骨盤を閉めたり、固定するためのベルトがいろいろ市販されていますよね。

腰痛などでつらい思いをされている方にとっては、とても魅力的に見えるかもしれませんし、実際、つけると痛みがとれて楽になるので、手放せなくなる方も多いのではないでしょうか。

ですが、体の仕組みを考えると、このようなタイプのものは、使わないほうがいいのです。

そもそも腰痛などの痛みは、なんらかの理由で、硬く、伸びづらくなっている筋肉を、無理に伸ばそうとしたときに生じるものですから、ベルトなどで固定すれば筋肉が伸びなくなり、確かに痛みは起きにくくなります。

でも、そのかわりに、そうやって固定された筋肉は、ますます固まって伸びづらくなりますよね。

特に骨盤というのは、生理のたび、あるいは一日の中や季節の変化によっても、閉じたり開いたりするものですから、固定してしまうと弊害が起きるのは、容易に想像がつくのではないでしょうか。

骨盤に限らず、固定するということは、筋肉の働きを止めてしまうので、基本的にはよくないことだとおぼえておくといいと思います。

あまりにも痛くてつらいときに、一時的に使用するのは仕方がないのかもしれませんが、あくまで一時的な使用にとどめましょう。
その場合も、しめつけるタイプのものよりも、さらしなどで固定するほうがまだ無難といえるでしょう。

そもそも痛みが起きるということは、体のどこかに問題があるということです。
ベルトなどで固定するということは、体を、問題がある状態のままで固めてしまうことにもなります。

外からの力に頼って一時的に痛みをごまかすよりも、体操や骨盤の調整などによって、自分の力で、全身の筋肉バランスを取り戻すことをおすすめします。