2011年12月22日

page2012(2012/2/8~2/10)に出展します

19979月発売以来、サポート契約ユーザ様のご要望にお応えするべく機能拡張と新規アプリケーションを開発、ご提供し続けているPrintSapiens
page2012ではPrintSapiensの様々な機能と連携およびソリューションをご紹介します。

ますます小ロット化、短納期化、低価格化する印刷需要に対応するため、20115月には追加オプションモジュール「付合せ指示」プログラムをリリースいたしました。用紙銘柄、連量、色数、下版予定日等の検索条件を設定し、付合せ可能な受注明細を検索し、付合せたい受注明細を選択して面付け数と比率を計算します。付合せ指示書と付合せイメージ図を出力できるだけでなく、作業日報で入力した原価(加工高、実質原価)を付合せ比率に応じてそれぞれの受注明細へ自動按分する機能をもっています。

インターネットを利用して、「得意先から印刷発注を受け付けたい」、「在庫製品の納入指示を受け付けたい」、「営業マンが得意先訪問中または移動中に、モバイルで社内へ受注入力したい」といった得意先の囲い込みを目的とする新サービスの展開や新規開拓、売上増を狙いとする印刷通販といったW2Pビジネスモデルの構築について、Sapiens Shop Front(SSF)がご提供する数々のソリューションをご紹介します。更に、page2012ではSSF Web組版追加オプション・アプリをリリースいたします。得意先や顧客がWeb上で原稿(文字・写真、イラスト)を入力、組版・レイアウトして注文できます。注文確定後、SSFが印刷用PDFを自動生成し、原稿データを入稿します。お客様はマイページの注文履歴からPDF粗画像で原稿データを確認できます。SSFでは他ベンダー様のオンライン校正ソフトとも連携可能な場合がありますのでご相談ください。

ブースではPrintSapiensの最新システム構成図・環境設定・受注額管理・コメント入力・折込チラシ管理(追加オプション)・売掛管理・与信管理・工程管理・付合せ指示(追加オプション)・発注管理・買掛管理・原価管理・製品在庫管理・用紙在庫管理といった機能やExcel展開・E-mail連携・JDF/JMF連携・会計連携・用紙EDIといった連携機能、みつもさぴえんす・NetSapiensKAMISAPIENSといった連携アプリケーション、SSFのB2B、B2Cソリューションについて分かりやすくパネル展示しています。是非、ご自身の目でご確認ください。



jspirits at 15:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年10月19日

実績関係マスターを使って実績数量を計算する(2)

OLV810作業日報入力で下記のように入力するとOLV730収集設定別実績表で次のように集計されます。
■OLV810作業日報入力例

版数入力1

版数入力2

版数入力3

版数入力4

■OLV730収集設定別実績表の集計例
基本検索条件・並び替え方法画面

収集実績基本条件
結果表示画面

収集実績結果

jspirits at 22:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)実績関係マスター 

2010年10月12日

実績関係マスターを使って実績数量を計算する

PrintSapiensの実績関係マスターでは収集設定マスターを使って、実績数量を集計できます。今回は作業日報入力時に印刷機別に版数と付け合わせ比率を入力して収集設定別実績表で印刷機別の版数を集計する方法をご紹介します。付け合わせ比率の計算方法および入力する数値は、例えば2点付け合わせの場合、1対1のときはそれぞれ50%、5対1のときは83%と17%といったように統一されているものとします。印刷機が1号機から4号機まで4台あり、一回の作業日報入力で2台の印刷機まで版数と比率を入力します。
工程別収集項目、収集設定マスター、作業内容マスターは次の様に設定します。
■工程別収集項目
印刷機a=文字扱い、名称:1号機、2号機、3号機、4号機
印刷機b=文字扱い、名称:1号機、2号機、3号機、4号機
版数a=数字扱い、単位:版
版数b=数字扱い、単位:版
比率a=数字扱い、単位:%、初期値:100、換算値:×0.01(%)

比率a
比率b=数字扱い、単位:%、初期値:100、換算値:×0.01(%)
計算版数a=計算型、項目A:版数a、項目B:比率a、計算式:A*B*0.01

計算版数a
計算版数b=計算型、項目A:版数b、項目B:比率b、計算式:A*B*0.01
■収集設定マスター
印刷1号機版数a集計=実績数量収集、換算数量を集計出力、収集換算項目:印刷機a、単価に対しての演算子:乗算(×)、数量項目:計算版数a、単価・工数の設定=印刷機a:1号機、換算数量:1、2号機、3号機、4号機の換算数量は設定無し

印刷1号機版数a集計

単価・工数の設定(換算数量)
印刷2号機版数a集計=実績数量収集、換算数量を集計出力、収集換算項目:印刷機a、単価に対しての演算子:乗算(×)、数量項目:計算版数a、単価・工数の設定=印刷機a:2号機、換算数量:1、1号機、3号機、4号機の換算数量は設定無し
印刷3号機版数a集計=実績数量収集、換算数量を集計出力、収集換算項目:印刷機a、単価に対しての演算子:乗算(×)、数量項目:計算版数a、単価・工数の設定=印刷機a:3号機、換算数量:1、1号機、2号機、4号機の換算数量は設定無し
印刷4号機版数a集計=実績数量収集、換算数量を集計出力、収集換算項目:印刷機a、単価に対しての演算子:乗算(×)、数量項目:計算版数a、単価・工数の設定=印刷機a:4号機、換算数量:1、1号機、2号機、3号機の換算数量は設定無し
印刷1号機版数b集計=実績数量収集、換算数量を集計出力、収集換算項目:印刷機b、単価に対しての演算子:乗算(×)、数量項目:計算版数b、単価・工数の設定=印刷機b:1号機、換算数量:1、2号機、3号機、4号機の換算数量は設定無し
印刷2号機版数b集計=実績数量収集、換算数量を集計出力、収集換算項目:印刷機b、単価に対しての演算子:乗算(×)、数量項目:計算版数b、単価・工数の設定=印刷機b:2号機、換算数量:1、1号機、3号機、4号機の換算数量は設定無し
印刷3号機版数b集計=実績数量収集、換算数量を集計出力、収集換算項目:印刷機b、単価に対しての演算子:乗算(×)、数量項目:計算版数b、単価・工数の設定=印刷機b:3号機、換算数量:1、1号機、2号機、4号機の換算数量は設定無し
印刷4号機版数b集計=実績数量収集、換算数量を集計出力、収集換算項目:印刷機b、単価に対しての演算子:乗算(×)、数量項目:計算版数b、単価・工数の設定=印刷機b:4号機、換算数量:1、1号機、2号機、3号機の換算数量は設定無し
■作業内容マスター
作業内容名=版数集計 項目指定:作業実績内容、作業を伴う生産作業、

作業内容(版数集計)
作業(収集)内容1:印刷1号機版数a集計、 収集区分:実績数量
作業(収集)内容2:印刷2号機版数a集計、 収集区分:実績数量
作業(収集)内容3:印刷3号機版数a集計、 収集区分:実績数量
作業(収集)内容4:印刷4号機版数a集計、 収集区分:実績数量
作業(収集)内容5:印刷1号機版数b集計、 収集区分:実績数量
作業(収集)内容6:印刷2号機版数b集計、 収集区分:実績数量
作業(収集)内容7:印刷3号機版数b集計、 収集区分:実績数量
作業(収集)内容8:印刷4号機版数b集計、 収集区分:実績数量
作業項目の非表示(実績、日報、外注用)


jspirits at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)実績関係マスター