2021年3月以降、新しいWebサイトにて情報を発信しております。
学会公式の新Webサイトはこちらです。
ブックマーク等へのご登録をお願いいたします。

アジア教育学会公式Webサイト:http://jssae.jp/

アジア教育学会事務局
2021年3月

カテゴリ:
第31回研究例会の発表者募集

日時 2021年4月24日(土) 
開催方法 オンライン(Zoom利用) 
*Zoomのメインホストは木山徹哉会員(長野県立大学)
(当日zoomへの入場に必要となるIDとパスコードは、同研究例会開催案内の際に通知される予定です。)
参加費 無料
研究発表者募集人数 若干名
研究発表の申込方法
研究発表を希望される会員は、以下の①~⑦を下記のメールアドレスまでお知らせ下さい。

kiyama.tetsuya@u-nagano.ac.jp(第31 回研究例会担当:木山徹哉会員)

 ①お名前
 ②ふりがな
 ③御所属
 ④メールアドレス
 ⑤研究発表題目
 ⑥キーワード(5つ以内)
 ⑦研究発表要旨(100字程度)
 注意)会費完納済みが、申し込み要件となります。

○募集締切 2021年3月27日(土)
○発表時間 発表30分+質疑応答30分(1人当たり)
希望者が多数の場合、本学会研究委員会において、人数/時間配分を調整させていただく場合もございます。この場合、会員の方を最優先し、同時に地域や時代を考慮のうえ発表者を選択いたします。何とぞご了承ください。
○問い合わせ先
長野県立大学 木山徹哉(第31回研究例会開催担当)
E-mail: kiyama.tetsuya@u-nagano.ac.jp

カテゴリ:
【日時】2021年2月20日(土) 13:00~17:10(12:45開場)
【会場】オンライン開催(Zoom使用)
【参加費】無料

 上記のとおり、第30回研究例会を開催致します。会員による発表のほかに、韓国から淑明女子大学校の李明實先生にご参加いただくことになっています。入試等でお忙しい時期とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。尚、今回はオンライン開催に伴い、発表時間30分、質疑応答時間15分とさせていただきます。ご理解、ご協力のほどよろしくお願い致します。

【当日のプログラム】
司会:李正連(東京大学)
【発表1】13:05~13:50
「『教育時論』と朝鮮教育」
キーワード:教育時論、朝鮮教育、朝鮮認識、教育雑誌、日本人官僚
発表者:李明實(淑明女子大學校)

【発表2】13:55~14:40
「1962年『課程標準』準拠英千里編教科書研究-戦後台湾英語教育に与える影響」
キーワード:台湾 英語教育 教科書 英千里
発表者:平井清子(北里大学)

【発表3】14:45~15:30
「清朝末期から文化大革命期までの中国内モンゴルにおける仏教寺院と僧侶養成」
キーワード: 内モンゴル・仏教寺院・寺院教育・僧侶養成・文化大革命
発表者:ARUHANBILIGE(名古屋大学大学院)

【発表4】15:35~16:20
「モンゴルの公教育における公正と卓越性―国際標準プログラムを軸にした教育改革の実態に着目して―」
キーワード:モンゴル 公教育 公正 卓越性 ケンブリッジ・プログラム
発表者:GALBADRAKH Suuri(名古屋大学大学院)

【発表5】16:25~17:10
「ベトナム留学生の中国語学習に関する一考察 ―北京語言大学東京校の事例を中心に」
キーワード:ベトナム留学生、中国語、学習動機、第三言語
発表者:孫暁英(北京語言大学東京校)

※当日のZoomミーティング情報、お問い合わせ先等の詳細につきましては別途会員の皆さん宛にお送りしております案内メールにてご確認ください。(一部事務局からのメールが送信できない会員がいらっしゃいますので、未着の場合には学会事務局までお知らせください。)


第30回研究例会開催担当:今井航(別府大学)・
佐藤由美(専修大学)

このページのトップヘ

見出し画像
×