cf75155f

大和の国・日本は、地球世界の縮図であるといわれます。これを地理的相似象と名づけています。同様の説は、『竹内文書』で述べられている通りです。
龍体の形をしている日本列島は、世界地理の縮図であり、同時に、霊的にもシンクロした地理的相似象として、地球創生の起点となる世界の鋳型となっています。
また同時に、地球霊界も地上とシンクロした構造となっていますので、日本神界は、地球霊界全体の縮図として機能し、日本神界が主導する旧丸十字体制が、世界支配勢力の霊的中枢機能を担っていたことを裏付けています。
この度の地球創生計画の推進役となる新丸十字体制は、宇宙本源の愛に触れて蘇生した日本神界が、ヤハウェをはじめとする銀河系宇宙連合体のサポートを受けながら推進していく体制であり、今まで、日本神界を頂点として機能してきた旧丸十字体制とは、本質的に似て非なる体制です。
表現を変えれば、日本神界が長い歴史をかけて創造した虚構世界を自ら破壊し、宇宙本源の愛に基づく地球文明の創造に向けて、日本神界が責任を持つべき体制であります。
地理的相似象から見ると、日本で起こることは、世界に拡大現象化され、世界で起こることは、日本に縮小現象化されるというシンクロ構造になっています。その意味では、神意に通じる理想国家を日本に創造することは、新しい地球文明を創建して行く雛型国家になるということです。
九州はアフリカ、四国はオーストラリア、本州はユーラシア大陸、そして北海道は米国というように、日本列島は世界の地理と相似しており、またそこに住む人々も、霊的にシンクロした関係になっており、同じように全国各地に起こる事象は、世界各地とシンクロしています。 例えば、紀伊半島周辺における裏神道世界の形骸化による霊的混乱は、中東アラブ世界の混乱を招く震源となっており、中東問題の縮図が紀伊半島に展開されているということです。
このように、乱れた日本社会の姿が世界に投影され、今日の世界支配勢力の暴走を許しているわけで、その責任は、とてつもなく大きなものがあるでしょう。世界の縮図である日本を蘇生させることは、世界を蘇生させる鋳型として機能することにほかなりません。
今の日本社会には、無責任放漫主義が横行しています。国家的な瀕死状態に至らなければ自戒できない国民性は、いずれ自ら虚構の国家体制を崩壊させるでしょう。まさに虚構社会の崩壊とともに、新しい地球文明が始まるという末世の時代でありましょう。


Project GAIA 基本メッセージ第2章48「地理的相似象」2005年5月24日
http://project-gaia.net/