特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム備忘録 「熱球通信」

熱球通信は、秋田県野球フォーラム有志による備忘録を兼ねた秋田県野球にこだわった私的ブログで、記録等については公式なものではありません。同団体は、国内外を問わず年少者から中高年者までの人々に対し、野球の普及発展に関する事業を広く行い、野球を通してスポーツの楽しさを理解してもらうことにより、青少年の健全育成、中高年齢者の健康増進に寄与し、以って地域社会の活性化に貢献すること及びアオダモ等の植林により、資源保護と環境保全に対する意識高揚に貢献することを目的としています。リンク等オールフリーですので事前のメール等は一切不要です。尚、この備忘録は秋田県出身で現在県外に在住の方も念頭に入れて更新していますので、内容に一部地元情報と重複する場合があります。また、練習試合結果情報は原則掲載しません。コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により設置いたしませんので、訂正を含む各種情報提供は、直接 jstaff@cna.ne.jp FAX018-829-0973までお願いします。迅速に対応します。

2017(平成29年) 第89回全国選抜高校野球大会 (3/19~) 21世紀枠推薦校。

カウントダウンタイマー
21

NPO法人秋田県野球フォーラム厳選 秋田県関係野球選手情報 (選手画像中心)。

2016(平成28年) 秋田県高校野球連盟(渡部克宏会長) 指導者講習会・報告会。

履正社医療スポーツ専門学校 森岡正晃監督、亀山努・岩田徹 コーチ
kouyarenn

花輪第一中学校と花輪第二中学校 平成32年春統合して鹿角市立花輪中学校に。

hanawa平成32年4月の統合が計画されている花輪一中と花輪二中の第2回再編協議会が11月28日、花輪一中で開かれ、統合後の校名は 「花輪中学校」 と決定。鹿角市教育委員会は 「市立学校等再編計画」 (28~32年度)に基づき、小学校が 「末広と十和田」「草木と大湯」「花輪北と平元」、中学校が 「花輪一と花輪二」 の4組、8校の再編・統合を推進する。花輪一中・花輪二中の協議会では初回に統合時期を平成32年4月と決定。再編計画では花輪一中の校舎を改修し使用することにしている。2回目の今回は統合後の校名を 「花輪中学校」 と決定。

<秋田県内野球場紹介> 秋田県大館市字土飛山下 大館市野球場 (田町球場)。

グランドフィナーレ冬花火 / 平成29年1月15日(日)20:30~ 田町球場
14915457_1753357404925118_6850475736268035675_n
過去にイースタン・リーグで巨人軍馬場正平(ジャイアント馬場)投手もプレ-
8e99c17c

「野球ステップアップシリーズ 守備編Ⅱ/捕手・外野手」 (長谷川寿、中村大伸著)。

hasegawa社会人野球ホンダ(狭山市)は10月26日、長谷川寿監督(49)が退任し、12月1日付で新監督に元コーチの岡野勝俊氏(40)が就任すると発表。岡野新監督は群馬東農大二から青学大を経て1999年入社、11年から3年間コーチを務めた。 【2012.6.29】技術を身につけたい選手たちのステップアップを確実にサポートする好評シリーズ。ベースボールマガジン社刊。[捕手編執筆担当者] 長谷川 寿(はせがわひとし)1966年12月16日、秋田県五城目町生まれ。金足農高では主将を務め、1984年春夏連続で甲子園出場。85年に青山学院大学に入学、89年に本田技研工業に入社。同野球部では93年まで現役選手として活躍したのち、96年にコーチ就任。その後は2002年から07年までアメリカに駐在するなど社業に専念。07年に開催された世界少年野球大会に国際野球連盟公認コーチとして日本代表を率い参加。10年12月からHonda硬式野球部監督に就任。<昭和59年夏金足農登録選手> [投]水沢博文(3、秋田北)、[捕]○長谷川寿(3、五城目一)、[一]鈴木善久(3、五城目一)、[二]佐藤俊樹(3、船川)、[三]大山等(3、琴丘)、[遊]工藤浩孝(3、八郎潟)、[左]原田好二(2、船川)、[中]斎藤一広(3、雄和)、[右]柏谷安彦(3、秋田北)、半田英生(3、井川)、佐藤学(3、天王)、加賀谷宏基(3、男鹿東)、安田徹(2、男鹿東)、伊藤仁(3、船川)、山崎里史(3、下浜)、浅野和幸(3、井川)、小玉勇樹(2、五城目一)、[責]豊島君男、[監]嶋崎久美。

