2011年12月

2011年12月31日

デジタルアンプ付録の雑誌「Stereo」(2012年1月号)を買いました...<続き5>

LXA-OT1_2_20111229LXA-OT1_1&2_20111229デジタルアンプ付録の雑誌「Stereo」(2012年1月号)を買いました...<続き5>です。

追加注文した雑誌STEREOの2012年1月号とバックナンバーの2011年7月号が12/29に届きました。

まずは2台目のLXA-OT1のOP-AMPを手持ちのTI NE5532Pに交換し、1台目と比較試聴すると...最初は???の状態でした....ヾ(ーoー;)
・音が硬い、ハイ上がり
・中音域がスカスカ、中抜けの感じ

正直、何じゃこれは?状態(MP3→WAVEに変換したような感じ)でしたが、そのまま流しているとそれなりに落ち着いてきました。電解コンをnichicon MUSE FGに全交換している1台目は中音域に濃厚さがあり、かつそれなりにしなやかな音になっているようです。(エージングの効果?MUSE FG+NE5532Pの効果?)

と言うか、本当の意味でオリジナルの音を聴いていませんが...(^^;

ついでに、仕事納めの日は半日勤務だったこともあり、秋葉原に出撃(激混みでした)し、
・追加のSPKコネクタ(バナナプラグ対応):3種類(3台分)
・金メッキRCAジャック:1種類(3台分)
・バナナプラグ:1ペア→TEST用SPKケーブルを接続が楽なバナナプラグに変更したいんですが、私が通常入手するAMPは未対応が多いので、きっと使わないような...
・ケース:3種類(ALケース、他に100均でプラスチックケース、タッパ購入)
・VOLつまみ:1個→手持ちが使えなかったのでとりあえずお試し→OKでした
・スペーサー、ネジ、ゴム脚等小物類追加分
等を購入しました。

正月休みにまずは細々と1台目用のケース加工*をします。
と言いつつ、大掃除やその他家事全般があるので、どこまでできるかは???

*:SPKコネクタ、RCAジャック、VOLノブ、電源コネクタ用穴開け等の加工作業。1台目の方のエージングが完了したと考えられるので....ヾ(ーoー;)

<PS>PCWATCHに西川さんの記事(ここ)が出てましたね。
これを見ると純正ケースは背面が開放されており、SPKコネクタやPinジャックが固定されないので、ダメダメですね...(-_-;)





jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)AUDIO | AMP

2011年12月30日

N-02A 本格シール ヘアライン・メタル、携帯保護シートを入手...

N-02A ヘアライン・メタル・ブラック_1N-02A ヘアライン・メタル・ブラック_2写真のN-02A 本格シール ヘアライン・メタル、携帯保護シートを入手しました...

以下のものです。(写真は借用しました...m(..)m)

■docomo N-02A 本格シール 表面&裏面セット■
・リアルな質感の本格素材シール
・空気が入りにくく、貼り付けやすい仕様
・携帯のドレスアップ、傷かくしや傷の防止に最適

【商品内容】
ヘアライン<ブラック>
●表面用シール 1枚
●裏面用シール 1枚
●取り扱い説明書(イラスト解説入)

【その他】
・シールを貼ったままでも電池パックの取り外しが出来る
・おサイフケータイの利用も可能
・不要になったり、柄を変えたい場合は剥がして元に戻せる
だそうです。

前回は別の種類のカーボン柄でしたが、今回はシンプルなヘアライン・メタル柄にしました。
N-02Aは表面の塗装が弱く、粒子状の部分が剥がれてくるのが有名?なので、この手のデコ電シートは必須、またイメチェンにもなります。
→使うのは表面用シールだけです。裏面用はすぐ剥がれるので使用しませんでした。

これでもう少しヘアライン部分に金属感(アルミの雰囲気)があれば言うこと無しなんですが...贅沢なんでしょうね....ヾ(ーoー;)
→一見、黒っぽい木目調に見えてしまうのが....ヾ(ーoー;)





jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

2011年12月28日

再度携帯の外装交換他をしました...

