こんにちは、もこっちです

………突然ですが!
今回から数回にわたって、「国政モニター」というものをご紹介したいと思います。


まず、国政モニターとはなんぞや


国政モニター制度について

国政モニター制度は、国の重要施策に関して、国民の皆さまからご意見、ご要望などを聴取し、国の行政施策の企画、立案及び実施のための参考とすることを目的として、昭和37年6月から実施(郵送でのご意見聴取)しております。
平成24年度からは、インターネットを活用して、ご意見の公表を迅速化し、また、他のモニターのご意見を見ていただくことにより、幅広いご意見をお寄せいただけるようにしました。行政施策以外の政治関係や誹謗中傷などのご意見を除き、全てのご意見は、ほぼ毎日公開しております。
全てのご意見は、内閣府が関係する府省庁に毎月、行政施策の企画、立案及び実施のための参考にするよう送付しております。
また、ご意見が多く寄せられたテーマ等につきましては、各府省庁の回答や取組状況等を、「お答えします、お知らせします」、「参考情報」として掲載しております。
さらに、国民の皆さまがどのような施策に関心を持っているかなど、リアルタイムで情報を得ることができるようになりましたので、今後、それを踏まえたより効果的な政府広報の実施が可能になっていくものと考えております。

monitor.gov-online.go.jp/html/monitor/h26/jisshi_h26.html


要するに、
「400字以内で月3回まで、国政に対して直接好きに意見を言えますよ」という制度です(はしょりすぎw


それにしても、電子化されたのは平成24年度………めっちゃ最近です
それまで郵送だったことを考えると、いきなりハードル下がった感がありますね。


ところで、なぜこんな話題なのかと言いますと……………
実は私「もこっち」は、平成26年度の国政モニターを拝命し、現在進行形で活動中です。
認知度低めで、身近に国政モニターやってる人って身近になかなかいないですよね……
というわけで、これを機会にこちらでも広報させていただこうと思います


国にお願いするための「請願」という手段は、「自衛官守る会」では既に活用させて頂いておりますが、
「国に自分の意見を聞いてもらうには国政モニターという手段もあるよ!」というお話です。


「実際の入力画面ってどんな感じ?」
「具体的にどんな事をやるの??」というあたりも紹介できると思います。


どうぞご期待くださいね!






-----------------------------------------------------------------------------------------------

「自衛官守る会」では、現在進行形で引き続き署名のご協力をお願いしてます。
ご署名は1名でも大歓迎です!
この請願の内容に賛同頂ける方は、ぜひともご協力をお願い致します!


請願内容、署名用紙のダウンロードや送付先などの詳細は以下をご参照下さい


↓自衛官守る会の公式サイト 
http://yakamochi.org/





自衛官守る会では、会を資金面から支えてくれる賛助会員さんも随時募集しています。
手続きはとても簡単。このフォームにお名前、住所、電話番号を書き込んで年会費3000円を振り込んでいただくだけです。
どうぞよろしくお願い致します。

自衛官守る会の賛助会員申し込みフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=918863


↓会の詳細はこちらをご覧ください↓
http://yakamochi.org/concept.html


↓Facebookのページです↓
https://www.facebook.com/groups/seigan/