軟式野球ボール2005年以来の新規格に 低バウンド&飛距離アップで硬式に近く。

nansiki<新聞報道> 全日本軟式野球連盟と野球ボール工業会は12月1日、都内で会見し、軟式ボールの新意匠の概要を発表。従来のA号 (一般向け) B号(中学生向け) C号(小学生向け)を、M号 (=メジャー、中学生以上向け) J号(=ジュニア、小学生向け) に変更。バウンドの高さは約15%抑える一方、変形しにくくすることで空気抵抗を減らし、飛距離アップを実現。衝撃値は約1%増と安全性はそのままに、打球感などをより硬式ボールに近づけた。新意匠は2005年以来となり、次世代ボールで7代目。発売時期は、M号が17年12月、J号が18年後半の予定で、価格も現行ボール程度 (A号600円) となる見込みだ。中学生向けの規格を一般向けに統一した経緯について、全日本軟式野球連盟は 「中学生の体格は (対象のボールを導入した約60年間で) 大きく伸びたので」 と説明。B号からM号では、大きさが70ミリから72ミリに、重さは135グラムから138グラムに、それぞれ増すが 「身長、体重、手の大きさなども加味して、多面的に判断した」 とした。

<記録に残る選手> 平成19年 73回秋田県少年野球大会 福嶋悠人投手(稲川)。

070729_01秋田県大会4試合完封。2007(平成19年)秋田県アマチュア野球選手権中学校選抜交流試合 ▲秋田県選抜チーム [投]成田周平(鷹巣) ※当日欠場、千葉健成(鷹巣南)、田口祐太(御所野学院)、大山将(琴丘)、藤峯開(河辺)、[捕]三浦広樹(御所野学院)、今祥平(雄勝)、[内]藤田一輝(二ツ井)、松田健悟(八郎潟)、鎌田智成(下北手)、小笠原智啓(西仙北東)、鈴木滉司(六郷)、佐藤剛(雄物川)、高橋玄(湯沢北)、[外]長岡聡紀(八森)、神成亮(天王南)、高橋孝輔(井川)、藤本晋(太田)。▲全県大会優勝湯沢市立稲川中学校 [投]福嶋悠人、奥山旭、小椋慎太郎、[捕]高橋拓、沓澤雄翔、[内]麻生慎之介、佐藤伸、遠藤翔平、麻生真、瀬川和樹、木村修平、佐藤優司、遠藤瞭汰、高橋史家、[外]佐藤滉、加藤秀之、佐藤寿春、木村豊、山崎高志 。

2007(平成19年度) 第73回秋田県少年野球大会 [優勝] 稲川、[準優勝] 羽城。 

070729_01

アマチュア野球国際審判員 三浦和幸さん 秋田県から初となる野球国際大会派遣。 

miuraok

<毎日新聞2016年3月29日地方版>アマチュア野球国際審判員 三浦和幸さん。 

miuramiurasinpan国際審判員の派遣が予定されている2016年開催国際大会 、「WBSC U-15野球ワールドカップ」 、「WBSC女子野球ワールドカップ」、「WBSC U-21野球ワールドカップ」、「BFA Uー12アジア選手権 」、「BFA Uー18アジア選手権」 、「日米大学野球選手権」。http://mainichi.jp/articles/20160329/ddl/k05/070/034000c 全国で21人しかいない、アマチュア野球の 「国際審判員」 だ。週末になるとマスクをかぶり、県内外で高校野球や社会人野球、学童野球の審判を務める。「手に汗を握る、緊迫したプレーを最も近くで目の当たりにして裁く。その充実感がたまらない」 と審判の醍醐味を語る。国際審判員は、全日本野球協会 (BFJ) が2015年4月に導入した資格制度の一つ。最難関のS級ライセンスだ。東北軟式野球連盟の推薦で秋田からただ1人、12月にあった最初の試験に臨んだ。「不合格になれば秋田のレベルが低いと思われてしまう」。30人が受験し合格は21人。このうち東北の審判は2人だった。 プレーヤーとしては 「誇れるものはなかった」。秋田東中の軟式野球部で汗を流したが、秋田工高では野球をしなかった。競争が激しくレギュラーになれないと思った。社会人になってからは、同僚と草野球を楽しむ程度だった。審判の世界に足を踏み入れたのは15年前。県野球協会の審判部にいる幼なじみに誘われ、何気なく始めた。学童野球や中学野球の審判をすると、あやふやなジャッジには容赦なく怒声が飛んだ。でも、うまく裁けると、選手がのびのびとプレーしているように思えた。全く知らなかった野球の魅力に、どんどんのめり込んでいった。 年60試合以上、審判をこなす。平日は自宅に帰ると、廊下にある鏡の前へ。球審として投球を判定する際の腕振りを30回繰り返す。気を付けるのは、腕の角度と足幅を一定に保つこと。ちょっとした身のこなしが、判定の説得力につながると思うからだ。 「熱戦を繰り広げる選手たちに敬意を払っている。だからこそ、彼らに信頼される審判員でありたいんです」  国際大会の経験はまだない。今は英語やスペイン語を猛勉強し、準備をしている。早ければ今夏、福島県いわき市である15歳以下の世界大会がデビュー戦となる。「50歳以下」 とされる国際審判員。47歳で迎える2020年東京五輪で野球が実施されれば、ぜひ参加したいと思っている。 「審判として野球を盛り上げながら、審判員のすそ野を広げていきたい。自分がその起爆剤になる」。マスクを脱いだ穏やかなまなざしに、力がこもった【山本康介】 。※秋田県野球協会審判部秋田支部所属。2001年5月に初めて審判資格を取得。現在中3と小4の息子も野球に打ち込む。趣味は長距離走、年2回はフルマラソンに挑む。秋田市出身、42歳。