N-02A_1465N-02A_04今年1月に続いて、再度携帯の外装交換他をしました...
(11月中頃です)

11月末で丸3年になり、定額修理料金(4980円)でなくなるのでその前に処置しました。(^^;
気なっていたのは
1.ヒンジ部のカバープラスチック破損
2.外装交換して10ヶ月でカド部分の塗装剥げが生じた
3.「5」ボタンのヒビ、凹み
でした。

同機種の代換機を借用し、環境構築完了する前に....ヾ(ーoー;)、約5日で修理完了しました。(早すぎです)上記の点に加え、
4.メイン基板交換
5.FeliCaサブ基板?交換
もされたようです。修理受付時にはメイン基板に問題があると全損になり、修理不可と伺っていましたが、交換実施のようです。(不都合は感じていませんでしたが)

外装が新しくなると新品気分になります。(貴重な?ガラケーだし)
修理に出すと(当然のことですが)液晶保護シートや(俗に言う)デコ電シートが無くなるので、再度購入予定です。そろそろN-02A用は(店頭では)入手難になってます。


jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

2011年12月27日

デジタルアンプ付録の雑誌「Stereo」(2012年1月号)を買いました...<続き4>

LXA-OT1_エージング中_20111225デジタルアンプ付録の雑誌「Stereo」(2012年1月号)を買いました...<続き4>です。

エージングは継続中、昨夜よりかなり自然な感じになりました。
良く言えばクリア、悪く言えば若干中音域が薄く感じるのは、china製デジアン等と一緒です。(^^;

Stereo2012年1月号Stereo2011年7月号ついでに...ですが、雑誌STEREOの2012年1月号をもう1冊(ここ)と2011年7月号のバックナンバー(ここ)を注文しました....ヾ(ーoー;)

STEREO誌はどちらもamazonではなく、ブックサービス株式会社に注文、送料無料でした...(^^;


FOSTEX 800e2011年7月号には「オリジナルフルレンジスピーカー・ユニット(8cm)キットP800」が付属していること、このSPKはFOSTEX製で専用のエンクロージャーが発売されている(ここ)ことからです。→SPKユニット完成後に注文予定です。TEST用として使うつもりです。


なお、今回追加注文のLXA-OT1は25V,1000μ2個と25V,470μ1個の電解コンのみをニッケミの標準品に交換予定です。(予備として用意していたものを流用)
OP-AMPは同じく手持ちのTI NE5532Pに交換します。

<PS>写真は流用させて頂きました...m(..)m




jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)AUDIO | AMP

2011年12月26日

デジタルアンプ付録の雑誌「Stereo」(2012年1月号)を買いました...<続き3>

LXA-OT1_エージング中_20111225LXA-OT1入力機器_20111225デジタルアンプ付録の雑誌「Stereo」(2012年1月号)を買いました...<続き3>です。

ケースが決まるまでこのまま放置しておくのも...と考え、暫定的に写真の状態でエージングすることにしました。(^^;

エージングするからには使用頻度の高い環境にsettingしないと無意味なので、写真のCDレシーバー:ONKYO CR-185出力を利用することにしました。
普段はFMを流し放しにしてますが、たまにCDも聞きます。
結局、CR-185のTAPEのREC端子→LXA-OT1の入力としました。

改めて聴くと、最初は音が硬いと言うか、Hi上がりと言うか...の感じでしたが、時間が経つと徐々にバランス良くなってきました。
電解コンも全交換しているので、数日間はFMを流してエージングする予定です。




jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)AUDIO | AMP

2011年12月24日

デジタルアンプ付録の雑誌「Stereo」(2012年1月号)を買いました...<続き2>

デジタルアンプ付録の雑誌「Stereo」(2012年1月号)を買いました...<続き2>です。
電解コン15個を全てnichiconのMUSE FG(FineGold)に、OP-AMPは定番のTI NE5532Pに変更しました。

LXA-OT1改造後の基板外観_20111223LXA-OT1外観_20111221写真は左が部品交換後の基板、右が元の(オリジナル状態の)基板です。
25V,1000μと25V,470μのサイズがかなり大きいです。1000μFの電解コンは少し傾けて何とかギリギリ実装できました。

