかなか止められません。しかし、残り時間は着々と減っていくのであせりはありません。逆に、ゴールライン目前でRFCがイリーガルコンタクトの反則(フラッグでは接触は反則となります。)罰退もあり、ここはシーガルズがしのぎます。最後のシーガルズの攻撃、タッチダウンはならなかったものの、時間を使い切って、21−12で試合終了。

ありがとうございました。「練習はやりつくしてこそ、自信につながる!」という
一時代前(笑)の信念にもとづいた練習で、
この試合にそなえたメンバー全員、
しっかり準備したコーチ陣、
いっしょに鬼の特訓をした4年生&ブルーのメンバー、
風邪がはやる中メンバーの健康をしっかりと管理していただいたご家族
当日、大ボリュームで応援してくれた仲間たち&ご父兄のみなさん、
みんなでつかんだ日本一です。

表彰式本当におめでとう!来年は4年生チームとして連続日本一をねらうぞ!

jrseagulls at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月04日

低学年ゴールド関東選手権出場決定!

ゴールド低学年のゴールドは経験が豊富な3年生
〜すでにフラッグキャリア4年の子も
・・・を中心としたチームです。
どのお父さんお母さんに言わせても
ゴールドは関東に出てあたりまえ!・・・。
それだけにプレッシャーもかかります。


れおなそんな中でしたが見事3勝全勝で
関東選手権1位を決めてくれました。
おめでとうございます。





れおな対 練馬ブロンコス     26−0
対 日大フェニックスFCB 38−0
対 ワセダクラブC     47−0
攻撃4回で10Y(9M)すすめばよい低学年で、
3戦完封はすばらしい!!



よしあインターセプト誰がというわけではなく、
みんなが活躍しての勝利でした。
東京埼玉千葉ブロック1位での
関東選手権進出です。
まずは東日本選手権出場をめざしてください。
がんばりましょう!

jrseagulls at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月21日

高学年2チームそろって関東選手権進出決定!

e2475aa7.JPG本日10月21日、成田高校の陸上競技場にて、
関東選手権千葉ブロック予選が行われました。
千葉ブロックは、酒井根フレアーズ・柏レインボウズ・成田小学校と強豪ぞろい。
各団体から全部で9チームが出場し、
3つのブロックにわかれて関東選手権出場権をかけて
熱戦がくりひろげられました。
5・6年生を中心とするシーガルズAは、
酒井根Bと柏Bと同じブロックとなりました。
各チームと熱戦をくりひろげて、見事2勝してブロック1位となり、
早々に関東選手権出場を決めました。
おめでとう!!
4年生のシーガルズBは、
成田Pと柏Cとのブロックです。
6年生を中心とし、体格差もある成田Pに快勝!
柏Cにも勝ってこちらも2勝。
同じく関東選手権出場決定です。
4年生チームの関東選手権出場は快挙でしょう。
2チームそろっての関東選手権出場はうれしいかぎり。
11月4日の千葉ブロック予選第二ラウンドで、
千葉ブロック1位〜3位の順位決定戦にのぞみます。
さらに練習をかさねて、東日本選手権の決勝が
シーガルズA対シーガルズBの夢の対決となるように、
がんばりましょう。




jrseagulls at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月08日

湘南シーブリーズ練習試合

湘南交流戦3連休の真ん中の本日は神奈川県鎌倉市を本拠に活動する、「湘南シーブリーズ」の皆さんをお迎えしての練習試合をしました。高学年1チーム、低学年2チームの皆さんが渋滞のなかわざわざ2時間もの時間をかけてきてくれました。本当にありがとうございました。



よしあパスせっかくきていただいたのだからと、低学年で2面、高学年で1面をとり、13時のオービックシーガルズの練習開始ぎりぎりまで試合を楽しみました。両チームとも、公式リーグ戦の開幕を控えた中、ジュニアシーガルズにとっては課題を明確にするいい機会になりました。