熱球通信 「検索キーワード」 上位 (平成27・28年、指導者含、順不同、敬称略)。

top3

熱球通信 「検索キーワード」 上位 (平成25・26年、指導者含、順不同、敬称略)。

2526top3

熱球通信 「検索キーワード」 上位 (平成23・24年、指導者含、順不同、敬称略)。

2324top3

熱球通信 「検索キーワード」 上位 (平成22年4月~12月、指導者含、敬称略)。

h22top3

日本一カッコいいチームを目指す 社会人野球クラブチーム NPO法人「東京メッツ」。

NPOロゴメールouyouかつてのロッテファン集団が作った異色のチーム。 http://www.tokyomets.com/  【2012.2.19】社会人野球東京都野球連盟は、都内で総会を開き、準加盟のクラブチーム「東京メッツ」の正式加盟を承認。「東京メッツ」は、元ロッテ応援団が主体となってNPO法人(安住和洋理事長)を設立して創設したチームで、何から何までロッテづくしなのが特色。指揮を執るのは元ロッテ2軍監督古賀英彦氏(72)。きっかけは、2008年末に勃発したボビー・バレンタイン前監督の退任騒動で、約100人の元応援団がNPO会員としてチームをサポート。19歳から45歳まで約30人の選手の中には、かつて主軸を打った愛甲猛氏の長男大樹選手(24、左)の他、関東一や修徳で甲子園を経験した選手も。2月25、26日には都内でトライアウト開催予定。

<時事通信社> OB集結時空甲子園 秋田高 第1回夏に準V 4番に男・石井浩郎。

akita昭和57年第4回全国中学校軟式野球大会優勝城東中主戦投手太田政直さん(49)が母校で講演、「 明確な目標を持ち、 実現できると信じることが大切」 とアドバイス。<時事通信社 「時空甲子園」 秋田高校> 秋田中時代からの伝統を誇る名門。1915年、夏の第1回大会に出場し準優勝。決勝で延長13回の熱戦の末にサヨナラ負けした。投の大久保、打の成田で65年にもベスト4。後藤、石井、滝田と並ぶ中軸打線は強力。プロで162本塁打放った 「男・石井」 の長打力に期待したい。猿田は慶大で主将。同じ慶大成田の打撃も勝負強い。投手陣の層が薄いのはやや気がかり。捕手の人材が豊富。伊藤も本職は捕手、戦前の大東京で監督を務めた。 [遊] 猿田和三、[中] 成田憲明、[二] ★後藤光尊、[三] ★石井浩郎、[左] ★滝田政治、[右] ★小西秀朗、[一] ★伊藤勝三、[捕] ★阿部茂樹、[投] 大久保正樹、齋藤新、太田政直、菅原朗仁、★永井洋二郎、高田環樹、菅原勇輝、佐藤翔、石井勇悦、小野巧。  http://www.jiji.com/jc/v?p=ziku-koushien_akita

ヤクルト石山泰稚投手 3300万円で更改 「来季は先発で一年間結果を出したい」。

石山泰稚投手 改名?
isi

2016(平成28年)秋田県社会人野球ベストナイン4人初受賞 (秋田県野球連盟)。

9

2016(平成28年)秋田県社会人野球ベストナイン4人初受賞 (秋田県野球連盟)。

shakaizinベストナイン表彰式、平成28年11月27日(日)ホテルメトロポリタン秋田。 <投手> 伊藤一磨(互大設備DC、明桜)、<捕手> 遠藤野歩(JR秋田、筑波大-秋田)、<一塁手> 田村勇太(能代松陵クラブ、平成国際大-能代)、<二塁手> 佐々木大基(初)(JR秋田、大曲工)、<三塁手> 上野司②(TDK、常盤大)、<遊撃手> 麻生真(初)(JR秋田、岩手大-秋田商)、<外野手> 山田一貴(初)(JR秋田、能代商)、赤塚竜太朗③(能代松陵クラブ、能代)、田口悟(初)(ゴールデンリバース、西目)、<DH> 酒井和也(互大設備DC、新屋)、<新人賞> 若松達也(JR秋田、角館)、伊藤竜生(秋田王冠ク、由利工)、<優秀選手賞> 小沼直昭(ゴールデンリバース、東洋大)、三浦裕之(秋田王冠ク、西目)、前田憲麻(TDK、上武大)、佐々木浩晃(JR秋田、大曲工)、<特別賞> ゴールデンリバース(全日本クラブ選手権出場)。