LXA-OT1改造後の組立て状態_20111223LXA-OT1標準状態_20111222写真は左が部品交換後の基板を組立てた状態、右が元の(オリジナル状態の)基板で組立てた状態です。
部品交換後の方は、如何にも部品が詰まっている感じがわかります。(MUSE FGのGoldが目立ちますね。(^^;)

LXA-OT1元の部品_20111223LXA-OT1改造後動作確認中_20111223写真は交換後の元の部品と仮組み立てで動作確認中の状態です。
交換部品は電解コン全15個、OP-AMP1個です。

動作確認では特に問題ありませんでしたが、
・オフセットの調整箇所等なし→オフセット値も未確認ですが...(^^;
・このSPK端子はあまりに酷い、普通のケーブルでも挿入できません。
・現状では軽すぎて、ケーブル等の力に負け、固定できない(金属脚も原因です)
等の点が気になりました。

音は...よくわかりません(爆)+(笑)
元の状態はほとんど聞いてませんし....ヾ(ーoー;)

バナナプラグ対応SPK端子_600x398金メッキRCAジャック_600x288やはり、
・それなりのケースを用意する(ゴム足も付ける)
→単に100均等のプラスチックケースではケーブルの重さ・力に負けてしまい、固定できない問題があります。一方で、以下の処置のため穴開け加工しやすいものにしたいです....ヾ(ーoー;)
・SPK端子は(写真の)手持ちのバナナプラグ対応のものを使う
・RCAジャックも(写真の)手持ちの金メッキのものを使う
・PowerLEDもケースに付ける
→これらは元の部品を外し、リード線で配線すればOKです。
・VOLノブももう少し高級感のあるものに替える
等が必要ですね。(^^;

<PS>一部写真は流用しました...m(..)m



jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)AUDIO | AMP

2011年12月23日

デジタルアンプ付録の雑誌「Stereo」(2012年1月号)を買いました...<続き>

LXA-OT1標準状態_20111222LXA-OT1交換用パーツ_20111222デジタルアンプ付録の雑誌「Stereo」(2012年1月号)を買いました...<続き>です。

写真は現状の組立て状態、交換用部品(電解コンとOP-AMP)です。
nichiconのMUSE FGの25V,1000μと25V,470μのサイズがかなり大きく、実装できない可能性があるため、ニッケミの標準品も用意しました。→これにより音が変わる等とは考えていません。単に台湾製電解コンを全く信用してないだけです....ヾ(ーoー;)

OP-AMPは毎度のTI NE5532Pです。(stock部品....ヾ(ーoー;))

tda7491kit写真のものが秋葉原では売られているようです。
・WAKAMATSUのキット:3990円(ここ)
ステレオデジタルアンプ TDA7491KIT  20Wx2ch BTL 4Ω
ですが、モノ自体は↓のようですね。
カマデンのTDA7941KIT(ここ)
↑は基板だけのようで、追加?部品キットも2499円で売られています。(ここ)

ちなみに音に関しては、以下のようなimpressionがありました。
・通電直後はモコモコモワモワ透明感皆無状態→しばらくすると曇りも薄れていく
・LUXだけに?結構下よりのバランスっぽく、低域の量感が最初から凄かった
・高域方面が伸び、透明感も出れば中々のバランスになるけど
・一聴して本格的なアンプに通じる音
・ゴリゴリするようなコントラバスの合奏がちゃんと響く
・周波数レンジに不足無し。低音にも浸透力があり、オケの遠近感がわかる
・大交響曲のクライマックスが鳴り響く
・ちゃんと音楽を楽しむことができる

まあ、私の駄耳(何せ14.5KHz以上は既に聞こえない耳...(-_-;)ですから)では、↑のようなimpressionは無いでしょう....ヾ(ーoー;)

LIHAOとTopping_1278ONKYO A-973_11今回のLUXMAN LXA-OT1は4台目のデジアンになります。
(一応、電源が入ること、音が出ることは確認しました)

現在、所有しているのは、
1.Topping TP10 MARK3(ここ)
2.ONKYO A-973(ここ)
3.LIHAO.HIS AcousticIV
です。(2.ONKYO A-973はフルサイズ・コンポで別格?ですけど...)



jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)AUDIO | AMP

2011年12月22日

デジタルアンプ付録の雑誌「Stereo」(2012年1月号)を買いました...

