一日おいて再び「ドリーム工房」にお邪魔いたしました。
 講座もすでに3日目に入り、受講生の工具さばきもすっかり板についてきた感じですねぇ。
DSC08759

















 シリンダーヘッドの部品が組みあがった段階でいよいよ最終段階の「タペット・クリアランス」の測定をシックネスゲージを使って行います。測定した受講生(写真手前側)が記録係の受講生(同奥側)に16箇所にもおよぶタペット部の測定結果を伝えます。はたしてすべて規定値を満足したのでしょうか?
DSC08767

















 いよいよエンジン組立も最終段階です。オイルパンを組み付けて(写真上)、最後に講師のダメだしを受けます(同下)。3日間の講座の成果はいかに?
DSC08775DSC08786


































 エンジンの組立で全作業は終わった事にはなりません。使い終わった工具、ツールの洗浄・整理整頓(写真上)、作業場の清掃を行って(同下)、はじめて「完了」となります。「プロの教え」はどこまでも厳格です。
DSC08788DSC08787


































 最後は講師、受講生全員で記念撮影です。3日間、本当にお疲れ様でした。
DSC08784

















 今年のトピックスもこれで最後となります。来年も有意義な1年にしたいですよね。今年もいろいろありがとうございました。また、よろしくお願いいたしますね。