2017ドラフト会議東北地区注目選手(藤井黎來・長谷川拓帆・木場涼佑・小林遼)。

小林遼捕手 第29回ユニバーシアード競技大会代表候補選考合宿参加
http://www.jubf.net/info/20161122_selection_universiade2017.html
CwUnoFiVIAA8CTE

2015(平成27年度) 秋田県立金足農業高校野球部3年生 佐藤彰人(五城目一)。

akito平成28年11月28日付秋田さきがけ紙面で紹介。<3年生> ○加藤壮(男鹿東)、佐藤晟矢(雄和)、嶋﨑陸(五城目一)、佐々木陸(雄和)、菅原大輝(羽城)、京谷弦樹(男鹿東)、佐藤彰人(三、右右、170/68、五城目一)、佐藤伊織(潟西)、村上大成(羽後)、村田聖(天王南)、深井萌花、石井優希、<責任教師> 久米信彦 <監督> 中和泉一豊。<平成24年夏五城目第一中学校登録選手> [投]○築地徳龍(3)、[捕]佐藤彰人(3)、[一]阿部相楽(3)、[二]石井竜士(3)、[三]嶋﨑陸(3)、[遊]二田竜太(3)、[左]小熊洸(3)、[中]伊藤真人(3)、[右]河内拓真(3)、松田慎(3)、福嶋恭介(3)、小熊良(3)、山田堅登(3)、鐙公貴(3)、小玉健斗(2)、八栁天馬(2)、佐々木悠人(2)、猿田悠斗(2)、伊藤子竜(2)、八栁裕哉(2)、[責]鎌田純子、[監]戸部一行、[記]齋藤裕太(2)。

<熱球通信> 1975~1984(昭和50年代) 秋田県内高校野球記憶に残る選手。

投手> 高松直志(能代、76-78)、高山郁夫(秋田商、78-80)、小野和幸(金足農、78-80)、水沢博文(金足農、82-84)外、工藤幹夫(本荘、76-78)、松本豊(経大付、79-81)、桜庭広喜(金足農、79-81)、山岡政志(秋田商、74-76)、<捕手> 長谷川寿(金足農、82-84)、東海林憲昭(能代、75-77)、後藤浩(秋田商、74-76)、立花俊幸(秋田、81-83)、山岡長英(秋田、74-76)、佐藤純一(大曲、76-78)、<一塁> 石井浩郎(秋田、80-82)、鈴木善久(金足農、82-84)、熊谷和秋(秋田商、78-80)、斉藤孝浩(経大付、79-81)、細川学(能代、78-80)、<二塁> 佐々木直行(経大付、80-82)、佐藤俊樹(金足農、82-84)、高橋徳之(秋田商、78-80)、佐藤義己(秋田商、77-79)、五十嵐義政(秋田商、73-75)、<三塁> 大山等(金足農、82-84)、畠山親浩(能代、77-79)、菅原一夫(秋田商、77-79)、佐藤強(秋田商、74-76)、<遊撃> 工藤浩孝(金足農、82-84)、船山昌樹(能代、82-84)、猿田和三(秋田、79-81)、尾留川徹(本荘、76-78)、佐藤薫(能代商、80-82)、鈴木亮(秋田、82-84)、杉山信哉(秋田商、80-82)、藤原順(秋田商、79-81)、高桑仁(秋田商、75-77)、<外野> 武藤一邦(秋田商、74-76)、斉藤正直(秋田、76-78)、景山貴志(経大付、80-82)、原田好二(金足農、83-85)、鈴木寿(経大付、79-81)、高田敏夫(能代、78-80)、三浦英美(秋田商、78-80)、鈴木光一(秋田、77-79)、湊学(秋田、82-88)、京屋建司(能代、80-82)、京春木(能代、78-80)、佐藤康二(秋田商、78-80) ※順不同、ポジション重複選手は主要ポジションで表示、誤字脱字訂正 jstaff@cna.ne.jp

