一般社団法人日本心エコー図学会理事長のブログです。理事長という職にはありますが、ここに書かれることは心エコー図学会の公的意見ではありません。私個人が経験したこと、感じたことを自由に書いてみたいと思います。少しでも心エコーを身近に感じてもらえれば幸いです。なおご意見、ご批判等は一切受け付けませんのでご了解ください。

 世の中、積極的政策、勇猛果敢、威勢のいい言葉、イケイケドンドンがもてはやされます。停滞している(と思われている)世情には現状を打破するという試みが頼もしく映るのでしょう。古くは、聖域無き構造改革、少し前では大阪の前市長、最近ではイギリスのBrexit、アメリカの大統領選などがこれにあたるのかも知れません。これらの中には後から見て正しいものもあれば、そうでないものもあるでしょう。

 政治の世界についてはよくわからないのですが、医学の世界にも多かれ少なかれこの傾向はあるようで、待機的に見ているより積極的介入が好まれるようです。たとえば弁膜症ガイドラインでは一次性重症僧帽弁閉鎖不全症に対する治療は、無症状で心機能が保たれていても、形成術が高い確率で可能なら早期に手術となっています。だいぶ前になりますが、アメリカの某大病院からearly surgery群の方がwatchful waiting群よりも予後良好であるというデータが出てきたときには、無症状の人に手術するのか、術中に脳梗塞を発症することや、術後に収縮性心膜炎を発症することもないではないのになぁ、と違和感があったものです。当時、とある学会で同席したアメリカの某病院(某大病院とは違う施設)の某先生は、watchful waiting群の成績が悪いのはデータを出してこられた某大病院の先生が外来でちゃんと患者さんを診ていないからではないか、と冗談っぽく言っておられました。

 さて最近、大動脈弁狭窄症に対するearly surgeryの話題がよく見られるようになりました。無症候性高度大動脈弁狭窄症に対してearly surgery群の方がwatchful waiting群よりも予後良好であるというのです。古い頭の私には、これも違和感があります。無症状の方が突然死を発症する率は、大動脈弁置換術を受けた際の危険率より低いので、症状が出るまで手術しなくてよいと教わってきたからです。どうもTAVIが出てきて、大動脈弁狭窄症の侵襲的治療が随分手軽に思われているようです。Early surgery群を良しとするのはTAVI時代の内科医の発想ではないでしょうか。弁置換術後のいろいろな合併症を知っておられる外科医の発想ではないような気がします。しかしイケイケドンドンが好まれる昨今、そのうちにearly surgeryが当たり前になるのかも知れません。確かにイケイケドンドンは医学の進歩に必要です。今でこそ当たり前になったカテーテル検査ですが、カテーテルを初めて体内に挿入したフォルスマンが当初大変な非難を浴びたことはよく知られています。しかしどこまで行くのでしょうか。この調子でいくと中等度無症状の大動脈弁狭窄症でも、将来どうせ高度狭窄症に進行していくのだから早期に手術を、と言われるようになるのかも知れませんね。どのような方針に落ち着くにせよ、私としては頭をできるだけ柔らかくして新時代に備えたいと思います。

インパクトファクターという言葉をご存知でしょうか。Wikipediaによりますと、「自然科学・社会科学分野の学術雑誌を対象として、その雑誌の影響度、引用された頻度を測る指標」となっています。要するに、雑誌の格付け指標ということです。(真の意義についてはいろいろな意見もありますがここでは触れません。)したがってインパクトファクターが既に付いている雑誌は次の年にはさらに一層高いインパクトファクターが得られるように頑張りますし、まだインパクトファクターが付いていない雑誌の場合には何とかして獲得しようとします。日本心エコー図学会の学会誌Journal of Echocardiographyはまだインパクトファクターが付いておらず、何とか2019年度に獲得しようと今、学会誌編集委員会を中心に努力しているところです。ではインパクトファクターはどうやって求めるのでしょうか。それは