STEREO誌_20111221KIT内容_20111221今、巷で話題沸騰の?写真のデジタルアンプ付録の雑誌「Stereo」(2012年1月号)を(発売日に)買いました...(^^;
→Blog記事はおやじーにさん(ここ)に先を越されましたが....

LXA-OT1外観_20111221とりあえず、今は外観のみ眺めています。
→自分へのX'masプレゼント...(x_x)\バキッなので、まだ使用しません。(^^;
一応、交換用の電解コン(15個)とOP-AMPは入手済みです。

雑誌「Stereo」2012年1月号の付録に、オリジナルのデジタルアンプLXA-OT1が付属して2800円でした。ACアダプタも付属しています。
このデジアンはLUXMANとの共同開発だそうです。
→4000〜5000円なら見送る予定でしたが、この価格なら「買い」だと思います。

LXA-OT1_TDA7491周りTDA7491HV datasheetデジアン自体はChina製デジアン(Tripath TA2020シリーズ使用しているもの)等と同じく、ST-Micro社デジタルアンプIC TDA7491HVを採用、ある意味IC一発のものです。
出力は8Ω時5W+5Wで、このあたりもごく普通ですね。

LXA-OT1 OP-AMP_20111221LXA-OT1_4558D周りちなみにOP-AMPはJRCの4558D使用、ソケット実装されているので、いつものTI NE5532Pに速攻交換ですね。→私はJRCのジャジャ馬的なドンシャリ音が嫌いです....ヾ(ーoー;)

電解コンはほとんど台湾CapXon製(電源部の1個だけ台湾Su'scon製)で、速攻交換でしょう。→全部で15個もありますけど...

LXA-OT1_cLXA-OT1_b他にはコストダウンのため、
・SPK端子はバネタイプの安物・貧弱なものです。
→基板への固定は爪と半田付けのみ、SPKケーブルのストレスで半田剥がれが起きそう
・入力Pinジャックも同じく安物
です。この2点は替えたいですね。China製デジアンにも負けています。

組立ては足をネジ止めするだけですが、プラスチックのカバーが貧相ですね。

続きはまた....


<PS>一部写真は流用させて頂きました...m(..)m

jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)AUDIO | AMP

2011年12月20日

久々に花月嵐に行きましたが...

味噌ラーメン ジパング@花月嵐_20111112久々に花月嵐に行き、期間限定の「黄金ノ国ノ味噌ラーメン ジパング」(トッピング:メンマ)を食べましたが...(11月中頃です)
黄金ノ国ノ味噌ラーメン ジパングの情報はここです。

毎度のことですが、hpの能書きに騙されました...(-_-;)
・「札幌味噌ラーメンのインスパイア」と謳っているが、似て非なる物、なんじゃこれは???と言う感じ
・「味噌の旨味を際立たせるために生姜」使用らしいが、そもそも味が全く???無い
→hpの写真では生姜があるが、実物(写真)には無い...
・「味噌のスープと相性が絶妙なオリジナル専用麺」らしいが、単なるストレート中太麺でしかない、
・「専用チャーシュー」と言っているが、相変わらずの芸術的な薄さ
・「黄金色に輝く味噌ラーメン」とかでなく、単に味噌の色なだけ
・炒めた野菜(もやし、タマネギ)があるのが札幌風?
と言った感じ、750円も出して食べるような代物ではありませんでした...(-_-;)

本来チェーン店なら味等は統一されているはずですが、ラーメンの場合は
・麺の茹で加減(固さ)
・スープの濃さ
等でバラツキがでます。またここがポイントでもあるんですが、花月嵐の場合は数店舗行きましたが、ダメダメですね....ヾ(ーoー;)

でもどうしてこんなに不味いんでしょうか....ヾ(ーoー;)



jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン 

2011年12月18日

ThinkPad T30のCPUfanを交換...