秋田県大会初日に県立球場が超満員 平成10年秋季秋田県大会 金足農-秋田商。

58a72509-s1998924大会初日から強豪校のつぶし合いとなった1998 (平成10年) 秋季東北地区高校野球秋田県大会(敗者復活制度なし) 金足農-秋田商 (9/23、14:00~)、夏甲子園出場金足農 (選手権秋田大会決勝金足農17-16秋田商) 対伊藤大悟投手擁する秋田商 (勝者は次戦で経法大付対合川の勝者と対戦) は大会屈指の好カードということもあり、当日の好天も手伝って秋田県立球場は人、人、人の山で試合前から異様な雰囲気に。秋田県大会初日にこれだけ観客が詰め掛けたのは異例で、試合内容も期待に違わない金足農北嶋投手と秋田商伊藤投手の見ごたえある投手戦となった。試合は金足農が初回の中川大輔の先制三塁打で辛勝。▲金足農登録選手、[投]北嶋尚之(2、右右、178/70、八郎潟)、[捕]佐藤光栄(2、上新城)、[一]小松正樹(2、十文字)、[二]腰丸亮太(2、八竜)、[三]中川大輔(2、天王南)、[遊]高橋東建(2、川内)、[左]小松宏行(2、城東)、[中]柴田千諭(2、仁賀保)、[右]嶋崎大輔(2、五城目一)、佐川顕仁(2、協和)、徳原好樹(2、羽城)、佐々木悠希(2、大内)、藤原寿人(2、河辺)、畠山真也(2、外旭川)、太田貴久(2、将軍野)、佐々木浩樹(1、八竜)、中村亨輔(2、将軍野)、佐藤学(2、上新城)、中川正志(2、秋田北)、近藤康弘(2、琴丘)、[責]浅利吉晴、[監]嶋崎久美、[コ]中田稔、[記]椎川健一。▼秋田商登録選手、[投]伊藤大悟(2、右右、180/73、城東)、[捕]佐藤正巳(2、西仙北東)、[一]片桐広勝(2、山王)、[二]大平達也(1、城東)、[三]水戸正人(1、藤里)、[遊]佐々木嘉晃(2、河辺)、[左]平泉慶人(2、五城目一)、[中]薄田健(2、五里合)、[右]田村彰啓(1、西仙北東)、伊藤豪(1、石沢)、進藤洋司(1、協和)、佐藤卓生(2、天王)、菅原寛仁(1、羽城)、佐藤雄樹(2、五城目一)、佐々木連(2、秋田南)、長谷部幸太(1、雄和)、佐々木隆太(2、泉)、浅利正俊(1、城東)、日下部哲也(1、本荘南)、工藤乾一(2、琴丘)、[責]上杉清博、[監]小野平、[コ]中泉一豊、[記]阿部陽一。

2016(平成28年度) 東北地区高校野球1年生交流戦 (11/18~、樹海ドーム)。

touhokuketu

<秋田県出身の慶應義塾大学OB選手> 猿田和三内野手(主将、秋田-豊岩中)。

36811088平成28年東京六大学春季リーグ戦、東大戦で2打席連続本塁打の体重107キロ巨漢スラッガー岩見雅紀(3、比叡山)は1浪、遊撃手照屋塁(3、沖縄尚学)は1年遅れで野球部に入部、今春から1番二塁手に定着した強肩強打倉田直幸(3、浜松西)は2浪で入学。主に外野の守備固めで出場する重田清一主将(4、佐賀西)も1浪。昭和62年度慶応義塾大学主将、5番三塁手として活躍、大学3年秋首位打者、ベストナイン2回。八橋球場の思い出 「八橋での多くの好投手との対戦が忘れられません」。<昭和56年春秋田高校登録選手> [投]石井浩郎(2、八郎潟)、[捕]鈴木彰(3、秋田北)、[一]伊保谷徹(1、山王)、[二]高橋誠(2、秋田西)、[三]三浦純也(2、秋田西)、[遊]○猿田和三(3、豊岩)、[左]住吉浩鹿(2、秋田西)、[中]稲垣寿(3、秋田西)、[右]菅原謙二(2、羽城)、天野清美(3、秋田東)、石井浩次(3、雄和)、佐々木誠(2、羽城)、立花俊幸(1、城東)、小野武紀(3、土崎)、伊藤元(2、秋田南)、浅野英樹(3、五城目一)、菅原文夫(3、山王)、[責]竹内一朔、[監]大久保正樹、[記]沢田石辰美(3、五城目一)。

2016(平成28年度) NBP12球団ジュニアトーナメント大会(12/27~、宮崎県)。

npb

NPB12球団ジュニアトーナメント出場楽天イーグルスジュニア (秋田県関係選手)。

122016ENEOS CUP2016 楽天イーグルスジュニア 秋田県関係登録選手 / 石山伶偉(神岡小6年、神岡野球スポーツ少年団)、山浅龍之介(小友小6年、小友ジグザグ野球スポーツ少年団)、児玉凌海(八郎潟小6年、八郎潟町野球スポーツ少年団)、佐々木碧生(渟城南小6年、渟城南小野球部スポーツ少年団)、河野修次(川尻小6年、川尻野球スポーツ少年団)。▲ENEOS CUP2015 楽天イーグルスジュニア 秋田県関係登録選手 / 伊藤樹(美郷町立仙南小6年、仙南トリプルスターズ)、 納谷淳(能代市立渟城西小6年、渟西小野球クラブ)。ENEOS CUP2014 楽天イーグルスジュニア秋田県関係登録選手 / 荒川一真(投、三種町立浜口小6年、浜口オーシャンズ)。ENEOS CUP2013 楽天イーグルスジュニア 秋田県関係登録選手 / 船木弦(秋田市立旭川小学校6年、旭川野球スポーツ少年団)。 楽天イーグルスジュニア2012 伊藤允紀(高清水野球スポ少)、近藤皓介(上郷野球スポ少)、佐々木琉玖(小友ジグザグ野球スポ少)。楽天イーグルスジュニア2011 児玉日々生(井川スポ少)、戸賀瀬友孝(尾崎野球スポ少)、長谷川拓帆(桜野球スポ少)。 楽天イーグルスジュニア2010 大高慎也(五小フェニックス)、柴田輝(五小フェニックス)、柴田大樹(田代仙道スポ少)、鈴木黎(四ツ小屋スポ少)、若狭武瑠(太平野球スポ少)。 楽天イーグルスジュニア2009 加藤海都(天王)。楽天イーグルスジュニア2008 阿部涼平(土崎南)、景山康平(井川)、鈴木健太(横手旭)、田代大智(東大曲)、夏井脩吉(脇本一)。楽天イーグルスジュニア2007 小林遼(天王)、佐藤元紀(西明寺)、桐原優(花館)、門間智樹(井川)。楽天イーグルスジュニア2006 高橋蔵(稲川)、大野星哉(天王) ※一部選手未確認。

