P1040470

1929年開学の安徽師範大学。ここの外国語学部で旧友が日本語を教えている。40年にわたって付き合っているが、考えて見ればお互い働いている姿は見たことがない。今回は旧友に付き合って大学の授業に行ってみた。代理で授業もさせてもらったが、教師というのは重労働なんだということが初めて分かった。

 

P1040474

中国の学生は本当によく勉強する。30分も前から教室に来て、各自が自主的に教科書を音読している。学校に来る前から寒風ふきすさぶキャンパスで教科書を音読している学生もたくさんいた。中国の大学進学率は短大も含めて20%だという。急速に大学生が増えたため求人が十分でなく、早くも就職難になっているそうだ。

 

P1040477

どの教室でも女子学生が前列を占め、男子学生は後ろのほうで小さくなっていたのが印象的だった。成績も女子学生のほうが圧倒的に良いそうだが、就職は男子学生が有利だとか。教科書的社会主義とはまるで違う現実。それにしても真面目。出てくる質問も"朝鮮半島の南北対決"とか"日本でのイジメ実態"、"フリーター現象"とか高度な質問ばかり。

 

P1040503

大学構内に貼られていた家庭教師募集のチラシ。バイト料は2時間で35~40元(500から600円)と、サラリーマンの給料よりはるかに高い。

インターネットは中国でも自由に使え、TVのない寮でも学生たちはネットを通じて自由にTVをみたりゲームしたりしている。回線はADSLでスピードに問題は無いのに、海外サイトにつなげようとすると、YAHOOなどのポータルサイト以外は画然とスピードが落ち、画像などが見えなくなってしまうケースが多い。かなり当局がコントロールしているようだ。