T30_p01ThinkPad T30のCPUfanを手持ち新品と交換しました...(11月初めのことです)

ThinkPad T30(2366-E2J)の製品仕様はここ、カタログはここです。

ちなみに当時の記事は、ここここ、ユーザーレビューはここです。

このT30は2366-E2Jで、
CPU:mobile Pentium 1.6GHz→2.0GHzに換装
Memory:256MByte→1GByteに交換(持病のSlot片側死亡)
HDD:20GByte→60GByteに換装
無線LAN:11bComboカード→intel2200BG(11b/g)に交換
OS:Windows2000→WindowsXPに入替え
等の強化をしていて、現在自宅のメインで使っています。

ThinkPad T30 CPUFan_20111106ThinkPad T30 CPU_20111106CPUfanは2.5GHz対応のものをPartsとして取り寄せてstockしていました。→一度Pen2.4GHzにCPU換装も発熱の凄まじさで結局2GHzに...

今まで数回CPUfanが煩くなり、その度に清掃で凌ぎましたが、流石に今回は経年劣化もあり、煩さは清掃では解消せず、我慢の限界を超えました....ヾ(ーoー;)

で、CPUfanを手持ちの新品に交換しました。
→新品Keyboardもまだ2枚stockがあります....ヾ(ーoー;)

写真で左が2.5GHz対応の新品CPUfan、右が元のCPUfanです。
外観上はネジの取付部分が異なるぐらいで、(廃熱効果のための仕組みの)違いはわかりませんでした。T20シリーズではCPUfanのサイズやヒートパイプの太さ等が違いました...

交換後は当然のことですが、非常に静かになりました....ヾ(ーoー;)
廃熱効果もやはり高いようです。次に交換することは(PCの耐用年数からも)無いでしょう。(^^;

<PS>一部の方々は御存知かと思いますが、
・T30のバッテリはT2Xシリーズで使用可能(メーカー保証外です)
・T2XシリーズのバッテリはT30で使用できない(形状が若干異なり、干渉し挿入できない)
です。




jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ThinkPad 

2011年12月16日

麻布ラーメン@麻布十番店に行ってみました...

正油ラーメン@麻布ラーメン麻布ラーメンの情報はここです。

祭日で他に行くところがなかったので、以前から気になっていた麻布ラーメン@麻布十番店に行ってみました...(11月の初めのことです....ヾ(ーoー;))
「麻布価格」で全般的に高いので、一番安い「屋台の味」なる正油ラーメン700円を注文。→「醤油」ではないのがpointだった???

祭日とは言えお昼時なのでかなり混んでいました。
無料トッピングで「長ネギ」と「キムチもやし」がテーブル上にありました。

出てきたラーメンは写真(流用させて頂きました)とはかなり違いました。
スープはもっとキツネ色で透明がかっています。もやしもありません。
背油はほんの少しだけ浮いていました。→実は叉焼カスだった???

でスープを飲むと味が全くありません。塩味もコクも全く何もない...(▼▼メ)
これが屋台の味????麺は量も少なく、フニャフニャ...(-_-;)
トッピングは叉焼2切れ、メンマ少々、海苔のみです。
→叉焼は単なる肉、メンマも塩抜きしているようで、どちらも味がありません

ちなみに店内の客は肉体労働系の方々ばかりなので、かなりのトンコツ系で麺も多いかと思ったら全く違いました。
→店に入る前に強烈なトンコツ臭がしたので、たぶん通常のラーメンはトンコツ系なんでしょう。

さすがにこれじゃあまりに不味く食べる気がおきないので、大量の長ネギとキムチもやしを放り込みました。
が、単なる辛いだけのラーメンになってしまいました...(-_-;)
もしかするとスープだけ入れて、「かえし」を忘れた?写真と比較するとそんな気もします...(よっぽどテーブル上の醤油を入れようかと思いました)

しかし、この不味さは酷いです。武蔵小杉のラーメン屋以来の不味さです。
少なくともお金を取って客に出すような代物じゃないです...(-_-;)
この麻布ラーメンは知ってるだけで麻布界隈に2軒、田町にも1軒ありますが、よくこんなもので成立つと感心します。→あの不味い「花月嵐」にも負けます....ヾ(ーoー;)