大相撲 力斗 豊 (22、秋田県横手市、時津風部屋、167cm/109kg、平成高校)。

平成28年11月場所 東幕下32枚目
rikito
rikito

大相撲 佐々木山大輔 (25、秋田県大館市、木瀬部屋、180cm/137kg、埼玉栄)。

平成28年11月場所 西幕下45枚目
sasa
sasaki

東北楽天ゴールデンイーグルス3選手(安楽・松井・釜田) 秋田市牛島小学校訪問。

CyG1VWeUcAExjrB秋田市の牛島小学校を東北楽天ゴールデンイーグルスの3選手が訪れ児童たちと交流。学校を訪問したのは、今シーズン1軍に定着し、来シーズン更なる活躍が期待される安楽智大投手、クローザーとして2年連続の30セーブ、楽天の守護神と言われる松井裕樹投手、けがから復帰し、今シーズン自己最高タイの7勝をあけた釜田佳直投手。楽天イーグルスでは、スポーツを通じて東北を元気にしたいと4年前からこうした訪問活動を続けています。きょうは参加したおよそ230人の児童とキャッチボールをするなどして触れあいました。

ソフトバンク 摂津正投手 背水のグアム自主トレ ローテ生き残りかけ初の海外始動。

settu3福岡ソフトバンクの摂津正投手(34、JR東日本東北-経法大付-将軍野)が、来年1月の自主トレを自身初の海外となるグアムで行うことを明かした。8年目の今季は球団最長を更新する5年連続開幕投手を務めたが、いずれも自己ワーストの登板7試合、2勝。先発転向した2011年から続けていた2桁勝利も5年連続でストップした。再起を期す来季は温暖な地で始動し、春季キャンプからの競争に備える考えだ。現地には1月上旬に出発し、同下旬まで滞在する予定。

甲子園練習の女子マネ参加問題前進 理事会、運営委員会を経て来春から可能へ。

kousi女子部員は甲子園練習での整列やグラウンド整備は出来るが、練習中は人工芝内からの外野へのノックの球渡しや用具整理などに活動を制限し、本塁の近くでノックの補助をすることなどは従来通り禁止に。安全のためヘルメットをかぶり、男子と見分けがつくよう体操服かジャージーの着用も義務づけ。【2016.11.22】日本高野連は11月22日、大阪市内で全体審議委員会を開き、春夏の甲子園練習で女子部員 (マネジャーを含む) の補助参加を認める原案をまとめた。11月25日に行われる理事会で承認され、来年1月のセンバツ、選手権、両運営委員会で許可されれば、来春の甲子園練習から女子部員の補助が可能になる見通し。【2016.10.28】日本高校野球連盟は10月27日、大阪市内技術・振興委員会を開き、今夏の全国選手権の甲子園練習に大分高校の女子マネジャーが参加して制止された問題について話し合い、安全対策の制限付きでの参加を検討した。11月22日の全体審議委員会を経て、同25日の日本高野連理事会で議論する。8月の技術・振興委員会では安全性を理由に反対する意見が大半だったが、9月の全体審議委員会で 「安全対策を講じて参加させることは可能では」 いう意見が半数あり、参加人数の多い甲子園練習に限り、制限を設けながらも認めることを検討した。【2016.8.15】甲子園練習に大分の女子マネジャーが参加して制止された問題を受け、日本高校野球連盟は8月13日、阪神甲子園球場内で技術・振興委員会を開き、委員らの意見を聞いた。竹中雅彦事務局長によると、11人が出席。安全性を理由に、女子マネジャーの参加に反対する意見が大半だったという。危険性は男子も同じという指摘もあるが、竹中事務局長は 「試合に出場できない女子に負傷のリスクを負わせるのはどうかという意見が大勢だった」 と説明。