交流会
せっかく遠くからきてくれたので、シーガルズの父兄の皆さんが買ってきてくれたピザとドーナツで交流会を実施しました。天気がよかったので外で食べられて気持ちよかったね。
今日は低学年のメンバーがほぼ全員集合。今年からの入部のメンバーも多く、気がつくと低学年だけで20名の大所帯になりました。みんな一人ひとり個性豊かで、チームとしてまとめるのは大変ですが、ゴールドもブルーも、リーグ戦を勝ち抜いて関東選手権出場・東日本選手権優勝をめざしてがんばりましょう。
低学年全員

jrseagulls at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年09月24日

慶応ユニコーンズと練習試合

0bd4afcc.JPG3連休の最終日24日、慶応ユニコーンズをお迎えして小学生は練習試合をおこないました。来月からはじまるリーグ戦にむけて、日ごろの練習の成果をためすべく、一人ひとり、全力でがんばれたでしょうか?
低学年では、慶応の2年生チームがやってきてくれました。2年生だけでチームが編成できるとはうらやましい限り・・・。うちのチームは2年生は2人だけだからね。
2年生とはいえ、よくよく練習したメンバーが中心で、ラン・ブロック・パス、ともに、上手なメンバーがそろってました。よしあ
リーグ戦では、慶応さんは、神奈川県ブロックなので、直接対戦はしませんが、東日本選手権に両チームが出場すれば対戦することになります。
3年生中心のゴールドは、勝利をおさめましたが、内容的にはまだまだです。
いつもコーチから耳にたこができるほどいわれているように、特にディフェンスの動き・・・・「中に入らない、外から外からを意識して動く/コンテイン」をもう一度徹底できるように練習をしましょう。こうへい
2年生以下と3年生の新人中心のブルーにとっては新チームはじめての試合となりました。試合結果は・・・・残念!!
でも、おしいパスがあったり、基本となるランプレイではしっかりゲイン(前に進むこと)できていたりと、そこここに、いいプレイが満載でした。
いっせい
オフェンスではまだまだブロックに課題ありかな?相手の動きをしっかり封じられるように、「相手にしっかりくっつくブロック」を身につけていきましょう。
秋から入部のいっせいが、はじめてタッチダウンをとりました。おめでとう!!
でも、タッチダウンの影にはしっかりブロックあり。ブロックあってこそのタッチダウンだからね。
では来週以降も練習がんばりましょう。
ちなみに、来週は体験の1年生がやってきます。どんどん体験してくれるメンバーがきてくれるといいよね。

jrseagulls at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年07月01日

ドリームカップ決勝ラウンド

本日7月1日は武蔵小杉の法政大学川崎総合グランドにて
春季ドリームカップの決勝ラウンドが実施されました。
高学年は、成田・習志野それぞれの会場でのトーナメントを
勝ち抜いた8チームが参加しました。
ジュニアシーガルズAチームは、初戦ワセダクラブWとの対戦。
残念ながら、12対25で敗れ、準決勝にコマをすすめる
ことはできませんでした。
低学年は、同じく4チームが参加。
慶応2チームと、ジュニアシーガルズ2チームの対戦と
なりました。
ジュニアシーガルズブルーは、1回戦慶応Aと対戦し、
12対24で敗れ、決勝に進出はなりませんでした。
つづく、慶応Bとの3位決定戦では、18対6で勝利し、
ドリームカップ関東3位となりました。
ジュニアシーガルズゴールドは、1回戦慶応Bと対戦し、
13対0で勝利。
つづく決勝戦では、19対31で慶応Aに敗れましたが、
ドリームカップ関東2位となりました。
各チームそれぞれに、がんばりましたが、
まだまだ、秋に向けて、課題はあるぞ!!
また来週から練習がんばりましょう。

応援いただいた皆様、高学年Bチームのみんな、
ありがとうございました。


jrseagulls at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!