食べログを見るとそこそこの評価なのでたまたまなのか...
でも二度と行くことはないですね...(-_-;)


<PS.>麻布のもう1箇所の方に行って(12月初めです)、「とんこつ味噌(800円)」を注文してました。写真の感じとほぼ一緒でしたが...またしても味が全くありませんでした。(▼▼メ)
はっきり言って、不味くて食べれる代物じゃありませんでした...(-_-;)

知り合いに聞いても皆、一様に「×」の評価のなので、どうやら本当に「不味い」ようです。
→不味い、油多すぎ、くどい...等まともな評価はありませんでした....ヾ(ーoー;)

となると、食べログ含めネットでの評価は???です...(-_-;)



jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン 

2011年12月14日

Aurora(β)をインストールしてみました...

AuroraFirefoxの次期バージョン「Aurora(β)」がリリースされたので,インストール・試用してみました。(既に数日間使用中です)「Aurora」はここからダウンロード可能です。

確かに今のところ、「軽い・速い・広い」の評判どおりの様子。
ただ3.0等の時もそうでしたが、β版やRC版では軽くて速くても、製品版の時には結局プラグインの読込み*やBugfix等でそれなりのものになってしまうので、製品版がリリースされないと何とも言えないです。
*製品版より前は対応プラグインが少なく、最低限?しか読み込みません。

<PS>
昨日バージョンアップがあり、10.0a2(2011-12-12)になっています。


2011年12月12日

Jeff BeckのCD(DVD)3種類をamazonで購入しました...

Jeff Beckのfan歴40年近くになりました...(^^;
(ジミヘンと並ぶ、最強・最高のギタリストだと今でも確信しています)
最初にコンサートに行ったのは高1の時ですから、n十年前になります。

と言うことで、久々にCD(DVD)を3種類(以下)をamazonで買いました。

Live in Tokyo 1999Live in Tokyo 1999 [CD, Import, from US]
1999年2月6日東京国際フォーラムでのライブだそうです。
「フ―・エルス」リリースと同時期のため、冒頭の3曲を始め同作からの曲が多いようです。
メンバーも同作録音参加者で、Jeff Beck以外はギター:ジェニファー・バトゥン、ベース:ランディ・ホープ・テイラー、ドラムス:スティーブ・アレクサンダー。

曲目リストは以下。
1 What Mama Said
2 Psycho Sam
3 Brush With The Blues
4 Star Cycle
5 Savoy
6 Blast From The East
7 A Day In The Life
8 Declan
9 THX138
10 The Pump
11 Cause We’ve Ended As Lovers
12 Space For The Papa
13 Angel
14 Even Odds
15 You Never Know
16 Blue Wind
17 Big Block

エモーション・アンド・コモーション(スペシャル・エディション)エモーション・アンド・コモーション(スペシャル・エディション) [CD+DVD]
これは散々悩んで予約を見送り、そのまま購入し忘れたものです....ヾ(ーoー;)
DISK:1
1. コーパス・クライスティ・キャロル
2. ハンマーヘッド
3. ネヴァー・アローン
4. 虹の彼方に
5. アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー
6. スリーン
7. ライラック・ワイン
8. 誰も寝てはならぬ
9. ノー・アザー・ミー
10. エレジー・フォー・ダンケルク

DISK:2
1. ストレイタス
2. ビハインド・ザ・ヴェイル
3. ナディア - ニティン・ソーニー
4. ビッグ・ブロック
5. ブラシ・ウィズ・ザ・ブルース
6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ

最新アルバム『エモーション・アンド・コモーション』にDVDが付いたスペシャル・エディション)
DVDは2007年7月28日にシカゴのトヨタ・パークで行われたエリック・クラプトン主催の「クロスロード・ギター・フェスティバル」に出演したJeff Beckの演奏を6曲収録。DVD商品『クロスロード・ギター・フェスティバル2007』に収録されている「ビッグ・ブロック」以外の5曲は初DVD収録となり、2010年の第52回グラミー賞「最優秀インストゥルメンタル・パフォーマンス」も受賞した人気曲「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」を2007年にパフォーマンスした模様(約29分)を含んだ必見の内容だそうです。