2016(平成28年度) 東北地区高校野球1年生交流戦 (11/18~、樹海ドーム)。

shouyouseikou

秋田県 最重要課題である人口減少対策専門に取り組む 「人口問題対策課」 設置。

satake1satake4akitazinkou秋田県調査統計課は11月24日、11月1日時点の県人口が1,008,843人(男473,865人、女534,978人)となったと発表、前月比で815人減少。【2015.12.13】人口約102万と東北で最も少ない秋田県は、全国最速のペースで人口減少が進む先行県。【2015.11.25】月1日現在秋田県人口1,022,398人、25市町村で増加は潟上市市5人、八峰町1人。【2015.2.24】秋田県は、最重要課題である人口減少対策に専門に取り組む 「人口減少対策課」 を来年度新設。【2014.4.22】秋田県人口今年6月頃に104万割れ必至、9年連続前年4月比1万人超減。総務省2013年10月時点人口推計 減少率全国最大、年少人口最下位、老年人口1位、生産人口44位。【2013.11.25】平成25年11月秋田県人口 1,050,000人割れの非常事態。【2013.07.24】平成25年7月1日現在、秋田県人口 1,051,905人、対前月比793人減少。【2013.4.24】県人口危機水域(ピーク時135万人)、2月1日現在仙台市推計人口1,063,552。【2013.3.27】国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年の人口がすべての都道府県で減少するとの推計を発表(全国平均で2010年に比べ16.2%減少)。-略- 都道府県別で、落ち込みが最も大きいのは秋田県の35.6%減(総人口70万人)。【2013.02.27】平成25年2月1日現在、秋田県人口 1,059,674人、106万割り込む。【2011.12.25】平成23年12月1日現在、秋田県人口 1,073,684人、前月より 724人減少。【2011.11.25】平成23年11月1日現在、秋田県人口 1,074,408人、前月より 650人減少。【2011.10.25】平成23年10月1日現在、秋田県人口 1,075,632人、前月より 706人減少。

秋田県野球フォーラムでは「野球関係図書・雑誌・資料」の寄贈をお願いしています。

寄贈に関するお問い合わせ /  jstaff@cna.ne.jp
onegai

秋田県軟式野球連盟主催 平成28年度第1回秋田県軟式野球競技力向上研修会。

秋田県軟式野球連盟 / http://jsbbakita.awe.jp/654.html
_imgs-0001

山岡政志投手、山岡長英捕手 他人材多数輩出 秋田市下浜地区 「ふるさと野球」。

05b59983山岡剛さんJX-ENEOS新監督就任。2015.6.20】大友康二元秋田県教育庁保険体育課長 「シリーズ時代を語る ⑫ ふるさと野球、健在!」。<昭和51年春 秋田高 登録選手> [投]小林潔(3、能代二)、[捕]○山岡長英(3、右右、178/75、下浜)、[一]小柳雅彦(3、八郎潟)、[二]佐藤薫(3、雄和)、[三]伊藤博幸(3、秋田北)、[遊]竹内一弘(3、土崎)、[左]菅原寿(3、城南)、[中]庄司智一(3、土崎)、[右]桜田浩(3、山王)、高山良一(2、秋田東)、若狭芳博(2、秋田東)、佐々木亨(2、五城目一)、大友光喜(2、下浜)、三平久孝(2、協和)、小玉正志(1、五城目一)、齋藤正直(1、山王)、佐々木雅文(1、秋田東)、[責]藤田幸雄、[監]大久保正樹、[記]下田学。<昭和51年春 秋田商 登録選手>  [投]山岡政志(3、右右、168/64、下浜)、[捕]後藤浩(3、羽城)、[一]進藤勝(3、山王)、[二]山田満(3、上小阿仁)、[三]佐藤強(3、外旭川)、[遊]高桑仁(2、船川)、[左]宮崎好(3、船越)、[中]○武藤一邦(3、大曲)、[右]石井靖(3、鷹巣)、藤原博道(3、羽城)、秋元純一(3、成章)、伊藤敏春(3、雄和)、横山真司(2、秋田西)、石黒日芳(2、秋田西)、柏木一彦(1、船川)、谷村鈴義(3、八郎潟)、高橋秀孝(2、土崎)、[責]佐藤正吾、[監]今川敬三、[記]古谷隆一。

JX-ENEOSの新監督に山岡剛氏就任。父は 長英氏 (早稲田大-秋田-下浜)。

父は秋田商山岡政志投手と中学時代バッテリー
gou

日本ハム 岡大海選手(明治大-倉敷商) 車いすテニス協会に盗塁数のタイヤ贈呈。

oka<スポーツ紙>日本ハム岡大海外野手(25、明治大-倉敷商)が11月23日、北海道車いすテニス協会(岩本剛人会長)へ車いすタイヤを贈呈した。今年から1盗塁につき1セットのタイヤをプレゼントする 「おかひろみプロジェクト」 がスタート。今季9盗塁で、シーズン中、リオデジャネイロ・パラリンピック車いすテニス日本代表の二條実穂選手にプレゼントした1セットをのぞいた8セットを北海道車いすテニス協会に贈呈した。