という式で求められます。たとえば過去2年間にある雑誌に300本の論文が掲載されたとし、そのうち延べにして600本が引用されたとすると、インパクトファクターは2.0ということになるわけです。欧米の学会誌のインパクトファクターは大変高いですが(2016年の報告では、Journal of the American College of Cardiology17.759Circulation17.047European Heart Journal15.064)、その一因は彼らがガイドラインを学会誌に掲載しているからです。私たちが論文を書く際にAHA/ACCガイドラインやESCガイドラインを引用するたびに彼らのインパクトファクターは上がっていくわけです。

さてJournal of Echocardiographyの仮インパクトファクターは2015年には0.0892016年には0.381でした。増加率は4倍ですが数値としてはまだまだです。(インパクトファクターが1点以上になって初めて、雑誌としては多少偉そうな顔ができるようになります。)JACCCirculation並みにとまでは言いませんが、できれば仮を取って胸をはりたいですよね。皆さんにおかれましては、他誌に投稿される際には是非Journal of Echocardiographyの過去2年以内の論文を引用していただくようお願いします。(Journal of Echocardiographyに投稿される論文に引用していただいても、まだインパクトファクターの付いていない現時点ではカウントされませんのでご注意を。)参考までに過去2年間のJournal of Echocardiographyに掲載されたreviewを下記に示します。

review 1
 review 2

皆さまのご協力を切にお願いいたします。


 一日のうちの大半をメールの処理に費やしているような気がします。いったい毎日どれだけ受信し、その処理にどれだけ時間を費やしているのでしょうか。一度調べてみました。海外出張中にたまったメール数を出張日数で割って一日のメール数を出したのです。結果、平日は一日あたり約100通来ていました。どうでもいいメールが2割として、何らかのレスが必要なのは80通くらい。レス時間を1通あたり平均3分として80かける3240分、なんと平日は1日のうち4時間もメールの処理に時間をかけていることがわかりました。受信件数がもっと多い方はもっとたくさんの時間をかけておられる可能性があります。ちなみにASE前理事長のSusan Wiegers先生は「一日に400通メールが来るのよねえ。私はメール処理の秘書を雇っていないから自分で処理しないといけなくて随分時間を取られるの」とおっしゃっておられました。数の多さもさることながら、メール専門の秘書を雇っている人がいるということに驚いたものです。

 さてメールは果たしてわれわれのためになっているのでしょうか。以前、情報のやりとりは電話と手紙しかありませんでした。それからファックスが出てきました。約25年前に海外留学を準備していたときに留学先とのやりとりをする上でファックスを大変重宝した覚えがあります。ついでメールが出てきました。ちょうど留学中にメールを使い出したと記憶しています。当時はメールがやや不安定で、時々mail failureというサインが出たものです。フェロー仲間に、今mail failureのサインが出たけどどうしたらいい?と尋ねたところ、mail failuremail failure 、、、、おまえはmale failureか?とギャグで返されたことがありました。後で調べると確かにmailmaleも同じ発音でした。そんな時代を経て、今やメールが主な通信手段です。で、楽になったのか、と言われると決してそんなことはないように思います。その最大の原因は昔に比べて仕事量が増えたことでしょう。何をするにも膨大な書類作成が要求されます。誰からも後ろ指を指されないためには必要な書類なのでしょうが、昔はこんなことまでいちいち書類にしなくても許されていたのになあ、とぼやきながら作成します。そしてメールで送ります。便利です。しかし逆に考えると、メールがあるから膨大な資料作成が可能になり、要求される書類も増えてきたのかも知れません。もし電話と手紙しかなければ、大量の書類は物理的に処理が不可能となって要求される書類はもっと少なくならざるを得なかったのではないでしょうか。逆説的ですが、仕事が楽になるように開発されたツールのために益々仕事が増えたのではないでしょうか。楽になるもっと仕事ができるはず要求される書類が増える楽にはならない新しいツールが開発される、ということになっているのかも知れません。それにしても昔は不要だった書類を今は必要だとし、どんどん仕事を増やして自分で自分の首を絞めているような気がするのは私だけでしょうか。

↑このページのトップヘ