DVDでのパフォーマンス・メンバー:
・ジェフ・ベック(G)
・タル・ウィルケンフェルド(B)
・ヴィニー・カリウタ(Ds)
・ジェイソン・リベロ(Key)
CDは3月24日に発売された日本盤と同一の収録内容

Japan Live Session 1986 [DVD]Japan Live Session 1986 [DVD] [Import] (2010)
1986年7月1日に軽井沢のプリンスホテル近くの特設会場で開催された「3大ギタリスト」(Jeff Beck、サンタナ、スティーブ・ルカサー)による共演。このライブはTBSでテレビ放送され、注目を集めたもの。何かTVとYou Tubeで見た覚えがあります。

映像は様々なタイトルで海賊盤として流通していたので、Jeff Beckファンなら既に見ていますね。内容はTVの映像をそのままコピーしたもので、酷いものは途中のCMもノーカットで入ってたりするとか。決して悪い訳ではありませんが、マスターテープでない限り、同じ内容になってしまうのは仕方ないことですね。

既に何回も見ている場合あまりお勧めできないDVDだそうですが、劣悪な画質しか見たことがない方、You Tubeでは満足できない方には、お勧めだとか。Jeff Beckの「Star Cycle」はあまりにもカッコいいです。ピックをほとんど使わないで、指先とアームだけでプレイし始めたのも、この頃からのようです。

●Musicians
Jeff Beck / guitar
Carlos Santana / guitar
Steve Lukather / guitar
Buddy Miles / vocals
Graham Lear / drums
Alphonso Johnson / bass
Chester Thompson / keyboards
Orestes Vilato / timbales
Armando Peraza / percussion
Tom Coster / keyboards
Paul Rekow / percussion
Jan Hammer / keyboards
Simon Phillips / drums
Doug Wimbish / bass
Jimmy Hall / vocals

●Numbers
1、Primera Invasion
2、Black Magic Woman
3、Open Invitation
4、Star Cycle
5、Cause We've Ended As Lovers
7、Wild Thing
8、Freeway Jam
9、Going Down
10、Super Boogie
11、People Get Ready
12、Johnny B. Good

これで今年の?買い納めでしょうね....ヾ(ーoー;)



jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

2011年12月10日

ONKYO A-907X:Intec205用AMPを久々に動作チェック...

ONKYO A-907X セレクタ基板半田面_20111030ONKYO A-907X セレクタ_20111030ONKYO A-907X:Intec205用AMPを久々に動作チェックしました...

ONKYO A-907Xの情報はここです。

動作は全く問題ありませんが、セレクタ分解清掃時の記事アップを忘れていたので、一応アップしておきます....ヾ(ーoー;)
写真はフロントパネル裏面にある基板のセレクタ部分、取り外したセレクタです。
→セレクタ自体はA-905と同じものです

ONKYO A-907X セレクタ分解状態_20111030ONKYO A-907X セレクタ分解清掃の綿棒_20111030写真は毎度のセレクタを分化した状態、セレクタ清掃後の綿棒の汚れです。
汚れは劣化した接点グリースと、経年で液化し溶け流れたセレクタ軸部のグリースのようです。

ONKYO A-907X セレクタ分解状態1_20111030ONKYO A-907X セレクタ分解状態2_20111030写真は分解したセレクタの拡大です。
このセレクタは誤動作は発生していませんが、やはりそれなりの汚れでした。
→この汚れから考えると、たぶんそのうち誤動作するようになった???
IPAで清掃、その後ケミカルとして少量の「接点グリース」を塗布、加えて+αの処置をしています。(+αを含めこのあたりが「ノウハウ」です。)

ONKYO A-907X セレクタ分解清掃後動作チェック中_20111030写真はセレクタを再度取付けた後の動作チェック中の状態です。

ちなみにA-907Xは約10ヶ月ぶりの稼働・動作確認でした....ヾ(ーoー;)
(→動作確認したのは10月末のことです)



jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)AUDIO | miniコンポ

2011年12月06日

G-SHOCK GT-002 G-COOLの電池交換をしました...