<北羽新報> 能代市立東雲中 渡部翠里選手 ソフトボールU-14日本代表へ意欲。

geme09p03<北羽新報> ソフトボールのU-14日本代表チームのメンバーを選出する 「GEM1」 の中央(最終)選考会に、能代市東雲中の渡部翠里選手(2年)が臨む。秋田県、東北、東日本と各選考会を通過し、11月17日から4日間、静岡県伊豆市で開かれる同選考会に本県から唯一参加。来年1月に台湾に派遣される日本代表入りを目指す。

<平成25年 熱球通信期待選手> 秋田商 斉藤悠哉選手(3、内、雄和-大正寺)。

akishomark2017シーズン国学院大学野球部主務就任。【2013.8.05】中学時代雄和中の主戦投手として全県大会出場。初戦藤里戦無安打試合、次戦春全県覇者大曲に延長9回サヨナラ勝ち、準々決勝で準優勝成章に延長12回サヨナラ負け。捕手小野寺貴也選手(川添)は秋田商軟式野球部主戦投手して全国大会出場。【2013.7.20】第95回全国高校野球秋田大会決勝進出 秋田商斉藤悠哉三塁手(雄和)と父仁選手(大正寺)。<昭和61年夏 秋田商 登録選手> [投]寺田行哉(3、山形朝日)、[捕]藤野戸孝夫(2、城東)、[一]平川匠(3、土崎)、[二]斉藤輔(2、大曲)、[三]中村喜晴(3、大曲南)、[遊]田崎清和(2、協和)、[左]高橋保(2、平和)、[中]山口聡(2、船川)、[右]小林真人(2、土崎)、三浦祐一(2、土崎)、長谷川千秋(2、土崎)、三浦龍(3、大曲)、斉藤仁(3、右右、174/70、大正寺)、板垣昌幸(3、大曲)、小林広樹(3、西明寺)、伊藤有希(3、本荘北)、鎌田章雄(2、城東)、[責]佐藤忠美、[監]菅原一夫。

ゼンカさんツイッター投稿より 秋田市立秋田東中学校 成田翔投手(軟、保戸野小)。

3ba01e84-s成田翔投手(18)は10万円ダウンの590万円で更改、「8月に左肘を痛めて、シーズン後半は球速も出なかったし打者に向かっていく投球ができなかったので、覚悟はしていました。下半身が使えない分、肘に負担がかかったのだと思います。ただ、1年を乗り切れたことは収穫。オフは下半身をしっかり鍛えて、(来春の)キャンプ1日目からブルペンで投げられるようにしたいです」。平成24年秋田東中学校登録選手、第78回秋田県少年野球大会出場、[投]成田翔(3、保戸野)、[捕]金寛人(3、旭川)、[一]佐藤祐太(3、旭川)、[二]石井大智(3、旭川)、[三]古屋元気(3、明徳)、[遊]○棟方陽平(3、明徳)、[左]庄司悠人(3、明徳)、[中]小松田健吾(3、明徳)、[右]田口伸太(3、保戸野)、石黒咲多(3、旭川)、石郷岡昇汰(3、明徳)、木村洸太(3、明徳)、佐藤直弥(3、旭川)、小林孝徳(3、明徳)、天野幹也(3、旭川)、工藤大河(2、旭川)、稲津智也(2、旭川)、近藤希一(2、旭川)、朝比奈歩輝(2、明徳)、佐藤燿祐(2、旭川)、[部]小坂祥通、[監]須藤孝和、[記]金和人(2)。※平成21年保戸野野球スポーツ少年団主戦投手(主将)。

ロッテ 平沢大河、成田翔らが台湾でのアジアリーグへ NPBイースタン選抜に選出。

lotte

2015(平成27年)新設 秋田県高等学校野球1年生大会(県北2、中央3、県南3)。

1ketu

2016(平成28年) 第2回秋田県高等学校野球1年生大会 決勝戦 由利工-明桜。

中央地区決勝と同一カード
meiyuri

2016(平成28年度) 第2回秋田県高校野球1年生大会 3位戦 能代松陽-角館。

3

2016(平成28年度) 東北地区高校野球1年生交流戦 (11/18~、樹海ドーム)。

zyukai

巨人球団勝利第1号 畑福俊英投手(右右、専修大-横手、専修大松戸監督歴任)。

 21世紀枠秋田県推薦校 横手高校OB 畑福俊英
 

経法大付 松岡純平(合川)、佐藤卓真(西仙北東)、秋田中央 金卓史(雄和) 投手。

kon
優勝投手 / 金卓史(雄和-秋田中央-八戸大-JR東日本、2014勇退)
34c8c6bb-99
記事検索
カテゴリ別検索
QRコード
QRコード