G-SHOCK GT-002 G-COOL(ここ)の2度目の電池交換をしました...(9月のことです....ヾ(ーoー;))
このG-COOLは中古で入手後即、電池交換をしていますが、約14ヶ月で電池が無くなったようです。(ELバックライト点灯するとRESETされる)

このG-COOLは電池寿命18ヶ月ですし、交換したのは100均電池(中国製)なのでしょうがないかも....ヾ(ーoー;)

G-SHOCK GT-002電池交換中_20110913G-SHOCK GT-002裏蓋_20110913写真は電池交換中の状態です。(ラバーのスペーサーを取り去った後)
このように汚れがかなり目立ちますので、IPA等を使い清掃も実施します。
同様に裏蓋も汚れが目立ちますので、同じように清掃します。。

G-SHOCK GT-002交換用電池_20110913電池交換用工具_20110913写真は交換用に用意していた100均電池(何故か三菱製)です。
また交換に使用した時計用工具の一部、キズミとピンセットです。

G-SHOCK GT-002電池交換後_20110913写真は毎度のようにサクッと電池交換後の状態です。


<PS>
交換した100均電池(三菱製)は大外れでした...(-_-;)
一晩持ちませんでした...(-_-;)→表示が消える、ボタン操作でRESETされる...

懲りずにまた100均電池(今度は中国製)を買い交換しました....ヾ(ーoー;)
今のところと言うか、今度は大丈夫です。

<PS.2>
G-Shock-G3010-70004.01写真のG-3000(ここ)の電池も切れかかっていた*ので、サクッと交換しました。
*:ELバックライト操作をすると表示が消える、ELバックライトは点灯しない状態

これで手持ちの100均電池:CR2016を使い果たしたので、また買ってこないと...
→秋葉に行ったついでに、秋月で50円/個を4個買いました....ヾ(ーoー;)




jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)G-Shock | その他

2011年12月03日

久々にむつみ屋でラーメンを食べました...

濃厚味噌@むつみ屋_20110908久々にむつみ屋@川崎ルフロン店でラーメンを食べました...(2008年12月以来、約3年ぶりです→9月初めのことですが....ヾ(ーoー;))
むつみ屋のhpはここです。

食べたのは写真の濃厚味噌ラーメン(830円)です。
→ネットではそこそこの評価でしたが...

上記hpのメニューによると、
「炒めた高菜と玉ねぎが、濃厚な特製味噌スープのアクセントに。
ほんのり香る隠し味の酒粕がコクの深い旨みを演出しています。」
とありますが、
アクセントどころか高菜が多過ぎです。単なる「こってり高菜ラーメン」です。

毎回思いますけど、どうしてこんなに値段が高くて不味いんでしょうか?
毎回そうですが、盛り付けも汚いですし...→店側は全く気にしてない???
(どことなく「花月嵐」に通じるものを感じます:何とも言い表せない「不味さ」が共通なのか???....ヾ(ーoー;))

だからあちこちに出店してもすぐ潰れるんですね....ヾ(ーoー;)
→何より北海道にわずか3店、激戦区の札幌には出店してない(できない?→これじゃ無理...)ですし...

麺は札幌ラーメン風の中太玉子ちじれ麺ですが、コシはないしカタ茹でなだけ。
具材も大量の高菜に対し、わずかな玉葱、長ネギ、メンマ、後はどうでもい叉焼と海苔。
→なぜ炒めたもやしが無いのか???

スープも???だし。(酒粕がほんのり香る???まったくわからない)
麺もスープも具材も少なすぎで、間違っても830円も払うようなものじゃないです。

それでも食べたのは、自分でスクリューバックを外せなかったクロノグラフとダイバーズウォッチの電池交換でヨドバシカメラに行き、時間潰しのためでした。
(電池交換はポイントを使ったので、2個で52円の支払いのみでした)



jt8085jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン